MPN関連アップデート:Dynamics 365 Plan 1社内使用ライセンス提供開始、他【1/25 更新】

  ① Dynamics 365 Plan 1社内使用ライセンス提供開始 2016年12月13日(日本時間)より、Dynamics 365 Plan 1 の社内利用ライセンスの提供が始まりました。 基本特典として提供がされておりますので、いずれかのコンピテンシーをお持ちのパートナー様は今すぐ、最新のDynamics 365 Plan 1 をご利用いただくことが可能ですので、ぜひご活用ください。 また、Cloud CRM コンピテンシーをお持ちのパートナー様におかれましては、基本特典に加えさらにコンピテンシー特典として追加ライセンスも提供されておりますので、併せてご確認ください。 ★ MAPSパートナー:Dynamics 365 Plan 1 を 5 シート提供 従来の販売実績要件が削除されましたので、MAPSパートナーの皆様もすぐにDynamics 365をお試しいただくことが可能です。   ▼ コンピテンシーパートナー様用 社内使用ライセンステーブル ▼ MAPSパートナー様用 社内使用ライセンステーブル   ② クラウド製品の有効化ガイドが刷新されました。 すでにご存知の方も多くいらっしゃるかと存じますが、クラウド関連製品の特典ライセンスの有効化ガイドが刷新されました。 特に、はじめて特典のソフトウェアを初めてお使いになる場合には、ぜひこちらのガイドをご確認の上作業いただけると幸いです。 ▼ Office 365 & Dynamics CRM: ▼ Microsoft Azure : ▼ EMS(Enterprise Mobility + Security :   ③ Communications コンピテンシー要件にアセスメントが追加 Communicationコンピテンシーの要件に従来のMCP試験に加え、Skype…


32bit の Word アプリケーションで、印刷した際に一部のオブジェクトが印刷されない現象について

こんにちは、Office サポートの 佐村 です。 本記事では、32 bit の Word アプリケーションでドキュメントを印刷した場合、いくつかのオブジェクトが印刷されない現象について説明します。 現象 Word ドキュメントに多数のオブジェクトを配置している状態で印刷を行った場合、 一部のオブジェクトが欠けて印刷されないという現象が発生することがあります。 本現象は Word 2007 および Word 2010 で発生することを確認しています。   原因 32 bit の Office アプリケーションでは、扱えるメモリ領域はユーザーモードのメモリ領域として 2GB までとなっていることから、連続したメモリ空き容量が不足し、正しくオブジェクトを扱えることが できないことから、結果としてオブジェクトが印刷されないという現象が発生します。 これは、プリンタには依存せず Word アプリケーションからスプールファイルを作成した時点で問題が発生しています。 メモリ不足に起因する以下の現象も確認しています。 ・挿入された画像データ部分が赤いバツ印のアイコンで表示されない。 ・以下のメッセージが表示される。 「ディスクがいっぱいです。空き容量を増やすか、文書を他のドライブに保存してください。 次の操作を行ってください。 * 必要のない文書、プログラムまたはウィンドウを閉じます。 * 文書を他のドライブに保存します。」 なお、OS からはメモリが空いているように見えても実際には連続したメモリ領域が必要なため本現象が発生する可能性があります。 また、Word 2013 以降では、印刷処理自体が見直されたため、印刷時にオブジェクトが印刷されないという現象は発生しにくくなっています。   回避方法 1. オブジェクトの数を減らす 2. FavorTiledPrinting レジストリを設定する (効果に限りがあります)…


OneNote Class Notebook、Learning Tools、Office Lens の更新とスタンプの追加

(この記事は 2017 年 1 月 18 日に Office Blogs に投稿された記事 Updates for OneNote Class Notebook, Learning Tools and Office Lens—plus stickers! の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) OneNote チームでは引き続き、教師の皆様がマイクロソフトのソフトウェアを利用して生産性を向上できるように、ご意見に耳を傾けています。そして今回、OneNote Class Notebook、Learning Tools、Office Lens の各ツールで機能強化を実施しました。これらはすべて教師の皆様との定期的な話し合いから実現したもので、主な機能強化は以下のとおりです。 Class Notebook ツールを利用できるプラットフォームの拡大 Learning Tools for OneNote の更新: 新しい言語など 教師が Class Notebook で利用できる生徒向けのスタンプの追加 埋め込み可能なパートナー コンテンツの種類の追加 OneNote Class Notebook と LMS の更新 iPad 向け Office Lens の提供開始…


OneNote Class Notebook、Learning Tools、Office Lens の更新とスタンプの追加

(この記事は 2017 年 1 月 18 日に Office Blogs に投稿された記事 Updates for OneNote Class Notebook, Learning Tools and Office Lens—plus stickers! の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) OneNote チームでは引き続き、教師の皆様がマイクロソフトのソフトウェアを利用して生産性を向上できるように、ご意見に耳を傾けています。そして今回、OneNote Class Notebook、Learning Tools、Office Lens の各ツールで機能強化を実施しました。これらはすべて教師の皆様との定期的な話し合いから実現したもので、主な機能強化は以下のとおりです。 Class Notebook ツールを利用できるプラットフォームの拡大 Learning Tools for OneNote の更新: 新しい言語など 教師が Class Notebook で利用できる生徒向けのスタンプの追加 埋め込み可能なパートナー コンテンツの種類の追加 OneNote Class Notebook と LMS の更新 iPad 向け Office Lens の提供開始…


2016 年の Forrester Wave: Enterprise Collaboration レポートでマイクロソフトが「リーダー」に

(この記事は 2017 年 1 月 18 日に Office Blogs に投稿された記事 Forrester’s 2016 Enterprise Collaboration Wave report is out and Microsoft is a Leader! の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 世界で有数の高い影響力を持つ調査/コンサルティング会社の Forrester は先日、エンタープライズ向け共同作業支援ソリューションのプロバイダーを評価する、最新のレポートをリリースしました。このレポートにおいて、マイクロソフトが「リーダー」に選出されたことをご報告いたします。   マイクロソフトは、共同作業に関して、グループごとにニーズが異なると考えています。そのため、Office 365 はチームが使用する共同作業支援ツールを選択できるように設計されています。このレポートは、共同作業について、企業全体の知識共有を重視しているかを調査したものです。マイクロソフトと Office 365 スイートの一部である Yammer が、このレポートで「リーダー」の評価を獲得したことを光栄に思います。 Yammer は仕事のためのソーシャル ネットワークであり、Office 365 に含まれています。ここ数年、マイクロソフトは Yammer と Office 365 の統合をさらに強化する取り組みを続けており、Yammer のエクスペリエンスを Office 365 の他のアプリケーションに拡張すると共に、他のアプリケーションのエクスペリエンスの一部を Yammer でも利用できるように尽力しています。 昨秋、Yammer が近日中に Office…


Livestream zum Windows Developer Day – Creators Update am 8. Februar

Am Mittwoch, den 8. Februar, übertragen wir per Livestreaming einen Windows Developer Day und beschreiben, was es im Windows 10 Creators Update an Neuigkeiten für Entwickler gibt. Unabhängig davon, ob Sie fürs Web oder UWP entwickeln oder die neueste App für Verbraucher oder eine Geschäftsanwendung programmieren: Bei diesem Windows Developer Day ist mit Sicherheit auch…


Livestream zum Windows Developer Day – Creators Update am 8. Februar

Am Mittwoch, den 8. Februar, übertragen wir per Livestreaming einen Windows Developer Day und beschreiben, was es im Windows 10 Creators Update an Neuigkeiten für Entwickler gibt. Unabhängig davon, ob Sie fürs Web oder UWP entwickeln oder die neueste App für Verbraucher oder eine Geschäftsanwendung programmieren: Bei diesem Windows Developer Day ist mit Sicherheit auch…


An engineer’s tour of the hardware and design of the Surface Hub

Today marks the start of the Microsoft Mechanics video series on the design, experience, management and security of Microsoft’s category-defining Surface Hub, as told by the engineers behind it. The series kicks off with a 6-minute overview of the hardware and design of the Surface Hub led by Director of Engineering, Peter Oehler. Peter details…


Office 365 Advanced Security Management overview and demonstration

How do you know when potentially suspicious activity has occurred in your Office 365 subscription so that you can take the appropriate action? Advanced Security Management for Office 365 includes: Threat detection—Helps you identify high-risk and abnormal usage, and security incidents. An example is shown below. Enhanced control—Shapes your Office 365 environment leveraging granular controls…


Surface in Classrooms: A Distinction in Enabling Transformative Education

This article first appeared in the Microsoft Asia News Center. You can read the original publishing in full here. New Zealand-based St Andrew’s College has been transforming its classrooms with the help of the Microsoft Surface. The school first introduced Surface Pro 3 back in 2014 after the school management received feedback from the teachers…