SQL Server 2008 および Windows Server 2008 のサポート終了に関する新たなオプションを発表

執筆者: Takeshi Numoto (Corporate Vice President, Cloud + Enterprise) このポストは、2018 年 7 月 12 日に投稿された Announcing new options for SQL Server 2008 and Windows Server 2008 End of Support の翻訳です。   テクノロジは驚異的なペースで飛躍的に進化しています。マイクロソフトのサーバー テクノロジも例外ではありません。2008 のリリース サイクルの開始時は、32 ビットから 64 ビットへの移行期であり、サーバー仮想化と高度な分析の黎明期でした。それから 10 年が経過して、今や本格的にハイブリッド クラウド コンピューティングの時代に突入し、データや人工知能などの分野で魅力的なイノベーションが進んでいます。 私はこの場を借りて、ビジネスを運営するうえで SQL Server や Windows Server を選択し、テクノロジ パートナーとしてマイクロソフトを信頼してくださっているお客様に感謝を申し上げると共に、お客様が将来に向けて対応準備を進め現在のテクノロジを最大限に活用していただけるように、マイクロソフトが確実にサポートさせていただくことをお伝えします。この記事では、以下の 2008 リリースのサポート終了が差し迫っていることに関連する情報をお伝えします。 SQL Server 2008…


Azure がすべてのアプリ、データ、インフラストラクチャにとって最適な環境に: 新たなサービスと機能をご紹介

執筆者: Julia White (Corporate Vice President, Microsoft Azure) このポストは、2018 年 7 月 12 日に投稿された Announcing new offers and capabilities that make Azure the best place for all your apps, data, and infrastructure の翻訳です。   数か月前、私はこの記事 (英語) の中で、ハイブリッド対応の柔軟なアプローチとコスト効率の良い Azure への移行によって、マイクロソフトがお客様のクラウド移行を支援していることをご説明しました。今回は、Azure への移行を皆様にさらに低コストで簡単に行っていただけるように、新たな情報をお伝えしたいと思います。 Azure に移行して、Windows Server 2008 および SQL Server 2008 の無償の延長セキュリティ更新プログラムを入手 Windows Server 2008/2008 R2 と SQL…


マイクロソフトが、Navigant Research の IoT プラットフォーム ベンダー ランキングのトップに選出

執筆者: Microsoft IoT このポストは、2018 年 6 月 20 日に投稿された Microsoft tops Navigant Research’s IoT platform vendor leaderboard の翻訳です。   「マイクロソフトの Azure IoT は、エンタープライズ向けクラウド コンピューティング機能を備えていることで有名で、今回高く評価されたのは、同社がリアルタイム データ分析機能に重点的に取り組み、(中略) 膨大な数のデバイスの接続と監視を目的とした幅広いスイート製品を提供している点です」   自社のビジネスを変革するために、今、多くの企業が IoT テクノロジの導入を検討し始めています。しかしそこには、これまでになかった新たな課題が立ちはだかっていました。それは、競合ひしめく多数の IoT ベンダーをふるいにかけ、評価しなければならないことです。クラウド ベンダーの数は非常に多く、提供されるサービスも多岐にわたるため、最も堅牢で扱いやすいソリューションを提供してくれるベンダーを 1 つに絞り込むことは非常に難しくなっています。 そうした際の道標の 1 つになるのが、Navigant Research の IoT プラットフォーム ベンダー ランキングです。このランキングで、マイクロソフトは 1 位に選ばれました。Navigant Research はこの独立調査レポートの中で、Microsoft Azure IoT がいかに成長著しい他の大手プロバイダー 14 社をリードしているかを詳細に説明しています。 Navigant Research…


Azure IoT Central の新機能を紹介

執筆者: Cameron Greene (Program Manager, Azure IoT Central) このポストは、2018 年 7 月 3 日に投稿された What’s new in Azure IoT Central の翻訳です。   IoT 向けのシンプルな SaaS である Azure IoT Central には、IoT のベスト プラクティスを実践するためのさまざまなサポートが組み込まれているほか、世界水準のセキュリティとスケーラビリティが備わっているため、クラウドの専門知識がないお客様でも簡単にご利用いただくことができます。Azure IoT Central には、SaaS アプリのメリットを存分に活かせるよう随時新機能を追加してきたため、お客様は運用環境で使用できるレベルのアプリを、インフラストラクチャの管理を気にすることなく、すぐに構築していただくことができます。 パブリック プレビュー (英語) の開始以来、IoT Central には多くの新機能が追加され、機能強化が行われ、さらに操作性が向上してきました。各機能の詳細については今後詳しく紹介する予定ですが、ここでは新たに追加された機能にスポットを当ててご説明したいと思います。 状態の測定 デバイスの状態はこれまでテレメトリやトリガーされたイベントを使用して測定されてきましたが、今後はデバイスの状態を定義して、質的な面から測定できるようになりました。状態の測定により、そのデバイス全体や各コンポーネントのその時点での状態のレポートが送られるようになったため、たとえば、コネクテッド製品のエアコンに 2 種類の状態 (オン/オフ) がある場合、ユーザーはすべてのコネクテッド デバイスとそれらの今の状態をすぐに確認することができます。詳細については、状態の測定に関するドキュメントをご覧ください。 イベント監視テンプレート IoT Central では、リモート監視機能をさらに拡張するために、デバイスのイベント監視機能のサポートを継続的に追加しています。今回、ユーザーはシンプルかつ直観的な UI を利用して、自分のデバイスから重大なイベントを監視するルールを設定したり、問題発生時には数分以内にアラートを受け取ることができるようになりました。詳細については、イベント監視に関するドキュメントをご覧ください。…


Azure Storage で静的 Web サイトのホスティングのパブリック プレビューを開始

執筆者: Michael Hauss (Program Manager, Azure Storage) このポストは、2018 年 6 月 28 日に投稿された Static website hosting for Azure Storage now in public preview の翻訳です。   このたび、Azure Storage で静的 Web サイトのホスティングのパブリック プレビューを開始しました。すべてのパブリック クラウド リージョンで利用可能で、今後、政府機関向けリージョンおよび国営クラウドもサポートする予定です。 この新しいストレージ機能セットを使用すると、コスト効率の良いスケーラブルなソリューションを構築して、Azure で最新の統合型 Web アプリケーションをホストできるようになります。静的 Web サイトでは、Web ページに静的コンテンツと JavaScript などのクライアント側のコードが含まれます。一方、動的 Web サイトはサーバー側のコードに依存するため、Azure Web Apps でホストすることができます。弾力性が高くコスト効率の良いモデルへの移行が進む中で、サーバー管理のいらない Web コンテンツ配信機能が求められています。Azure Storage の静的 Web サイト ホスティングなら、Azure Functions…


新しいゾーン冗長 VPN/ExpressRoute ゲートウェイのパブリック プレビューを発表

執筆者: Ashish Jain (Program Manager, Azure Networking) このポストは、2018 年 6 月 26 日に投稿された New zone-redundant VPN and ExpressRoute gateways now in public preview の翻訳です。   Azure の他の機能と同様に、仮想ネットワーク ゲートウェイもイノベーション、アップグレード、洗練が進み、信頼性や可用性が向上し続けています。 そして本日、ゾーン冗長に対応した VPN ゲートウェイおよび ExpressRoute 仮想ネットワーク ゲートウェイのパブリック プレビューが開始されました。Azure 可用性ゾーンのサポートが拡張され、仮想ネットワーク ゲートウェイの回復性、スケーラビリティ、可用性が改善されています。 パブリック プレビューでは、Azure 可用性ゾーンに VPN および ExpressRoute のゲートウェイをデプロイできるようになりました。可用性ゾーンが物理的、論理的に分離されるため、ゾーン レベルで障害が発生した場合には、オンプレミスから Azure へのネットワーク接続が保護されます。また、仮想ネットワーク ゲートウェイ作成時のデプロイ所要時間が短縮されるなど、基本的なパフォーマンスも向上しています。 各可用性ゾーンに仮想ネットワーク ゲートウェイを自動デプロイする場合、ゾーン冗長仮想ネットワーク ゲートウェイを使用できます。 ゾーン冗長仮想ネットワーク ゲートウェイでは、VPN ゲートウェイと ExpressRoute…


Azure Data Lake Storage Gen2 を詳しくご紹介

執筆者: Jason Hogg (Group Program Manager, R&D Storage) このポストは、2018 年 6 月 28 日に投稿された A closer look at Azure Data Lake Storage Gen2 の翻訳です。   2018 年 6 月 27 日、マイクロソフトは、エンタープライズ クラスの大規模な分析ワークロードをクラウドで実行することに特化した唯一のデータ レイクである Azure Data Lake Storage Gen2 のプレビューを発表しました (英語)。Azure Data Lake Storage Gen2 は、Hadoop 互換ファイル システム、Azure Active Directory、POSIX ベースの ACL などの主な機能を Azure Data Lake…


医療分野における 5G の活用

執筆者: David Houlding (Principal Healthcare Program Manager | Industry Experiences) このポストは、2018 年 6 月 25 日に投稿された Healthcare on 5G の翻訳です。   今日、医療用計算ワークロードの多くは、依然として医療現場やその近辺に存在しています。その原因としては、高レイテンシ、低帯域幅、ワイヤレス電力要件や限度のあるバッテリ機能といった課題などが挙げられます。また、セルあたりの接続数の制限も IoT の今後の成長を阻む要因となっています。 4G LTE のレイテンシは通常 50 ~ 100 ミリ秒、帯域幅は 50 Mbps 以下、セルあたりの最大接続数は数千程度です。そのためユーザーは、資金を投資して高価で強力なハードウェアを購入し、必要とされる場所やその近辺に設置してセキュリティを確保し、寿命を迎えるまで維持する必要がありました。IoT やウェアラブル デバイスの場合、こうした制限があるために特定のユース ケースを実現できなかったり、機能が著しく制限されたりします。 一方で、5G のレイテンシは 1 ミリ秒未満、帯域幅は最大 10 Gbps、1 平方キロメートルあたりの接続数は最大 100 万に上るため、医療分野で多くの新しいイノベーションが可能になります。今回の記事ではその一部についてご紹介します。 クラウドから医療用 AR/VR を提供 現在、Microsoft HoloLens は、医療用 MR (複合現実、英語) を実現しています。医療分野における…


特許庁の機械翻訳システムに、Microsoft Azure が基盤として採用

執筆者:クラウド & エンタープライズビジネス本部 本部長 浅野 智   特許戦略のグローバル化に伴い、特許文献を翻訳する頻度・件数は急激に増えています。従来の人手による翻訳作業は、時間がかかる、コストが高い、大量の翻訳は難しいなどの課題がありました。近年、機械翻訳技術の進展に伴い、機械翻訳の活用が進んでいますが、翻訳品質の高まりと比例して、莫大な計算能力が不可欠となっています。今回、東芝デジタルソリューションズ株式会社様(本社:神奈川県川崎市、取締役社長:錦織弘信、以下 東芝デジタルソリューションズ)は特許庁様から、特許審査官、企業や研究機関などが使う「機械翻訳システム」を受注、国立研究開発法人情報通信研究機構の開発した最新のニューラル機械翻訳エンジンを組み合わせたそのシステムのクラウド基盤として、日本マイクロソフトのクラウドプラットフォーム Microsoft Azure が採用されました。 「機械翻訳システム」では、ニューラル機械翻訳エンジンの処理性能を発揮させるための高速 GPU インスタンスを始め、他の複数の翻訳インスタンスを並列的に動作させ必要に応じた柔軟なサーバリソース、 Security Center など各種セキュリティサービスや、構造化が難しい大量の翻訳データやログを低レイテンシーで適切に保管・分析・復元する COSMOS DB 等、システムの基盤部分として Microsoft Azure の多岐にわたる機能・サービスが活用される予定です。 Microsoft Azure はクラウドセキュリティゴールドマークの取得や、日本に寄り添った契約形態(円建てでの支払いや日本の法律の準拠)など特許庁様が求める各種基準に準拠したクラウドプラットフォームであっただけでなく、今回大量の特許文献に対して高速に翻訳処理を行うにあたり、すでに 280 台のマシーンによる同時並行処理において期待に応えるパフォーマンスと安定稼働を実現した実績を有しており、高く評価されました。さらに日本マイクロソフトは、高速・同時・大量な処理が可能なこの機械翻訳システム全体のアーキテクチャー設計支援、導入検討時のサポート体制の構築等、細やかなコンサルテーションを行うことで、今回の導入検討を支援してまいりました。  日本マイクロソフトは今後とも、高品質の機械翻訳ソリューションの開発・改良を続ける東芝デジタルソリューションズ様をアーキテクチャー設計支援と強力な技術サポート体制の両面で支援するとともに、特許庁様を含めた官公庁におけるクラウド化を積極的にサポート・推進してまいります。   関連情報 東芝デジタルソリューションズ株式会社 ニュースリリース URL  https://www.toshiba-sol.co.jp/news/detail/20180710.htm    


Windows Server System Insights の概要

執筆者: Garrett Watumull (Program Manager, Windows Server) このポストは、2018 年 6 月 19 日に投稿された Introducing Windows Server System Insights の翻訳です。   このたび、Windows Insider Program の参加者向けに Windows Server 2019 の新しいプレビュー ビルドがリリースされました。ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、Windows Server 2019 は数か月前に発表され、今年中に一般提供が開始される予定となっています。リリースのたびに新機能がいくつか導入されますが、今回は System Insights についてご紹介したいと思います。 System Insights とは IT 管理者の任務の 1 つは、システムを円滑に運用することです。ディスクの空き領域が不足していないか監視したり、Hyper-V ホストの消費メモリや消費 CPU を確認して VM の追加を計画するなど、さまざまなアクティビティやコンポーネントに目を光らせている必要があります。 System Insights は今回の Windows Server 2019 プレビューで導入された新しい機能で、Windows Server…