Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

Windows バックアップのスケジュール作成について

こんにちは。 Windows テクノロジー サポートの服部です。 毎日のバックアップをスケジュールすることにより、Windows Server 2008 R2 を実行するサーバーまたはコンピュータのデータ保護が可能です。最近、 Windows Server バックアップをご利用のお客様からいただくご質問でスケジュール バックアップを構成したいというお問い合わせが複数ございました。 ご存知の方もいらっしゃると思いますが、バックアップ スケジュール ウィザードを使用してバックアップ スケジュールを作成する場合、バックアップの実行頻度は” 1 日に 1 回”または” 1 日複数回”の 2 つしか選択肢がありません。 では、その他の定期的なバックアップはどのように取得すればよいのか。その方法について以下にご案内します。 – タスク スケジューラを使用して自動バックアップを構成する—————————————————————-指定した曜日や時刻にバックアップが実行されるようにスケジュールを作成するには、タスクスケジューラを使用して wbadmin コマンドを実行します。(これらのタスクは Windows Serverバックアップの管理コンソールには表示されません。) Windows Server バックアップでは定期的なバックアップを補完するため、バックアップ(1 回限り)ウィザードまたは wbadmin start backup を使用して次のことを実行できます。 ・定期的なバックアップに含まれていないボリュームのバックアップ・更新プログラムや新しい機能をインストールする場合など、システムに変更を加える前に、  重要な項目を含むボリュームのバックアップ ・定期的にスケジュールされた項目のバックアップを、スケジュールされたバックアップが保存  される場所とは別の場所に作成。(バックアップの保存先は別々の場所に保存することを  お勧めします。) 以下に wbadmin start backup コマンドを使用したバックアップについて参考例 (ベアメタルバックアップの取得例) をご案内します。 – ベアメタル… Read more

ゲスト OS の物理メモリが大量に使われている

こんにちは、Windows サポートの新川です。  ゲスト OS のメモリ使用状況について、以下のご質問をいただく事があります。 タスクマネージャーでパフォーマンスを見ていたら、物理メモリが大量に使われているけれども、プロセス タブでそんなに物理メモリを使っているプロセスが見当たらない パフォーマンス モニタを見ていると、突然 Memory\Available Mbytes が大きく減ったけど、その時間帯の Memory カウンタや Process カウンタを見ても、ほとんど物理メモリを使っているものが見つからない。  これらは、そのゲスト OS のメモリ管理を “動的” に設定されているのであれば、バルーニング と呼ばれる仕組みによって発生しているものが大半を占めます。今回は、バルーニングの見え方について少しお話しします。    ■ Dynamic Memoryの実装 まずはバルーニングの前に Dynamic Memory についての説明です。Windows Server 2008 R2 SP1 より、Hot Add Memory が可能なゲスト OS に対して、Hyper-V ホストからシステム稼働中に動的に物理メモリを割り当てる事が可能になりました。この機能により、ゲスト OS に割り当てられるメモリが動的に最適化出来るようになっています。ただし、Dynamic Memory のゲスト OS の要件には、Hot Add Memory というのはありますが、Hot Remove Memoryというのはありません。つまり、ゲスト OS は “動的に物理メモリを追加”… Read more

RDSH の負荷分散構成において RD 接続時や RemoteApp 起動時に発生する警告メッセージを回避する方法

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの新木です。   リモート デスクトップ セッション ホストの負荷分散構成において、リモート デスクトップ接続時に発生する証明書エラーの警告メッセージを表示させない方法についてご紹介したいと思います。 今回は、通常の RDP 接続をする場合と、RemoteApp を使用してリモート デスクトップ セッション ホスト上のアプリケーションを起動する場合について説明します。 今回ご紹介する内容は Windows Server 2008 R2 の内容となっていますが、Windows Server 2008 においても同様の手順にて証明書エラーの警告メッセージを回避することができますので、参考にしていただければ幸いです。   今回手順をご紹介する上で、検証に使用した環境の構成を以下に記載します。 サーバーはすべて Windows Server 2008 R2 のサーバーを使用しています。 ・ドメイン コントローラー 1 台 ・リモート デスクトップ セッション ホスト サーバー 2 台 ・リモート デスクトップ接続ブローカー サーバー 1 台 ・クライアント (Windows 7 SP1)   ※リモート… Read more

Windows 7 および Windows Server 2008 R2 SP1 では、RD Easy Print でスケーリングがサポートされなくなりました。

こんにちは。 プラットフォームサポートの丸山です。 今日は、SP1 を適用した Windows 7 端末や Windows Server 2008 R2 端末に、リモートデスクトップ、または RemoteApp などを使用してログオンし、Easy Print でリダイレクトされたプリンターを使用するときの動作変更のお話です。 ■ Windows 7 SP1 または Windows Server 2008 R2 SP1 の Easy Print プリンタードライバーの動作変更について リモート デスクトップ接続または RemoteAppを利用して、別のコンピューターにログオンした場合、Easy Print プリンター ドライバーを使用して、クライアント端末のプリンターをサーバーで使えるようにプリンターのリダイレクトを行うことができます。 このとき、接続先のコンピューターが SP1 が適用された Windows 7 または Windows Server 2008 R2 環境である場合において、Easy Print を使用してリダイレクトされたプリンターでは、拡大、縮小印刷機能に使用される、スケーリング機能がサポートされなくなりました。 特に、Easy Print を使用した場合には、印刷設定画面はクライアント端末のプリンター設定画面が呼ばれるため、ユーザーはプリンタードライバーがサポートするすべての機能が問題なく動作することを期待しますが、仮にユーザーが印刷設定画面でスケーリングに関わる設定項目を変更した場合には、この値は単純に無視される動作となります。 ■ Easy Print… Read more

Windows Vista および Windows Server 2008 のプリント サーバーで、TCP 直接接続を使用した RPC 通信を無効化する方法

※ 2011/08/04 理解に間違いがあったので修正しました。 こんにちは、プラットフォームサポートの丸山です。 今日はネットワーク共有プリンターのトラブルシューティングに役に立つかもしれないお話です。 ■ Windows Vista 以降では、ネットワーク共有プリンタで使用される RPC 通信の方式が変更されています。 Windows XP や Windows Server 2003 までのコンピューターでは、ネットワーク共有プリンターを使用した場合のクライアント端末とサーバー端末との間では、名前付きパイプを使用して RPC 通信を行いますが、Windows Vista 以降のコンピュータでは、クライアント端末と、サーバー端末との間の通信方式として、可能であれば TCP 直接接続を使用して RPC 通信を使用するように変更されています。 この変更により、新しい RPC 通信では、クライアント端末とサーバー端末との間で多数の TCP セッションが作成されるため、多数のクライアントを抱えるネットワーク共有プリンターでは、ネットワーク機器の最大セッション数に達したり、ファイアウォールにブロックされたりして、ネットワーク共有プリンターが正しく動作しない問題が発生することがあります。 ※たとえば、プリンターとFAX画面で、プリンターのステータスが [準備完了] にならず、[オフライン] と表示されたり、[接続できません] と表示されてしまう状況などがあげられます。 このようなとき、Windows 7 以降のクライアント端末では、EnableProtocols というレジストリ値を使用して、クライアント側の TCP 直接接続の RPC 通信を無効化することができますが、クライアント端末が Windows Vista や Windows Server 2008 である場合、また、クライアント端末が多く、すべてのクライアント端末でのレジストリ変更が難しいような状況では、以下の手順にて、プリント サーバー側で TCP 直接接続の RPC… Read more

System のイベントログに Microsoft-Windows-FilterManager:3 のエラーが記録される

こんにちは。 Windows テクノロジー サポートの松田です。 Windows 7 や Windows Server 2008 R2 にて System のイベント ログに以下のようなイベント ログが記録されることがあります。 ——————————-ログの名前:         Systemソース:           Microsoft-Windows-FilterManager日付:            2011/XX/XX X:XX:XXイベント ID:       3タスクのカテゴリ:      なしレベル:           エラーキーワード:         ユーザー:          SYSTEMコンピューター:       XXXXXXX説明:フィルター マネージャーがボリューム ‘\Device\HarddiskVolumeXX’ に接続できませんでした。このボリュームは、再起動するまでフィルターリングできません。最終状態は 0xc03a001c です。——————————- イベント ログに記録されている 0xc03a001c は STATUS_VHD_INVALID_STATE でありVHD が無効な状態であることを意味しています。このイベントは、VHD を取り外したものの、引き続き VHD にアクセスを試みたプロセスがあり、そのアクセスが失敗 (取り外し済みなため当然失敗します) したことをフィルター マネージャーが検知していることを示しています。 このイベントが記録される状況として、以下のような状況が報告されています。   – Windows Server バックアップを実行した場合   – DetachVirtualDisk() 関数を利用して VHD… Read more

NFS 共有領域へのアクセスについて

こんにちは。 Windows テクノロジー サポートの松田です。 Windows Server 2003 R2 以降のシステムでは、Windows コンポーネントの一部として NFSサービスが提供されています。Unix や Linux 環境において広く用いられているネットワークファイル共有の NFS (Network File System) に対応するためのもので、このサービスを利用することで Unix/Linux 環境と Windows 環境との間で NFS プロトコルを介したファイル共有が出来るようになります。 Unix/Linux と Windows が混在するネットワーク環境をお持ちのユーザー様にご活用いただいていますが、Windows Server 2008 (Windows Vista) に SP2 を適用することにより NFS が利用出来なくなる問題が生じています。なお、同様の現象は Windows  Server 2008 R2 では発生いたしません。 この問題の原因について説明させていただくとともに、問題を解決するための修正プログラムをご案内させていただきます。   —– Windows では、Unix/Linux 環境からエクスポートされた NFS 共有領域に対してアクセスするための方法として、以下の二つの方法を提供しています。  – mount や net… Read more

Windows 7 SP1 用の Windows AIK について

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの安達です。 先日 Windows 7 SP1 と共にリリースされましたWindows 7 SP1 用の Windows AIK についてご紹介したいと思います。 Windows 7 SP1 用の Windows AIK は、Windows PE に関する機能追加および不具合修正を目的としたものとなり、主な変更点は以下の 3 点となります。 Windows Preinstall Environment (PE) 3.0 does not supportRemote Network Driver Interface Specification (RNDIS)http://support.microsoft.com/kb/979265/en-us The IEEE 802.1X authentication protocol is not supportedin Windows Preinstall Environment (PE) 3.0http://support.microsoft.com/kb/972831/en-us An update that improves… Read more