Top Contributors Awards! Microsoft Most Valuable Professionals (MVPs): Free tools and services and many more!

Welcome back for another analysis of contributions to TechNet Wiki over the last week. First up, the weekly leader board snapshot…   As always, here are the results of another weekly crawl over the updated articles feed.   Most Revisions Award Who has made the most individual revisions   #1 Peter Geelen with 63 revisions.  …

1

Microsoft Inspire 2018 発表事項とモメンタムまとめ【7/21 更新】

7 月 15 日から 19 日まで米国のネバタ州ラスベガスで開催された Microsoft Inspire 2018 では、今年もさまざまなニュースが発表されました。今年は、マイクロソフトのグローバル社員総会である Microsoft Ready と同時開催でもあり、様々なつながり、コネクションが生まれました。この記事では、Inspire  期間中に発表されたニュースをまとめてみました。見落としがないかどうかご確認ください。


Simplified Lambda Architecture with Cosmos DB and Databricks

Theo van Kraay, Data and AI Solution Architect at Microsoft, returns with a short blog on simplified Lambda Architecture with Cosmos DB, ChangeFeed, and Spark on Databricks. This is an addendum to a prior article, on the topic of implementing a lambda architecture with Azure Cosmos DB.


弊社製品の新元号対応予定について

皆さまこんにちは。Windows プラットフォーム サポートの鈴木です。 弊社では現在、新元号に対応する製品やそのバージョンおよび、その詳細な内容や更新の実施方法について検討を継続しております。 本 blog の以前の記事では、6 月を目途に上記の情報を公開する予定であるとお伝えしておりましたが、現時点では引き続き詳細な検証が必要な状況と判断しており、個々の製品やバージョンでの動作や新元号への対応方法等について明確にお伝えするに至っていない状況でございます。 まずは上記深くお詫びを申し上げます。 しかしながら、各製品に対する調査、開発部門との対応方針の協議等は急ピッチで進行しております。 少々お時間をいただく見込みではありますが、開発者様向けに API レベルでのご対応ガイドラインを作成する等、引き続き情報公開を積極的に行わせていただく予定でございます。 また、先日この blog でお伝えいたしました .NET Framework でのリリースは、上記のような動きの一環でございます。 基本方針として、メインストリーム サポート フェーズおよび延長サポート フェーズにある製品に対して新元号への対応を実施する予定でございます。 影響範囲、対象が多岐に渡るため、マーケットへの影響範囲等を加味して、優先順位を付けて対応を進めていきます。 また、新元号対応時期については、新元号発表後に遅滞なく完了できるよう準備を進めています。ご了承ください。 なお、新元号に対応する製品、バージョンにつきましても、その対応内容等によっては 2019 年 5 月 1 日 時点で対応が完了しないものが存在する可能性がございます。 弊社製品で予定しております具体的な対応内容は 新元号への対応についてのアップデート 記事にて以前よりお伝えしておりますが、 例えば “合字への対応” や “正規化” への対応については、新元号が公表されて以降に開始する必要があるためです。 弊社では可能な限り前倒しでの対応を進めますが、具体的な時期については引き続き本 blog 等で随時お伝えしてまいります。 なお、SQL Server 製品につきましては、製品サポート チームでの調査結果を公開済みとなっております。併せて下記 Blog もご参照いただけますと幸いです。 元号/和暦 の変更に伴う影響について (SQL Server, Azure…


OSD Video Tutorial: Part 5 – The Logical Task Sequence

This session is part five of an ongoing series focusing on Operating System Deployment in Configuration Manager.  This session covers the flow of the task sequence, the use of ‘continue on error’, conditions and variables in controlling the progress of the task sequence.  The session ends by walking through an error handling section that can…


かな入力モードで Office アドインから入力を行うと全角英数字が入力される

こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。 今回は、Office アドインを利用する際に発生する問題についてご紹介いたします。     – 現象 かな入力モードで Office アドインより入力を行うと、日本語ではなく全角英数で入力されます。   例 : メール本文でかな入力モードで Q のキーボードを押下すると「た」と入力されます。   Office アドイン上でかな入力モードで Q のキーボードを押下すると「q」と入力されます。   – 要 Office アドインは表示される際に IE コンポーネントをフレームとして利用しています。 この動作において、かな入力を扱う際に不具合が生じ、正しく入力を行うことができません。   – 回避策 ・アドイン上で直接入力を行うのではなく、テキスト エディターなどに指定したい文字を入力後アドインにコピー ペーストする ・かな入力ではなくローマ字入力を利用する ・デスクトップ版 Outlook ではなく Outlook On the Web を利用する     本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。


Microsoft Premier Workshop: System Center Configuration Manager Troubleshooting Client Features

Beschreibung dieser 3-tägigen Workshop vermittelt den Teilnehmer die Fähigkeiten, die benötigt werden, um die gängigsten System Center Configuration Manager Client Features Probleme zu analysieren. Dies erfolgt anhand von praktischen Übungen, in denen die Tools und Ressourcen genutzt werden, um diese Probleme zu lösen. Der Workshop besteht aus Wissensvermittlung anhand der praktischen Erfahrungen unserer Trainer in…


新しい専門分野のビジネスを構築する方法【7/20更新】

(この記事は2018年7 月18日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 New pathways to your next specialized practice の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)     自社の能力やビジネス モデルに合ったプラクティスを新たに構築して拡大するためには、多くのことを調査し、学習し、検証する必要があります。マイクロソフトでは、専門的なプラクティスを構築する際にさまざまな場面で役立つリソースを提供しています。


TextWorld: Un ambiente de aprendizaje para entrenar a los agentes de aprendizaje por refuerzo, inspirado en juegos basados en texto

Por: Wendy Tay, gerente de programa; Adam Trischler, gerente de investigación; Emery Fine, editorial Recién salido del laboratorio de Microsoft Research Montreal, llega un proyecto de código abierto llamado TextWorld, un marco de trabajo Python extensible para generar juegos basados en texto. Los investigadores en aprendizaje por refuerzo pueden utilizar TextWorld para entrenar y probar…