Known Issue: PIN Prompt for Intune Managed Apps

Intune App Protection Policies (APP, also known as MAM) introduced a product enhancement to request the user PIN when biometric information changes on iOS (TouchID/FaceID) to further protect organizational data. The change introduced a bug that causes Intune APP to incorrectly detect a biometric change and prompt the user with a PIN challenge. This PIN…


2018 年 9 月 4 日に発生した VSTS のサービス停止に関する事後分析

執筆者: Visual Studio Team Services このポストは、2018 年 9 月 10 日に投稿された Postmortem VSTS 4 September 2018 の翻訳です。   2018 年 9 月 4 日の VSTS サービス停止の事後分析 2018 年 9 月 4 日 (火)、VSTS (現在の名称は Azure DevOps) で大規模なサービス停止が発生し、米国中南部リージョン (VSTS をホストする全世界の 10 リージョンの 1 つ) をホストとするお客様に影響がありました。また、サービス間の依存関係により、このサービス停止の影響が世界中のお客様に拡大しました。VSTS のサービス復旧には Azure データセンターの復旧が必要であったため、米国中南部リージョンの VSTS サービスがすべて復旧するまでに 21 時間以上を要しました。VSTS のサービス復旧後には、データベースがオフラインになるというインシデントも発生し、米国中南部リージョンで Release Management サービスが…


Dude – why isn’t a mailbox being provisioned/created in Exchange Online after licensing?

I’ve run into this scenario several times, and I wanted to share a common cause for this situation (as well as how to fix it!). Consider the following scenario: You previously migrated a user mailbox from On-Premises to Exchange Online. Sometime later, the Exchange Online license was removed and the license was left off the…


内部が透けて見えるスケルトン デザインを採用した『Xbox ワイヤレス コントローラー (ファントム ブラック)』 を数量限定で発売

日本マイクロソフト株式会社 (本社: 東京都港区) は、シャンパン ゴールドの本体色に内部が透けて見えるスケルトン デザインを採用した『Xbox ワイヤレス コントローラー (ファントム ブラック)』を 2018 年 10 月 4 日 (木) より 6,980 円 (税抜参考価格)*1 で全国のゲーム販売店にて数量限定で発売します。 『Xbox ワイヤレス コントローラー (ファントム ブラック)』は、特徴的な本体デザインに加え、グリップ部分には滑りにくく操作しやすいテクスチャー加工を採用しています。また、Windows 10 搭載 PC やタブレットとワイヤレス接続が可能な Bluetooth を搭載しています。*2 ゲームの臨場感を表現するリアル トリガー*3、高い操作性を実現したスティックと方向パッドを操作しやすい位置に配置。お持ちのヘッドセット*4 などを直接接続できる 3.5mm ステレオ ヘッドセット ジャックを搭載したワイヤレス コントローラーです。 製品基本情報 製品名 Xbox ワイヤレス コントローラー (ファントム ブラック) 日本語カナ読み エックスボックス ワイヤレス コントローラー ファントム ブラック 国内販売元…


Workflow Manager Addendum MP for SQL Aliases

  A SQL Alias is kinda like wearing disguise glasses…   From a security perspective, you can make things difficult for attackers by specifying a SQL alias and different port for SQL.       Symptom – discovery fails for WFM pack   Trying to monitor and figure out what the real database name, instance, etc….


Millones utilizan las herramientas de privacidad de GDPR de Microsoft para controlar sus datos

Por: Julie Brill, vicepresidenta corporativa y consejera general jurídica adjunta en Microsoft. Desde que la Regulación General de Protección de Datos (GDPR, por sus siglas en inglés) de la Unión Europea tomó efecto el 25 de mayo de 2018, más de 5 millones de personas de 200 países han utilizado las nuevas herramientas de privacidad…


【ご注意】 TLS 1.0/1.1 廃止に伴う 10/31 までの Skype for Business 必須アップグレード【9/18 更新】

10/31 までの Skype for Business 必須アップグレード   Skype for Businessの各サービス(Skype for Business Server, Lync ServerおよびSkype for Business Online)利用に関し、TLS 1.0/1.1による接続につき2018年10月31日をもってサポート対象外になる事に伴い、TLS 1.2へ移行を促すために以下のSkype for Businessクライアントバージョン以降のクライアントを使用する旨の案内が出ています。


O365 Tidbit – Working with CISO and securing

Hello All, As you dive further into your O365 tenant and look to start rolling out the services you will have to work with your security officers to insure that you are compliant with that group. Microsoft has provided several resources Microsoft Trust Center Penetration Testing Rules of Engagement Microsoft Cloud Bounty Program For an…


Download the Microsoft Teams app for Surface Hub

The Microsoft Teams app for Surface Hub is now available for all Surface Hubs. The app was originally made available a few months ago for members of the Windows Insiders Program, and we have now released it for all Surface Hubs running Windows 10 Team Edition OS 1703.15063.1292 (KB4343889, August 30, 2018) or later. The…


PKI Code-Signing Certificate for Third-Party Updates in Microsoft SCCM/SCUP

Overview This guide is also available on my personal blog: https://setupconfigmgr.com/pki-code-signing-certificate-for-third-party-updates-in-microsoft-sccm-scup In this video guide, we will cover how you can use a code-signing certificate from an Active Directly Certificate Services infrastructure or using a public certificate authority such as DigiCert for signing third-party software updates in Microsoft System Center Configuration Manager (SCCM). Using a…