【7/3(月)まで】 マイクロソフト パートナー オブ ザ イヤー 2017 へぜひご応募ください【6/26 更新】

本アワード プログラムは、マイクロソフト パートナーネットワーク参加パートナー企業様を対象とし、20分野のアワードにおいて優れた実績をおさめられたパートナー企業様を選出させていただくものです。 各アワードを受賞されたパートナー企業様につきましては、2017 年 9 月1日開催の Japan Partner Conference 2017~Inspire Japan! にて発表いたします。 また、弊社ウェブサイト等を介して広くご紹介し、皆様の活動を広くアピールいたします。 応募いただけるアワード カテゴリや、応募条件、選考基準などをご確認の上、ぜひ応募をご検討ください。パートナー企業の皆様より多くの応募をお待ちしております。 ▼ 応募の詳細はこちらから 応募締切日: 2017 年 7 月 3 日(月) 17:00 まで                


Microsoft Teams For Education Is Here – And It Is Awesome

Big news from over the weekend is that Microsoft Teams, already available in commercial Office365 Tenants, has arrived in Education with all of the new features dedicated to making this app the “one stop shop” for students and educators. Read the official launch blog post here. There are a number of major differences in Teams…


Ny classroom funktionalitet i Microsoft Teams rulles ud nu!

Som tidligere nævnt, så bliver funktionaliteten fra Microsoft Classroom rykket over i Microsoft Teams. Derudover tilføjer vi en række ekstra meget efterspurgte features, som du kan læse mere om på nedenstående link. I den her weekend bliver den nye funktionalitet frigivet til Office 365 Education i hele verden. Det betyder at i kan gå i…


Dynamics 365 と LinkedIn の統合で営業と人事が変わる【6/25 更新】

(この記事は 2017  年 5 月  3 日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事  Realizing the Potential of Dynamics 365 and LinkedIn Integrations の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)     営業管理と人材管理が新しい時代を迎えます。先日、Dynamics 365 と LinkedIn の新たな統合が発表されました。この統合により、営業担当者や人事担当者はプロフェッショナル人材のネットワークをこれまで以上に効果的に活用できるようになり、パイプラインの強化や日常業務の効率化を達成できます。真のデジタル改革が実現するのです。   そして今回、Microsoft Business Forward (英語) が開催される運びとなりました。このイベントでは、デジタル改革をテーマに、さまざまな業界からリーダーをお呼びして、それぞれ経営やイノベーションや競争へのアプローチをどのように見直そうとしているのか、お話を伺います。さらに、パートナー様がビジネスを前進させるうえで、Dynamics 365 の新たなソリューションや LinkedIn との統合機能がいかに多くのメリットをもたらすかをお伝えするべく、初のデモを実施する予定です。この新しいソリューションによって、最適な人材の特定、営業業務の最適化、成約までの時間短縮が実現することになり、新たな可能性が広がります。   新たな関係構築が可能に – パートナー様向けの営業ソリューションと人材ソリューション マイクロソフトのパートナー様は、急速な変化を遂げる業界の最前線で活躍しているため、常識を覆す画期的なテクノロジをいち早く目の当たりにしています。そのテクノロジが業界に引き起こす劇的な変化に真っ先に直面することも少なくありません。MPN チームでは、次の大きな波を起こすのはソーシャル データを取得・活用するためのテクノロジだと考えています。こうした機能によって、パートナー様をはじめ、あらゆる企業に新しいビジネス チャンスが到来するでしょう。 先日発表された LinkedIn との新たな統合機能 (英語) を活用すれば、Dynamics 365 のユーザーやパートナーの皆様は次の 2 つの点において大きなメリットを得られます。   営業業務の改善…


Office 365 Chat Based Workspace

Microsoft teams, is the Microsoft Office 365 Chat Based Workspace, in a previous blog we took quick look into the Microsoft Teams, let dig little deeper into Microsoft Teams in this blog What Microsoft Teams offers to you? Chat for Teams, you can create teams where each team is responsible for something and Hub for…

2

Azure 仮想マシンのサイジングの指針をより詳しく (その 2)【6/24 更新】

前回説明したように、Microsoft Azure の仮想マシンのサイジングは重要ですが、継続的に見直して、簡単かつ短時間で変更できるという利点があります。これは、ハードウェアの調達前にピーク時負荷や可用性を考慮する必要があるオンプレミスのサイジングとは、明らかに異なるクラウドのメリットです。今回は、コア数やメモリ容量以外の、サイズ決定の判断基準について説明します。   VM シリーズのスペック表の正しい読み方 仮想マシンのインスタンスのサイズ(シリーズとサイズ)は様々ですが、前回は、最も標準的な D シリーズ(それも D v2 がお勧め)に軸足を置き、コア数やメモリ容量、ローカル ディスク容量を基準に大小のサイズを決定する、あるいはコア対メモリのバランスや他の要件を基準に D シリーズではない、別のシリーズを選択するという指針を示しました。同じシリーズ内でのサイズの変更は、再起動を伴いますが簡単かつ短時間で完了します。一部制限がある場合もありますが(A8~A11 および H シリーズ、A から高スペックのシリーズ、リージョンごとのシリーズの利用可能状況など、前回の最後に説明しました)、別のシリーズのサイズへの変更も可能です。次の図は、以下の URL で公開されている、Windows 仮想マシンの D v2 シリーズのスペック表です。   参考: Azure の Windows 仮想マシンのサイズ   D v2 シリーズのスペック表には、CPU コア数、メモリ容量以外の要素として、ローカル SSD、ローカル ディスクの最大 IOPS/読み取り Mbps/書き込み Mbps、最大データ ディスク数/最大 IOPS、最大 NIC/帯域幅の 4 つの項目があります。ローカル SSD の部分は、A シリーズでは一時ディスクまたはローカル HDD となっています。   ローカル SSD/HDD =…


AAD Connect Upgrade error – Microsoft.Online.Deployment.PowerShell.PowerShell InvocationException: An error occurred while executing the ‘Get-MsolUser’ command

An interesting issue occurred tonight during the upgrade of AAD Connect from 1.1.380 to the latest version.  Of course, time was of the essence, so an error immediately after the Credential prompt caused quite a bit of angst, and seemed impossible to work around. Unfortunately searching thru the install log under the C:Program DataAADConnect directory…


Using Open Live Writer

For this blog I’ve started using Open Live Writer as my blogging tool. It’s been brought back to life by a team of volunteers who have obtained sourcecode for the old Windows Live Writer tool that has been discontinued. One of the things I’ve been keen to do is make sure I have a way…

2