Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

Windows Server 2012 リモート デスクトップ環境の構成について

2013/09/13 追記。 こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの横山です。 本日は、Windows Server 2012 リモート デスクトップ環境の構成に関するコマンドをご紹介いたします。 Windows Server 2012 リモート デスクトップ環境では、RDMS (Remote Desktop Management Service) を利用してリモート デスクトップ サービス関連の設定の変更を行います。 しかしながら、RDMS は "リモート デスクトップ サービスのインストール" を使用してリモート デスクトップ サービスのインストールを行わない限り、インストールされません。また、"リモート デスクトップ サービスのインストール" は、非ドメイン環境では実行できず、ドメイン環境でのみ実行可能であり、ドメイン環境であってもドメイン コントローラー単一では、"リモート デスクトップ サービスのインストール" が実行できません。 その為、ドメイン コントローラーや WORKGROUP 環境の Windows Server 2012 にリモート デスクトップ セッション ホストの各種設定を行うには、WMI コマンドの利用やレジストリの編集が必要です。 ※ ドメイン コントローラーへの "リモート デスクトップ サービスのインストール"… Read more

Hyper-V のクラスター構成における、仮想マシンの設定変更における注意事項

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの加藤です。   本日は、Hyper-V のクラスター構成の環境で、仮想マシンの設定変更における注意事項についてお伝えします。 通常、仮想マシンの設定変更は、Hyper-V マネージャーから実施しますが、クラスター環境では、フェールオーバー クラスター マネージャーから、設定を変更する必要があります。Hyper-V マネージャーから変更をした場合、変更後の情報がクラスターに伝わらず、Hyper-V の仮想マシンの保持する情報と、クラスターの仮想マシン構成リソースの情報に矛盾が発生し、以下のような事象が発生する場合があります。   ・事象 1. クイック マイグレーションやライブ マイグレーションが失敗する。 マイグレーション失敗時には、以下のようなエラーが記録されます。   ソース:VMSMPイベント ID:32イベント種類:エラーイベント内容スイッチ '<スイッチ名>' のポート '<ポート名>' へ NIC '<NICのID>' を接続できませんでした。状態 = C000003A" ソース:Microsoft-Windows-Hyper-V-High-Availabilityイベント ID:21502イベント種類:エラーイベント内容'<仮想マシン名>' は開始できませんでした。  '<仮想マシン名>' は復元できませんでした。(仮想マシン ID  <仮想マシン ID>)  '<仮想マシン名>' Microsoft Synthetic Ethernet Port (インスタンス ID {<インスタンス ID>}): 復元できませんでした。エラー: '指定されたパスが見つかりません。' (0x80070003)。(仮想マシン ID <仮想マシン ID>)  '<仮想マシン名':… Read more

Windows 8 または Windows Server 2012 へ .NET Framework 3.5 をインストールする方法

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの服部です。 Windows 8 または Windows Server 2012 環境で、.NET Framework 3.5 をインストールする際の注意事項などをお伝えしたいと思います。 以降、特に明記が無い限り「Windows 8」を適宜「Windows Server 2012」 に読み替えてください。 まず、Windows 8 環境で、.NET Framework 3.5 をインストールするには、大きく 2 つの方法があります。 1 つ目は、コントロール パネルで Windows の機能の有効化または無効化 を実行して .NET Framework 3.5 の有効化を実施する方法です。 この場合のインストールには、Windows Update サイトに接続可能なインターネット環境が必要です。 具体的な手順は以下のサイトをご参照ください。 Windows 8 への .NET Framework 3.5 のインストール http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/vstudio/hh506443.aspx 2 つ目は、Windows のインストール メディアを使用して .NET Framework 3.5 を有効にする方法です。… Read more

Windows Server Backup からのリストア後に使用されるドライバについて

Windows テクノロジー サポートの奥原です。 今回は、Windows Server 2008 や Windows Server 2008 R2 環境のリストアとドライバについて、ご説明したいと思います。 Windows PE や Windows RE (OS のセットアップメディアなど) からリストアを行う際に、ストレージデバイスや NIC のドライバを追加する場合があるかと思いますが、ドライバの追加に関して以下の注意点があります。 ・Windows PE / Windows RE で使用するドライバについて ・リストア後に使用されるドライバについて   Windows PE / Windows RE で使用するドライバについて —————————————————- Windows PE / Windows RE で、ドライバの追加を行っても該当デバイスが使用できない場合があります。 この現象は、ドライバの追加 (ドライバのインストール) 処理によって、ドライバのロードは行われますが、該当のデバイスが Windows PE / Windows RE に対応していないため、インストール処理が実行されないことによって発生していることがあります。 これは、Windows PE /… Read more

仮想ディスク サービス (VDS) について

こんにちは。日本マイクロソフトの松岡です。 今回は Windows OS に実装されている、仮想ディスク サービス (VDS) についてご紹介します。   仮想ディスク サービス (VDS) について =================================================== VDS はディスクの構成、管理を行うための、統一されたインターフェイスを提供するためのサービスです。 VDS は COM ベースの API を公開していますので、アプリケーションやスクリプトは COM インターフェイスを呼び出し、ディスクの作成やフォーマット、あるいはハードウェア RAID アダプターを管理することができます。 例えば、Diskpart コマンドや [ディスクの管理] MMC スナップインは、VDS API ベースのプログラムとなります。 これにより、ユーザーは、異なるベンダーのストレージ デバイスを、同一のユーザー インターフェイス経由で管理することができます。 VDS はソフトウェア プロバイダーとハードウェア プロバイダーという 2 種類のインターフェイスを公開しています。     ソフトウェア プロバイダーについて ————————————– ソフトウェア プロバイダーは、ボリューム、ディスク、ディスク パーティションなどへのインターフェイスを実装しています。 これらのインターフェイスは、例えば、ボリュームの作成、拡張、削除機能、または、ミラーの追加 / 解除、ボリュームのフォーマットやドライブ文字の割り当て機能などを提供します。 Windows Server… Read more

Windows Server 2012 の Windows Server Backup において、 mmc.exe がクラッシュする

こんにちは。 Windows テクノロジー サポートの江田です。 今回は、Windows Server 2012 の標準バックアップ機能である Windows Server バックアップで発生するエラーについて、対応方法をご紹介します。 Windows Server バックアップ (以下 WSB) の GUI 画面から、完了 (警告あり) となっているバックアップの詳細を表示しようとすると、以下のエラーが発生することがあります。     本問題は、WSB の GUI 画面で警告の詳細を表示しようとした際に、内部関数にて情報を表示するための処理の過程で null になることへの考慮が漏れていたことが原因となります。 弊社にて確認ができている事例としては、以下の様な情報を表示させようとした際に発生していることが確認できております。   —— X:\ のバックアップで列挙中にエラーが発生しました: エラー [0x80070003] 指定されたパスが見つかりません。 :アプリケーションのバックアップライター Id: {66841CD4-6DED-4F4B-8F17-FD23F8DDC3DE}   コンポーネント: 2DA9CB7E-9A65-4327-85AD-A1CD05B2CFB3   キャプション     : Backup Using Child Partition Snapshot\XXX-XXXXX   論理パス:    エラー           : 8078010D   エラー メッセージ  … Read more

FailoverClustering のイベント 1579 と 1196 について

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの戸田です。 Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2 でフェールオーバー クラスターを構成、運用されている環境にて 15 分ごとに以下の 2 つのイベントがセットで記録される現象についてお問い合わせをいただくことがあります。 ログの名前:         System ソース:           Microsoft-Windows-FailoverClustering イベント ID:       1579 タスクのカテゴリ:      ネットワーク名リソース レベル:           警告 説明: クラスター ネットワーク名リソース ‘<仮想サーバー名>’ は、アダプター ‘<アダプター名>’ の名前 ‘<FQDN の仮想サーバー名>’ の DNS レコードを更新できませんでした。エラー コードは ‘DNS 操作が拒否されました。 (9005)’ でした。DNS サーバーがこのクラスター ノードからアクセスできることを確認し、DNS サーバー管理者に問い合わせて、クラスター ID が DNS レコード ‘<FQDN の仮想サーバー名>’ を更新できることを確認してください。   ログの名前:        … Read more

Windows Server 2012 から追加されたクラスター対応更新 (CAU) を使う際の注意点

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの三宅です。 Windows Server 2012 からクラスター対応更新 (CAU) という機能が追加されております。本機能に併せて、フェールオーバー クラスター マネージャーでファイル共有をご利用になる場合、少し混乱されることが想定される動作がございますので、以下にご説明させていただけたらと存じます。   まず、新機能 CAU につきましては、以下の情報をご参考にしていただけますと幸いでございます。 – クラスター対応更新を使って可用性を維持したままフェールオーバー クラスターを更新する: シナリオの概要 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/hh831694.aspx   CAU をお使いいただくことで、クラスター化されたサーバーに対して計画的フェールオーバーが開始され、各サーバーへの更新プログラム適用処理を自動化することが出来ます。そのため、クライアントに対するサービスのダウン タイムをゼロに近づけることが可能となります。定期的な更新プログラムに関しましては、ネットワークを介して更新プログラムを入手する Windows Update (WU) または Microsoft Update (MU) か、Windows Server Update Service (WSUS) Server から更新プログラムを入手する方法がございます。   CAU で < WU/MU をお使いのお客様 > と < WSUS をお使いのお客様 > に対する注意事項が異なりますので、それぞれ記載させていただきます。該当する注意点のみで結構ですので、一読いただけますと幸いでございます。   < WSUS をお使いのお客様への注意点… Read more

ボリューム シャドウコピーの履歴が消える現象について

Windows テクノロジー サポートの奥原です。 ボリューム シャドウコピーを使用されている環境で、ボリューム シャドウコピーの履歴が消える現象が発生するときがあります。また、この現象について弊社公開情報もいくつか確認でき、公開情報の多くは、Windows Server 2003 を中心に記載されていますが、Windows Server 2008, Windows Server 2008 R2 環境でも条件がそろった場合発生します。 まずは、ボリューム シャドウコピーの機能と履歴が消える現象についてご説明します。シャドウ コピーは現在のボリュームの情報からの差分情報を Diff Area の領域に保持することで、以前の情報を保持しています。この Diff Area に格納されている差分情報が履歴となり、復元時は、この履歴情報をさかのぼることで、ファイルを復元します。 Diff Area は、スナップショットが作成されたタイミングで作成されますが、その時点では一定のファイル サイズ (環境によりサイズは異なります) で作成されます。作成された Diff Area は、すべての領域を使用しているわけではなく、ボリュームの変更情報を順次格納するためのバッファ領域として確保されます。その後、ボリュームへの変更が継続して行われると、それに応じて Diff Area 内に差分情報が格納されていきます。このデータが積み重なり、初期サイズを超過する可能性がある場合、Diff Area を拡張する処理が行われます。 この Diff Area の拡張処理で問題が発生し、差分情報が正しく書き込めないことがあります。差分情報が正しく書き込めなかった場合、履歴情報をさかのぼることができなくなり、格納している差分情報はすべて使用できなくなります。この結果、使用不能となった差分情報が削除され、ボリューム シャドウコピーの履歴が消える現象が発生します。 Diff Area 拡張処理での問題として多く寄せられますのが、以下の 2 点となります。  ・Diff Area 拡張処理が完了するまでに Diff Area の領域が使い切ってしまった。  この場合、イベントログ上に… Read more

保存先としてリモートの共有フォルダを指定したバックアップについて

こんにちは。 Windows テクノロジー サポートの松岡です。 今回は、最近いただいたお問い合わせについてご紹介します。 Windows Server バックアップのバックアップ ウィザードを使用してバックアップを構成する際、バックアップの保存場所として、リモートの共有フォルダを指定すると以下のポップアップが表示されます。 単発バックアップの場合——————— スケジュール バックアップの場合——————————- 保存先としてリモートの共有フォルダを指定したスケジュール バックアップについて——————————————————————————–保存先としてリモートの共有フォルダを指定した自動バックアップを構成するには Administrators グループまたは Backup Operators グループのメンバーであり、共有フォルダへ書き込みアクセス許可を持っているユーザーアカウントのユーザー名とパスワードを入力する必要があります。 保存先としてリモートの共有フォルダを指定した単発バックアップについて———————————————————————保存先としてリモートの共有フォルダを指定した手動バックアップを構成する場合には共有フォルダへの書き込みアクセス許可を持っているユーザー アカウントのユーザー名とパスワードを入力する必要があります。 手動バックアップを実行する際は、バックアップ ジョブはログオンしているユーザー権限で実行され、ウィザード中に入力したユーザー アカウントで共有フォルダに書き込みを行います。 これに対して、自動バックアップを実行する際は、バックアップ ジョブの実行及び、共有フォルダへの書き込みが、ウィザード中に入力したユーザー アカウントで行われます。そのため、上記の差異が発生します。 ドメイン環境とワークグループ環境について——————————————-ドメイン環境でスケジュール バックアップを作成する場合、上述の認証画面で指定したAdministrators グループまたは Backup Operators グループのメンバーに共有フォルダへの書き込みアクセス許可を与えれば良いのですが、ワークグループ環境で使用されている場合、ユーザーアカウントの管理はシステム毎になりますので、以下のいずれかの対応が必要になります。 a. Administrator アカウントを使用する場合、バックアップを実行するサーバーと、共有フォルダをホストしているサーバーの Administrator のパスワードを同じにする。 b. バックアップ用のアカウントを双方のサーバーに作成し、バックアップを実行するサーバーの Administrators か Backup Operators に追加し、共有フォルダをホストしているサーバーで、共有フォルダへの書き込みアクセスを許可する。 c. Wbadmin コマンドを実行するスクリプトを作成しタスク スケジューラに登録する。タスクの実行を Administrators グループまたは Backup Operators グループのメンバーで行い、共有フォルダへの書き込みアクセス許可を持つユーザーを Wbadmin… Read more