[Decode] Teams bot を作ってみる(2)

こんにちは、Teams サポートの吉野です。 ちょっとトラブルで間が空いてしまいましたが、引き続き Teams Bot を作っていきましょう。 さて、前回は Visual Studio でテンプレートからBotを作り、 Azure にアップロードするところまで進めました。 今回は、チャンネルといわれる、ボットとTeamsをつなげる部分を作っていこうと思います。 まずはAzure ポータル (https://portal.azure.com)に接続し、「リソースの作成」をクリックします。 Botと検索すると以下のように候補が出てきますので、 Bot Channel Registration を選択します。 [作成]をクリックすると以下のような画面になりますので、ボット名・サブスクリプション・リソースグループ・場所・価格レベルをふさわしいものに変更ください。 リソースグループは前回のAppと同じものでもいいですし、価格レベルも検証用であればF0(無償)がよいと思います。 メッセージングエンドポイントは前回作成したものの利用しますが https にし、かつ末尾に /api/messages を付けます。 例えば http://bot.azurewebsites.net/ というAppが生成されていた場合は https://bot.azurewebsites.net/api/messages とします。 さらに、「アプリIDとパスワードの自動作成」をクリックします。[新規作成]-[App Registration Portal でアプリ ID]を作成するとたどって新しいページを開きます。 アプリパスワードを生成して続行をクリックするとパスワードが表示されます。このパスワードはこの画面でしか表示されないので必ずnotepad等にコピーしておいてください。 元の画面に戻ってアプリIDとパスワードを入力し、OKをクリックし、[作成]をクリックします。しばらくするとボットチャンネル登録が作成されます。 右上の通知に、作成された通知が表示されたら、そこをクリックするか、または「すべてのリソース」から作成したボットチャンネル登録を表示します。 [チャンネル]より Teams アイコンをクリックすると Teams チャンネルが作成されます。 あとはここをクリックするだけなのですが、最後に Visual Studio に戻り、web.config を編集します。 再度ビルド→発行したら「チャンネルに接続」より「Microsoft Teams」のリンクをクリックしてみましょう。 返事が返ってきたら成功です。 もうじき…


Microsoft Teams クライアントのシステム要件について

こんにちは。Teams  サポート チームです。   Microsoft Teams のシステム要件については、公開情報にて Windows (7+) との記載があります。 これは、Windows 7 (最新のSP) 以降の OS をサポートするという意味ですが、サーバーOSについても同様にサポートいたします。 つまり Windows Server 2008 R2  (最新のSP) 以降の OS を同様にサポートいたします。 ただし、サーバーOSを 1 クライアントとして Microsoft Teams を利用するシナリオのみサポートいたします。 VDI や Remote Desktop Service のシナリオにおいて 複数ユーザーが Microsoft Teams を利用することは、現時点でサポートされませんので、ご注意下さい。   公開情報 Get clients for Microsoft Teams https://docs.microsoft.com/en-us/microsoftteams/get-clients   【更新 2018/08/17】 VDI 環境での実行について、IM とプレゼンス機能のみ対応可能となりました。(音声/ビデオ通話、会議機能等は未対応です。)…