はじめよう Microsoft Teams 第2回

こんにちは、Teams サポートチームの の吉野です。 今回は Teams の管理について説明させていただきます。 [5/15 インターフェイスが変更になっていたので記事及び画面ショットを変更しました。] 全体の設定 前回もご説明させていただきましたが、 管理センターを起動し、[設定]-[サービスとアドイン]より Microsoft Teams を選択します。 すると以下のような画面が出てきます。 一番上のオプションはテナント全体で Teams をON/OFFするスイッチになります。 こちらの注意書きにある通り、ここで無効にしてもユーザーライセンスがONであれば、タイル状にはTeamsが表示されます。 これは、プレビュー版の設定の名残となりまして、将来的にはこの設定は利用できなくなります。そのため、現段階で ユーザーランセンスでON/OFFを制御されることをお勧めいたします。 次に各設定を見ていきましょう。 まずはテナント全体の設定です。 [組織図]とはユーザーと同僚、上司を表示する機能になります。必要に応じてON/OFFします。 [Microsoft Teams がない受信者は Skype for Business を使用できます] はそのままの意味で、Skype for Businessユーザーとのチャットが可能になります。 相手がTeamsを利用している場合はTeamsを利用することになります。 [T-Bot によるプロアクティブヘルプメッセージを利用する] は Bot を利用したヘルプ機能なのですが、現在日本語に対応しておりません。 興味がある方は[チャット]で[T-Bot] を検索し話しかけてみてください。例えば How do I leave a team? などと聞いてみます。 [メールの統合] についてですが、チームを作成すると Office 365 グループが作られ、メールアドレスが付与されます。 チーム内のチャネルに対してもメールアドレスを付与し、メールを送ることで記事を投稿できます。 この機能を有効にするかどうかという設定になります。 [Microsoft Teams…


はじめよう Microsoft Teams 第1回

こんにちは、 Teams サポート チーム の吉野です。 ※この記事は 2016 年 11 月 16 日に投稿された記事を現時点での情報に上書きしたものです。 2017 年 9 月 27 日現在、FAQの回答だいぶ変わっております。 FAQ 使うには何が必要? Office 365 Business Essential, Business Premium, E1,E3,E5 のライセンスが必要です。 確認したところ、Educationでは現在利用できません。(Educationでは Classroom というサービスが利用できます。) また、オンプレミスサーバーは用意しておりません。 Teams を有効/無効を切り替えるには? Office 365 管理センターより、[設定]-[サービスとアドイン]に Microsoft Teams が追加されています。 こちらでテナント全体で有効・無効を切り替えることができます。 ただしこの設定はいずれ利用できなくなり、ユーザーのライセンスで有効無効を切り分けるようになります。 ユーザーはどうすれば利用できるの? https://teams.microsoft.com にアクセスします。Webから利用できますが、アプリのインストールも可能です。 スマホ(Android, iOS, Windows Phone)も各種アプリを提供しております。 ライセンスが有効の場合、ポータルのタイルに表示されます。 会議機能は何が使えるの? 音声、ビデオ、チャット、画面共有が現在利用可能です。 ただし、Web版では一部機能がまだ利用できません。 Skype for…