Outlook 2013 のコンパクト メッセージ ヘッダー


(この投稿は Office Blog に 2014 年 3 月 12 日に投稿された記事 Compact message header in Outlook 2013 の翻訳です。最新情報については翻訳元の記事を参照してください。)

投稿者: Outlook チーム、投稿日: 2014 年 3 月 12 日

 

今回は、Outlook エンジニアリング チームのプログラム マネージャーを務める Ronak Trivedi の投稿をご紹介します。

ユーザーの方々から頂いたさまざまなご意見を参考に、今回、Outlook 2013 にコンパクト サイズの電子メール メッセージ ヘッダーが導入されました。新しいメッセージ ヘッダーでは、ユーザーが表示するヘッダー情報を制御できるので、最も重要なこと、つまりメッセージの内容に集中できるようになります。自信を持ってご紹介するこの機能を皆様にも気に入っていただけると思います。

展開するか、折りたたむか、どちらでもお好きな方を

切り替えは驚くほどシンプルで、メッセージ ヘッダーのビューは、ユーザーが自由に決めることができます。従来と同じようにヘッダーを表示したいですか。あるいは、余分な情報を非表示にしてメッセージの内容に集中したいですか。いずれにしても、クリック 1 つで表示を切り替えることができます。

電子メール メッセージ ヘッダーの矢印をクリックすることにより、ヘッダーを展開したり折りたたんだりできます。

操作はとても簡単です。メッセージ ヘッダーの右下隅にある矢印をクリックして、新しいコンパクトなミニ ヘッダーをお試しください。

機能は他にも

もちろん、表示を切り替えられるだけではありません。私たちのチームは、各ユーザーに固有の Outlook の活用パターンに合うように、コンパクト版のミニ ヘッダーを設計しました。ここで、コンパクト ヘッダーをより便利に使っていただけるように工夫したいくつかの点をご紹介します。

閲覧ウィンドウの幅がとても狭いときの表示のされ方

受信者全員を行内に表示できない場合、メッセージ ヘッダーがそれを自動的に感知します。たとえば、閲覧ウィンドウの幅が狭すぎて、受信者全員を行内に表示できないという場合、インジケーターが表示されて、その電子メールに表示されていない受信者の数を示します。遠慮なく閲覧ウィンドウのサイズを変更してください。コンパクト ヘッダーは動的に更新するように設計されていますので、行内に収まらない受信者の人数を常に正しく把握することができます。

数字のインジケーターは、メール上に名前が表示されていない受信者の数を示します。

To Cc の全情報を見るには

ご想像のとおり、インジケーターをクリックすると可能です。クリックにより、そのメールの全受信者のリストが表示され、[To] または [Cc] のいずれの行に属しているかが確認できます。また、コンパクト モードでは、受信者の表示が新しくなりました。それぞれの受信者の名前と写真が、シンプルで躍動感あふれるドロップダウン メニューに表示されます。

新しいコンパクト メッセージ ヘッダーのドロップダウン メニューには、メール受信者の写真と名前が表示されます。

一番大切な人々とのつながりはそのまま

コンパクト ヘッダーでも、従来のように受信者の情報を呼び出すことができます。送信者または受信者の名前の上にマウス ポインターを合わせると、連絡先カードが表示されます。

ヘッダー内の名前にマウス ポインターを合わせると連絡先カードが表示されます。

連絡先カードを拡大すると、その人のカードが表示されます。

個人のカードにはより詳しい情報が含まれています。

Outlook は進化を続ける

Outlook のコンパクト メッセージ ヘッダーは、Outlook チームが近い将来に実現を目指してきた多数の改良点の 1 つに過ぎません。私たちは、できる限り多くのデバイスに向け、最高に楽しく、効率的なコミュニケーション エクスペリエンスを皆様にお届けするために、全力で取り組んでいます。すべてのユーザーにとって Outlook がより良いものになるよう今後も引き続き皆様の貴重なご意見に耳を傾けてまいります。まずは、新しいコンパクト メッセージ ヘッダーをお試しください。

- Ronak Trivedi

よく寄せられる質問

Q. Outlook 2013 のコンパクト メッセージ ヘッダーが利用できるようになるのはいつですか。

A. Outlook 2013 のコンパクト メッセージ ヘッダーは、Office 365 サブスクライバーおよび Office 2013 Service Pack 1 向けに提供された、先月の更新の一部として利用いただけます。

 

Skip to main content