Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

リモート デスクトップ サービス構築に関するよくある問い合わせ

こんにちは。

本記事ではリモート デスクトップ サービス (以下 RDS) を構築するにあたり、
よくあるお問い合わせについてまとめています。
既に公開されている RDS の概要、構築手順などと併せて構築時の参考として頂ければ幸いです。

– リモート デスクトップ サービスの概要・構築情報
 
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc725560(v=ws.11).aspx
 
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/hh831447(v=ws.11).aspx
 
https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-server/remote/remote-desktop-services/welcome-to-rds

 

– 良くあるお問い合わせ

4. RDS で使用されるポートについて
5. ライセンス サーバーを指定する際の注意点について
6. RDS CAL のインストールや管理について
7. RDS CAL の問い合わせについて
8. 多段 RDP のサポートについて
9. RDS のサイジングガイドについて
 
* 各回答については記事掲載時のものとなり、サポートが終了されている OS については
考慮されていない事がありますのでご了承ください。


 
1. RDS 構築に必要なハードウェア (システム) 要件について
——————————————————————————-
Windows Server OS が起動できる環境であれば、RDS 環境を構築するにあたり
特別なハードウェア要件はありません。
現在サポートされている Windows Server の全バージョンで共通事項です。

– リモート デスクトップ サービスの概要
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/hh831447(v=ws.11).aspx
*ハードウェア要件参照


 
2. RDS (セッションベース) の構築手順について
——————————————————————————-
Windows Server 2008 R2 と Windows Server 2012/2012 R2 向けに
RDS の概要、基本的な構築手順が公開されています。
また Windows Server 2012/2012 R2を対象とした、画面キャプチャ付きの構築手順を
ブログとして公開しており、Windows Server 2016 についても同様の手順で構築が可能です。

– リモート デスクトップ サービスの概要・構築情報
Windows Server 2008 R2:
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc725560(v=ws.11).aspx
 
Windows Server 2012/2012R2:
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/hh831447(v=ws.11).aspx
 
Windows Server 2016:
https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-server/remote/remote-desktop-services/welcome-to-rds

– Windows Server 2012 標準的なリモート デスクトップ サービス環境構築手順について
https://blogs.technet.microsoft.com/askcorejp/2014/07/08/windows-server-2012-2/


 
3. ワークグループで RDS (セッションベース) を構築した場合の影響について
——————————————————————————-
RDS の構築は、ドメイン環境を前提として情報を多く公開していますが、
ワークグループで RDS を構築した場合においてもサポートされています。

ワークグループで RDS を構築する場合、RD セッションホストは単体で利用する事になるため、
冗長構成とすることはできません。
また Windows Server 2012 以降は、サーバー マネージャーからの管理機能 (GUI 管理) が
行えないなど、機能に制限が設けられます。

以下は PowerShell で RDS を構築する手順となります。
Windows Server 2012 以降、ワークグループで RDS を構築する場合に参考にして頂ければと思います。

– Windows Server 2012 リモート デスクトップ環境の構成について
https://blogs.technet.microsoft.com/askcorejp/2012/12/27/windows-server-2012/


 
4. RDS で使用されるポートについて
——————————————————————————-
RDS で使用するポートについては、以下公開情報にまとめられています。

– リモート デスクトップ サービス環境で使用するポートについて
https://blogs.technet.microsoft.com/askcorejp/2017/01/17/rds-ports-2/


 
5. ライセンス サーバーを指定する際の注意点について
——————————————————————————-
RD セッションホストと、ライセンス サーバーは、同一のワークグループや、ドメインで
構成する必要があり、混在環境で利用する事はサポートされていません。
例えば RD セッションホストがドメイン、ライセンス サーバーがワークグループといった
環境はサポート対象となりませんのでご注意下さい。

以下の構成のみサポートされる環境となります。

・ 同一のワークグループ
・ 同一のドメイン
・ 双方向の信頼関係で結ばれたドメインまたはフォレスト

– Best practices for setting up Remote Desktop Licensing (Terminal Server Licensing) across Active Directory Domains/Forests or Workgroup
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/2473823


 
6. RDS CAL のインストール方法や管理について
——————————————————————————-
リモート デスクトップ サービス クライアント アクセス ライセンス (RDS CAL) の
インストールは次の 3 つの手順が用意されています。

1. 自動接続 ・・・・・ ライセンス サーバーからインターネット接続が可能な場合に利用できます。
2. Web ・・・・・・・ 次の URL にアクセスして、CAL の発行手続きを行います。 https://activate.microsoft.com/Default.aspx?locale=ja-jp
3. 電話 ・・・・・・・ Microsoft クリアリング ハウスに連絡し CAL の発行手続きを行います。

– リモート デスクトップ サービス クライアント アクセス ライセンスをインストールする
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc725890(v=ws.11).aspx

– クリアリング ハウス
受付について: 0120-801-732 / 9:00 – 17:30 (土日祝日、弊社指定休業日を除く) * 2017 年 7 月記事掲載時
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/875462

また管理面では以下にユーザー CAL と、デバイス CAL の動作の違いや発行条件についてまとめられています。

– RDS (TS) CAL について
https://blogs.technet.microsoft.com/askcorejp/2014/11/03/rds-ts-cal

– RD セッション ホスト サーバー とRD ライセンス サーバーの内部動作を知る
https://blogs.technet.microsoft.com/askcorejp/2015/10/09/rd-rd-2086


 
7. RDS CAL の確認について
——————————————————————————-
RDS CAL をインストールするためには、ライセンス コード (25 桁) や契約番号 (7 桁など) が
必要となりますが、RDS CAL の入手 (購入や特典など) によって発行方法が異なります。
ライセンス自体のお問い合わせについては、以下 VLCC にて承っておりますのでご確認下さい。
また、お客様側のライセンス管理部門がある場合は、そちらでもご確認をお願いいたします。

– マイクロソフト ボリューム ライセンス コールセンター (VLCC)
受付について: 0120-737-565 / 9:00 – 17:30 (土日祝日、弊社指定休業日を除く) * 2017 年 7 月記事掲載時
https://www.microsoft.com/ja-jp/licensing/contact-us.aspx


 
8. 多段 RDP のサポートについて
——————————————————————————-
RDP で接続した端末から更に別の端末へ RDP する “多段 RDP” は RDP8.0 より
制限付きでサポートされています。

例: クライアント A > サーバー B > サーバー C (全てのコンピューターは RDP 8.0 以上)

サポートされる接続はサーバー C までとなり、サーバー C から更に RDP を行う事はサポートされません。
また多段 RDP でサポ―トされるのは、基本的な RDP 接続のみとなり、サーバー B と サーバー C 間の
リダイレクト機能はサポート対象に含まれませんのでご注意下さい。

– Running a Remote Desktop Connection session within another Remote Desktop Connection session is supported with Remote Desktop Protocol 8.0 for specific scenarios
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/2754550


 
9. RDS のサイジングガイドについて
——————————————————————————-
RDS は利用するサービスによって求められる要件が変わるため、画一的なご案内は出来ません。
例えば、リモート デスクトップ や RemoteApp で Excel を利用する環境と、
IE で動画を表示する場合は、求められる要件は異なってきます。

参考とはなりますが、以下の公開情報も用意されています。
要件に合わせて評価テストを行って頂き、サイジング目安を判断頂ければと思います。

– Windows Server 2008 R2 SP1 の RD セッション ホストおよび Microsoft RemoteFX のキャパシティ プランニング
http://download.microsoft.com/download/A/E/E/AEE93FDD-098B-4C07-8DB3-1B76053235AC/Capacity_Planning_for_RD_Session_Host_and_Microsoft_RemoteFX_in_Windows_Server_2008_R2_with_SP1_j.docx

– Windows Server 2012 環境の Microsoft 仮想デスクトップ インフラストラクチャ (VDI) 上にプールされた 2,000 台の接続クライアントの仮想マシン コレクションのキャパシティ プランニング
http://download.microsoft.com/download/0/7/b/07be7a3c-07b9-4173-b251-6865ada98e5d/capacity_planning_forvdi_jp.docx

– Performance Tuning for Remote Desktop Session Hosts
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windows/hardware/dn567648(v=vs.85).aspx