Skype for Business Online/Microsoft Teams のダイヤルプランに関する重大なお知らせ


こんにちは Teams Support Team です。

今回はダイヤルプランの変更に関する重大なお知らせをさせていただきます。
主に Skype for Business Online で CCE や OCPH といったPSTN機能を利用している方が対象ですが、 Microsoft Teams でも Direct Routing を利用している場合、影響を受ける可能性がありますのでご確認ください。

 

Skype for Business Online に関する重大な更新のお知らせ(MC146430

 

概要:
2018年915日から Skype for Business Onlineの日本地域における “JP” というサービス レベルのダイヤルプランから、“JP Default” という正規化ルール (Normalization Rule) が削除されます。

削除するダイヤルプランの正規化ルール
- ルールの説明:JP Default Rule
- ルールの名前:JP Default

影響:
Cloud Connector Edition (CCE)、オンプレミス PSTN 接続 (OPCH)Microsoft Teams Direct Routing PSTN 通話をご利用されている場合、
発信に問題が発生し、通話が失敗する可能性があります。

対応について:
Business Voiceの ダイヤル プランが “JP Default” という正規化ルールに依存している場合、Skype for Business Online PowerShellを使用してテナントダイヤルプランを追加および/または変更する必要があります。

2018年915日までにテナントダイヤルプランを追加しない場合は、Skype for Business PSTN 通話サービスが影響を受ける可能性があります。

詳細な対応方法について:
以下のKBをご確認ください。

英語KBhttps://support.microsoft.com/en-us/help/4346668/how-to-add-normalization-rules-to-change-japanese-dial-plans
日本語KB(機械翻訳):https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4346668/how-to-add-normalization-rules-to-change-japanese-dial-plans

O365メッセージセンターでの公開:
今回の変更はO365のメッセージセンターにMC146430として、重大な更新の項目として公開されています。
今回の更新に対してユーザー様がよりスムーズに対応できるよう、 MC146430 にて、引き続きリアルタイムに情報をアップデートしていきます。
本記事においても随時お客様に情報をお伝えしていきますので、併せてご確認をいただければ幸いでございます。


Skip to main content