Windows 10 Creators Update で Beam 配信、ゲームモード、さらに多くの機能が提供開始

Windows 10 Creators Update が 2017 年 4 月 11 日(米国時間)から順次提供開始となりました。 Windows 10 Creators Update により、Beam ゲーム配信機能が標準搭載され、ゲームモードによるパフォーマンス改善が実現、ゲームに関する設定が 1 カ所に集約されます。これらの新しい機能についてご紹介します。 詳細についてはこちら(英語)もご参照ください。 Beam でゲーム配信 Creators Update には、Beam によるゲーム配信機能が標準で搭載され、簡単にゲームのプレイ画面を配信して視聴者と交流できます。プレイ中に Windows ロゴ キー + G を押すと、ゲーム バーが表示されます。ゲーム バーに新しく追加された [配信] アイコンをクリックすると Beam が起動します。追加のソフトウェアは一切不要です。 Windows 10 にゲーム配信機能が標準で搭載されました。ゲーム バーを使用すると、ゲームのプレイ画面を簡単にストリーミング配信できます。Windows ロゴ キー + G を押して [配信] アイコンをクリックすれば、Beam での配信がスタートします。一連の操作中に追加でログインする必要はありません。 この機能により、だれでもゲーム配信者となって自分の創造性を世界に発信できます。また、Beam の低遅延テクノロジは、遅延が 1 秒未満の視聴エクスペリエンスを実現しており、配信中も視聴者とほぼリアルタイムにやり取りできます。この低遅延テクノロジによって、Beam の配信者は、アニメーションやサウンドを再生するボタンなどのインタラクティブな機能を配信に取り入れられます。…

0