902: Windows Update から、グラフィック ドライバーをインストールする方法 (Windows 8 / 8.1の場合)

Windows Update から、グラフィック ドライバーをインストールする方法 (Windows 8 / 8.1の場合)   画面設定が正しく行えない場合、グラフィック機能を制御するためのグラフィック ドライバーが正しくインストールされていない可能性があります。 ここでは、Windows Update を使用して、グラフィック ドライバーをインストールする手順をご案内します。     1. 「Windows」キーを押しながら「X」キーを押し、「コントロールパネル」をクリックします。 2. [システムとセキュリティ] をクリックし、[Windows Update] をクリックします。     3. Windows Update 画面が表示されましたら、画面中央上部にある [* 個のオプションの更新プログラムが利用可能です] の項目をクリックします。 ※ 赤枠部分には、お客様のパソコンで実際に検出された更新プログラムの数が入りますので、この図に示された数とは違う場合がありますが、問題ありませんのでご安心ください。   4. [インストールする更新プログラムの選択] 画面が表示されましたら、表示されている一覧の中からお使いのコンピューターのグラフィック ドライバーのみチェックをつけて [インストール] ボタンをクリックします。     5. 更新プログラムのインストールが開始されますので、インストールが完了しましたら、コンピューターを再起動します。      ここまでの作業で問題が解決されたかご確認ください。

0

901: Windows Update から、グラフィック ドライバーをインストールする方法 (Windows 7の場合)

Windows Update から、グラフィック ドライバーをインストールする方法 (Windows 7の場合)   画面設定が正しく行えない場合、グラフィック機能を制御するためのグラフィック ドライバーが正しくインストールされていない可能性があります。 ここでは、Windows Update を使用して、グラフィック ドライバーをインストールする手順をご案内します。   1. 画面左下の [スタート] ボタンをクリックします。   2. [すべてのプログラム] をクリックし、[Windows Update] をクリックします。 3. Windows Update 画面が表示されましたら、画面中央上部にある [* 個のオプションの更新プログラムが利用可能です] の項目をクリックします。   ※ 上の赤枠の部分の ○個 という部分には、検出された更新プログラムの数が入ります。   4. [インストールする更新プログラムの選択] 画面が表示されましたら、表示されている一覧の中からお使いのコンピューターのグラフィック ドライバーのみチェックをつけて [OK] ボタンをクリックします。     5. 画面右側にある [1 個のオプションの更新プログラムが選択されています] と表示されていることをご確認の上 [更新プログラムのインストール] をクリックします。   6. 更新プログラムのインストールが開始されますので、インストールが完了しましたら、コンピューターを再起動します。  …

0

Windows Update 経由で Windows 8.1 Update (KB2919355) のインストールを失敗した場合について

Windows Update で Windows 8.1 Update (KB2919355) のインストールに失敗する場合は発生しているエラーコードによって異なる場合がございますが、以下の手順に沿って行って回避できるかどうかご確認ください。なお、“80073712” エラーが表示された場合にはこちらも参考にしてみてください。   [手順] ——————————————————–  a) Windows Update トラブルシューティング ツール ——————————————————– 1. キーボードの [Windows] キーと [X] キーを同時に押します。  (マウスで操作される場合には、スタートボタンを右クリックしていただくことで 2. の画面に進みます。また、タッチ操作の場合はスタートボタンを長押ししていただくことで 2. の画面に進みます) 2. 画面左下に表示されたメニューにある [システム] をクリックします。 3. 表示されたウィンドウの左下にある [アクション センター] をクリックします。 4. 表示されたウィンドウの下部にある [トラブルシューティング] をクリックします。 5. [Windows Update で問題を解決する] をクリックします。 6. [Windows Update] 画面が表示されたら [次へ] をクリックします。 7. [管理者としてトラブルシューティングを実行する]…


正規品の Windows 7 を使用しているのに 「この Windows のコピーは正規品ではありません」、もしくは 「Windows は正規品ではありません」 という旨のメッセージが表示される場合の対処方法

Windows Update の挙動にも影響することがあるため記載いたしました。 ”正規品の Windows 7” を使用しているにも関わらず、以下のように 「この Windows のコピーは正規品ではありません」 といったメッセージが表示され、デスクトップの背景が真っ黒になってしまうことがあります。 このような場合、Windows のライセンスそのものに問題があるのではなく、Windows に何らかの技術的な問題が発生してライセンス認証の処理が正しく完了できないために発生している可能性があります。   【現象が発生した際に表示される画面の一例】        【主な原因と対処方法】 この現象が発生する主な原因と対処方法を以下に記載いたしました。 基本的にはトラブルシューティングを行って原因を見つけて対処していくのですが、今回は原因(思い当たるもの) からトラブルシューティングを行い少しでも手間を減らすためにこのような書き方となっておりますのでご理解ください。   ■Windows 7 のライセンス認証が完了していない、もしくはライセンス認証に関連したデータが破損してしまった場合、または アップグレード版 Windows 7 のインストール メディアで Windows を新規インストールした場合 ー> 対処方法 1 を実行してください。 ■ハードディスクを交換した場合 -> 対処方法 2 を実行してください。   ■セキュリティ ソフトの機能や設定などによってライセンス認証に関連したデータにアクセスできない場合 -> 対処方法 3 を実行してください。 ■ウイルス等のマルウェアに感染している場合 -> 対処方法 4 を実行してください。…


Windows XP 環境で Windows Update を実行すると 0x8024D001 エラーが表示される場合があります。

Windows XP Service Pack 3 (以下 Windows XP SP3) 環境で Windows Update を行った際に 0x8024D001 エラーが表示される場合があります。 この現象が発生する一例としては以下のタイミングとなります。 Windows XP をリカバリーした直後 Windows XP SP3 をインストールした直後   このエラーが表示される現象に遭遇した場合は、以下の手順を行って回避できるかどうかのご確認をお願いいたします。   [実際のエラー画面]     [手順] 1. 起動しているアプリケーション (Internet Explorer など) をすべて終了いたします。   2. [スタート] – [ファイル名を指定して実行] を選択し、名前のところに “sysdm.cpl” (“ は入力しない) と入力し、[OK] ボタンをクリックします。        3. [システムのプロパティ] が表示されましたら [自動更新] タブをクリックし、”自動(推奨)” にチェックが付いていることを確認し、[OK]…


Windows XP で Windows Update を行うと CPU が 100% になる場合がある

Windows XP 環境で Windows Update を行った際に CPU が 100% になる場合(例: ”このコンピュータに該当する最新の更新プログラムを確認しています…” で長時間画面が変わらない場合) は、「最新の IE の累積更新プログラム」を手動でダウンロードしインストールしていただくことで回避できる可能性があります。 2013年12月現在の場合は、以下の手順にそって「最新の IE の累積更新プログラム」 をダウンロードしてインストールしてください。 以下の手順は、Internet Explorer 8 が Windows XP にインストールされていることを想定した手順となります。   [手順]   1. WindowsXP 上で使用している Internet Explorer のバージョンを確認します。 ※ Internet Explorer のバージョンを確認するには、Internet Explorer を起動してから、Alt キーを押して [バージョン情報] をクリックしてください。         [バージョン情報(A)] をクリックすると以下のようにバージョン情報のダイアログが表示されます。         2. 手順1 で確認できたバージョンの URL をクリックします。    …


Windows 8.1 環境で "Microsoft IME 郵便番号辞書の更新プログラム(KB2734786)" が繰り返し検出される

Windows 8.1 環境で “Microsoft IME 郵便番号辞書の更新プログラム(KB2734786)” が繰り返し検出される現象が発生しております。 原因に関しては現在、確認中となりますが以下の方法で解決できる場合があります。   [回避方法] 1. [Windows キー] + [X キー] を押します。2. 左下表示のメニューより [コントロールパネル(P)] をクリックします。3. [プログラムのアンインストール] をクリックします。    ※ 表示方法が [カテゴリ] 以外の場合は [プログラムと機能] をクリックします。4. [Update for Japanese Microsoft IME Postal Code Dictionary] の バージョンが 15.0.552 であるものを探します。    ※インストールしているアプリケーションが多い場合は、[名前] をクリックすると見つけやすくなります。5. バージョン が 15.0.552 の [Update for Japanese Microsoft IME Postal Code Dictionary] を右クリックにて [アンインストール]…


9月度の更新プログラムの一部でインストールが完了しても再検出される?

本日公開された更新プログラムの一部でインストールが完了しているにもかかわらず、 再度、Windows Update で検出されてしまうお問い合わせをいただいております。   サポート窓口側で確認できている対象の更新プログラムは以下の 3つとなります。 ・MS13-072 (KB2760411) ・MS13-073 (KB2760588) (KB2760583)   現在、こちらの件に関しては再現性を確認しております。 新しい情報が入りましたら共有いたします。   ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 2013/09/12 10:15 追記   セキュリティチームからも本件について記載されました。 http://blogs.technet.com/b/jpsecurity/archive/2013/09/12/3596117.aspx   一度、セキュリティ更新プログラムをインストールした場合は、正しくセキュリティ更新プログラムは 適用されており、脆弱性からは保護されている状態となります。 繰り返し検出される現象に関しては現在、調査中とのことです。   引き続き新しい情報が入りましたら共有いたします。   ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 2013/09/13 11:47 追記   以下のモジュールに関しても同様の現象が確認されております。   MS13-072: Description of the security update for Microsoft Office 2010http://support.microsoft.com/kb/2767913/en-us MS13-073: Description of the security update for Microsoft…


「更新プログラムって何?」

今回は Windows Update で配信される更新プログラムとはそもそもどんなものであるかをご紹介します。 Windows 7 についてですが、下記のページで絵付きでわかりやすくご紹介しています。 「Windows の更新プログラムって何?」http://www.microsoft.com/ja-jp/atlife/tips/archive/windows/special/windowsupdate/default.aspx 「更新プログラム」とは、パソコンにインストールされているソフトウェアの不具合やセキュリティの脆弱性を修正したり、期限切れになった更新プログラムを置き換えたりするプログラムです。と記載があります。 「更新プログラム: よく寄せられる質問」 にもhttp://windows.microsoft.com/ja-JP/windows7/Updates-frequently-asked-questions 更新プログラムはソフトウェアに対する追加モジュールであり、問題の防止や修正、コンピューターの機能の強化、またはコンピューターの使用感の向上に役立ちます。と記載されています。   非常にざっくばらんに説明すると、Windows の修正、機能向上をするプログラムのこととなります。そのため、特に懸念がない場合には、できるだけ早い段階で適用いただいた方が下記のようなことを期待できます。 ウィルスの感染やハッキングの防止 動作の向上 新しい機能の追加   次に、更新プログラムの種類についてご説明します。種類は三種類あります。 重要な更新プログラム : 早期のインストールが望ましい 推奨される更新プログラム : 主に機能向上などを提供します。 オプションの更新プログラム : ドライバーや新しいソフトウェアのため、任意でインストールいただければ問題ありません。 Windows Update の既定の設定では 1、2 が自動的にインストールされる設定となっています。ただし、例外があります。 重要な更新プログラムや推奨される更新プログラムでも 「自動更新」 の対象ではない更新プログラムもあります。その理由は様々ありますが、一部の環境においてはインストールすることで不具合がある場合や、容量が大きいため早期のインストールをお勧めしていないものもあります。ただし、重要な更新プログラムの中で 「自動更新」 の対象ではない更新プログラムの多くは、後日 「自動更新」 の対象に自動的に設定されます。 推奨される更新プログラムについては期間によらず自動更新の対象から外れるものもあります。このあたりは、更新プログラムにより異なりますので、一概には説明できない部分もありますが、重要な更新プログラムなのに自動更新されないということがあっても上記のように何か問題があるわけではなく当初は自動更新対象から外れているだけのこともあります。  


[C8000247] 「現在サービスが実行されていないため ~」 のエラーについて

C8000247 のエラー番号や下記のエラー メッセージが表示されて Windows Update ができないというお問い合わせをいただくことがあります。「現在サービスが実行されていないため、Windows Update で更新プログラムを確認できません。このコンピューターの再起動が必要な可能性があります」 この際にまず確認いただきたいのが本当にサービスが止まっているかどうかです。 「ん?そういうメッセージ出しておいて、違うことがあるの?!」と思われることもあると思いますが、実際は Windows Update のサービスへのアクセスができない時にこのメッセージが表示されます。この時、下記のいずれかである可能性があります。 Windows Update サービスが消失している Windows Update サービスが停止している Windows Update サービスは動作しているが、正常にアクセスできない状況にある まずは、サービスの状態の確認方法をご案内します。 [Windows] + R をキーボードで同時に押します [ファイル名を指定して実行] が出ますので、compmgmt.msc と入力して [OK] をクリックします [コンピューターの管理] が開きましたら [サービスとアプリケーション] の中の [サービス] をクリックします これで動作しているサービスの一覧が確認できますので、この中に [Windows Update] という名前があるかを確認します。(ない場合は、サービスが消失しています) 次に、[状態] が [開始] になっているかを確認します。([開始] になっていなければ、サービスがその状態では停止しています)   サービスが存在していて [開始] になっているにもかかわらず、今回のエラーが出る場合にはサービスは正常に動作しているにもかかわらず、正常にアクセスできていない可能性が高いです。多くの場合、この状態は HDD を交換したコンピューターで発生しています。これは Windows Update 自体に直接的な原因があるわけではなく、HDD…