Exchange 2007 SP2 バックアップ (リストア編)


Exchange 2007 SP2 におけるバックアップについて手順をご紹介いたします。
* こちらはリストア編となります。 (前: Exchange 2007 SP2 バックアップ編を見る)

リストア
========
次は、取得したデータをリストアする手順です。

1. Windows Server バックアップを起動し、[回復] をクリックします。

8

2. バックアップされたデータが保存された場所を選択します。ここでは、ローカルの E ドライブ上に保存していますので、”このサーバー” を選択して [次へ] をクリックします。

9

3. リストアするデータを選択します。カレンダー上に、バックアップした日付が太字で表示されていますので、そのうちリストア対象となる日付、時刻を選択して [次へ] をクリックします。

10

4. [回復の種類の選択] 画面で、”アプリケーション” を選択して [次へ] をクリックします。

11

5. 回復するアプリケーションとして “Exchange” と表示されますので、確認後、[次へ] をクリックします。

 12

6. 元の場所にリストアする場合には “元の場所に回復する” を選択します。通常、データベースを直接リストアする場合や、回復用ストレージ グループにリストアする場合にはこちらを選択します。

13

あるいは、バックアップ データからデータベースやトランザクション ログのみ取り出したい場合には、”別の場所” を選択します。
今回の場合は、”元の場所に回復する” を選択して [次へ] をクリックします。

7. リストアするデータの一覧が表示されますので、確認後、[回復] をクリックします。

8. リストア処理が実行されます。

14

9. “コンポーネントの復元が完了しました” と表示されたらリストア完了です。

15

(前: Exchange 2007 SP2 バックアップ編を見る)

Skip to main content