【パートナー事例】80 年以上の音声・ネットワーク ビジネスやコール センターのノウハウを活かし、クラウドと運用サービスの二本柱でサービスを拡充していく【2/9更新】

昭和 7 年 (1932 年) に電話を中心とする電気通信設備の事業で創業した都築電気株式会社 (以下、都築電気) は、音声・ネットワークのビジネスを行ってきた企業です。1980 年代からは、ICT 関連の事業を進め、システム構築や運用サービスを全国規模で提供してきました。 永年蓄積されたネットワークと音声 (電話) 構築ノウハウを持つ、国内でも稀な ICT ベンダーである都築電気は、近年はクラウド ビジネスも推し進めてきました。その中で、マイクロソフトのパートナーとして、Gold Communications コンピテンシーに続き、2015 年 12 月に Gold Cloud Productivity コンピテンシーを取得しています。 都築電気が提供するクラウド ソリューションとクラウド ビジネスに対する考え方、マイクロソフトとのパートナーシップのあり方などについて、都築電気株式会社 執行役員 ビジネスソリューション本部副本部長の吉田 克之 氏と、都築電気株式会社 理事 テクノロジーソリューション本部長補佐の腰高 明 氏にお話をうかがいました。 都築電気のビジネスとクラウドへの移行 御社がクラウド ビジネスを始められた経緯について教えてください。 吉田 当社は、長年の間、音声・ネットワークやシステムの構築と運用サービスを行ってきました。クラウドには、7 年前から注目し始め、研究を行ってきましたが、当時はお客様の基幹業務に利用するにはまだ早いと考えていました。ここ 2 ~ 3 年になって、お客様からの要望も増えてきたので、今後は、クラウドと運用サービスの二本柱でビジネスを進め、会社全体としてクラウドにシフトしていく予定です。当社グループの全国約 110 拠点網を活用してクラウド サービスを展開していきたいと考えています。   クラウドと共に運用サービスを重視されているのはなぜなのでしょうか。 腰高 システムのライフ サイクルを考えれば、設計/構築のフェーズよりも、その後の運用フェーズのほうが圧倒的に長くなります。ただ単にクラウドの導入サービスを行うだけでなく、運用面でさまざまな問題やトラブルを解決するサービスがお客様に望まれているため、これまで培ってきた運用サービスをさらに強化する必要があると考えています。   マイクロソフトとの協業を行うようになった経緯を教えてください。 吉田 クラウドの走りである時期は、AWS…


Azure What’s Brewing– January Update

Hello All, we are back with January updates about What’s brewing on Azure. Here goes. This month we announced the First technical preview of one of the most awaited service – Microsoft Azure stack. Though more and more organizations are turning to cloud today there are still many enterprises which have concerns such as data sovereignty or…


Announcing re-availability of UR9

Update Rollup 9 (UR9) release for Service Manager 2012 R2 has been replaced with a new patch as old patch had reports of an issue because of which the deployments were losing their enumeration list customizations after installing UR9 (the old UR patch was overwriting some existing unsealed MPs). With this blogpost, we are announcing…


Enable Log Analytics in MS OMS on Azure virtual machines

Summary: Learn simple new ways to enable Microsoft Operations Management Suite Log Analytics on your Azure virtual machines. Anurag Gupta is here today, and I want to talk about new ways to enable Log Analytics from Microsoft Operations Management Suite on your Azure virtual machines. As you already know MS OMS is our simplified cloud-based…


Hybrid Configuration Wizard – DataStrings.InvalidSmtpDomainName(domain) error connecting to On-Premise Exchange

I recently ran into an issue with a customer on the Hybrid Configuration Wizard, where it was unable to connect to the Exchange On-Premise environment, with the error DataStrings.InvalidSmtpDomainName(domain). The underlining cause was the presence of a decommissioned Exchange server, which still existed within the Exchange configuration in Active Directory. Once this configuration was removed the Hybrid Configuration…


KB: "ASR cannot be registered due to an internal error" when you try to install Microsoft Azure Site Recovery Provider

Hi everyone, here’s some information on a new KB article we published. The problem that you might experience is that when you try to install and register the Microsoft Azure Site Recovery Provider on a System Center 2012 R2 Virtual Machine Manager (VMM 2012 R2) server, the attempt fails with the following error: The ASR…


Resetting the Local Admin Name and Password for Azure ARM Virtual Machines with PowerShell

Hi there, this is JJ Streicher-Bremer, saying hello from Azureland.   When one creates a virtual machine in the Azure portal a username and password are required. This username and password are used by the Azure fabric to configure the local administrator account on that virtual machine.   I don’t know about you, but sometimes…


SharePoint 2016 Build Numbers

Beginning in May 2015, the “What’s new in Sharepoint 2016” post was published as a first peek view into the next evolution of SharePoint. With the “November announcement of SharePoint Beta 2” and now in January 2016 the availability of the “SharePoint 2016 release Candidate“, I don’t want to miss the tradition in publishing a…