MS09-056 (KB974571) 適用後に LCS/OCS のサービスが起動しなくなる


 (2009/10/30 更新 : 対処方法が公開されましたので、対処方法をアップデートしました。)

OCS サポート担当 米田です。
10/13 にリリースされたセキュリティパッチ (MS09-056) の適用による問題が確認されました。

[詳細]
LCS2003、LCS2005、OCS2007、OCS2007 R2  に以下のセキュリティ パッチを適用すると、OS の再起動後、サービスが起動しなくなります。

[MS09-056] CryptoAPI の脆弱性により、なりすましが行われる
http://support.microsoft.com/kb/974571

エラー 発生時のエラーはこちらです。

———————-
イベントの種類: エラー
イベント ソース:        OCS Server
イベント カテゴリ:      (1000)
イベント ID:    12290
説明:
Microsoft Office Communications Server 2007 の評価期間は終了しました。評価版から最終リリース版にアップグレードしてください。

詳細な情報は、http://go.microsoft.com/fwlink/events.asp の [ヘルプとサポート センター] を参照してください。
———————-
イベントの種類: エラー
イベント ソース:        OCS Server
イベント カテゴリ:      (1000)
イベント ID:    12299
説明:
内部エラーが発生したため、サービスをシャットダウンしています。

エラー コード: C3E93C23 (SIPPROXY_E_INVALID_INSTALLATION_DATA)
解決策:
このログ以前のイベント ログを確認して、それらの問題を解決してください。サーバーを再起動してください。問題が継続して発生する場合は、製品サポートサービスに連絡してください。

詳細な情報は、http://go.microsoft.com/fwlink/events.asp の [ヘルプとサポート センター] を参照してください。
———————-

[対処方法]
http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=168248  より ocsasnfix.exe をダウンロードし、サーバー上でコマンドプロンプトより実施します。

KB 内にもリンクと手順がありますので、ぜひご一読ください。

Skip to main content