最新情報: Microsoft Partner Network の 2016 年 8 月の情報まとめ【8/31 更新】

パートナー様必見の 8 月のアップデートが更新されていますのでお知らせします。お時間のある時にぜひご覧ください。 閲覧には MPN アカウントでログインが必要なものもありますのでご注意ください。   [イベント] … パートナー様向けイベント情報 [セミナー] … パートナー様向けセミナー情報 [トレーニング] … スキルアップ支援情報 [セールス] … 営業/マーケティングご担当者向け情報 [テクニカル] … 技術者向け情報 [サポート] … サポート情報 [製品] … 製品情報 [ライセンス] … ライセンスに関する情報 [プログラム] … パートナーネットワークに関する情報 8 月 [イベント] 日本マイクロソフト最大規模のパートナー様向けイベント「JPC2016」参加登録受付中! [製品] ご存じですか?「パートナー サポート コミュニティ」の “[MS Info]” [製品] Enterprise Mobility + Security (EMS) が2016 年秋に、よりセキュリティ機能を強化してリニューアルします [製品] Office 365 顧客に響く提案シナリオと導入・管理・移行手順…


333 tipů pro Office 2016 (146. – 150.)

146.     Jak nahrazovat obsah buněk? Nahrazování pracuje na stejném principu jako hledání, ale s tím rozdílem, že nalezené slovo je možné nechat automaticky nahradit jiným slovem nebo jakýmkoliv řetězcem. Aktivovat okno (záložku) Nahradit je možné buď z okna Najít a nahradit (viz předchozí postup), nebo přímo z pásu karet Excelu. Na pásu karet klepněte na…


ファイル共有とシンボリックリンクの利用について

こんにちは Windows プラットフォームでネットワークを担当している堀之内です。 今回はファイル共有とシンボリック リンクの利用について取り上げたいと思います。     1.シンボリックリンクについて この機能は Windows 2000 の NTFS で導入された、「リパース ポイント」と呼ばれる機能を使って実現されている機能です。 mklink コマンドを使用して、以下のように C: 以下のフォルダへ、D: 以下に存在するフォルダをリンクさせることができます。     2.シンボリック リンクの作成方法 この機能を使用して、共有しているフォルダ内に別の共有 (ローカル or リモート問わず) へのリンクを作ると、ユーザー側ではアクセス先を変更せずに参照先を変更する事が出来ます。 以下のコマンド例は、別のサーバーで共有しているフォルダへのリンクを作成した際の例です。   この例で使用した C:Share フォルダは、\w2008r2-002Share として共有されています。 この \w2008r2-002Share フォルダ以下に、\w2008r2-003Share 以下で共有されている DataFolder をリンクさせた例となります。 ※同様の手順で、ローカル コンピューターで共有している別のファイル/フォルダも、リンク先として指定できます。     3.アクセス元 (クライアント) での注意点 注意点として、アクセス元であるクライアント コンピューターでも設定が必要なことが挙げられます。 上記のシンボリック リンク設定だけが完了している状態では、DataFolder 以下のファイルを参照する事ができません。 これは、リモートからリモートへのシンボリック リンク解決が「クライアント上で」無効に設定されているために発生するエラーです。…


Windows 10 Information Protection / Intune Quick Setup Guide

Well, first of all…what is WIP?  You can read all about it here. In short, WIP is a great security feature in the latest builds (Windows 10 Anniversary build and greater) of Windows 10 that allows companies to ‘containerize’ applications to ensure the integrity of corporate data. Let’s get into the basic setup with Microsoft…


Customer Immersion Experience (CIE) Bootcamps!

Todd Sweetser Hi Cloud Sellers!  The Office 365 Customer Immersion Experience continues to be a powerful tool to give partners the tools and skills to allow customers to sell themselves on the value that the Microsoft platform could deliver for their business.  Many partners use these events to help close deals and expand solution usage…


At last, it’s the TechNet Guru Awards! July 2016

All the votes are FINALLY in! !!! A long vote this month due to… well, Summer breaks!   And below are eventually the results for the TechNet Guru Awards, July 2016 !!!!   The TechNet Guru Awards celebrate the technical articles on TechNet, contributed from valued wiki authors like YOU! Each month, the contributions are scored by a panel of…

6

A Bit About the Windows Servicing Model

Hello, Paul Bergson back again with a discussion on the upcoming changes to our monthly patch releases to align down-level supported operating systems, updating practices to coincide with the Windows 10 Service Model. This includes Windows 7/8/8.1 and Windows Server 2008 R2/2012/2012R2 (this will also impact Windows Server 2016 once released). “From October 2016 onwards,…

2

Lync Server Application Pool on 2013 FE’s Crashes- Why?

  by Steve Schiemann, UC Escalation Engineer – Microsoft Reviewed by – Jason Epperly, Windows Escalation Engineer, Microsoft Introduction I am a Skype for Business Escalation Engineer. This means that I see some of the most interesting problems reported by customers. This is one of those issues that I just HAD to write about, because of…


PowerShell Remoting Kerberos Double Hop Solved Securely

The struggle is real. Are you facing issues with PowerShell remoting and credentials? You remote into your jump box, but then any remoting beyond there gets a big red ACCESS DENIED. Maybe you’ve tried CredSSP, but people say that isn’t safe. Read today’s post for a completely legit, secure, safe, and easy way to enable…


新しいセキュリティ分析サービス: Office 365 のリスクの検出と修正

(この記事は 2016 年 8 月 3 日に Securing Office 365 に投稿された記事 New Security Analytics Service: Finding and Fixing Risk in Office 365 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) このたび、Office 365 Secure Score (英語) という新しいセキュリティ分析サービスのプレビュー版が公開されました。Secure Score は、Office 365 のデータに対するリスクを軽減するために既に実施している対策と、そのリスクをさらに軽減するために今後実施できる対策を示すセキュリティ分析ツールです。Secure Score (安全性スコア) はセキュリティの信用スコアと捉えることができます。Secure Score を開発するうえでのアプローチは非常にシンプルでした。まず、Office 365 のデータに対するリスクを軽減するためにお客様が実行できるすべてのセキュリティ構成やセキュリティ対策の一覧を作成しました (合計で約 77 の項目を特定しました)。次に、一覧に含まれる各コントロールが特定のリスクを軽減する程度を評価し、その結果に応じてポイントを付与しました。ポイントが高いほど、そのリスクに対してコントロールが効果的であることを表します。最後に、お客様がご利用のサービスで、推奨されるコントロールがどの程度採用されているかを測定し、ポイントを合計して 1 つのスコアとして提示しました。 クラウドにおけるすべてのセキュリティ構成やセキュリティ対策オプションをシンプルな分析フレームワークに一本化してコンテキスト化することと、段階的なアクションを簡単に実行し、時間をかけてスコアを向上できるようにすることが有用であるという考えに基づいて、Secure Score は開発されました。マイクロソフトは、分析結果の重要度 (高、中、低) に応じて分類するモデルを構築するのではなく、事前にリスクを評価し、時間の経過と共に段階的に変更を実施して、最終的に効果の高いリスク軽減計画を策定できるようにしたいと考えたのです。 Office 365 Secure Score はプレビュー版の機能であるため、問題が発生する可能性があります。また、すべてのコントロールが測定されるわけではありません。問題が発生した場合は、Office…