Teams Bot をローカルでデバッグする。

こんにちは、Teams チームの吉野です。 今回は Teams Bot をローカルの Visual Studio でデバッグする方法をご案内いたします。 といってもTeamsに限った話ではないのですが…。 まず、Azure で Web App Bot を作成します。今回はv3のBasic C#(おうむ返しをする)テンプレートにしました。 作成できましたらソースコードをダウンロードします。 ZIPファイルですので任意のフォルダに展開し、 sln ファイルを開きます。 また、[アプリケーション設定]にある AzureWebJobsStorage の値をコピーします(赤い丸の部分をクリックすると値が見れます) ちなみに AppID とAppPassword(青い部分)も利用しますので、コピーを忘れた人はこちらもコピーしておきます。 Visual Studioで web.config を開き、3つの値を入力します。 MicrosoftAppID と MicrosoftPassword は最初からありますが、Valueは未記入ですので入力します。 AzureWebJobsStorageはキーがありませんので、タグから入力します。 とりあえずこの状態で実行してみましょう。メニューの下にあるIIS Express(Microsoft Edge) をクリックしてデバッグ開始します(ブラウザ名など違う場合がありますが)。 起動すると以下のようにブラウザが起動します。 localhost のポート番号が表示されます。こちらは後ほど利用します。 次にブラウザを起動して、ngrokのサイトにアクセスします。まずはサインアップをクリックし、必要な項目を入力しましょう。 次に実行ファイルをダウンロードし、左メニューのAuth をクリックします。 認証コードが出てきますのでこれをコピーします。 コマンドプロンプトから以下のコマンドを実行します。 ngrok authtoken <取得した認証コード> ngrok http –host-header=localhost <デバッグ実行でブラウザに表示されたポート番号>…


Microsoft Teams にて利用できるアプリ一覧(サードパーティ製)

こんにちは、Teamsサポートチームです。 前回、Teamsで利用できるファーストパーティ製(MS製)のアプリ一覧についてご紹介しましたが、 サードパーティ製についても現段階の物ではありますがご紹介させていただきます。 ・各アプリの利用法については制作元にご確認ください。 ・こちらの記事の更新(メンテナンス)につきましては遅延する可能性が高いですのでご了承ください。 アプリ 説明 Keep your team updated with updates and notifications on your Power BI items, documents, links and assigned actions in the +BI Collaboration SharePoint add-in with this connector. After you have configured the connector in Teams, you are able to send a notification from the add-in, alerting them to…