Hands on Learning やります!


Tech Summit での実機を使った体験型セッションである、Hands on Learning (通称HOL) の実施が決定しました!

いつもテクニカルイベントで満席御礼となる HOL ですが、今回の Tech Summit では、Microsoft MVP 資格者による少人数制のセッションとして、12 セッション開催します。

最新テクノロジーの仕組みを体験しながら習得していただくことが可能ですので、セッションスケジュールとにらめっこしながら、ぜひこの機会を逃さずご参加ください。

 

※事前に準備いただくものはございません。手ぶらでご参加ください。

※事前の申し込みは不要です。イベント会期中、現地での先着順となります。席に限りがありますので、予め了承ください。

セッション一覧ページより、「セッションタイプ」>「ハンズオンラーニング」を選択いただくことでご確認いただけます。

 

 【Hands on Learning 12 セッション 一挙ご紹介!】

 

HOL001|Azure AD新ポータル事始め

これまでクラシックポータルでしか提供されてこなかったAzure Active Directory(Azure AD)の管理機能が新ポータルでPreview公開されました。本ハンズオンでは、新ポータルを使ってAzure ADを管理する方法をいち早く体験いただきます。(予定している内容)・ユーザとグループの管理・アプリケーションの管理・ドメインの管理・カスタムブランディング

 

HOL002|Azure Resource Manager テンプレートによるデプロイ ハンズオン

このハンズオンでは、Microsoft Azure のサービス群を管理するための管理体系である Azrue Resource Manager のTemplate ファイルを使用して、実際に Azure 上にリソースや仮想マシンを作成する方法を学習します。

 

HOL003|Microsoft Azure IaaS ハンズオン

Microsoft Azure Virtual Machine サービスは Windows Server や Linux の仮想マシンを数分で作成でき、大規模環境にも対応できるスケール性能やオンプレミスとの連携などによるシステムの柔軟な運用を実現できます。こちらのセッションでは、Azure の新ポータルを中心に、Microsoft Azure に仮想マシンを作成してシステムを構築・運用するポイントを、ハンズオン形式 で実習します。

 

HOL004|体験IoT (AzureとRaspberry Piで体験するIoT)

IoTのプロトコルとして注目を集めている MQTT を使って Azure 上の Iaas に構築した MQTT サーバ(ブローカ)とRaspberry Piに構築したセンサーノード間で簡単なIoTサービスを実現します。受講者には Raspberry Pi 上の温度センサーがとらえた値をメッセージとしてAzureに送る手順や、Azureに上がった値をスマホアプリ等を利用してグラフ化する方法などを体験して頂きます。IoT の具体的実現例を体験して頂くことでIoTビジネスの可能性について知見を広げて頂く機会にして頂ければと思います。

 

HOL005|Visual Studio Team Services による プロジェクト管理・レポジトリ管理・継続的インテグレーション体験ハンズオン

モバイル・クラウド アプリケーションの統合開発環境として進化する Visual Studio 2015。そして、DevOps 基盤としてのTeam Foundation Server / Visual Studio Team Services。本セッションでは、Visual Studio Team Services による プロジェクト管理・レポジトリ管理・継続的インテグレーションを、ハンズオンにて体験いただきます。◆本ハンズオンでは、以下のことを学習します。・Windows アプリケーションを Visual Studio Team Services で管理・Visual Studio Team Services のタスク管理や自動テスト、継続的インテグレーションを利用

 

HOL006|Microsoft Azure IaaS ハンズオン

Microsoft Azure Virtual Machine サービスは Windows Server や Linux の仮想マシンを数分で作成でき、大規模環境にも対応できるスケール性能やオンプレミスとの連携などによるシステムの柔軟な運用を実現できます。こちらのセッションでは、Azure の新ポータルを中心に、Microsoft Azure に仮想マシンを作成してシステムを構築・運用するポイントを、ハンズオン形式 で実習します。

 

HOL007|Azure Resource Manager テンプレートによるデプロイ ハンズオン

このハンズオンでは、Microsoft Azure のサービス群を管理するための管理体系である Azrue Resource Manager の Template ファイルを使用して、実際にAzure上にリソースや仮想マシンを作成する方法を学習します。

 

HOL008|Azure AD新ポータル事始め

これまでクラシックポータルでしか提供されてこなかったAzure Active Directory(Azure AD)の管理機能が新ポータルでPreview公開されました。本ハンズオンでは、新ポータルを使ってAzure ADを管理する方法をいち早く体験いただきます。(予定している内容)・ユーザとグループの管理・アプリケーションの管理・ドメインの管理・カスタムブランディング

 

HOL009|手早く魅せる! PowerPoint 画面切り替え大作戦!

人は「動くもの」に惹きつけられ、そこから意味を汲み取ります。そして「意味」は記憶に焼き付き、行動を促します。スライドプレゼンにおいても、意味を記憶に焼き付ける「動き」をどのように設計するかが重要なポイントとなります。しかし、PowerPoint のアニメーション効果を設定するのは手間と時間が必要。そこで裏技として使えるのが、「画面切り替え効果」です。今回のトレーニングでは、簡単かつ効果的な画面切り替え効果をレクチャーします。

 

HOL010|はじめてでもできる中小企業向け機能のWidnows Server 2016 Essentialsでクラウドを統合した社内情報システム環境を作ってみよう

Windows Server には、サーバーを初めて使う方でも手軽にそして簡単にオンプレミス環境とクラウド環境の両方が利用できる社内情報システム環境を構築することができるWindows Server Essentialsロールがあります。このWindows Server Essentialsロールを使ってデータ保護機能や社外からファイルサーバーへ安全にアクセスすることができる機能、そして、Office365 や Intune  そしてAzure Recovery といったクラウドサービスを連携する方法を学ぶことができます。

 

HOL011|Power BI Desktop の"超"基本タスク - ETL & データモデル

Power BI を使用すると様々な情報ソースからデータを収集し"可視化”と"共有"ができますが、状況の理解(Hindsight)や効果的な洞察(Insight)ができるよう分析/ビジュアライズに適したデータモデルが必要です。このハンズオンではPower BI Desktop 上でのデータの取得と変換(ETL)~計算列とメジャー/リレーションシップに関する"超"基本タスクをご説明します。

 

HOL012|Windowsコンテナー始動

Windows Server 2016 の目玉機能の一つ、Windows コンテナーについて。インストールから、実際にコンテナの作成とWebサイトの公開までをDockerコマンドと、開発中の PowerShell-Docker を利用してのハンズオンです。コンテナイメージとコンテナの依存関係について、実際にハンズオンを行ってその仕組みを理解します。

 

———————————————————————————————————

———————————————————————————————————

 

早期申込割引 10月21日まで

Techsummit_kimikato_1012_btn02

Comments (0)

Skip to main content