Tech Summit の歩き方~Windows Server 2016 編

先日からご紹介している「Tech Summit の歩き方」は、まだまだ続きます! 今回は、今年登場の Windows Server 2016 を軸に、最新サーバーOSに関する情報をまとめた「Tech Summit の歩き方~Windows Server 2016 編」を、「クラウドインフラストラクチャ トラック」のトラックオーナー高添が用意いたしました。 セッションスケジュールにしるしをつけた「at a glance」とその「解説」から構成されています。 ぜひ、参加申込みされた方は、スケジュールビルダー (ご登録者様専用)にて、プランを立ててみて下さい。   ——————————————————————- 【Tech Summit の歩き方~Windows Server 2016編】 ※10月19日時点の情報となります。最新情報と異なる部分がありますので、最新のセッション情報はWEBサイトをご確認ください。 (こちらからPDFでダウンロードいただけます。)   <<<at a glance>>> 以下はDay1、Day2 それぞれの Windows Server 2016 関連セッションに赤い枠で印をつけたものです。 以下の各図をクリックすると拡大図で御覧いただけます。   <<<解説>>>   【Windows Server 2106 の話の前に聞いて欲しいセッション】 クラウド・クラウドと連日のようにクラウドに関する新しい情報が出てくる時代になりました。そんな時代に生まれた新しいサーバー OS があります。Windows Server 2016 です。これまで通りの進化なら市場から見向きもされなくなるでしょうが、Windows Server 2016 はこれまでとは違う進化を始めたサーバーOSとして注目していただいています。Tech Summit でも、Windows…

0

Tech Summit の歩き方~クライアントデバイスの導入・展開編

(10月27日:一部セッションタイトルを更新しています) Tech Summit の歩き方を続々と公開中です。 今回は、「クライアントデバイスの導入・展開編」です。 貴社では Windows 10 の展開計画はどれくらい進んでいらっしゃいますか? 計画・検証中であったり、すでに展開されている法人の皆さまもいらっしゃいます。今回の Tech Summit ではそれぞれの導入フェーズにいる法人様向けに、有益な情報を多数用意しています。 その中には、基盤系を担当されている皆さま、開発系を担当されている皆さまにも知っておいていただきたい内容を揃えていますので、セッション選択のご参考にしていただければと思います。 2日間を有意義に過ごしていただくための参考情報として、Windows & デバイス本部 シニアプロダクトマネージャー  上田が「Tech Summit の歩き方~クライアントデバイスの導入・展開編」をまとめましたのでお届けします! セッションスケジュールにしるしをつけた「at a glance」とその「解説」から構成されています。 ぜひ、参加申込みされた方は、スケジュールビルダー (ご登録者様専用)にて、プランを立ててみて下さい。   ——————————————————————- 【Tech Summit の歩き方~クライアントデバイスの導入・展開編】 ※最新情報と異なる場合がございますので、最新のセッション情報はWEBサイトをご確認ください。 (こちらから PDF でダウンロードいただけます。)   <<<at a glance>>> 以下は Day1、Day2 それぞれのクライアントデバイスの導入・展開関連セッションに赤い枠で印をつけたものです。 以下の各図をクリックすると拡大図で御覧いただけます。   <<<解説>>> Windows 10 導入の各フェーズにおいて重要は3つのポイントは、「Windows 10 の価値を理解する」、「新しい展開管理方法を理解する」、「新たな運用方法を理解する」、ということです。さらに、各ポイントで具体的に考えないといけない項目は、以下の図のようになります。     以下では各項目に対応したセッションをご紹介しますので、ぜひ、こちらの情報を参考に Windows 10 導入の理解を深めていただければと思います。  …

0

Tech Summit の歩き方~セキュリティ編

(10月27日:一部セッションタイトルを更新しています) Tech Summit 2016 では100以上のセッションがあります。どのように受講するのがよいか、セッション情報を並べてご自身で隅から隅まで御覧いただいて選ぶのも一つの楽しみだと思います。 その中でも、皆さんが持つクラウドへの不安を解消するため、セキュリティ系のセッションを多く取り揃えており、全ての時間帯にセキュリティ系セッションを配置しましたので、セキュリティ好きのエンジニアは飽きることなく2日間を過ごすことができるかと思います。 2日間を有意義に過ごしていただくための参考情報としてコンテンツオーナー 安納が自ら「Tech Summit の歩き方~セキュリティ編」をまとめましたのでお届けします。 セッションスケジュールにしるしをつけた「at a glance」とその「解説」から構成されています。 ぜひ、参加申込みされた方は、スケジュールビルダー (ご登録者様専用)にて、プランを立ててみて下さい。   ——————————————————————- 【Tech Summit の歩き方~セキュリティ編】 ※最新情報と異なる部分がありますので、最新のセッション情報はWEBサイトをご確認ください。 (こちらからPDFでダウンロードいただけます。)   <<<at a glance>>> 以下はDay1、Day2 それぞれのセキュリティ関連セッションに赤い枠で印をつけたものです。 以下の各図をクリックすると拡大図で御覧いただけます。   <<<解説>>> セキュリティと言っても多岐にわたりますが、全体像をあえて絵にすれば以下のような感じになります。 そして、クラウド利用の安全性を高めるには、大きく分けて3ステップの対策を取ります。詳細は図のあとをお読みください。   Step1 エッジサーバーで食い止める(Firewall, Mail Server, WAF) Step2 クライアントで食い止める Step3アイデンティティで食い止める     【Step1】 最も防御が難しい標的型メールを考えた場合、はじめにメールサーバーで標的型のマルウェア付きメールかどうかを識別しフィルタするフェーズが存在します。 関連するセッションは以下の通りです。 SEC002:Office 365で実現する一歩先の情報漏えい対策 PRD004:Office 365 における ID 統合とアクセス制御のベストプラクティス CLD004:パブリッククラウドのセキュリティを真正面から考える~Azure でのベストプラクティス SEC003:セキュリティマニアックス…

0