SQL Database と SQL Data Warehouse で Azure AD 認証の一般提供を開始

執筆者: Mirek Sztajno (SQL サーバー セキュリティ担当シニア プログラム マネージャー) このポストは、8 月 4 日に投稿された GA for Azure AD authentication in SQL Database and SQL Data Warehouse の翻訳です。   このたび、Azure SQL Database および Azure SQL Data Warehouse で Azure Active Directory (Azure AD) 認証の一般提供が開始されました。Azure AD は SQL 認証に代わる認証方法で、ID とグループの一元管理を可能にします。Azure AD 認証により、フェデレーション ドメインで SQL Database や SQL Data Warehouse…


Akamai 提供 Azure CDN のお客様も HTTP/2 の利用が可能に

執筆者: Manling Zhang (Program Manager, Azure Media Services) このポストは、8 月 15 日に投稿された Announcing HTTP/2 support for all customers with Azure CDN from Akamai の翻訳です。   このたび、Akamai 提供の Azure CDN のお客様にも HTTP/2 をご利用いただけるようになりました。この機能は既定で有効で、既存および新規のすべての Akamai 標準プロファイル (Azure ポータルから有効化) で追加費用なしでご利用いただけます。 HTTP/2 は Web ページの読み込み速度とユーザー エクスペリエンスの最適化が図れるよう設計されており、主要な Web ブラウザーはどれも HTTP/2 をサポートしています。多くのブラウザーがサポートするのは HTTP/2 over TLS のみですが、このプロトコルは HTTP や HTTPS に対応しています。 HTTP/2…


Azure N シリーズのプレビュー版の提供を開始

執筆者: Corey Sanders (Azure、プログラム マネジメント ディレクター) このポストは、8 月 4 日に投稿された Azure N-Series preview availability の翻訳です。   このたび、パブリック クラウドで最速の GPU である Azure N シリーズ Virtual Machines のプレビュー版の提供が開始されました。N シリーズのインスタンスは、NVIDIA の最先端の GPU によって実現されたもので、GPU アクセラレーションを活用したワークロードの実行と視覚化を可能にします。この強力なインスタンス サイズも、俊敏性、分単位の従量課金制といった Azure の特色を備えています。 N シリーズ VM には、NC シリーズと NV シリーズという 2 つのカテゴリがあります。コンピューティング特化型の NC シリーズでは、CUDA や OpenCL を使用して、コンピューティング負荷の高い HPC ワークロードを実行できます。この SKU は Tesla K80 GPU…


Azure SQL Database の新しい Premium パフォーマンス レベル P15 の一般提供を開始

執筆者: Jan Engelsberg (Azure SQL Database 担当シニア プログラム マネージャー) このポストは、8 月 3 日に投稿された Azure SQL Database new premium performance level P15 generally available の翻訳です。   このたび、Azure SQL Database で最高となるパフォーマンス レベル P15 の一般提供が開始されました。P15 のパフォーマンスは現行の P11 の 2 倍以上となる 4,000 DTU です。Azure SQL Database を使用して Azure で強力なアプリケーションを開発するにあたって、お客様は高いパフォーマンスを必要としています。P15 では、非常に高速なトランザクション処理とリアルタイム分析を同時に実行できるほか、最大 1 TB のストレージが提供されます。 現在提供されている Premium パフォーマンス レベルは以下のとおりです。 P15 の追加により、幅広い高パフォーマンスのワークロードがサポートされ、SQL…


Azure IoT で X.509 証明書のサポートを開始

執筆者: Sam George (Partner Director, Azure Internet of Things) このポストは、8 月 2 日に投稿された Introducing Azure IoT support for X.509 certificates の翻訳です。   このたび、デバイス レベルの認証を強化する X.509 証明書がサポートされるようになりました。X.509 証明書は、ネットワークに接続したデバイスとクラウド プラットフォームなど、2 者間の情報交換の代表的標準とされており、暗号化による保護対策により、送信中の情報が何らかの潜在的脅威にさらされている場合にそれを認識できます。 Azure IoT での X.509 証明書のサポートにより、IoT デバイスは秘密キーをローカルに保存し、関連付けられたデバイスの X.509 証明書を生成して、情報を送信する前に Azure IoT Hub に対してデバイスの認証を行うことができます。製造、ヘルスケア、スマート シティなどの業界のお客様にとっては、デバイス ID を末端からクラウドへ安全に送信できると共に整合性を維持できるというメリットがあります。この機能の詳細については、こちらを参照してください。 IoT のデプロイメントの保護 Azure IoT Hub のセキュリティ機能に関してわかりやすく説明した入門者向けの記事「Securing your IoT deployment (IoT デプロイメントを保護する、英語)」を新たに公開しました。IoT…


Internal Load Balancer と Resource Manager VNet のサポートを発表

執筆者: Christina Compy (Principal Program Manager, Azure Websites) このポストは、7 月 27 日に投稿された Announcing Internal Load Balancer and Resource Manager VNet support の翻訳です。   Azure App Service では、App Service Environment (ASE) での Internal Load Balancer (ILB) の利用が新たにサポートされたほか、ASE を Resource Manager (V2) Azure Virtual Network (VNet) にデプロイできるようになりました。 この 2 つは、Azure App Service に関して特に多くのご要望が寄せられていた機能です。Resource Manager VNet へのデプロイが可能になったことで、ARM ベースの…


CDN と統合された Azure Media Services を利用するお客様向けに新しい POP の提供を開始

執筆者: Manling Zhang (Program Manager, Azure Media Services) このポストは、7 月 20 日に投稿された New POPs available for all CDN integrated Azure Media Services customers の翻訳です。   昨年 11 月マイクロソフトは、インド、オーストラリア、南米で Azure CDN をご利用のお客様向けに新しい CDN 配信用 POP と料金ゾーンの一般提供を開始しました。そして今回、これらの新しい POP が CDN と統合された Azure Media Services をご利用のすべてのお客様にご利用いただけるようになりました。これらの新しい POP はすべて、CDN と統合された AMS の既存のストリーミング エンドポイントに対して有効化されています。 さらに、Azure Media Services のお客様は、すべてのリージョン (インド、オーストラリア、南米、カナダなど) で作成されたストリーミング…


北米で Azure Active Directory B2C の一般提供を開始

執筆者: Swaroop Krishnamurthy (Azure Active Directory シニア プログラム マネージャー) このポストは、7 月 27 日に投稿された Azure Active Directory B2C is now generally available in North America の翻訳です。   このたび、北米で Azure Active Directory B2C の一般提供が開始されました (後述の “運用スケール” の B2C テナントに関する注意事項をご確認ください)。プレビューの発表以来、このサービスは多くのお客様にご利用いただいており、また大きな関心を集めてきました。既にレアル・マドリード (英語) やインディアナ州をはじめとするさまざまな大企業や政府機関のお客様が運用を開始しており、次の四半期にはさらに多くのお客様による導入が予定されています。なお、Azure Active Directory (Azure AD) B2C は 2017 年初めまでは無料でご利用いただけます。導入をご検討の方はこの機会をぜひご活用ください。 Azure AD B2C とは Azure AD B2C は、アプリ開発者向けのクラウド…


Apache Cassandra および Salesforce からのデータの取り込みと Data Management Gateway 2.0 のリリース

執筆者: Cobbie Yang (Senior Program Manager, Azure Data Factory) このポストは、7 月 19 日に投稿された Ingest data from Apache Cassandra, Salesforce and Data Management Gateway 2.0 release の翻訳です。   Apache Cassandra 用および Salesforce 用の新しいコネクタをリリース マイクロソフトは Azure Data Factory の接続性の拡張に継続的に取り組んでおり、このたび Apache Cassandra 用および Salesforce 用の 2 つのコネクタを新たにリリースしました。今回のリリースにより、この 2 つのデータ ストアから Azure Data Factory を使用してさまざまなデータ ストアにデータを取り込めるようになります。Azure Data Factory で、データの取り込み元/取り込み先として使用可能なデータ…


Azure Storage Node.js の一般提供開始を発表

執筆者: Dinesh Murthy (Principal Program Manager, Azure Storage) このポストは、7 月 19 日に投稿された Announcing Azure Storage Node.js GA の翻訳です。   このたび、Azure Storage Node クライアント ライブラリ (英語) の一般提供 (GA) リリース (バージョン 1.0.1) を発表しました。このリリースのパッケージは npm (英語)、ソース コードは GitHub (英語) で公開されています。 GA リリースに先駆けて、この数か月にわたりプレビュー リリースに複数の主要機能を追加しました。プレビューにご参加いただき、貴重なフィードバックをお寄せくださったすべてのユーザーとパートナーの皆様に感謝いたします。GA リリースでは、最近追加された下記の機能を含む 2015-04-05 REST バージョン (英語) のすべての機能がサポートされます。 AccountSAS および IPACL ファイルのメトリック Typescript AppendBlob キュー用の getMessage/peekMessage API…