エネルギーからビールまで: ソフトウェア資産管理プログラムによって企業の成功を支援【8/20 更新】

(この記事は 2017  年 6 月 30 日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 From Energy to Beer: Software Asset Management Programs Help Businesses Thrive の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   5 月の SAM とコンプライアンス監査に関する誤解について取り上げた記事 (英語) では、デジタル トランスフォーメーションの時代に成長を目指す企業が SAM (ソフトウェア資産管理) プロジェクトを実施するメリットをいくつかご紹介しました。 しかしマイクロソフトは、説明だけに終始するのではなく、実例に基づいて具体的にメリットをお伝えしたいと考えています。そこで、私のチームが現場でさまざまなお客様から SAM の事例 (英語) を集め、SAM プロジェクトがお客様にもたらすプラスの影響を実証しました。   エネルギー業界におけるソフトウェア資産管理の成功事例   まず皆様にご紹介したいのは、カナダのエネルギー企業 Alectra の事例です。 Alectra は、地元の配電会社 4 社が合併して設立された新しい企業であり、現在は地方自治体が運営するカナダ第 2 位の地域配電会社 (LDC) として 100 万人以上の顧客を抱え、カナダのエネルギー分野におけるイノベーションに取り組んでいます。Alectra のクラウド移行の詳細については、こちらの動画 (英語)…


Sunday Surprise: .NET Conf 2017

Every year the .NET community, the .NET Foundation, and Microsoft organize a free, three-day virtual developer event called .NET Conf. This year’s conference returns on Tuesday, September 19th and runs until Thursday, September 21st. Overview While the agenda has not been set, the live stream’s content will focus on .NET Core and ASP.NET Core, C#,…


Issue with the Tune Management Packs view in SCOM 2016

With SCOM 2016 we introduced a very cool and helpful new feature: the data driven Alert Management, provided by the “Tune Management Packs” view. You can find more details about this feature here . Black box and empty lines in Tune Management Packs view Unfortunately, under certain circumstances there is an issue with this view….


Top Contributors Awards! August’2017 Week 3

Welcome back for another analysis of contributions to TechNet Wiki over the last week. First up, the weekly leader board snapshot…   As always, here are the results of another weekly crawl over the updated articles feed.   Most Revisions Award Who has made the most individual revisions   #1 Richard Mueller with 83 revisions.  …

2

Participating in product feedback loops, and understanding roadmaps

Introduction: The purpose of this post is to help you understand how you can provide feedback to Microsoft on products and services and participate in the feedback loop. Feedback is extremely important when developing software, without it the developer will not know if what he/she is building will actually meet the needs of their target…


Azure Log Analytics 中的新增功能:加入網路廣播以了解更多信息

Azure log 分析 (Azure log Analytics) 是 Azure 監控服務的一部分,使您能夠收集和關聯來自多個來源的數據,並提供可操作之有關 IT 環境的洞察分析。通過這些見解結果,您可以減少解決問題的平均時間,並重新定位您的戰略和創新。 最近,本服務開始將後端平台轉變為高度可擴展和更靈活的數據存儲 – 提供強大的搜索、智能分析、甚至更深入的洞察結果。而這次的升級則是提供對高級分析門戶的訪問,包括交互式查詢語言和 PowerBI Desktop 的集成。 想要了解新功能和如何入門,請立即註冊並參加此網路廣播。 您能通過 Log Analytics 工作區中的橫幅引入升級選項。目前第一梯可用地區包含:美國西部中部、東美、東南澳大利亞、西歐和東南亞,其餘地區將陸續可用。升級步驟如下: 在日誌分析工作區中,點擊提示升級的橫幅,然後按照說明進行操作。 點擊“升級”按鈕後,所有工件(例如保存的搜索,視圖,警報和計算機組)將在幾秒鐘內進行轉換。 注意:您至少需要 Azure 資源的貢獻者 contributer 權限才能執行升級。 想要知道更多詳細信息,請訪問Azure Log Analytics升級過程文檔網頁。  


情報満載!「働き方改革 情報ポータル サイト」のご紹介【8/19 更新】

働き方改革を実施する上で知っておきたい情報やポイント、また働き方改革を強力にサポートする Office 365 についてのお役立ち情報が満載の「働き方改革 情報ポータル サイト」。 ぜひ最新情報をチェックしてみてください。   ~働き方改革とは~ 今、日本全体で注目され、企業経営や組織で働く人にとってだけではなく、社会全体にとってもメリットがあるテレワーク。 ICT (情報通信技術) を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方によって、生産性の向上、災害時の事業継続性、従業員の確保、維持、満足度の向上などを図る「働き方改革」を始めませんか? 日本マイクロソフトは、テレワーク導入など、新しい働き方を目指す企業をサポートしています。   ▼ 働き方改革 情報ポータル サイトはこちらから  


PowerBI: Visualize your data in dashboard in 10 minutes

Introduction: In this post I will showcase how to create a Power BI dashboard in 10 minutes that connects to a SharePoint list as the data source. In the previous post, PowerApps: Be a hero and transform business process, in 10 minutes (and without writing code!), I walked you through how to create a PowerApp…


PowerApps: Be a hero and transform business process, in 10 minutes (and without writing code!)

Introduction: This post will walk you thru how to create an application using PowerApps in 10 minutes. Background: PowerApps is a powerful tool from Microsoft that allows anyone (yes anyone) to build an application that connects to your existing data sources, that can run on iOS/Android/Windows Phone/Windows devices or in a web browser – all…


Discontinuation of Service for Microsoft Dynamics Marketing

During the latter part of 2016, we had made an announcement that Microsoft Dynamics Marketing will not be sold to any new customers from November 2016. As a next step, we have decided to discontinue Microsoft Dynamics Marketing as of May 15, 2018. A new online service, Microsoft Dynamics 365 for Marketing is expected to…