Teams チャネル名について

Microsoft Teams サポートチーム 小松です。 現在、既知の情報として以下の現象について認識しております。 Teamsでは製品の実装上の制限により、同じ名前のチャネルを再作成できません。 同じ名前で作成しようとすると、”同じ名前のチャネルが既にあります。別の名前をお試しください。” と表記されます。 こちらについては、Office 365 側でアーカイブデーターを管理する上での実装となり、 現在、実装の変更の予定はございません。 そのため、チャネル名を削除する場合は、十分ご注意いただきご利用いただきますようお願いいたします。 [公開技術情報] TITLE: Microsoft Teams の既知の問題 URL: https://docs.microsoft.com/ja-jp/microsoftteams/known-issues -抜粋- 問題のタイトル: 既存のチャネル名を再作成できません 動作 / 症状: チャネル名は一度作成されると、削除しても再作成できません。 システムでは、このデータは情報保護シナリオ用に維持されます。 既知の回避策: 回避策なし。 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。


Microsoft Teams にアクティビティレポートが追加されました。

こんにちは、Teamsサポートチームの吉野です。 本日、Teamsにもアクティビティレポートが追加されましたのでお知らせします。 今回追加されたのは大きく分けて二つのレポート機能です。一つはユーザーアクティビティレポート。もう一つはデバイス使用状況レポートです。 どんなものか見てみましょう。 まずは管理センター (https://portal.office.com/adminportal) にアクセスします。 レポートの使用状況をクリックしましょう。 下にスクロールしていくと、Microsoft Teams Activityが追加されています。 クリックすると、グラフが表示されます。 7日間、30日間、90日間、180日間のいずれかを選択するとチャネルメッセージ数、チャットメッセージ数、コール数、会議数が表示されます。 このデーターは[エクスポート]をクリックすることでCSV形式に出力することもできます。 また、下の表では各ユーザーの利用状況が表示され、こちらもエクスポート可能です。 次にデバイス使用状況を見てみましょう。 左上部の [Microsoft Teams User activity]をクリックするとメニューが表示されますので、 [Microsoft Terams device usage] を選択します。 各デバイスの利用状況(Windows, Mac, Web, iOS, Android, WP) が表示されます。下の表には各ユーザーがどの端末を使っているかも表示されます。 現在のところ、レポートは上記の2種類の実ですが、今後新しいレポートが随時追加されていきます。