Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

Windows 製品の更新プログラム (KB) のインストールの失敗 – 一般的な対処策

こんにちは、Windows プラットフォームサポート Setup チームの宮崎です。 本記事では Windows 製品の更新プログラム (KB) のインストールが失敗してしまう事象について一般的な対処策をお伝えいたします。本手順は一般的に業務への影響が少なく、また多くの事象の解決・進展が得られる内容であることから、弊社のサポート サービスにお問合せいただいた際にも広くご利用いただいておりご紹介とさせていただきました。適用時のトラブルに遭遇した場合にはぜひご実施ください。 一般的な対処策 A. DISM /Restorehealth コマンド及びシステム更新準備ツール コマンドでの修復 以下の技術情報の内容を実行いただきます。 DISM またはシステム更新準備ツールを使用することによって Windows 破損エラーを解決する https://support.microsoft.com/ja-jp/help/947821/ OS ごとの対処方法は以下の通りです。 Windows 7, Windows Server 2008/2008 R2: 上記の URL からシステム更新準備ツールのパッケージを入手して実行します。 Windows 8.1, Windows Server 2012 以降の OS: 管理者権限で以下のコマンドを実行してください。 DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth – 補足 本対処策は、システム内部の不整合をスキャンし、問題が見つかった場合は自動的に修復を試みます。問題が検出された場合には Windows Update サイトから修復が必要なファイルをダウンロードしますので可能であればインターネット接続可能な状況で実施ください。なお、インターネット接続が難しい場合にも問題の検出は可能であり、ログに状況が記録されます。 システム更新準備ツールの実行中の UI は、通常の更新プログラムと同様にウィザードを進めインストールするという形式を取りますが、実際にシステム内に新たなモジュールが追加するような変更は行っておりません。 本作業では通常、システムの再起動は発生いたしません。スキャン・修復処理のためマシンの負荷が高くなることがありますが、通常… Read more

システムドライブ (C:) 以外 や ページングファイル が非設定ドライブに、サードパーティー製 の Windows サービス の実行ファイルやDLLが存在する場合に、アプリケーションエラーが発生するシナリオについて

Windowsプラットフォームサポートの平井です。 本記事では次の条件がすべて当てはまった場合に、サードパーティー製のWindowsサービスがc0000005(STATUS_ACCESS_VIOLATION)やc0000006(STATUS_IN_PAGE_ERROR)のアプリケーションエラーで異常終了するシナリオについて解説します。尚、この事象はPCのシャットダウン後の次回起動時に発生します。 条件は次の通りです。 条件1:高速スタートアップが有効な場合 条件2:対象のサードパーティー製Windowsサービスの実行ファイルやDLLがデータボリューム(C:以外)に存在する場合 条件3:対象のボリュームにページングファイルが非設定である場合 条件4:対象のドライブにBitLockerの構成がデバイス暗号がオン、保護状態がオフの状態の場合 本事象が発生する理由は次の通りです。 高速スタートアップが有効の場合にPCをシャットダウンした場合、Windowsサービスのプロセスはメモリ上に残った状態で休止状態となります。 この際、BitLockerの構成がデバイス暗号がオン・保護状態がオフの状態である場合、次回起動時にデータボリュームのデータを暗号化するためのキーを初期化する処理が発生し、BitLockerの仕様上ボリュームのディスマウントが必要となります。 ボリュームのディスマウントが発生した結果、メモリ上にマッピングされたWindowsサービスのプロセスの実行ファイルやDLLの情報に不整合が発生し、c0000005(STATUS_ACCESS_VIOLATION)やc0000006(STATUS_IN_PAGE_ERROR)等のアプリケーションエラーで異常終了する状況が発生します。 もし、上述の条件がすべて合致する環境にて、同様の問題を検出された場合、次の対応が必要となります。 対応1:サードパーティー製Windowsサービスの実行ファイルやDLLをシステムドライブ(C:)配下にインストールする Windowsでは既定で、ページングファイルはシステムドライブ配下に保持されます。Windowsはページングファイルが存在するボリュームに対してディスマウントは発行しないため、本事象は発生しません。 対応2:高速スタートアップを無効化する 高速スタートアップが無効の場合にPCをシャットダウンした場合、Windowsサービスのプロセスは完全に停止し、メモリ上にプロセスに紐づく情報は残りません。 対応3:BitLockerをデバイス暗号化/保護状態が共にオンに構成する BitLockerの設定がデバイス暗号化/保護状態が共にオンの場合、データボリュームの暗号化キーを初期化する処理が発生いたしません。このため、ボリュームのディスマウント処理が発生しないため、本事象は発生いたしません。 対応4:ページングファイルをデーターボリュームにも配置する Windowsはページングが有効になったボリュームに対してディスマウント処理を発行しないため、、本事象は発生いたしません。 1.コントロールパネル\システムとセキュリティ\システムから、[システムの詳細設定]を開きます。 2.[システムのプロパティ]>[詳細設定]タブを開き、[パフォーマンス]セクション配下の[設定]を選択します。 3.[仮想メモリ]セクション 配下の、[変更]を選択します。 4.[すべてのドライブのページングファイルのサイズを自動的に管理する]のチェックボックスが有効の場合は、外します。 5.D:ドライブを選択し、[システム管理サイズ]>[設定]を選択し、[OK]を選択します。 6.システムを再起動し、設定を適用します。… Read more

クラスター環境における仮想マシンの自動開始アクションについて

こんにちは、Windows プラットフォーム サポートの大川です。 今回は Hyper-V の仮想マシンに設定する “自動開始アクション” についてのお話になります。 [概要] “自動開始アクション″ の設定は 3 つのオプションから一つを選択することができますが、 クラスターのリソースとして稼働させている仮想マシンは、この設定に依存せず、 クラスターにて状態が管理されるため、”1. 何もしない” が自動的に設定されます。 [詳細] Hyper-V の仮想マシン設定に “自動開始アクション” という設定があります。これは、 物理マシンの起動時に、仮想マシンの状態をどのようにするかを設定するものになります。 具体的には、以下の 3 つのオプションから一つ選択することが可能です。 1. 何もしない 2. サービスが停止したときに実行されていた場合は自動的に起動する 3. 常にこの仮想マシンを自動的に起動する “1. 何もしない” を設定した場合は、物理マシンを起動しても仮想マシンは停止したままの状態で、 手動で仮想マシンを起動する必要があります。 “2. サービスが停止したときに実行されていた場合は自動的に起動する” を設定した場合は、 物理マシン停止時の仮想マシンの状態によって動作が変わります。もし、物理マシン停止時に 仮想マシンが起動していた場合には、自動的に起動しますが、仮想マシンが停止していた場合 には、仮想マシンは自動的に起動しません。 “3. 常にこの仮想マシンを自動的に起動する” を設定した場合は、物理マシンが起動した際には、 常に仮想マシンが自動的に起動されます。 仮想マシンをクラスターのリソースとして稼働させていない場合は、既定値は “2. サービスが停止したときに実行されていた場合は自動的に起動する” になっていますが、 クラスターのリソースとして稼働させた環境においては、この値が “1. 何もしない” になります。 これは、仮想マシンの状態を物理マシンの起動に依存させるのではなく、クラスターのリソース… Read more

[デバイスとプリンター] 画面のプリンター アイコンの表示に時間がかかる事象

Windows プラットフォーム サポートの佐々木です。 [デバイスとプリンター] 画面のプリンター アイコンの表示に時間がかかる事象のお問い合わせをいただくことが増えているため、本事象についてご紹介させていただきます。 [デバイスとプリンター] 画面でのプリンター アイコンの表示には、”Function Discovery” という枠組みを利用して、様々なデバイス情報を収集し、アイコンを表示します。この “Function Discovery” という枠組みの中で実行される、”デバイス メタデータ” の取得に時間がかかる、または取得できない場合に、プリンター アイコンの表示に時間がかかるという事象の報告があります。なお、本事象は、OS の想定する動作であり、不具合ではありません。 本ブログでは、本事象の概要、発生条件や、回避策についてご紹介いたします。 事象の概要 OS 起動直後や、プリンター追加時に、[デバイスとプリンター] 画面のプリンターのアイコンが、[未指定] にカテゴライズされ、[プリンター] にカテゴライズされるまでに時間がかかります。(下記 「図 1-1」の状態が継続します。) 図 1 [未指定] にカテゴライズされている状況 一定時間が経過すると、[未指定] から、[プリンター] にカテゴライズされます。 具体的な表示時間は、環境により異なりますため、定量的にご説明することができません。 図 2 [プリンター] にカテゴライズされた状況 事象の発生原因 本ブログの冒頭でもご説明のとおり、[デバイスとプリンター] 画面でのプリンター アイコンの表示では、”Function Discovery” という枠組みを利用して、様々なデバイス情報を収集し、アイコンを表示します。すべての場合ではありませんが、この “Function Discovery” という枠組みにおいて、インターネット経由で取得される、”デバイス メタデータ” と呼ばれる情報の取得に時間がかかる、または取得できないことにより、本事象が発生するケースが報告されています。 デバイス メタデータとは “デバイス メタデータ” とは、機器メーカーによって提供される、デバイスに固有の情報です。[デバイスとプリンター]… Read more

Windows 10 1809 64bit版 では C:\Program Files (x86) 配下の msinfo32.exe を実行できない。

皆さん、こんにちは。Windows プラットフォームサポートの山崎です。 本記事では、Windows 10 1809 64bit版 におけるMSINFO32に関する技術情報をご紹介いたします。 MSINFO32は、使用しているハードウェア、システム コンポーネント、およびソフトウェアの環境に 関する情報をわかりやすく表示させるためにツールです。 既定では “msinfo32” コマンドを実行すると、 “C:\Windows\System32” 配下に存在する実行ファイル “msinfo32.exe” が起動します。 なお、”msinfo32.exe” は、”C:\Program Files (x86)\Common Files\microsoft shared\MSInfo” 配下にも ございますが、このフォルダの “msinfo32.exe” の実行時に必要なmuiファイルである “C:\Program Files (x86)\ Common Files\microsoft shared\MSInfo\ja-JP\msinfo32.exe.mui” がWindows 10 1809 64bit版では、OS の イメージサイズ節約のため、OS イメージに含まれておりません。 この実装の変更にともない Windows 10 1809 64bit版 では “C:\Program Files (x86)\Common Files\microsoft shared\ MSInfo\msinfo32.exe” を起動できませんので、MSINFO32を実行する場合は、”C:\Windows\System32\msinfo32.exe” をお使いください。 なお、OSバージョンに関わらずMSINFO32実行時は、”C:\Windows\System32\msinfo32.exe”… Read more

Disk2VHD ツールを利用した P2V 化について

いつも弊社製品をご利用いただきまして誠にありがとうございます。 Windows プラットフォーム サポートの石田です。 今回は、Disk2VHD ツールを利用した物理環境の安全な P2V 化についてご紹介させていただきます。 Disk2VHD ツールは VSS に対応しているためオンラインで実施可能ではございますが、VSS に対応していないアプリケーションや実行時の負荷などを考慮すると、オフラインで実施いただいた方が安全かつ確実です。 ハードウェアの保守の終了に伴い P2V による仮想化をご検討いただいているお客様も増えてきておりますので、こちらの情報がお客様のお役に立てると幸いでございます。 なお、Windows Server 2008/2008 R2 など延長サポート終了を迎える製品については弊社 Azure 環境に移行することで延長サポート終了後も無償で延長セキュリティー更新プログラムの提供が受けられるメリットもございますので、是非とも Azure への移行もご検討頂ければと存じます。 まずは、以下準備を行います。 オフライン起動用の Windows PE (WinPE) メディアの作成 Disk2VHD ツールのインストール P2V 化した仮想ディスク (VHD) ファイルの保存用のディスクもしくはファイルサーバー 注意点: 今回ご紹介の Disk2VHD による P2V 化対象のシステムは BIOS 環境のシステムとなり、UEFI 環境の P2V については対応しておりませんのでご了承ください。また、Disk2VHD ツールは Windows 標準ツールではございませんのでサポート内容については使用許諾をご確認いただきご理解いただいた上でご利用ください。 Windows PE (WinPE) メディアの作成… Read more

ロールアップ プログラムを適用すると CHM ファイルが開けなくなる事象について

皆さん、こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの神田です。 本記事では、更新プログラムの適用後に、ヘルプ ファイル (.chm) ファイルが開けなくなってしまう既知の事象について記載します。 ※ 1/17 更新プログラムが提供され始めたので情報を更新しました。 [事象] 2018 年 9 月 3 週以降に提供されたロールアップ プログラムで更新されたライブラリ itss.dll が適用されている場合、アプリケーションなどに含まれる .chm という拡張子のヘルプ ファイルについて、ファイル名の後ろにトピックを指定するような文字列を付与すると、ファイルが開けない状況となります。   発生する例) mk:@MSITStore:C:\A.chm::/A-1.chm::/ABC-1.htm hh.exe C:\A.chm::/A-1.chm::/ABC-1.htm なお、上記の方法を使わずにヘルプ ファイルを開く場合には、問題は発生しません。また、問題が発生するのはヘルプ ファイルの表示でありプログラムそのものの動作に問題は生じません。   [原因] 本事象は、itss.dll に実装された関数に問題があり、その影響で発生しています。これは弊社製品の想定しない動作です。 ヘルプ ファイルを、トピックを指定して開く方法は、下記のドキュメントに記載されているように正しい使用方法であり、この方法でヘルプ ファイルが開かない問題は、弊社の製品の問題と認識しています。 About HTML Help URLs https://docs.microsoft.com/ja-jp/previous-versions/windows/desktop/htmlhelp/about-html-help-urls [状況] 現在弊社では、本問題を不具合として修正するよう、製品開発部門に対して要請を行っております。本事象は、先述の通りライブラリ  itss.dll が更新されたロールアップ プログラムを適用すると発生します。 itss.dll が更新されたロールアップ プログラムと、更新されたファイルのバージョンを以下に記載します。以下のものより以降に提供されたロールアップ プログラム並びに新しいライブラリ ファイルは、同じ事象が発生します。   –… Read more

イベントビューアーで、フィルターしたログを保存すると、情報が欠落することがある。

こんにちは、Windows プラットフォーム サポートの徳永です。 本記事では、イベントビューアーで確認されております事象についてご紹介いたします。 最終更新履歴 2019/01/07 事象 イベント ビューアー内、右ペインの “現在のログをフィルター” にてフィルターし、”全てのイベントを名前をつけて保存” メニューで .evtx 形式以外の拡張子でイベントを保存すると、一部情報が欠落することがございます。 原因 本事象は、イベント ログ データを取得するためのスレッドと、フィルターしたテキストを書き出すスレッドが競合することにより発生する事象となり、イベントの種類に関係なく、事象が発生する可能性がございます。 回避策 イベント ビューアーにて、フィルターしたイベントを保存する場合には、.evtx 形式の拡張子で保存いただくか、イベント ビューアーを使用せず、コマンドを使用してテキストに出力することで、事象を回避することができます。 下記は Get-WinEvent コマンドを使用して、日時を指定した場合のコマンド例になります。 ▼ 特定の期間のイベントを .csv 形式でエクスポートする – コマンド Get-WinEvent -Filterhashtable @{Logname=’イベント名’;Starttime=’yy/mm/dd hh:mm:ss;Endtime=’yyyy/mm/dd hh:mm:ss’} | export-csv -encoding default -path – 記述例 Get-WinEvent -Filterhashtable @{Logname=’System’;Starttime=’2018/09/01 10:00:00′;Endtime=’2018/11/01 01:00:00′}| export-csv -encoding default -path C:\Export.csv ▼… Read more

Windows 10 Version 1803 以降の環境で Cookie が正常に保存できない

こんにちは、Windows デプロイ サポート チームの弓正です。 Windows 10 Version 1803 以降の環境において Cookie が正常に保存できない事象が確認されております。 この事象に起因し、Internet Explorer の Cookie を利用する他社製品も影響を受ける可能性がありますので、 本事象についてご紹介いたします。 この事象が発生するシナリオは以下の2つです。 ・Windows 10 Version 1709 の環境にて Sysprep による CopyProfile を使用してイメージ展開を行った後、機能更新を適用した場合 ・Windows 10 Version 1803 もしくはそれ以降の環境にて Sysprep による CopyProfile を使用してイメージ展開を行った場合 (Windows 10 Version 1703 もしくはそれ以前の環境で Sysprep による CopyProfile を使用してイメージ展開し機能更新適用しても本事象は発生しません。) 本事象の対処方法をマスターイメージ作成段階、展開済みの段階、それぞれ記載いたします。 マスター イメージの作成段階で本事象を回避する場合、以下の手順を実施してください。 ——————————————————————– 1. マスター イメージを作成している端末においてメモ帳を開き、以下の内容を記載し、”SetupComplete.cmd” のファイルー名で、一旦任意の場所に保存します。 ————- rmdir… Read more

入力する文字や使用するフォントによって、文字幅が異なる場合がある

今回は、入力する文字や使用するフォントの差によって、文字幅が異なる場合がある事象についてご案内いたします。 同じ文字、たとえば「し」を入力した際、その文字の前後に来る文字が「しす」や「して」のように変わることによって、 「し」という文字単体で入力いただいた際と文字幅が変化する場合がございます。 このような事象の原因ですが、1 つのフォントの中に、特定の文字に対するグリフがひとつだけではなく複数含まれていることに起因します。 どのフォントでもこのようになっているわけではありませんが、これは、主に以下のような機能を実現するために用意されています。 – 読みやすさのため、横書き向けと縦書き向けにそれぞれ用意された異なる字形を選択する – 毛筆風を再現するために前後の文字ときれいにつながるような字形を選択する – 画数の多い漢字の直後にシンプルなひらがなが来る場合等、バランスを考慮して若干大きさの異なる字形を用意し選択する フォントに含まれる字形のバリエーションや字形選択のロジックに依存するため、 フォントの種類やバージョンによっても、変化する文字幅の量や変化する文字同士の組み合わせが変化いたします。 また、すべてのフォントがこのような処理を行ってはいないため、全く事象が発生しないフォントもございます。 この事象によって、テキストの行末の折り返し位置が変わったり、行末がきれいに揃わない等の差異が発生する場合がございますが、 Windows の設定等で制御することはできず、フォントまたは文字列を変更いただくことでしかご対応いただけません。 必ず文字間で同じ文字幅であることが要求される文書を作成される際には、「MS ゴシック」や「MS 明朝」など、等幅フォントをご利用ください。 Windows に付属の游ゴシック フォント ファミリーおよび游明朝 フォント ファミリーにおいても、 バージョンや種類による差異はございますが、前述の事象が発生することを検証により確認いたしました。下記表をご覧ください。 <テスト結果> ※表内の数字はフォント ファイルのバージョンとなります。       【游ゴシック】 Windows10 2016 LTSB Windows 10 version 1703 Windows 10 version 1709 Windows 10 version 1803 Windows 10 version 1809 細字… Read more