Lync 2010 の開始時もしくは起動中に、空白のウィンドウが予期せずに表示される問題


こんにちは、Lync サポート チームの阿部です。
今回は、Lync 2010 を使用しているクライアントで発生する問題をご紹介いたします。

– 現象
Lync 2010 開始時もしくは使用中に、空白のウィンドウが現れることがあります。
このウィンドウには閉じるボタンがはなく、以下の方法でしか閉じる事ができません。

  ・ 無地のアクティブ ウインドウを選択し、「Alt+F4」を押下する
  ・ Lync 2010 を終了する

 * 空白のウィンドウ


* ウィンドウの色は、OS で設定した画面の配色と同じになります。


 

– 原因
Lync 2010 は、正常時であってもデスクトップ全面を覆うサイズのウィンドウを生成します。
その後、このウィンドウを非表示にする処理が行われます。

複数のアプリケーションの同時起動などで、コンピューターのメモリが不足している場合、
非表示にするためのメッセージが Lync 2010 で受信されず、
本来非表示となるはずのウィンドウが表示されたままになってしまいます。

(以下 2011/11/22 update)
この現象は以下の修正モジュールを適用することにより回避可能です。
以下のサイトよりダウンロードし、適用ください。

– 現象の詳細
TITLE : A blank windows might display when Lync 2010 starts
URL   : http://support.microsoft.com/kb/2623821

– 修正モジュールのダウンロード サイト
TITLE :  Lync 2010 Hotfix KB 2514982 (32 bit)
URL   : http://www.microsoft.com/download/en/details.aspx?displaylang=en&id=25055

TITLE : Lync 2010 Hotfix KB 2514982 (64 bit)
URL   : http://www.microsoft.com/download/en/details.aspx?displaylang=en&id=14490

今後も当ブログ及びサポート チームをよろしくお願いいたします。


Skip to main content