Azure への S/4H のインストール – 1 日でできるセットアップと構成

執筆者: SachinGhorpade このポストは、2019 年 2 月 12 日に投稿された S/4H Installation in Azure – SETUP AND CONFIG IN ONE DAY の翻訳です。   概要 SAP S/4 HANA を Azure にセットアップしてすばやく全体を構成し、自分の環境ですぐに利用できるようにしたいというお客様は、ここでご紹介するドキュメントをご覧ください。Azure での S/4H のセットアップ方法と構成方法をご確認いただけます。 このセットアップでは、SAP Fiori の組み込みオプションを使用します。組み込みオプションが何のことかわからなくても安心してください。このドキュメントの後半をお読みいただければわかるようになっています。これはハイブリッド モードでのインストールであるため、SAP アプリケーション層を Windows で実行し、ラージ インスタンスを Linux OS で実行します。 作業はすべて 1 日で完了できます。さっそく始めましょう。 ドキュメント「Azure への S/4H のインストール – 1 日でできるセットアップと構成 (英語)」をご確認ください。  


Azure Sphere 19.02 のパブリック プレビューの提供を開始

執筆者: Ed Nightingale (Partner Director of Engineering, Azure Sphere) このポストは、2019 年 2 月 14 日に投稿された Update 19.02 for Azure Sphere public preview now available の翻訳です。   本日マイクロソフトは、Azure Sphere 19.02 をリリースしました。パブリック プレビュー開始後 2 回目の四半期リリースとなる今回は、対応デバイスを拡大し、市場投入までの期間を短縮できる新しい参照用ソリューションを追加しました。さらに、Azure Sphere をご利用中のお客様からのフィードバックも優先的に反映しています。 現在の Azure Sphere のハードウェアは初の認定 MCU である MediaTek MT3620 ですが、近いうちに新たなハードウェアを追加し、技術的な対応範囲やメーカーの選択肢を増やすために、チップやハードウェアのエコシステムを拡大していく予定です。 この 19.02 リリースでは、MT3620 ソリューションで提供する機能の拡張を重視し、A7 コアから新しい周辺機器クラス (I2C と SPI) を使用できるようになりました。また、プライベート イーサネットの機能も継続的に向上しており、これまでにないデプロイ シナリオに対応するための主要ネットワーク…


新しい Azure Maps および SDK によるエンタープライズのモビリティの始動

モビリティ空間は、今日の市区町村および都市部が直面している最も複雑な課題の最前線に位置しています。人とモノの移動は、混乱の原因であるのと同様にチャンスの原動力でもあり、交通、汚染、不安定な暮らしの現存の課題を悪化させています。 日本語版のポストは、下記の URL よりご覧いただけます。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/actuating-mobility-in-the-enterprise-with-new-azure-maps-services-and-sdks/


イベント開催のご案内 | 2019/2/18 号

マイクロソフトでは、様々な支援ができるよう多数のセミナー(ウェビナーおよび各地でスクール形式行われるセミナー)を開催しております。 遠方で参加が難しい方や当日都合が悪くなった方には、オンラインでご参加いただける形式のセミナーも多数実施しておりますので、お気軽にご参加いただき、お役立て下さい。(参加には事前のお申込みが必要になります) なお、過去のウェビナーは Azure サイトの歩き方ページより、 [学習する] ― [過去の Web / 動画セミナー (2018 年 1 月以降)] から参照いただけます。 ※このエントリーは、期間内のイベントに限り、登録サイトが公開され次第順次アップデートされます。 セミナー 2019 年 2 月 28 日(木) 13:00-15:00(12:45 開場) [東京開催] AI 自動化セミナー “Automated ML” & AI DevOps 徹底解説! AI のあらゆるプロセスを自動化しませんか?もっと AI プロジェクトを効率的に回していきませんか? 本セミナーでは、モデル開発を自動化する “Automated ML” の機能や活用メリットについてデモンストレーションを交えながらご紹介致します。 また、AI モデルの運用管理を強力にサポートする DevOps の仕組みについてもご説明をします。 参加のご登録はこちら > 2019 年 3 月 6 日(水) 14:00-17:25(13:30 開場) [東京開催]…


モダン ワークプレースへの取り組み – Microsoft 365 でパートナー様のビジネス チャンスを拡大【2/18更新】

(この記事は2019年1月22日にMicrosoft Partner Network blogに掲載された記事Modern Workplace: Packing More Partner Value into Microsoft 365の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。) モダン ワークプレースへの取り組み – Microsoft 365 でパートナー様のビジネス チャンスを拡大 パートナー様がデジタル トランスフォーメーションを推進するうえで、マイクロソフトが特に重要だと考えているのがモダン ワークプレースです。パートナー様が、お客様のニーズを反映した革新的なモダン ワークプレース ソリューションを容易に生み出せるように、マイクロソフトはたゆまぬ努力を続けています。2019 年のスタートとして、今回の記事では、Microsoft 365 のあらゆる分野に関する最近の施策をいくつかご紹介します。いずれの取り組みもパートナー様に新たな価値を提供すると共に、お客様に数々のメリットをもたらすものばかりです。ご紹介するサービスが、皆様のモダン ワークプレースの実現と促進に役立つことを願っています。


Microsoft Teams: Protect against Phishing & Malware

Pretend for a moment that I am a marketing agency you just hired, and invite me as a guest to a team in Microsoft Teams to collaborate. What happens if that guest’s account gets compromised and a bad actor gains access to your team in Microsoft Teams? Your organization is having sensitive conversations there, uploading…


Council Spotlight: Microsoft TechNet Wiki Gurus Needed For February 2019! Apply Within! No One Turned Away!!!

What is TechNet Guru Competition? Each month the TechNet Wiki council organizes a contest of the best articles posted that month. This is your chance to be announced as MICROSOFT TECHNOLOGY GURU OF THE MONTH! One winner in each category will be selected each month for glory and adoration by the MSDN/TechNet Ninjas and community as a whole. Winners…

1

【お客様事例】コニカミノルタが働き方改革をさらに前進させるため、Microsoft Teams によるコミュニケーション変革を推進【2/17更新】

1873 年の創業以来培ってきた多彩な技術を活用して、情報機器や産業用光学システム、医療用画像診断システムなど、さまざまな分野の事業を展開しているコニカミノルタ。グローバルなビジネスを行い、全世界に 150 か国のセールス/サービス体制を確立。グループ連結では 43,299 名の従業員によって、1 兆円を超える連結売上高を達成しています。また環境 (Environment)、社会 (Social)、ガバナンス (Governance) の頭文字をとった「ESG 投資指標」として知られる「Dow Jones Sustainability World Index」の構成銘柄にも 6 年連続で採用され、2017・2018 年と最高点を獲得して、2 年連続で産業別リーダーとなっています。


We’re moving!

After a many years on Technet, Microsoft is retiring the existing blogging platform.  We will soon be migrating over to a Tech Community which many of you have already been familiarized with.  We appreciate all the many helpful comments and consistent viewership we’ve seen over the years and hope you’ll join us at our new…


Top Contributors Awards! Wiki Ninja Belt Status: Who Has What Belt Ranking and many more!

Welcome back for another analysis of contributions to TechNet Wiki over the last week. First up, the weekly leader board snapshot…   As always, here are the results of another weekly crawl over the updated articles feed.   Most Revisions Award Who has made the most individual revisions   #1 Peter Geelen with 190 revisions.  …