[ウェビナー] いそがしいひとのためのMicrosoft Ignite 2018【10/19更新】

2018年10月24日(水) 16:30-17:30 <概要> 9/24-28に米国 Orlando で開催される今年最大級の技術カンファレンス Microsoft Ignite 2018 で発表された内容のうち、Data & AI のカテゴリにフォーカスし、最新情報をまるっとキャッチアップする1時間です。おたのしみに!     お申込みはこちら            


Explore Microsoft’s Redmond Campus In Minecraft:Education Edition

If you’ve ever wanted to explore the massive Microsoft Redmond Campus but never had a chance (or permission!) can you now do this via Minecraft:Education Edition with a world provided by Microsoft Facilities (note: there is no support associated in anyway with this world). Download Minecraft;EE Redmond Campus World here According to Wikipedia, It is…


Build your technical capabilities for Teamwork solutions

Are you looking to expand your Teamwork solution skills? Join these new technical webinars {available at no cost to MPN members} and increase your Teamwork technical confidence with guidance from Microsoft Partner Technical Consultants. Introduction to Firstline Worker Solutions This webinar will help you understand the strategy of approaching Firstline Worker engagement on up to two…


Outlook で既定のフォントを変更する方法

こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポートチームです。 Outlook  2016 からメールを作成する際の既定のフォントが游ゴシックに変更されたため、初期値のみを以前のバージョンと同じフォントに変更したいというお問い合わせをいただくことが多くありましたので、本ブログではその方法についてご紹介いたします。   (1) Outlook の既定のフォントの設定場所と設定値の保存場所 Outlook の既定のフォントの設定は、 [署名とひな形] ダイアログで設定可能です。 本 UI から設定した情報は以下の「レジストリ」に保持されます。   ■ Outlook UI の設定箇所 [Outlook]の[ファイル] タブをクリックし、[オプション] をクリックて [Outlook オプション] ダイアログを表示します。 [Outlook オプション] ダイアログの画面左側で [メール] をクリックし、画面右側で [ひな形およびフォント] をクリックします。 [署名とひな形] ダイアログの [ひな形] タブをクリックします。 ■レジストリ [ひな形] タブの以下のそれぞれで開いたダイアログの [フォント] タブで設定した “フォントの種類” “サイズ” “色” などが 2  つのレジストリ値に保持されます。   a.[新しいメッセージ] の [文字書式]をクリックして開いたダイアログ b.[返信/転送メッセージ]…


ValidationContext.MemberName プロパティの不具合について

ValidationContext.MemberName プロパティの不具合についてお知らせいたします。 .NET Framework 4.7.2 までの .NET Framework において、System.ComponentModel.DataAnnotations 名前空間の ValidationContext クラスの MemberName プロパティを ASP.NET の Web フォームのアプリケーションから参照した場合に値が null になるという不具合がございます (ASP.NET MVC や ASP.NET Web API からの利用時は問題ございません)。 この問題は 2018年 10 月の時点で修正されておりませんが、修正に向けて検討が進められており、今後進展がありましたら本ブログ記事を更新いたします。 ユーザー様にはご不便をおかけいたしておりますことを深くお詫び申し上げます。   ValidationContext.MemberName Property https://docs.microsoft.com/en-us/dotnet/api/system.componentmodel.dataannotations.validationcontext.membername?view=netframework-4.7.2     更新履歴 ・2018/10/19(金) : Microsoft.AspNet.WebApi 5.2.5  までの ASP.NET Web API において MemberName プロパティに関する不具合がございますため、以下のように文面を更新いたしました。 変更前: .NET Framework 4.7.2 までの .NET Framework…


Azure のオープン ソース データベース サービスの最新情報 – Ignite 2018

執筆者: Sudhakar Sannakkayala (General Manager, Azure Data) このポストは、2018 年 9 月 24 日に投稿された Latest updates to Open Source Database Services for Azure – Ignite 2018 の翻訳です。   2018 年 7 月に投稿したブログ記事では、MySQL と PostgreSQL 向けの Azure データベース サービスに新機能を追加しようと奮闘するチームの取り組み (英語) を紹介しました。そして、リレーショナル データベース エンジンの選択肢を広げ、一連の新機能をお届けするために行ってきたその成果が、Ignite 2018 に合わせて披露されます。この記事では、Azure の新サービスと既存のサービスに追加された新機能についてさらに詳しくお伝えしたいと思います。こうした新サービスや機能向上の取り組みは、お客様やユーザーの皆様からいただいたフィードバックをもとに実施しています。 Azure Database for MariaDB のプレビューを公開 Azure Database for MariaDB サービスのプレビューの提供が開始されました。このサービスは、エンタープライズ レベルのフル…


クラウド、人工知能、MR を駆使して、医療現場のデジタル トランスフォーメーションを推進【10/18更新】

外科手術を始め、医師たちが患者の命を直接預かる医療の最前線は、今も個人の経験に基づく “暗黙知” に支えられています。手術経験が豊富な医師が持つスキルやノウハウ、患者ごとの臓器の位置や動きなどを的確にとらえる “感覚” を、若い医師に伝える手段は、主に “言葉” と “平面画像” に頼るほかなく、多くの医師がもどかしさを覚えていました。こうした、非効率的な状況を打破するために、外科医である杉本 真樹 氏は、1 つのアイデアを実行に移しています。それが、MR (Mixed Reality : 複合現実) の積極活用を軸とした、”医療現場におけるデジタル トランスフォーメーションの推進″ でした。 新薬や医療機器など、医療を支えるライフサイエンスに関するテクノロジーは常に進化を続けていますが、医療スタッフを支える情報共有環境は旧態依然としており、”医師と患者” のコミュニケーションだけではなく “医療スタッフ間” のコミュニケーションにおいて、さまざまな非効率が存在しているというのです。 続きはこちら