Exchange 2007 で GC ダウン時にユーザー操作ができなくなる現象について


複数のグローバル カタログ サーバー (以下 GC) が稼働している環境において、Exchange 2007 が参照している先のサーバーがダウンした場合には、Exchange は 構成ドメイン コントローラー (以下、構成 DC と呼びます) を変更いたします。これにより、GC に対して冗長性を確保でき、1 台の GC がダウンしても、Exchange 2007 は動作を継続可能です。

これに対し、例えば New-Mailbox コマンドレット等、ユーザー操作に関しては受信者更新サービスが GC に対して LDAP クエリを発行します。この対象サーバーはサービス起動時に取得され、その後サービスが再起動されない限り更新されることはありません。なお、本動作は、受信者更新サービスの実装上の動作であり、Exchange 2007 の受信者更新サービスにおいては、参照ドメイン コントローラー (以下、参照 DC と呼びます) の冗長性を持っておりません。このため、参照 DC が何らかの理由により長期間ダウンした場合など、新規ユーザーの追加ができなくなります (New-Mailbox コマンドレットの実行に失敗します)。

なお、Exchange 2000/2003 においては、受信者更新サービス (RUS) のオブジェクトは Active Directory に存在していましたが、Exchange 2007 より廃止されております。しかしながら、Active Directory 上からは廃止されましたが、同様の働きを行うコンポーネントが Exchange 2007 上にて稼動しております。

回避方法
========
参照 DC がダウンしているしている場合には、MSExchangeAL サービスを含む Exchange System Attendant サービスを再起動することにより、参照 DC を再取得し、New-Mailbox コマンドレット等の実行が可能になります。

なお、Exchange 2003 までは、Exchange System Attendant サービスと Exchange Information Store サービスに依存関係が設定されていたため、Exchange System Attendant サービスの再起動を実施すると、Exchange Information Store サービスも再起動されるため、再起動中はユーザーのログインができませんでした。Exchange 2007 においては、Exchange System Attendant サービスと Exchange Information Store サービスに依存関係がございませんので、Exchange System Attendant サービスを再起動しても、ユーザーは継続して Exchange を利用可能です。

Skip to main content