共有メールボックスを Outlook メール クライアントから POP/IMAP 接続する方法


Office 365 をご利用の皆様、こんにちは。

いつも Office 365 をご利用いただきありがとうございます。
Exchange サポート チームの藤澤です。

今回は、共有メールボックスを Outlook メール クライアントから POP/IMAP 接続する方法についてご紹介します。
簡単なステップでご利用いただけますので、ぜひご活用ください。

特徴:
共有メールボックスのメンバー アカウントを使って共有メールボックスにアクセスします。
アカウント設定時に メンバーのパスワード入力が必要です。

手順:
以下の状況を例として、Outlook アカウント設定時の具体的な手順をご案内いたします。

メンバー: member@test.onmicrosoft.com
共有メールボックス: sharedMailbox@test.onmicrosoft.com

1. [POP と IMAP のアカウント設定] 画面で以下をセットします。

電子メールアドレス: sharedMailbox@test.onmicrosoft.com
受信メール サーバー: outlook.office365.com
送信メール サーバー: smtp.office365.com
アカウント名: member@test.onmicrosoft.com\sharedMailbox@test.onmicrosoft.com
パスワード: member@test.onmicrosoft.com のパスワード

2. 同画面右にある [詳細設定] に進み、接続先サーバーやポート番号および暗号化方法をセットします。
設定内容はOffice 365 for Business または Microsoft Exchange アカウントの POP およびIMAP アクセスの設定よりご覧いただけます。

3. [アカウント設定のテスト] に進むと、SMTP サーバー接続用の送信アカウントの情報を入力するダイアログが表示されますので、次のようにセットします。

ユーザー名: member@test.onmicrosoft.com
パスワード: member@test.onmicrosoft.com のパスワード

4. [アカウント設定のテスト] に進み、接続テストを行いアカウント セットアップを終了します。


補足:
この手順でメンバー以外のアカウント (管理者アカウントなど) を使って Outlook で共有メールボックスにアクセスする場合は、アカウント設定前に以下のように権限を付与します。

a. シェルで行う場合
以下コマンド例を参考に、対象アカウントに共有メールボックスに対する権限を付与します。

メンバーではない notMember というユーザーから、sharedMailbox という共有メールボックスにクライアント接続する場合の例:
Add-MailboxPermission sharedMailbox -User notMember -AccessRights FullAccess
Add-RecipientPermission sharedMailbox -Trustee notMember -AccessRights SendAs

b. Exchange管理センターより行う場合
共有メールボックスの Exchange プロパティ画面より、[フル アクセス許可] と [メールボックス所有者として送信する] 権限に、対象アカウントを追加します。

b-1. Exchange 管理センターにアクセスします。
b-2. “受信者” セクション内にある [メールボックス] をクリックし、[共有] タブをクリックします。
b-3. 対象のメールボックスを一覧から選び、編集アイコン (鉛筆マーク) をクリックします。
b-4. 左ツリーで [メールボックスの委任] をクリックし、[フル アクセス許可] と [メールボックス所有者として送信する] 権限に、対象アカウントを追加します。


参考記事:
Exchange Online [Online] の共有メールボックス: Exchange Online Help

共有メールボックスを作成する: Exchange 2013 Help

Office 365 for Small Business で共有メールボックスを作成する


本記事の内容が Office 365 サービスのご利用ユーザー様にお役に立てれば幸いです。

今後とも当ブログおよびサポート チームをどうぞよろしくお願いいたします。


Skip to main content