開封通知が仕分けされない


今回は Exchange Server 2010 から 2016 へユーザーを移行した環境で開封通知のメールを件名で仕分けする際に仕分けルールが動作しない事象についてご紹介いたします。
 
事象
Exchange Server 2010 から Exchange Server 2016 へ移行後、開封通知のメールに対する Outlook の仕分けルールが正常に動作しなくなった。

・適用していたルールの条件:件名に "開封" を含むメール
・Outlook より手動で仕分けルールを再実行すると、正常に仕分けされる。
 
原因
トランスポート サービスで配信処理が行われる際に、件名が Outlook 上で表示される “開封: 〇〇〇” ではなく、“Read: 〇〇〇” として処理されることが原因で発生します。
以下は、"テストメール" という件名のメールに対する開封通知がトランスポート サービスによって処理される際の追跡ログの例となります。

例) 追跡ログ 抜粋
------------------------------------
2017-06-20T11:29:04.653Z,172.30.35.18,MBX02,,MBX01.***.com,"MDB:***, Mailbox:***, Event:10018369, MessageClass:REPORT.IPM.Note.IPNRN, CreationTime:2017-06-20T11:29:03.788Z, ClientType:MOMT, SubmissionAssistant:MailboxTransportSubmissionEmailAssistant",,STOREDRIVER,SUBMIT,,,***,User02@***.com,,,1,,,Read: テストメール,User01@***.com
------------------------------------

上記のような開封通知に対する追跡ログは、お客様環境におきましても以下のコマンドから確認することができます。

Get-MailboxServer | Get-MessageTrackingLog -MessageSubject “Read:”

実行結果)
[PS] C:\Windows\system32>Get-MailboxServer | Get-MessageTrackingLog -MessageSubject "Read:"
EventId Source Sender Recipients MessageSubject
------- ------ ------ ---------- --------------
HAREC... SMTP user10@tailspintoys.com {Administrator@tailspintoys.com} Read: 01test to user10
RECEIVE STORE... user10@tailspintoys.com {Administrator@tailspintoys.com} Read: 01test to user10
SUBMIT STORE... user10@tailspintoys.com {Administrator@tailspintoys.com} Read: 01test to user10
DELIVER STORE... user10@tailspintoys.com {Administrator@tailspintoys.com} Read: 01test to user10
HARED... SMTP user10@tailspintoys.com {Administrator@tailspintoys.com} Read: 01test to user10
RECEIVE SMTP user10@tailspintoys.com {Administrator@tailspintoys.com} Read: 01test to user10
AGENT... AGENT user10@tailspintoys.com {Administrator@tailspintoys.com} Read: 01test to user10
SEND SMTP user10@tailspintoys.com {Administrator@tailspintoys.com} Read: 01test to user10

※ 上記ではテストメールとして “01test to user10” に対する開封通知を設定していましたので、“Read: 01test to user10” という開封通知が出力されます。
 
Exchange Server 2010 では、トランスポート サービスで仕分けルールが適用される前に、件名の接頭語を示すプロパティである PR_SUBJECT_PREFIX の "Read:" が日本語の "開封:" に置換して処理していましたが、Exchange Server 2013 以降ではこの処理工程が変更されており、トランスポート サービスで仕分けルールが適用された後に "Read:" と "開封:" の置換が行われるため、仕分けルールとして件名に "開封" を含むことを条件としている場合、開封通知を仕分けることができません。
 
対処策
Outlook の仕分けルール (メールボックスの InboxRule) の条件として「開封」と「Read」の両方を条件として設定することで回避できます。

弊社製品の仕様変更により、仕分けルールによる振り分けを実施している皆様にはご不便をおかけする事となりますが、改めて仕分けルールの内容をご確認いただき、必要に応じて上述の [対処策] として記載の対処をご実施いただければと思います。

なお、上記の仕様変更はExchange Server 2013 より行われており、Exchange Server 2013 環境でも発生しますので併せてご確認ください。
 
※本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Skip to main content