Office 365 の言語設定について


こんにちは。いつも Office 365 を利用いただきまして、ありがとうございます。
今回は、Office 365 での言語設定についてご説明します。
下記の設定が反映される箇所は、Office 365 ポータル / 各種管理センターです。

Office 365 を使用するユーザーは、2 種類があります。
1. クラウドユーザー : Office 365 上で作成したユーザー
2. ディレクトリ同期ユーザー : オンプレミス AD で作成後、ディレクトリ同期によって Office 365 上に同期されたユーザー

それぞれのユーザーについて、Office 365 で使用する言語の設定方法は下記の通りです。

1. クラウドユーザー

「言語とタイムゾーン」にて設定する言語が使用されます。

2. ディレクトリ同期ユーザー

ディレクトリ同期ユーザーの場合、クラウドユーザーのような「言語とタイムゾーン」設定項目がありません。
既定では、ブラウザの言語設定が Office 365 においても使用される動作となっています。

ユーザーが使用しているブラウザーの言語設定に依存せずに、Office 365 を使用するときは必ず「日本語」を使用するように設定するには、
オンプレミス AD 側で対象ユーザーの PreferredLanguage 属性の値を ja-JP に設定し、ディレクトリ同期を実施します。
ディレクトリ同期が完了しますと、Office 365 側でもユーザーの PreferredLanguage 属性値が ja-JP となります。

Office 365 側の確認方法は、下記の通りです。

> Get-MsolUser -UserPrincipalName testuser@contoso.onmicrosoft.com | fl

LastDirSyncTime                               : 2017/06/29 6:54:24
ImmutableId                                      : ZmfNKSV/gUu9PMAmXH3Stg==
PreferredLanguage                           : ja-JP <<<こちらを確認します。
UserPrincipalName                          : testuser@contoso.onmicrosoft.com
UserType                                             : Member
ValidationStatus                                : Healthy
WhenCreated                                     : 2017/06/21 1:51:41

- 参考情報
Office 365 で言語および地域を設定する方法
URL:https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4018959/how-to-set-language-and-region-settings-for-office-365

ロケール ID (LCID) の一覧
URL:https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc392381.aspx


Skip to main content