OWA でのオートコンプリート機能について

今回は Outlook Web App (OWA) でのオートコンプリート機能について紹介いたします。 オートコンプリート機能はメールの宛先欄で名前や電子メール アドレスを入力した際にその候補を表示する機能であり、現在は Outlook だけでなく OWA でも既定でユーザーが利用することができます。     このオートコンプリート機能を無効化したいというお問い合わせをいただくことがあり、Outlook では以下のページで記載している方法でオートコンプリート機能を無効化することができます。   Title: Outlook でオートコンプリート機能を無効にする方法 URL: https://blogs.technet.microsoft.com/outlooksupportjp/2016/09/21/outlook-%E3%81%A7%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E6%A9%9F%E8%83%BD%E3%82%92%E7%84%A1%E5%8A%B9%E3%81%AB%E3%81%99%E3%82%8B%E6%96%B9%E6%B3%95/ 一方で Exchange Server (オンプレミスの Exchange 2010 / 2013 / 2016 や Exchange Online) の OWA ではオートコンプリート機能を設定などで無効化する方法は残念ながら提供されていません。 OWA でオートコンプリート機能を無効化することができないのは現時点での制限事項となりますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。   ※ 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。


マルウェア検体の提出方法の変更のお知らせ

こんにちは、Exchange Server サポートの渡辺です。 今回は Exchange Online におけるマルウェア検体のご提供手順に変更がございましたので、ご紹介させていただきます。 これまで Exchange Online でマルウェアの可能性があるメールを受信した場合や、逆にマルウェアでは無いにも関わらずマルウェアとして判定されてしまった場合には、以下のブログでもご紹介しております Microsoft Malware Protection Center (MMPC) より、検体をご提出いただいておりました。 Title : Exchange Online でマルウェアを受信した場合の対策について URL : https://blogs.technet.microsoft.com/exchangeteamjp/2015/11/16/exchange-online-7/ しかしながら、先月よりマルウェアの検体提出については、MMPC ではなく Windows Defender Security Inteligence を利用する形に変更されており、ご提供いただく際の手順等も変更されております。 基本的には入力いただく内容に大きな変更はございませんが、以下にご提供いただく際の手順をお纏めしておりますので、ご提供いただく際の参考としていただけますと幸いです。   Windows Defender Security Inteligence でマルウェアのサンプルを提出する手順 ===================================== 1. 以下の URL にアクセスします。   https://www.microsoft.com/en-us/wdsi/filesubmission 2. 検体をご提出いただくユーザーの種類を選択し、”Continue” をクリックします。   プライベートでご利用されているお客様 : Home customer   ビジネスでご利用されているお客様 : Enterprise…


改元が行われた際の Exchange Server への影響について

いつも Exchange Server をご利用いただきありがとうございます。 今回は和暦の元号が新しく制定された際のオンプレミスの Exchange Server、および Exchange Online への影響についてご説明します。 なお、以下の情報はあくまでブログ執筆 (2017 年 8 月) 時点の情報となることを、予めご了承いただきますようお願いいたします。 改元による影響について Exchange Server および Exchange Online では和暦の元号に関する独自の処理は実装されておらず、改元が行われた場合でも各機能の動作に影響はございません。 なお、OS の設定上で和暦表示を有効にしているコンピュータ上で Exchange 管理シェルを開いたり、PowerShell による Exchange Server (または Exchange Online) への接続を行っている環境においては、コマンド実行結果の年月日表示が和暦で表示される場合があります。(例: Get-Mailbox コマンドの WhenMailboxCreated など) 新しい元号への変更による動作の影響はございませんが、結果の表示が [平成] から新しい元号での表示に切り替わります。 Windows 上の元号について Windows 7 以降の OS では、和暦の元号に関する情報はレジストリで管理され、将来改元が行われた場合の変更は Windows Update により提供される予定となっております。 詳細に関しましては下記の弊社技術情報をご参照ください。 Title: Era Handling…


Office 365 の言語設定について

こんにちは。いつも Office 365 を利用いただきまして、ありがとうございます。 今回は、Office 365 での言語設定についてご説明します。 下記の設定が反映される箇所は、Office 365 ポータル / 各種管理センターです。 Office 365 を使用するユーザーは、2 種類があります。 1. クラウドユーザー : Office 365 上で作成したユーザー 2. ディレクトリ同期ユーザー : オンプレミス AD で作成後、ディレクトリ同期によって Office 365 上に同期されたユーザー それぞれのユーザーについて、Office 365 で使用する言語の設定方法は下記の通りです。 1. クラウドユーザー 「言語とタイムゾーン」にて設定する言語が使用されます。 2. ディレクトリ同期ユーザー ディレクトリ同期ユーザーの場合、クラウドユーザーのような「言語とタイムゾーン」設定項目がありません。 既定では、ブラウザの言語設定が Office 365 においても使用される動作となっています。 ユーザーが使用しているブラウザーの言語設定に依存せずに、Office 365 を使用するときは必ず「日本語」を使用するように設定するには、 オンプレミス AD 側で対象ユーザーの PreferredLanguage 属性の値を ja-JP に設定し、ディレクトリ同期を実施します。 ディレクトリ同期が完了しますと、Office 365 側でもユーザーの PreferredLanguage 属性値が…


ハイブリッド環境でオンプレミスと Exchange Online の両方にメールボックスが作成される事象について

こんにちは、Exchange サポートの渡辺です。 今回はハイブリッド環境で同一ユーザーのメールボックスが “オンプレミス” と “Exchange Online” の両方に作成されてしまった際の対処方法についてご紹介します。   そもそもなぜ両方にメールボックスが作成されてしまうのか 通常、オンプレミスと Exchange Online の双方にメールボックスが作成されることはありませんが、オンプレミスから Exchange Online のメールボックス移動に際して発生することが、過去のお問合せとして報告されています。 具体的には、Exchange Online へのメールボックスの移動が終わり、その後のメールボックス移動の最終処理でオンプレミス側ではメールボックスからリモート メールボックスへの変換が行われます。 それに伴ってオンプレミス側のディレクトリ情報も更新される動作となっていますが、この際に何らかの要因でディレクトリ情報の更新がスキップされる場合があり、この結果オンプレミスがのメールボックスが残ってしまい、両方にメールボックスが存在する状態が発生します。 この際、以下のように移動要求自体は CompletedWithWarnings のステータスとなっており、Error 部分には移行の最終処理でクリーンアップ処理がスキップされたため、移動元 (オンプレミス) のメールボックスが残っている可能性がある旨が記録されます。 なお、エラーは発生していますが、メールボックスの移動 (データの移動) 自体はステータス上 Completed で完了している状態となり、前述のとおり Exchange Online への移動自体は完了しているため、メールデータも移動できております。 ********************** Status : CompletedWithWarnings StatusSummary : Failed State : Completed Error : MigrationMRSPermanentException: Warning: The mailbox was already moved…


開封通知が仕分けされない

今回は Exchange Server 2010 から 2016 へユーザーを移行した環境で開封通知のメールを件名で仕分けする際に仕分けルールが動作しない事象についてご紹介いたします。   事象 Exchange Server 2010 から Exchange Server 2016 へ移行後、開封通知のメールに対する Outlook の仕分けルールが正常に動作しなくなった。 ・適用していたルールの条件:件名に “開封” を含むメール ・Outlook より手動で仕分けルールを再実行すると、正常に仕分けされる。   原因 トランスポート サービスで配信処理が行われる際に、件名が Outlook 上で表示される “開封: 〇〇〇” ではなく、“Read: 〇〇〇” として処理されることが原因で発生します。 以下は、”テストメール” という件名のメールに対する開封通知がトランスポート サービスによって処理される際の追跡ログの例となります。 例) 追跡ログ 抜粋 ———————————— 2017-06-20T11:29:04.653Z,172.30.35.18,MBX02,,MBX01.***.com,”MDB:***, Mailbox:***, Event:10018369, MessageClass:REPORT.IPM.Note.IPNRN, CreationTime:2017-06-20T11:29:03.788Z, ClientType:MOMT, SubmissionAssistant:MailboxTransportSubmissionEmailAssistant”,,STOREDRIVER,SUBMIT,,,***,User02@***.com,,,1,,,Read: テストメール,User01@***.com ———————————— 上記のような開封通知に対する追跡ログは、お客様環境におきましても以下のコマンドから確認することができます。 Get-MailboxServer | Get-MessageTrackingLog…


OWA での未読/既読が反映されなくなる問題について

Exchange 2016 と Exchange Online の OWA (Outlook on the web) で未読/既読の変更が UI 上反映されない状態になる問題が確認されています。 再現手順は以下のとおりです。 1. [フィルター]-[並べ替え] で 2 回以上並べ替え順を変更する 例: 日付昇順->日付降順->日付昇順 など 2. アイテムを右クリックして、[未読にする] (または [開封済みにする]) をクリック この時、未読になる場合には本来アイテムがハイライトされますがそうならず、逆に既読にしても未読時のようにハイライトされたままとなります (ただし、フォルダの未読数等には正しい値が反映されます)。 以下現象再現時の状況です。 ※ 以下ではわかりやすいように [表示方法] で [メッセージ] を選択している状態ですが、[スレッド] 表示の場合にもアイテムごとに未読/既読を変更すると現象が発生します。 この事象はあくまで OWA Client (JavaScript) におけるビューの更新の問題であり、サーバー上アイテムの状態の変更は問題なく実施されます。そのため、Outlook 等他のクライアントには影響はありません。 修正について現在検討中ですが、ページをリロードすることで現象自体は一時的に回避することは可能です。 ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、もし現象を確認された場合には暫定的に回避くださいますようお願いいたします。   ※本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。


OWA で作成した予定表アイテムの出席者の欄に表示される会議室メールボックスの連絡先が表示されない事象について

今回は Exchange Server 2013 および Exchange Server 2016 で発生する、OWA の予定表アイテム作成時の不具合について紹介いたします。 詳細な事象および原因は以下になります。   事象 あるユーザーが OWA にログインし、予定表にて会議室の予定表を追加で表示し、会議室の予定表に直接アイテムを作成すると、出席者の欄に表示される会議室メールボックスの連絡先が、以下のように表示されない場合がある。 “新しいイベント” など新規にアイテムを作成して会議室を追加した場合は本事象は発生しない。   ・出席者の欄にある会議室のメールボックスの連絡先が表示されないの場合   ・出席者の欄にある会議室のメールボックスの連絡先にメールアドレスが表示されている場合 (正常)   原因 本事象は対象の会議室メールボックスに対して Reviewer 権限をもっているユーザーがその会議室メールボックスの連絡先を参照する際に発生します。 OWA にて会議室メールボックスの連絡先を表示する際の処理で、GetMailTips と呼ばれるリクエストが行われますが、そのリクエスト内に “EmailAddress” の情報が含まれます。 この EmailAddress に格納された値をもとに、参照先会議室メールボックスの連絡先として表示するメールアドレスに反映されます。 Reviewer 権限をもっていない場合は、EmailAddress の値に SMTP アドレスが格納されているため、本事象は発生しません。 しかしながら、Reviewer 権限をもっている場合は EmailAddress の値として FolderID が格納されてしまいます。 EmailAddress の値として SMTP アドレスではない値 (FolderID) が格納されるために、連作先の情報として識別できず空白の表示となります。   回避策…


Exchange Online の PowerShell で受信者の取得にページングで利用する

Exchange Online で Remote PowerShell をご利用いただく際に受信者オブジェクトについて取得して処理をするということが多々あるかと思います。 この時対象となるオブジェクトが多数となると、一度に処理を実行しようとするとエラーになる場合があります。このような場合にはページングによって小分けにデータを取得して処理することで回避できることがあります。目安としては 1000 以上の受信者を処理するのであればページングを検討いただくと良いかと思います。 以下では Get-Recipient でページングを利用する方法についてご紹介いたします。 ※ この機能は現状 Exchange Online のみでご利用いただけます。 以下のシンプルな function をサンプルとして用意しました。 ここでのページングの主なポイントは Get-Recipient の使い方となり、ResultSize にページサイズを指定した上で、DisplayName でソートして、BookmarkDisplayName にブックマークを指定する点となります。 ブックマークは全体のどの一部分を取得したいのかを指定しています。そのためループする際にブックマークを更新することで最終的に全体を処理することになります。なお、ブックマークには DisplayName を利用するため、Select するプロパティにこれを含めます。他の任意のプロパティを含めていただいても問題ないです。以下のサンプルでは、ページングで取得した結果を Get-Mailbox へパイプして Name と AdminDisplayVersion を取得していますが、これはあくまでページングの結果を使った例となります。 サンプル ~~~~~~~~ function Get-RecipientByPaging {     [CmdletBinding()]     param(         [Parameter(Mandatory=$True)]         [int]$PageSize     )     $result = @()     $firstPage = $true     Do     {         #…


Exchange Server 2013 のオンライン保守スケジュールの設定

いつも Exchange Server をご利用いただきありがとうございます。 今回は度々お問い合わせいただくことがある Exchange Server 2013 のデータベースの保守とその設定についてご説明します。   Exchange Server 2013 のデータベース保守 Exchange 2013 では、日々更新されるユーザーのメール データをメールボックス データベースにより管理していますが、継続して使用するうえで性能劣化やデータの不整合といった問題が発生しないように、データベースに対しての下記のようなタスクが自動的に行われます。 データベースの圧縮 データベース最適化 データベースのチェックサム確認 ページに対するパッチ ページの解放 Exchange Server 2013 では、これらのメンテナンス タスクはスケジュールされた特定の時間帯に実行される処理ではなく、サーバーの負荷状況に応じて、調整ベースでバックグラウンド実行される処理となります。 Exchange Server 2013 の運用においては、これらの処理の実行タイミングをお客様で意識する必要はなく、設定を変更する方法もございません。 一方、Exchange Server 2010 では、SP1 以降のバージョンにおいて既定で同様に調整ベースのバックグラウンド処理として実行されます。 ただし、Exchange Server 2010 ではデータベースのプロパティにおいて [バックグラウンド データベース保守 (24 x 7 ESE スキャン) を有効にする] の設定を無効にしていた場合には、上述のタスクのうち [データベースのチェックサム確認] のみ [保守のスケジュール] で指定した時間帯に実行されます。…