Nano Server Image Builder の概要


執筆者: Scott M. Johnson

このポストは、10 月 15 日に投稿された Introducing the Nano Server Image Builder の翻訳です。

 

皆さん、こんにちは。

今回の記事では、皆さんの作業時間の短縮に役立つ新ツール、Nano Server Image Builder をご紹介します。Nano Server Image Builder では、グラフィカルなインターフェイスを利用して、カスタム Nano Server イメージとブート可能な USB メディアを作成します。このツールは、ユーザーの入力に従ってデプロイメント用のイメージと再利用可能な PowerShell スクリプトを生成します。このスクリプトは、Windows Server 2016 Datacenter Edition または Standard Edition のいずれかを実行する Nano Server のインストール ファイルを作成する際に使用できます。Nano Server Image Builder は Microsoft ダウンロード センターで入手できます (英語)http://aka.ms/NanoServerImageBuilder (英語) からも直接アクセスできますのでご利用ください。このツールを実行する場合は、Windows アセスメント & デプロイメント キット (ADK) がインストールされている必要があります。

Nano Server のサイズは、デスクトップ エクスペリエンスが付属した完全バージョンの Windows Server 2016 と比較して 20 分の 1 から 25 分の 1 程度です。
Windows のサイズ縮小のために、サーバー ワークロードの実行に不可欠なコンポーネント以外は排除しました。たとえば、[Windows へようこそ] エクスペリエンスを含む setup.exe も削除しています。Nano Server のセットアップと構成には Windows 内の Sysprep サービスを使用し、またインストール手順の自動化には unattended.xml ファイルを使用します。

新しい挑戦: モニターなしでサーバーをデプロイ
Nano Server Image Builder では、Nano Server を仮想マシンまたは物理マシンにデプロイする際に使用する VHD や VHDX、.WIM ファイルを作成します。これはモニターを使用しなくてもデプロイ可能な「ヘッドレス サーバー」と呼びます。Windows Server 2016 メディアの /NanoServerImageGenerator フォルダーを見ると、New-NanoServerImage (英語) などの新しいコマンドレットがあることがわかります。これらのコマンドレットは Windows 8.1、Windows 10、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2016 でサポートされていて、コンピューター名と数十種類の独自の設定を自由に指定してカスタマイズされた Nano Server イメージを作成できます。
~
このような PowerShell コマンドレットの構文を完全に作り込むのは難しいですが、このツールを使用すると下記のタスクを簡素化できます。
1) 数十種類のカスタム設定が可能な Nano Server メディア用 GUI の作成
2) サーバーのファームウェア設定やハードウェア設定を検出する USB キーの作成
3) Nano Server をハードウェアに直接デプロイする際に使用するブート可能な USB キーの作成
4) DVD または BMC に接続されているサーバーからデプロイするためのブート可能な ISO ファイルの作成 (オプション)
5) コンピューター名を変更するだけで再利用可能な PowerShell コマンドレットの作成

Nano Server Image Builder では下記のようなデプロイ設定を自動化できます。
• ライセンス契約条項の承認
• VHD/VHDX/WIM 形式の選択 (オプションでブート可能な ISO の作成にも対応)
• インストールするサーバー ロールの選択
• インストールするデバイス ドライバーの追
• コンピューター名、管理者のパスワード、ログ ファイルのパス、タイム ゾーンの設定
• 既存の Active Directory アカウントまたは取得したドメイン参加中の BLOB を使用してのドメインへの参
• ローカル サブネットの外部と通信する WinRM の有効化
• 仮想 LAN ID の有効化と静的 IP アドレスの構成
• オンザフライでの新規サービス パッケージの挿入
• unattend.xml の処理後に実行される setupcomplete.cmd やその他のカスタム スクリプトの追
• シリアル ポートからコンソールにアクセスする際に使用する緊急管理サービス (EMS) の有効化
• 署名済みのドライバーや署名されていないアプリケーション、既定の PowerShell シェルのテストを行う開発サービスの有効化
• シリアル、USB、TCP/IP、IEEE 1394 の各通信プロトコルのデバッグの有効化
• サーバーをパーティション分割して Nano Server イメージをデプロイする USB メディアの WinPE による作成

ハードウェアを検出する USB ドライブ

Nano Server Image Builder では、WinPE を使用して既存の Nano Server ハードウェア構成を検出しそのレポートを画面とログ ファイルに出力する USB ドライブを作成できます。

ハードウェア検出機能では下記の項目を確認します。

  1. ネットワーク インターフェイス インデックス: IP アドレスの割り当て先を指定します。ネットワーク カードの優先順位は変更されることがあり、そのためにネットワーク インターフェイス インデックスも無作為に変更されることがあるので、将来は割り当て先の指定に MAC アドレスを使用するように変更される予定です。
  2. ブートに使用されるファームウェアの種類: ファームウェアの種類に従ってシステムが作成するパーティションの種類を決定します。現在はほとんどの新規サーバーで UEFI が使用されています。
  3. システム基板情報: 正しいサーバーが指定されているかを検証します。
  4. ディスクおよびボリューム: フォーマットするディスク パーティションを適切に選択します。
  5. ドライバーのないデバイス: Server Core のドライバー パッケージにドライバーが存在しないデバイスのリストを出力します。
ハードウェア検出エクスペリエンス

a1

a2

 

a3


スクリーンショット一覧
Nano Server イメージの作成とブート可能な USB メディアの作成の 2 つの手順があります。
a4
Windows Server 2016 のインストール ファイルが必要です。
a5

デプロイメントの種類を選択します。

仮想マシン イメージで選択可能な形式: .vhd/.vhdx
物理マシン イメージで選択可能な形式: .vhd/.vhdx/.wim
a6

ライセンス条項に同意します (Nano Server ではソフトウェア アシュアランスの対象となっているデバイスが必要です)。

a0
システムの分析に使用するハードウェア検出用 USB ドライブを作成します。
a7
上の WinPE のスクリーンショットは、USB ドライブによるハードウェア検出方法を示したものです。
~
実行するロールを選択します。Nano Server イメージにはここで指定したロールのみが含まれます。
a8


必要に応じて特殊なデバイス ドライバーを追加します。
a9
USB ドライブによるハードウェア検出プロセスで、ドライバーの追加が必要なデバイスを確認します。上級者向けのヒント: オーディオ ドライバーは必須ではありません。

 


コンピューター名とパスワードを指定します。

a23

Active Directory ドメインに参加します。
a11

WinRM と仮想 LAN を有効化し、静的 IP アドレスを設定します。

a12
USB ドライブによるハードウェア検出を使用して、どのネットワーク アダプター インターフェイス インデックスを指定するかを決定します。

~
これで基本的な Nano Server イメージの作成準備は完了です。続いて、必要に応じて詳細設定を行います。

a13

 

 

サービス パッケージを使用して Nano Server を最新バージョンに更新します。

a14
Nano Server のサービス オプションについては、こちらの記事 (英語) を参照してください。

~

 

デプロイメント プロセスに独自のスクリプトを追加します。

a15
~
緊急管理サービスを有効化します。
シリアル ケーブルと RS-232 互換のコンソールを準備します。モニターが接続されておらずネットワークも使用できない場合は、これがサーバーにアクセスする唯一の方法です。
筆者は putty.exe か 1998 年版のハイパーターミナルを使用しています。
a16
~
コードのデバッグ作業にはさまざまな接続方法を使用できます。
a17
~
すべての設定を最終確認します。
a18
~
これでイメージの作成は完了です。次に、ブート可能な USB キーを作成します。
a19
上級者向けのヒント: 今後 GUI ツールを使用せず PowerShell スクリプトでイメージを直接作成する場合に備えて、スクリプトのコピーを保存しておくことをお勧めします。
コンピューター名を変更するだけで、わずか数分ほどで Nano Server イメージを新規作成できます。

 

USB ドライブを選択します。
a20

 

ブートに使用するファームウェアの種類を選択します。また、オプションでパーティション スキーマを変更できます。
a21
これで、デプロイに使用するブート可能な USB ドライブが作成されます。オプションで、同じバイナリからブート可能な ISO ファイルを作成することもできます。
a22
新しい Nano Server Image Builder を皆様にお役立ていただけますと幸いです。機能のご提案やエラーのご報告は、UserVoice のサイト (英語) までお願いいたします。次回の記事もどうぞご期待ください。
Scott Johnson
Windows Storage Server 担当シニア プログラム マネージャー
@Supersquatchy
Comments (0)

Skip to main content