Exchange 2013 で [送信トレイ] に入っているメールを開くと編集できない画面でメールが開く


こんにちは。Exchange サポートの小間です。
今回は、Exchange 2013 で [送信トレイ] に入っているメールを開く際の問題をご紹介いたします。

Outlook の仕分けルールで指定した時間後に配信するように設定している場合、[送信] をクリックした後もメールは [送信トレイ] に残り、指定した時間が経過した後に実際に送信される動作となります。
Exchange 2007 や Exchange 2010 を利用している環境では、Outlook で [送信トレイ] に残っているメールを開くと、編集が可能な画面でメールが開き、送信も中断されました。

Exchange 2013 CU7 までのバージョンに、オンライン モードの Outlook で接続している場合、[送信トレイ] に入っているメールを開くと編集が出来ない画面でメールが開きます。
その時点で送信は中断され、もう 1 回メールを開くと編集可能な画面でメールが開く動作となっております。
編集が出来ない画面ではメールの [送信] ボタンも利用出来ないため、1 回メールを開いた場合は、もう 1 回メールを開き直して [送信] ボタンをクリックする必要があります。

なお、キャッシュ モードの Outlook で接続している場合の動作は、Exchange 2007 や Exchange 2010 の時と同様です。

Exchange 2013 CU8 においてこの問題が修正され、オンライン モードの Outlook を使用している場合であっても、Exchange 2007 や Exchange 2010 の時と同様の動作になりました。
これにより、Exchange 2013 CU8 とオンライン モードの Outlook の組み合わせであっても、[送信トレイ] に残っているメールを開くと、編集が可能な画面でメールが開き、送信も中断される動作となります。

従来の動作ではメールを編集するために 2 回開き直す必要があり、ユーザーの皆さまの負担となってしまいますので、Exchange 2013 CU8 へのアップグレードをご検討いただけますと幸いです。

今後も当ブログおよびサポート チームをよろしくお願いいたします。


Skip to main content