Why you cannot use an argument that starts with a number?

This is a quick, one Act drama about how the past defines the present. Exposition I recently had the requirement to create a PowerShell script and was planning to use parameters that begin with a number. Something like this function MyFunction {     param     (         [int]$5turns     )     Write-Host $5turns } This…


需要創出に関する 2017 年のトレンド トップ 5【2/25 更新】

(この記事は  2016 年 12 月 29 日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Top 5 Trends in Demand Generation for 2017 の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   新年が始まったばかりで先行きはまだ不透明ですが、サブスクリプション ベースのサービスは依然として IT 分野で普及拡大を続けていることに疑いの余地はありません。とは言え、既存顧客に引き続き付加価値を提供しながら、一方で需要を創出して新規顧客を獲得するプレッシャーが高まりつつあることは、マイクロソフト パートナー様もご存知でしょう。 多くのマイクロソフト パートナー様がお気付きのように、需要創出の新時代は、マーケティング自動化ソリューションや MarTech (マーケティング + テクノロジ) ソリューションによって加速しています。これに伴い、2017 年は戦略、戦術、ツールの年となり、顧客重視とパーソナライゼーションがもっと掘り下げられていくものと思われます。 2017 年には、デジタル マーケティング分野の需要創出の方向性に関して、主に以下のようなトレンドが発生するとマイクロソフトは予測しています。   1.ネイティブ広告とディスプレイ リターゲティング広告の発展 需要創出に携わる人々は、適切な顧客層を引き付けるための戦略や計画に投資することがいかに重要かを理解しています。お客様に価値を提供する方法についての次なる大きなトレンドは、ネイティブ広告とディスプレイ リターゲティング広告です。   ネイティブ広告 業界のエキスパートや雑誌出版社は、今年はネイティブ広告の収入が大幅に増大すると予測しています。ユーザー エクスペリエンスやサイト操作の自然な流れと美的観点を考慮したネイティブ広告は、企業が押し付けがましくなくユーザーとつながる手段として利用されています。コラムニストの Brad O’Brien 氏によれば、ユーザーがブランドと前向きで中身のあるやり取りを行っているときにマーケティング メッセージを提示すると、肯定的な返事を得られる確率が高まる (英語) とのことです。ただし、ネイティブ広告はコンテンツとの関連性が高く、有益なものであることが大切です。   ディスプレイ リターゲティング広告 たいていの場合、オンライン販売に至るまでには長い営業プロセスを経る必要があります。お客様は購入を決断するまでに、カスタマー ジャーニー全体を通じて…


Mitigating Security Issues using Azure Security Center

In my previous post I announced the new Azure Security Channel, where you will find short demo videos about different security capabilities in Azure. In my previous video I talked about Security Incident and how Azure Security Center can help you with that. In this video I will go over some mitigation capabilities in Security Center….


TechNet Guru Winners – January 2017!

All the votes are [finally] in!    And below are the results for the TechNet Guru Awards, January 2017 !!!!   The TechNet Guru Awards celebrate the technical articles on TechNet, contributed from valued wiki authors like YOU! Each month, the contributions are scored by a panel of judges (5 per category, 2-3 in each are MS experts), and the winners…

8

Windows (Storage) Server 2016 でのデータ重複除去に追加された「仮想化バックアップ サーバー」 を選択すると重複除去を実施する経過日数が 3 日と選択される。

こんにちは、Windows Platform サポートです。 Windows (Storage) Server 2016のデータ重複除去機能における、最小経過日数の既定値についてご説明します。   [最小経過日数について] データ重複除去を有効化する際、何日経過したファイルをデータ重複除去の最適化対象にするかを指定する、最小経過日数の値を入力します。このとき、使用法の種類ごとに、最小経過日数の既定値として想定されている値は、下記のとおりです。   使用法の種類 最小経過日数の既定値 (想定) 汎用ファイルサーバー 3 仮想デスクトップ インフラストラクチャ (VDI) サーバー 3 仮想化バックアップサーバー(*) 0 (*) Windows (Storage) Server 2016で追加されました 上記表のとおり、「仮想化バックアップサーバー」の場合、最小経過日数の既定値は0日となることが想定されています。0日となっている理由は、バックアップデータが格納されたVHDXファイルは、作成後には頻繁に書き換えられることがないため、即座にデータ重複除去を実施しても問題ないためです。   [現象の内容] 掲題の現象について説明します。 Windows (Storage) Server 2016 のサーバーマネージャーにて、ボリュームに対して初めてデータ重複除去の有効化の操作を実施する際、「仮想化バックアップ サーバー」を選択すると、既定値として最小経過日数 = 3日と表示されます。これは前項の想定とは異なる値です。 [現象の原因] 本事象は、サーバーマネージャーにて、初めてデータ重複除去を有効化する際に「仮想化バックアップ サーバー」モードを選択すると、既定では最小経過日数 = 0 日 となることが想定されているところ、それ以外の選択モードである「汎用ファイル サーバー」や「仮想デスクトップ インフラストラクチャ (VDI) サーバー」と同じく、最小経過日数 = 3 日となっているという、サーバーマネージャーの不具合です。   [現象の対処策] 回避策といたしましては、使用法の種類を…


Leverage Containers to test and debug Native applications on Nano Server

Today we’d like to share improvements in the test and debug workflow while developing native applications for Nano Server. The new workflow leverages Nano Server Containers and enhancements in the Visual Studio 2017 Remote Debugger to run in a Container. By putting these two technologies together we can setup a fast and powerful dev, test…


The Microsoft Trust Center as a Resource

Jeff Stoffel   I was discussing our cloud security, privacy, and compliance standards today with a partner.  As is usually the case, most if not all of the partner’s questions and concerns where readily answered by reviewing the available documentation on the Microsoft Trust Center.  We have a great number of pages and documents available…


Guest Post: Surprises when using Office 365 in class

Today’s post comes from Mr Ben Hilliam, Head of Junior Maths at St Andrew’s College in Christchurch, New Zealand. In this post he outlines how he is teaching basic programming concepts using Microsoft Excel and also the increasing versatility of Microsoft OneNote through the use of embedded applets that can show and execute Python coding….


How to Create the Logical Switch on Nano Servers through SCVMM 2016

Nano Server is optimized as a lightweight operating system for running “cloud-native” applications based on containers and micro-services or as an agile and cost-effective datacenter host with a dramatically smaller footprint, there are important differences in Nano Server versus Server Core or Server with Desktop Experience installations. Note: This blog is to address the Uplink…


利用 OMS 進行 AD 評定

無論 Active Directory 是在地端或是雲端,似乎多數人都希望能對它做一些評估。可能是因為它很複雜、對事業和應用程式很重要、或是因為時常被設置和忘記。AD 非常強大,即使錯誤配置仍然可以維持它的功能。而在使用AD時,我們會很想了解它正在執行什麼。 早在 Windows 2000 時 AD assessment 就已經出現。但是在過去,你需要先寫一些漂亮的 VBScript,執行一些應用程序,接著寫一些 Windows PowerShell 指令,再執行更多的應用程序。這個需求是如此之大以致於 Microsoft Premier 服務中最熱門的產品就是 Active DirectoryRAP,也就是 Active Directory assessment。 OMS assessments 利用Microsoft Operation Management Suite (MS OMS),我可以插入一些評估項目。只需要從我的console進入方案庫(Solution Gallery),便能加入下列幾種評定: Active Directory assessment Configuration assessment SQL assessment System update assessment 可以看到其中包含了 AD 評定。在概觀中點選 AD 評定,就可以看到以下幾種報表: 安全性與相容性 可用性與商務持續性 效能及延續性 升級、移轉與部屬 作業和監視 變更與設定管理 如下圖,安全性與相容性評定有高優先順序建議(圖中紅色部分),並能看到在優先順序建議中,第一項的權數(Weight)是是15.6: 可以看到基於某些原因無法將地端…