2018 年 4 月 26 日より Xbox One S 1 TB 2 製品を参考価格から 4,000 円引きで購入いただける期間限定セール キャンペーンを実施

日本マイクロソフト株式会社 (本社: 東京都港区) は、2018 年 4 月 26 日 (木) から 2018 年 5 月 20 日 (日) まで、『Xbox One 1 TB (PlayerUnknown’s Battlegrounds 同梱版)』 および『Xbox One S 1 TB (Forza Horizon 3 同梱版)』を、参考価格 29,980 円 (税込 32,378 円) から 4,000 円 (税抜) 引きとなる 25,980 円 (税込 28,050 円) で販売する「Xbox One S 1 TB セール…


日比谷の街にゴジラが上陸! ゴジラ・ナイトに抽選で 140 名様をご招待

先日発表を行った、Mixed Reality の技術により、まるで目の前にゴジラがいるかのような体験ができる Microsoft HoloLens × Microsoft Azure の AI を活用した日本初の屋外アトラクションイベント「ゴジラ・ナイト」の参加応募を開始しました!ご応募いただいた方の中から抽選で 140 名をご招待します。たくさんの方のお申し込みをお待ちしております!   詳細は・申し込みはこちら   【イベント概要】 開催期間:2018 年 5 月 24 日 (木) 〜 5 月 29 日 (火) 開催場所:日比谷ゴジラスクエア (日比谷シャンテ前広場) 東京都千代田区有楽町 1 丁目 2-2 開催時間:18:30 〜 21:00 イベント所要時間 30 分、1 日 5 回開催 ※初日の 24 日 (木) のみ 19:30 スタートの 1 日 3 回開催になります。…


[オンサイトセミナー]Microsoft Azure + Power BI で始めるビッグ データ分析の第一歩~ Microsoft が提供する AI と機械学習~【4/23更新】

[概要] 昨今、従来型の基幹システムで生成される業務データだけでなく、膨大に生成されるサイト ログデータや IoT に代表されるデバイス データなどさまざまな性質のデータを分析するニーズが増えています。また同様に、分析に欠かせない BI ツールやマイニング ツールへの興味関心も急速に高まっています。本セミナーでは、前半に AI や Cognitive を一般ユーザーが簡単に使えるようにする Microsoft のサービス群と事例をご紹介し、後半ではパートナー企業である株式会社ジールより、ビッグ データ分析への第一歩として、Power BI と Azure Machine Learning を用いたデータ活用方法を、デモンストレーションを中心にご紹介します。  


Azure Security Center 如何使用管理工具檢測漏洞

撰 /  Azure 安全中心高級軟體工程師 Dotan Patrich 和 Azure 安全中心安全軟件工程師實習生 Yossi Weizman 撰寫。 譯 / Fu-Hsuan Liu 2017 年早些時候,Rob Mead 撰寫了一篇關於 Azure 安全中心用於檢測威脅的技術的大文章。在本文中,我們將詳細討論一個這樣的示例,使 Azure 安全中心能夠檢測 backdoor user 帳戶創建的使用情況。 backdoor user 帳戶是由攻擊者創建的作為攻擊一部分的帳戶,稍後用於獲取對網絡中其他資源的訪問權限,打開網絡的新入口點並實現持久性。 MITRE 將創建賬戶策略列為階段的憑證訪問意向的一部分,並列出了使用此技術的多個工具包。 乍看之下,檢測這種惡意賬戶創建行為很容易,但通常情況並非如此,因為創建新賬戶主要是合法行政操作的一部分。因此,安全產品通常不會對此提醒,因為大多數組織都難以應付需要進行分類的警報量。這使得賬戶創建策略成為強大的對手戰術。 本月早些時候,Azure 安全中心發布了一項新的分析,以檢測可能用作 backdoor user 帳戶的可疑帳戶創建操作。該分析包括幾個標準,用於區分良性行政賬戶創建和需要提醒的可疑活動。其中一些來源於許多租戶的規模。 與所有作為 Azure 安全中心一部分發布的安全分析一樣,正在對其進行監控並進行調查,以查看其噪聲比,性能和正確性。監控用戶創建分析揭示了一個有趣的案例,表明如果沒有通過良性工具完成,創建的帳戶也可能有系統漏洞的症狀。由於沒有對主機採取惡意行為,因此該漏洞不會被其他類型的安全警報標記,但用戶必須知道其環境中存在潛在的高風險漏洞。 深入了解 Azure 安全中心最近提出的這類警報,展示了用指令行創建用戶帳戶的情況,該指令行包含純文本中的用戶名和密碼。更令人感興趣的是,對這些事件的深入研究表明,用戶創建操作不是由對手執行的,而是由來自知名供應商的技術支持軟件執行的。 對該軟件的進一步調查顯示,它不僅在不同的安裝中使用相同的用戶名,而且還使用相同的密碼。 惡意攻擊者可能會探測不同的機器並嘗試使用這些憑據登錄。在主機配置為允許遠程管理連接的情況下,使用 PowerShell、WMI 或遠程桌面等,進而進入網絡的入口點。在惡意攻擊者已經在網絡上紮根的情況下,他可以使用這些憑證,在網絡上橫向移動到任何安裝了支持工具的機器,從而暴露這些機器上的所有信息,包括登錄到那些機器的任何其他帳戶。鑑於此帳戶是由支持工具創建的,管理員很可能會安裝它,因此這些主機可能會緩存可能被利用的高權限帳戶的憑據。 而且,當我們將軟件安裝在作為域控制器的計算機上時,創建的帳戶被設置為域用戶。這代表在這樣的情況,軟件的安裝會導致整個域的安全漏洞。 關鍵是要確保審查和評估網絡中的任何帳戶創建操作,包括本地帳戶。 此外,評估每個工具安裝所做的配置更改對於評估和減輕與其相關的任何風險至關重要。 通過 Azure 安全中心,可以更輕鬆地自動執行評估帳戶創建操作的過程,並通過異常用戶創建警報檢測異常配置。 因此,如果您在…


Microsoft Premier Webcast: SAP on Azure Technical Updates

Beschreibung Viele Kunden lassen ihre produktiven Business-Critical Systeme in der Microsoft Azure Cloud laufen. Alle paar Monate bietet die Azure Cloud neue spannende Merkmale und Verbesserungen für SAP in der Azure Cloud. In diesem Webcast bieten wir viele Updates wie neu zertifiziert SAP Software in der Azure Cloud auf Windows oder Linux OS – oder…


Microsoft Premier Webcast: Architecting SAP High Availability (HA) on Microsoft Azure Cloud

Beschreibung Viele Kunden lassen ihre produktiven Business-Critical Systeme in der Microsoft Azure Cloud laufen. Hochverfügbarkeit eines SAP Systems ist dabei ein unentbehrliches Merkmal. In diesem Webcast decken wir alle wichtigen Aspekte der Architektur und des Designs von hochverfügbaren SAP NetWeaver Systemen mit Hilfe von Windows Failover Cluster und Linux Cluster Framework in der Azure Cloud…


Support-Info: (CM): Renew Certificate for the CMAGENT Fails with One or more signatures did not include the required application or issuance policies

PRODUCTS INVOLVED Microsoft Forefront Identity Manager 2010 R2 Service Pack 1 Certificate Management PROBLEM SCENARIO DESCRIPTION Certificate management – renewal of the CLM agent certificate does not work. ERROR MESSAGE Error(s): One or more signatures did not include the required application or issuance policies. The request is missing one or more required valid signatures. 0x8009480b-2146875381…


Support-Info: (CONNECTORS): Full Import on SQL Server MA is showing a large number of deletes

PRODUCTS INVOLVED Microsoft Identity Manager 2016 SP1 Generic SQL Server Management Agent / SQL Management Agent PROBLEM SCENARIO DESCRIPTION Full Import (Stage Only) intermittently on a SQL MA showing a large number of deletes, which is unexpected.  This causes deprovisioning to occur in the Identity Management Solution.  Depending on how deprovisioning rules are setup, this…


自動アップグレード機能の問題

皆さん、こんにちは。 Azure AD Connect (AADC) のサポートを担当している福島です。   今回のブログは、AADC で発生する 「本来行われるべき AADC の自動アップグレードが実施されない問題」 に関する投稿です。 “バージョン 1.1.524.0 以降 1.1.750.0 未満” の Azure AD Connect を利用している場合、気づかない間に本問題事象に該当している可能性がありますため一読ください。   概要 : バージョン 1.1.524.0 を一度でもインストールしたことがある環境では、本来行われるように設定している自動アップグレードが行われていない可能性があります。 既定で AADC は自動アップグレードが有効になっています。しかし、バージョン 1.1.524.0 を新規でインストールした、あるいはそれ以前のバージョンを利用しており自動アップグレードを利用して 1.1.524.0 がインストールされた環境では、その後自動アップグレード設定を有効にしていても 1.1.524.0 以降のバージョンにアップグレードが行われていない可能性があります。   問題となるシナリオを整理すると次の通りです。   シナリオ 1. バージョン 1.1.524.0 よりも前の AADC をインストールし、自動アップグレードを有効な状態としていた このケースでは、1.1.524.0 までは自動アップグレードによる更新が行われていました。 しかし、 1.1.524.0 のアップグレード機能に問題が存在していたため、1.1.524.0 以降への自動アップグレードが行われない状態となります。  …


Making Sense of Replication Schedules in PowerShell

Hi all! Jan-Hendrik Peters, PFE, here to talk to you today about using PowerShell to view replication schedules. Automation with PowerShell is a part of our daily life. However, there are certain things that are for some reason not achievable with PowerShell out of the box. One of them is getting useful output for replication…