企業の価値提案を引き出す、魔法のような 4 つの質問【2/8更新】

(この記事は 2015 年 10 月 5日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事4 magic questions to uncover your value propの翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   特別な存在になるのは、非常に嬉しいことです。ビジネスの世界では、それこそが成功するための絶対条件となります。企業は「価値提案」を行うことで、特別な存在となり、競合他社との差別化を図ります。価値提案とは、既存の顧客に評価されている価値であり、見込み客に提供されるはずのメリットでもあります。このため、明確に伝えることが重要です。   自社の価値提案を理解することの重要性 たとえば、ぜひ商談を結びたい見込み客と偶然エレベーターに乗り合わせたとします。目的の階に着くまでの 90 秒間で自社と連携するメリットについて説明し相手を説得するには、何と言えばよいでしょうか。とっさに価値提案を盛り込んだエレベーター スピーチができなければ、「良い天気ですね」といった当たり障りのない会話しかできません。   魔法のような 4 つの質問 企業独自の価値提案は、非常に重要な 4 つの質問を投げかけ、その回答の共通部分を分析することで特定できます。社内チームや顧客から回答を集めることをお勧めします。このとき、皆様の企業の提供する製品やサービスに満足しているクライアントや好意的なクライアントだけでなく、不満を抱いているクライアントの意見にも耳を傾けましょう。すべてのクライアントの回答の「平均」を見つけることで、顧客の目に皆様の企業がどのように映っているか、何を改善すればよいかを理解することができます。 当社の製品やサービスで満足している点は何ですか。 当社の提供する製品やサービスによって解決できた問題は何ですか。 当社のサービスで改善してほしい点は何ですか。 競合他社が提供しているサービスで、当社にも提供してほしいと思うサービスは何ですか。   顧客や従業員への質問は、マーケティング チームのメンバーに担当してもらいます (CEO から質問すると、耳の痛い率直な意見を聞き出せない可能性があります)。質問の対象には、カスタマー サポート、営業、マーケティング、財務チーム、経営陣も含めます。顧客と従業員の両方に質問すれば、社内外の意見を集められるだけでなく、従業員が顧客についてどの程度理解しているかも確認することができます。 質問への回答から最大限の情報を得られるように、以下のすべての手順を実行するようにしてください。 回答の意図を完全に理解するように努力する。回答者が自分の答えを詳しく説明できるように、質問は自由回答の形式をとっています。そのため、回答者が質問について熟考して答えられるように十分な時間を取ってください。回答が詳細であればあるほど、どのような場合に顧客の獲得に成功または失敗しているかを深く理解することができます。 具体例をたずねる。クライアントがカスタマー サービスを気に入っていると回答したら、具体的な例を挙げてもらいましょう。コール センターから飛び抜けて優秀な担当者が見つかり、他のチーム メンバーのトレーニングを任せられるかもしれません。 回答を書き留める。回答者の意見は後で共有して話し合いに利用します。回答を正確に伝えることができるように、会話を書き留めるか、(許可を取ったうえで) 録音することをお勧めします。 従業員の回答と顧客の回答を比較する。どちらの意見も重要ですが、内容が食い違う場合には顧客の回答を尊重します。顧客の回答と従業員の回答に大きな相違点が見られる場合には、従業員が価値提案を十分に理解していない可能性があります。それがわかっただけでも、この質問をした意味があります。 4 つの回答から、価値提案が何であるかだけでなく、どうあるべきかについても理解することができます。ただし、この記事では何であるかを理解することに焦点を置き、質問 1 と…


Searching for alerts in Microsoft Operations Management Suite

Summary: Learn how to specify the Alert type in Microsoft Operations Management Suite Search and how to filter alerts by using various fields to quickly parse data. Good morning everyone. Ed Wilson here, and today I want to talk about using Microsoft Operations Management Suite Search to look for alerts. I can use the Alert…


Office 365 Weekly Digest | Week of January 31 – February 6, 2016

MESSAGE CENTER Note: The information below may not be posted to your Office 365 tenant as not all notifications apply to all tenants.   Updated Feature: Yammer is being activated in your Office 365 tenant Posted: February 1, 2016 | Action: Awareness | After significant security and compliance investments, we are proud to announce that Yammer…


What’s new for US partners on Friday, February 5, 2016

Find out what’s new for Microsoft partners. We’ll connect you to resources that help you become market-ready, connect with customers and prospects, and differentiate your business. Read previous issues of our online newsletter. We provide real-time updates about the topics covered in this newsletter and other partner-related news and information on our US Partner Community…


Should I use CIM or WMI with Windows PowerShell?

Summary: Richard Siddaway explains the differences between the CIM cmdlets and the WMI cmdlets, and details use cases. Hey, Scripting Guy! Should I use the WMI cmdlets or the newer CIM cmdlets? —NR Hello NR, Honorary Scripting Guy, Richard Siddaway, here today filling in for my good friend, The Scripting Guy. The simple answer is…


Authentication: Enabling Modern Auth (OAuth2)

How many times you wanted to have Outlook seamless authentication on domain joined computers while connecting to Office 365 like it would do with on premise Exchange? I don’t know about you, but I always liked Outlook profile creation without prompting user for entering credentials. This is great feature while Exchange is on-premise since it…


AB: Address List is not updating

Every time working with Exchange issues is completely new adventure. So it was with this one as well. Custom address book wasn’t updating members. Address book was configured to update member based on specific string in CustomAttribute5. First thing to check was actual address list and filter that list is using: Get-AddressList “Test Address List”…


PowerTip: Hide a PowerShell ISE add-on

Summary: Learn how to programmatically hide a Windows PowerShell ISE add-on.  How can I use code to hide one of the Windows PowerShell ISE add-ons?  Use the Windows PowerShell ISE object model, and set the IsVisible property of the add-on to False, for example: $psISE.PowerShellTabs.VerticalAddOnTools.Item(0).isvisible = $false  


ライセンス体系がさらにシンプルに: 新しい Enterprise Agreement の提供開始日が 7 月 1 日に決定 【 2/7 更新】

(この記事は 2016 年2 月 1 日にMicrosoft Volume Licensing blog に掲載された記事  Another step in licensing transformation: new policy and guidance for Enterprise Agreement customers の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   投稿者 – Richard Smith (Microsoft World Wide Licensing & Pricing (WWLP) 担当ゼネラル マネージャー) このたびマイクロソフトは、お客様やパートナー様との契約方法をさらに簡略化するために新たな 1 歩を踏み出しました。2016 年 7 月 1 日より、Enterprise Agreement および Enterprise Subscription Agreement を新規ご契約いただく一般企業のお客様に適用される最小契約条件が変更されることになりました。同日以降、ユーザーまたはデバイスの最小契約条件数は 250 から 500 へと引き上げられます。既存のお客様については、この最小契約条件を満たさない場合でも、既存の契約を延長更新していただくことができます。なお、この変更による政府機関向け Enterprise Agreement…


PowerTip: Display Windows PowerShell ISE add-ons

Summary: Display the Windows PowerShell ISE add-ons that are available.  How can I programmatically display the Windows PowerShell ISE add-ons that are available and show their status?  Use the Windows PowerShell ISE object model to display the VerticalAddonTools collection from the PowerShellTabs collection: $psISE.PowerShellTabs.VerticalAddOnTools