Tech Summit の歩き方~データ分析編


本ブログにて、「Tech Summit の歩き方~セキュリティ編」  と「Tech Summit の歩き方~DevOps 編」を公開しました。

続いて、「データ分析編」をお届けします!

 

システムがコモディティ化するなか、「データこそが企業の差別化要因」になると考えられています。そして、今注目を集めているキーワードといえば機械学習、Deep LearningAICognitiveBot 等々、そうです!すべては皆様がお持ちのデータこそが土台になるテクノロジばかりなのです。

Tech Summit 2016 ではシステムにイノベーションを起こすデータプラットフォームや分析に関連するセッションを多く取り揃えています。

2日間を有意義に過ごしていただくための参考情報として、[Track データの蓄積、収集と分析]のトラックオーナー 井上が「Tech Summit の歩き方~データ分析編」をまとめましたのでお届けします。

 

セッションスケジュールにしるしをつけた「at a glance」とその「解説」から構成されています。

ぜひ、参加申込みされた方は、スケジュールビルダー (ご登録者様専用)にて、プランを立ててみて下さい。

 

——————————————————————-

【Tech Summit の歩き方~データ分析編】

※10月19日時点の情報となります。
最新情報と異なる場合がございますので、最新のセッション情報はWEBサイトをご確認ください。

こちらからPDFでダウンロードいただけます。)

 

<<<at a glance>>>

以下は Day1Day2 それぞれのデータ分析関連セッションに赤い枠で印をつけたものです。
以下の各図をクリックすると拡大図で御覧いただけます。

1027_data_day11027_data_day2

 

<<<解説>>>

東京オリンピックが開催される 2020 年にかけてデータ、特にクラウドに蓄積されるデータは増加の一途をたどります。

data_1

 

そして、大量に生み出されるデータを有効活用、つまり技術を駆使して蓄積・分析することで、より革新的で価値のあるシステムを作り上げることができる時代になりました。

 

data_2

 

そして Azure であれば従来よりも低コストで素早く、簡単に蓄積・分析することが可能です。なんといってもフロントからバックまで一気通貫でフルマネージドサービスを提供しているのは大きな特徴です。

関連するサービスは多岐にわたりますが、全体像をあえて絵にすれば以下のような感じです。

 

data_3

 

クラウドでデータを有効活用するには大きく分けて3ステップを行います。

 

Step1 データを取得する

Step2 データを蓄積する

Step3データを分析する

 

Step1 データを取得する】

データをお持ちでない場合はデバイスからデータを取得する必要があります。特に IoT に関連してデバイスからクラウドにデータを送信することを検討されている方は以下のセッションがお勧めです。

Hands-On Learning | HOL004:体験 IoT (AzureRaspberry Piで体験するIoT)

Breakout Session | CLD014:セキュアな IoT システムを構築するための Azure 活用ポイント

THEATER SESSION | TBD:最新の IoT テクノロジーを利用した事例やソリューションのご紹介

 

【Step2 データを蓄積する】

そして取得したデータは堅牢なデータベースに保存して、必要に応じて取り出しが必要です。その際、データ容量や性能、コストも重要な要素になるでしょう。データ蓄積に関連するセッションはこちらです。

DAT001:クラウドデータウェアハウスは本当に使えるか?Azure SQL Data Warehouse 詳細解説

DAT003:伸縮自在!.NET × Azure SQL Database で実現できる RDBMS のスケールアウト

DAT008:進化した AlwaysOn! SQL Server 2016 AlwaysOn 可用性グループの新機能を一挙紹介

DAT004:開発者に捧ぐ「SQL Server 2016 & Azure SQL Database

CLD012:Spark on Azure – ビッグデータ分析基盤事始め

 

【Step3 データを分析する】

データを蓄積するだけでは価値がありません。データを有効活用、つまり加工、分析して、ビジネスに役立てる必要があります。そのためのヒントとなるセッションを多数ご用意しました。

DAT010:今日からできる!Power BI + Cortana = 業務的 AI。~その価値について~

DAT009:クラウドでビックデータを活用するために~高速データロードについて

DAT007:データコピー・データ連携を担う Azure Data Factory 徹底解説

DAT013:機械学習を真に活用するために~チュートリアルで終わらないための次の一手~

DAT005:マイクロソフト社員が実践する Power BI 活用手法

DAT012:Power BI とカスタム アプリの連携技術 徹底解説

HOL011:Power BI Desktop 基本タスク – ETL & データモデル

DAT011: HDInsight + Spark + R を活用した機械学習のためのスケーラブルなビッグデータ分析基盤

APP015:あなたのアプリに AI っぽさを!人工知能パーツ” Microsoft Cognitive Services アップデート

DAT002:ディープラーニングが導く AI 革命 ~ GPU コンピューティング最前線 ~

 

将来的に益々データの重要性が増していくことでしょう。データ好きのエンジニアから今のうちにスキルを身につけておきたいエンジニアまで、奮ってご参加ください。

ご来場をお待ちしております!

 

———————————————————————————————————

———————————————————————————————————

 

早期申込割引 10月21日まで!

Techsummit_kimikato_1012_btn02

 

 

Comments (0)

Skip to main content