マイクロソフト担当者が語るOffice 365 社内利用ライセンス:Skype for Business【12/6 更新】

マイクロソフトパートナーネットワーク、コンピテンシーをお持ちのパートナー様へご提供している社内特典につきましては、 今までもご案内をしてまいりましたが、本日は、日本マイクロソフトでパートナー様とのクラウドボイス事業開発を担当している小松よりSkype for Businessについてご案内をさせていただきます。 ―――――― ご存知でしたか?Office 365の最上位エディションを無料で使えることを   Microsoft Action Pack やコンピテンシー取得されたパートナー様の特典の一つとして、マイクロソフト ソフトウェアとオンライン サービスの社内使用ライセンスを利用可能であり、多くのパートナー様にご活用いただいていますが、Office 365に関しては、パートナー様社内でも社内導入が進んだことや、無料試用版やパートナー様向けのデモサイト が活用されていることから、数年前から比較して社内利用ライセンスの活用について、パートナー様からお問い合わせをいただくことが減ってきた印象がございます。 しかしながら、最近、「E5を社内利用ライセンスで使えないの?」というお問い合わせを2015年12月のE5リリース以降にパートナー様からお尋ねいただくことが増えてまいりました。   Office 365 E5には、最新の Office 2016 はもちろん、最も多くのクラウドサービスが提供されています。 その中でも、Skype for Businessは、通話、会議、ビデオ、共有機能が 1 つのプラットフォームに集約されるので、組織内のインフラストラクチャがシンプルになります。使い慣れた Office アプリケーションで、リアルタイムにチームのメンバーとつながることができるようになります。 特に、E5に含まれるクラウド PBX による最新の音声機能は、スマートフォン、PC、モバイル デバイスを使用して社内、自宅、または外出先から仕事の電話の発信、受信、転送ができるため、ワークスタイル変革を求めるお客様に注目を集めています。   実は、本年2016年5月より、Cloud Productivity コンピテンシーとCommunication コンピテンシーをお持ちのパートナー様は、Office 365の最上位エディションであるE5はもちろん、Skype for BusinessのPSTN会議(Conferencing)もご利用可能になっております。 PSTN会議機能を追加することによって、インターネット アクセスできない場所でも、会議参加者はガラケーなど一般の電話からで国内のアクセス電話番号にダイヤルすることでSkype for Business 会議に参加することができます。   ポイントとしては、社内利用ライセンスは、コンピテンシー有効である限り、無料試用版のようにトライアル期間を気にすることなく、最新のクラウドのテクノロジーをデモや検証環境はもちろん自社内で実業務にご利用いただくことで、E5の価値を最大限に体感することが可能となります。 E5をご活用いただきたいパートナー様は、Cloud Productivityコンピテンシーを取得いただくことで特典として提供がされますが、その他のコンピテンシーをお持ちの皆様にも基本特典としてE3が提供されております。   皆様が利用できるすべての 社内利用ライセンス…


Lights… Camera… PANIC!

  In the most recent round of SMB Live events, one of the modules was on modern marketing with mini video clips. They are surprisingly easy to make and can have a tremendous impact on the quality of your customer engagement. At our Richmond, VA event, I pulled my co-worker, Chris Large, into the lobby…


Design Azure infrastructure services to host a multi-tier LOB application

Deploying typical multi-tier line of business (LOB) applications as virtual machines in Azure is a combination of what you already know and new information about the networking, storage, and compute elements of Azure infrastructure services. To help you figure it all out, determine the design of the Azure environment by addressing the following: Resource groups…


Microsoft Dynamics GP 2016 R2 Is Now Available!

Microsoft Dynamics GP 2016 R2 is now available! We are very excited to announce the release and all the features it has to offer.  Check it out today!! The Microsoft Dynamics GP team is pleased to announce that Microsoft Dynamics GP 2016 R2 has released!   Dynamics GP 2016 R2 continues the great value delivered in previous…


Data & Analytics Partners: Add value to your Internet of Things solutions with real-time analytics

The Internet of Things (IoT) is a hot topic, but it’s about more than just connected devices. The real value in IoT comes when you begin to use the data in creative ways. The December focus for the Data Platform and Advanced Analytics Partner Community is about how real-time analytics can introduce new opportunities for partners and…


One Hour Could Kick Start Your Students’ Coding

  How many people write code worldwide? During Computer Science Education Week, from Dec. 5 to 11, there will be many millions. They’ll be all ages, they’ll code in more than 45 natural languages, and they’ll do their coding from over 180 countries as they participate in the fourth annual Hour of Code. The founders…


Redmond: el campus tecnológico con cero desperdicios

Cada vez más, aumenta el número de empresas y organizaciones que tienen como prioridad en sus estrategias de negocio reducir a los grados más bajos posibles el número de desperdicios que generan tanto de manera externa como interna. Hoy Microsoft cuenta ya con un reconocimiento por parte del U.S Zero Waste Business Council, el cual…


Data Integration Design Patterns With Microservices

Data Integration Design Patterns With Microservices Introduction My name is Mike Davison.  I work at Microsoft as a Data Platform Solution Architect.  In this role, I spend most of my time working with large customers on data and analytics solutions.  Digital transformation is probably also worth a mention for those readers playing the IT Vendor…


Modern public folder deployment best practices

Introduction Since the release of Microsoft Exchange Server 2013, we have heard questions regarding the sizing and deployment of modern public folders. It is important to plan migrations for public folders so the client experience with their use is good. In this blog post, we will discuss some of best practices and recommendations regarding modern…


Windows 10 1607 ist jetzt Current Branch for Business Release

Windows 10 1607 (das Windows 10 Anniversary Update) kann jetzt als Current Branch for Business-(CBB-)Release bereitgestellt werden. Dieser wichtige Meilenstein kennzeichnet die positive Bewertung dieser Version durch Kunden, OEMs und Partner. Unternehmen können dadurch die bedarfsgerechte Bereitstellung weiter beschleunigen. Um das zu erreichen, wurden annähernd 1.000 Rückmeldungen von unterschiedlichen Kundentypen berücksichtigt, darunter auch von Pilot-Bereitstellungen…