Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

Windows 10 の機能アップデート後、USB 接続のプリンターが削除される

※ この記事の動作は、Windows 10 Version 1709 (Fall Creators Update) 以降には該当いたしません。Windows 10 Version 1709 で本動作が改善され、プリンターが引き継がれるようになりました。 こんにちは、Windows プラットフォーム サポートの鈴木です。 Windows 10 の機能アップデート (ビルド番号が上がる大型アップデート) の後に USB 接続のプリンターが削除されているというお問い合わせをいただいております。 Windows 10 Version 1703 までの機能アップデートでは、USB 接続のプリンターは Windows の更新を行う一連のプロセスの中で削除されます。 プリンター ドライバーは新しいバージョンの Windows に引き継がれるため、プリンターがコンピューターに接続されており電源が入っている場合は、アップグレードの完了後初回起動時に再度プラグ アンド プレイにより認識し [デバイスとプリンター] 画面にアイコンが作成されます。 しかしながら、この場合でもカスタムしていた印刷設定や適用するプリンター ドライバーを変更していた場合には設定が既定値に戻ります。また、更新中にプリンターが接続されていなかった場合には、Windows がプリンターを認識するまでプリンター アイコンは作成されません。 大変恐れ入りますが、この動作は Windows 10 Version 1703 までの Windows 10 の仕様であり、現時点で変更される予定はありません。お手数をおかけいたしますが、実施いただいていた印刷設定等は機能アップデートの完了後に再度設定いただく必要がございます。 なお、更新前のバージョンに関わらず、Windows 10 Version… Read more

TPM をクリアする方法

皆さん、こんにちは。 Windows プラットフォーム サポート チームです。 本日は TPM (Trusted Platform Module) をクリアする方法についてご紹介いたします。 TPM は通常マザーボードに取り付けられているセキュリティチップです。 TPM のロックアウトのリセットや TPM の所有者情報の再設定など、TPM を初期化する場合は TPM をクリアします。 TPM をクリアした場合、TPM を利用している機能やアプリケーションに影響を及ぼす可能性がございます。 そのため、ご利用いただいている機能ごとに TPM をクリアする際に実施する手順があるかどうか確認した上で TPM のクリアをご実施ください。 また、サード パーティー製のアプリケーションをお使いいただいている場合は、アプリケーションの提供元にご確認ください。 ■ TPM をクリアする手順 1. お使いのシステムで TPM を利用している機能があるかどうか確認します。 TPM の推奨事項 (※ “TPM と Windows の機能” をご参照ください。) https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/mt604232(v=vs.85).aspx 2. それぞれの機能、アプリケーションごとに TPM をクリアする前後で実施する手順を確認します。 ※ 現在記載がない機能につきましては、随時、更新してまいります。 ※ 空欄 (-)… Read more

セッション ホストサーバーにローカル アカウントでログオンすると “利用できるリモートデスクトップライセンスサーバーがありません” との警告が表示される

こんにちは。 Windows サポートの城野です。 今回は、セッション ホストサーバーにローカル アカウントでログオンした際に、 RD ライセンス サーバーに関する警告メッセージが表示される事象についてご説明させていただきます。 1. 現象について ———————————– RD セッション ホスト サーバーから RD ライセンス サーバーの指定や、RD ライセンス サーバーのアクティブ化、CAL のインストールなど 一通り完了している環境にて、RD セッション ホスト サーバーにローカル アカウントでログオンした場合に、以下の警告メッセージが 通知領域に表示される事があります。 通知領域に表示される警告メッセージ ただし、ドメイン アカウントでログインした際には、事象が発生しないため、 RD ライセンス サーバーの指定に誤りがあるのかどうか判断がつかなかったりします。 ではなぜこのようなことが起きるのか、その理由については次の [原因について] にて説明させていただきます。 2. 原因について ———————————– RD セッション ホスト サーバーにログオンした際、RD セッション ホスト サーバーは RD ライセンス サーバーに対して、 ライセンス情報の更新の為に SMB プロトコルを使用し、接続を行います。SMB プロトコルでは、動作上資格情報 を必要とする為、RD… Read more

差分更新プログラム適用後「インストールされた更新プログラムの一覧」に、同じ KB 番号が 2 つ表示される現象について

こんにちは。Windows Platform サポートチームです。 Windows Server 2016 及び Windows 10 のバージョン 1607 (Anniversary Update)、1703 (Creators Updatre) では、非 WSUS 環境向けに、Windows カタログサイトよりダウンロードいただける、差分更新プログラムを配信しております。 差分更新プログラムを適用すると、累積更新プログラムを適用するよりも、クライアントが更新に要する時間が大幅に短縮されます。 差分更新プログラムをインストールした後に、コントロールパネルのプログラムと機能からご確認いただける「インストールされた更新プログラム」の一覧に、インストールしたサポート技術情報番号 (KB 番号) のプログラムが 2 つ表示されます。 これは、OS側及び更新プログラムの仕組みに起因して発生する現象で、正常な状態です。 「インストールされた更新プログラム」の一覧に「更新プログラムID」を表示させる (※) ことで、それぞれ別のプログラムであることを確認いただけます。 ※一覧の列タイトルを右クリックし、その他を選択し表示される「詳細表示の設定」画面より「更新プログラムID」にチェックを入れると表示されます。 なお、差分更新プログラムをアンインストールする際には、Package_for_RollupFix、Package_for_RollupFix_Wrapper の順番で、同じサポート技術情報番号のエントリを 2 つともアンインストールしてください。 なお、Windows 10 のバージョン 1709 (Fall Creators Update) では、この現象は発生しません。 [参考情報] Monthly Delta update ISV support without WSUS… Read more

オフラインパッケージの入手方法およびストアアプリのインストール手順について

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの三田です。 Windows 8 から登場した ”ストアアプリ” ですが、通常 Microsoft ストア (旧 Windows ストア) からお好みのアプリをユーザーの任意に入手できて大変便利です。 一方で、なかには、ドメイン環境で共用の端末としてユーザーに利用させていたり、あるいは、端末そのものがオフライン環境での利用を想定されていたりなど、Microsoft ストアが利用できず、Microsoft ストア経由では入手できないといったケースもあるのではないかと思います。 今回はそういった状況下でもストアアプリを入手されたいといったご要望を実現するために、ビジネス/教育機関向け Microsoft ストア経由でストアアプリのオフラインパッケージを入手する方法とそのインストール手順についてご紹介したいと思います(※)。 ※ 本ブログでは、ビジネス向け Microsoft ストア 経由でオフラインパッケージを入手する方法について述べますが、以下の教育機関向け Microsoft ストア経由で入手する場合も手順としては同じでございます。 教育機関向け Microsoft ストア https://educationstore.microsoft.com/ja-jp/store ============================= オフラインパッケージの入手方法 ============================= 1. https://www.microsoft.com/ja-jp/business-store/ にアクセスし、[サインアップ/サインイン] をクリックします。 2. [職場のメールアドレスをお持ちではありませんか?] をクリックします。 3. 各項目を入力していきます。 4. 電話、もしくはメッセージで認証コードを取得し、入力します。電話は日本語音声になります。 5. 最後にサービス規約に同意をします。これでアカウント作成は完了です。 6. [管理] タブをクリックします。 7. 左ペインから[設定]をクリックします。 8. “オフライン アプリを表示する” をオンにします。 9…. Read more

Windows 10 Fall Creators Update 適用後にプリンターの双方向サポートが無効になる

こんにちは、Windows プラットフォーム サポートの永岡です。 Windows10 Fall Creators Update 後にプリンターの “双方向サポートを有効にする” チェックが外れる場合があるとのお問合せを複数いただいております。 本動作につきましては、Windows10 Fall Creators Update (1709) へアップデートを行ったことにより以下のレジストリ キーの書き換えが行われることで、”双方向サポートを有効にする” のチェックが外れる事が要因となります。 キー : HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Print\Printers サブ キー : プリンター名 名前 : Attributes 種類 : REG_DWORD 回避策は、1709 への Update 後にプリンターのプロパティ画面より手動で “双方向サポートを有効にする” のチェックを有効化していただくことが必要となります。 1. スタートメニューをクリックします。 2. 歯車アイコン (設定) をクリックします。 3. “デバイス” をクリックします。 4. “Bluetooth とその他デバイス” をクリックします。 5. “デバイスとプリンター” をクリックします。 6…. Read more

Windows Server 2012 / 2012R2 以降のデフラグの変更点

こんにちは、Windows プラットフォーム サポートの鎌滝です。 デフラグは Windows XP/2003 世代から実施されていたファイル システム レベルのメンテナンスであり、断片化の起きたファイルのディスク I/O のパフォーマンスを向上させるために実施されます。今回は Windows Server 2012 以降のデフラグに追加された機能とデフラグを実施する必要性について、ご紹介したいと思います。 本項は Windows Server 2012 以降のデフラグにについて書かれた以下のブログをもとに、日本語での説明を行います。 What’s New in Defrag for Windows Server 2012/2012R2   1. デフラグの有効性 そもそも、デフラグは何のために行われるのか、実施する必要はあるかについて、説明します。なお、ここで議論するデフラグはファイルの断片化を解消する “従来のデフラグ” です。 ファイルへの書込み、消去、サイズ変更が継続的に実施される環境で、物理ディスク上で継続した領域を確保できない場合に、その変更は別の空き領域に書き込まれるため、ファイルの断片化が起こるのは自然な現象です。ファイルに断片化が起きた場合、そのファイルの読み書きには断片化が起きていないファイルより多くの時間を要するため、ディスク I/O のパフォーマンスの観点からデフラグは有効です。 また、デフラグを実施することで、ディスク上に連続した空き領域を確保できます。 Windows Server バックアップなどでボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) を使用する場合、スナップショットの準備に Diff Area と呼ばれる連続した領域が必要になります。極度な断片化を解消し、連続した空き領域確保する観点からもデフラグは有効です。 では、この “従来のデフラグ” を実施する必要はあるのか、の説明の前に、デフラグ コマンドに追加されたオプションについて次項で説明します。結論はその後の項番 3 で触れたいと思います。… Read more

Windows 10 で UWF (Unified Write Filter) とグループ ポリシーによるデバイスのインストール制限を併用する場合の動作について

こんにちは、Windows Platform サポートチームです。 この記事では、 Windows 10 で UWF (Unified Write Filter) とグループ ポリシーによるデバイスのインストール制限を併用する場合に発生する事象についてご案内します。   事象 グループ ポリシーでデバイスのインストール制限を有効にした状態で、UWF のフィルターでドライブの保護を有効にすると、以下のような事象が発生します。 ・フィルター除外を設定したフォルダーを開こうとすると、「<アクセスしたフォルダー> は利用できません。」というエラー メッセージが表示される。 ・UWF 関連の処理 (uwfmgr コマンドの実行など) に非常に時間がかかる。   (グループ ポリシーでデバイスのインストール制限を実施する設定例) 以下の設定と、許可または禁止するデバイスの設定を組み合わせて適用します。 項目:[コンピューターの構成] – [管理用テンプレート] – [システム] – [デバイスのインストール] – [デバイスのインストール制限] 設定:[他のポリシーで記述されていないデバイスのインストールを禁止する] を [有効]   発生理由 これは想定された動作です。 UWF によるフィルター除外設定やコミット処理などの変更を一時的に保存するため、Windows では仮想ボリュームを使用しますが、グループ ポリシーでデバイスのインストール制限を有効にしている場合、仮想ボリュームのインストールが制限されるため、上記のような動作となります。 この事象が発生する場合、システム イベント ログに以下の ID 20005 の… Read more

Unified Write Filter (UWF) 環境での運用を考慮した設定について

こんにちは、Windows プラットフォーム サポートの鎌滝です。 今回は統合書き込みフィルター (Unified Write Filter (UWF)) の環境を運用する場合に、考慮すべき設定についてご紹介します。 Unified Write Filter (UWF) とは Windows 10 にて新しく利用できるようになったディスクへの書き込み処理をメモリ上のオーバーレイという一時領域に行う機能です。 UWF を有効化することで、物理デバイスへの書き込みを少なくすることでデバイスの摩耗を低減したり、再起動ごとに必ず UWF の設定に基づいてオーバーレイ領域のデータを削除 (設定時の状態に戻す) する事で、ユーザーが保存したファイルなどで意図せずディスク容量を使用しないようにする事ができます。 本機能は Windows Embedded (組み込み向け) の機能として実装されておりましたが、Windows 10 でも利用できるようになったことにより、最近では OA PC などの用途にもご利用を検討いただくことが多くなっています。 本機能の概要や設定方法については、以下にブログがございますので、ご参照ください。 統合書き込みフィルター (Unified Write Filter (UWF)) について 上述の通り UWF 環境では、OS 動作中に実施されたオーバーレイ領域への書き込み処理は、すべてシャットダウン時に破棄されます。 次回起動時は UWF を設定したときの状態で起動しますが、 サービスによっては UWF 環境下でも再起動後にも保持されている必要がある情報や、保持されていると利便性が高い情報があります。 そのため、UWF では書き込みフィルターの除外設定を行うことで個別にファイルやフォルダ、レジストリの情報を保持することが可能です。 UWF 環境を運用する際に除外設定や事前に設定を行う必要がある項目についてはいくつか公開情報がございますが、本ブログではそれらの各公開情報をおまとめすると共に、そのほかの留意事項や良くお問合せいただく設定情報についてご紹介いたしますので、UWF 環境の運用を検討する場合に参考にしていただけますと幸いです。   公開情報… Read more

イベント FailoverClustering 1230 について

こんにちは。Windows プラットフォーム サポート担当です。 本日は、クラスター環境で発生するイベント ID 1230 (ソース:Microsoft-Windows-FailoverClustering) についてご紹介します。   – イベント ID 1230 クラスターではリソースに対する操作 (正常性チェック LooksAlive, IsAlive など) で応答が無い場合に、リソースの応答を待ち続けることでクラスターの動作が停止することを防ぐためにタイムアウト値 DeadlockTimeout が設けられています。 リソースの操作が DeadlockTimeout 値を超えて完了しないとタイムアウトが発生しイベント ID 1230 が記録されます。   – イベント ID 1230 の原因調査 イベント ID 1230 が記録された時のクラスター ログからは何の操作でタイムアウトが発生したかを確認することができますが、リソースの操作が停止しタイムアウトした原因はイベント ログやクラスター ログなどから調査することが困難となります。   // リソース Disk01 への操作 LOOKSALIVE がタイムアウトしたことを示すクラスター ログ ERR   [RHS] RhsCall::DeadlockMonitor: Call LOOKSALIVE timed out… Read more