Tip of the Day: Prepare Windows and Office for the new Japanese era change

On May 1, 2019, a new Japanese era and associated calendar began.  This change will require updates to Windows, Office, and .NET Framework. If you have automatic updates enabled for your Microsoft software, the updates to support the new era will install automatically and you will not need to take any action. The Help Article…


SAP とマイクロソフトのパートナーシップにより、ビジネス アプリケーションの中核に IoT データを提供

執筆者: Tony Shakib (IoT Business Acceleration Leader, Microsoft Azure) このポストは、2019 年 5 月 8 日に投稿された SAP and Microsoft bring IoT data to the core of the business applications の翻訳です。   IoT クラウド エコシステムのリーダーであるマイクロソフトは、インテリジェント エッジとインテリジェント クラウドの両方で、さまざまな業界にフルスタックのビジネス アプリケーションを提供しています。近年、IoT 業界の継続的な成長が、あらゆる組織にとって変革をもたらす力となっています。マイクロソフトは 20 年以上にわたって SAP と提携し、エンタープライズ SAP ソリューション向けの環境を提供してきましたが、現在このパートナーシップは、Industrial Internet Consortium (英語)、OPC Foundation (英語)、Platform Industrie 4.0 (英語) といった方面に拡大しています。 2 月に開催された Mobile…


イベント開催のご案内 | 2019/5/20 号

マイクロソフトでは、様々な支援ができるよう多数のセミナー(ウェビナーおよび各地でスクール形式行われるセミナー)を開催しております。 遠方で参加が難しい方や当日都合が悪くなった方には、オンラインでご参加いただける形式のセミナーも多数実施しておりますので、お気軽にご参加いただき、お役立て下さい。(参加には事前のお申込みが必要になります) なお、過去のウェビナーは Azure サイトの歩き方ページより、 [学習する] ― [過去の Web / 動画セミナー (2018 年 1 月以降)] から参照いただけます。 ※このエントリーは、期間内のイベントに限り、登録サイトが公開され次第順次アップデートされます。 セミナー 2019 年 6 月 19 日(水) 9:30-17:30(9:00 開場) [東京開催] Azure Discovery Day: Azure の最新機能や活用事例が学べる無料セミナー開催のご案内 アプリケーションを開発されている方や新たなソリューションを構築したい方向けのスキルアップや、さらなる知見を広げ新たな可能性を発見する事に役立つプログラムをご用意しております。 最新のトレンドやツール、およびテクノロジーをさまざまな事例を交えながらご紹介しつつ、お客様の Azure 活用に役立つサービスや開発手段について解説していきます。 参加のご登録はこちら > ウェビナー 2019 年 6 月 4 日(火) 16:30-17:30 サポート エンジニア直伝シリーズ!全 3 回 第 3 回 今ならまだ間に合う。オンプレミスの Windows Server 2008 環境を…


Software Update Dashboard by Collections

___________________________________________________________________________________________________________________________ IMPORTANT ANNOUNCEMENT FOR OUR READERS! AskPFEPlat is in the process of a transformation to the new Core Infrastructure and Security TechCommunity, and will be moving by the end of March 2019 to our new home at https://aka.ms/CISTechComm (hosted at https://techcommunity.microsoft.com). Please bear with us while we are still under construction! We will continue bringing…


Premium Files で新しくなる Azure Files

今日は、Azure Premium Files プレビューの一般公開をご報告できることをうれしく思っています。Premium Files はパフォーマンスのレベルを次に進める新しいパフォーマンス レベルであり、クラウドでファイルを完全管理するサービスが提供され、開発者や IT 専門家の力となります。 日本語版のポストは、下記の URL よりご覧いただけます。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/premium-files-redefines-limits-for-azure-files/


マーケットプレースの新たな収益機会を発表

Microsoft の成功の基盤は、活気に満ちたパートナー エコシステムとの緊密な連携を通じて、常にお客様全体のニーズに対応してきたことにあります。クラウドの急速な成長に伴い、Microsoft ではパートナー エコシステムでもこの成長を確実なものにできるよう投資を行っています。 日本語版のポストは、下記の URL よりご覧いただけます。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/announcing-new-marketplace-revenue-opportunities/


AI をすべての開発者とすべての組織にとって現実のものとする

AI は、世界を変える大きなイノベーションの波を起こす原動力となっています。Microsoft の目標は、組織が Azure AI を通じてビジネスのあらゆる面に AI を適用することで、顧客と関わり、従業員を力づけ、運用を最適化し、製品を変革できるように支援することにあります。これを実現するために、Microsoft には、指標となる 3 つの投資原則があります。 日本語版のポストは、下記の URL よりご覧いただけます。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/making-ai-real-for-every-developer-and-every-organization/


Office 365 Weekly Digest | May 12 – 18, 2019

Welcome to the May 12 – 18, 2019 edition of the Office 365 Weekly Digest. There were five additions to the Office 365 Roadmap last week, all for Microsoft Teams and Outlook on the web, including a new cloud document sharing experience. There is one new event, also this week’s spotlight event, which is the…


Top Contributors Awards! T-SQL : Data profiling in On-premise SQL Server / Azure SQL database and many more!

Welcome back for another analysis of contributions to TechNet Wiki over the last week. First up, the weekly leader board snapshot… As always, here are the results of another weekly crawl over the updated articles feed.   Most Revisions Award Who has made the most individual revisions   #1 Peter Geelen with 100 revisions.   #2…


Microsoft サービスを利用して医療組織が仮想ヘルスアシスタントを開発・展開

2019年2月7日| John Roach 写真提供:クエストダイアグノスティクス 毎年、アメリカの数千万人の成人が、定期的な血液検査から複雑な遺伝子検査や分子検査に至る広範囲の医療関連サービスを受けるためにクエストダイアグノスティクスに連絡するよう要請されています。セルフサービス方式の導入が加速している現代の医療産業では、検査前にいつ、どこへ行き、何をすればよいかなどの詳細情報は、通常、患者が自分で調べることになっています。 「患者は自らの健康管理体験を向上させる方法を本格的に学習しており、山ほどの質問を抱えています」とノースカロライナ州カリーに居を構えるクエストダイアグノスティクスのアーキテクチャ担当シニアディレクターの Jason O’Meara は言っています。「ボットを使えば直接回答が得られる場合、多くの人はウェブサイトを閲覧して質問に対する回答を探す作業をやりたがりません」と O’Meara は付け加えています。