Teams App Store でテナント専用アプリの利用が可能になりました。

こんにちは、Teamsチームの吉野です。 今回は App store で管理者がテナント内で利用可能な独自アプリをアップロードできるようになる機能をご紹介します。 Build 2018 で紹介された機能の一つで、私も先日の de:code 2018 で使えるようになる、と予告させていただきましたが、ついに実装されました。 「サイドローディング」をOFFにすると下記のように利用を許可する外部アプリ(=Storeに登録されたアプリ)のリストがひょうじされ、チェックを入れたアプリのみをユーザーに利用させることが可能です。この場合もちろんサイドローディング(=自分で作ったアプリの利用)ができません。 つまり「独自アプリ+管理者が指定したアプリ」を利用させるということができなかったのです。 今回のアップデートで上記の設定を実施した場合でも、管理者はアプリをサイドロードすることができるようになりました。 つまり、ユーザーは「管理者がサイドロードしたアプリ+管理者が指定した外部アプリ」を利用することができるようになります。 まず管理センターを開き上記の設定を行います。ここでは App Studio と SecretaryBot のみチェックが入った状態とします。 管理者アカウントで Teams にサインインし、左下の[ストア] をクリックします。 表示されるアプリはファーストパーティ(=MS製)と App Studio / Secretary Bot のみです。ここで「カスタムアプリをアップロード」 をクリックすると以下のように「テナント名のアップロード」という項目が出てくるのでマニフェストをアップロードします。 これで、アプリが追加されました。 管理ではない通常ユーザーから見てもこのアプリは利用可能になっています。


[Decode] Teams bot を作ってみる(2)

こんにちは、Teams サポートの吉野です。 ちょっとトラブルで間が空いてしまいましたが、引き続き Teams Bot を作っていきましょう。 さて、前回は Visual Studio でテンプレートからBotを作り、 Azure にアップロードするところまで進めました。 今回は、チャンネルといわれる、ボットとTeamsをつなげる部分を作っていこうと思います。 まずはAzure ポータル (https://portal.azure.com)に接続し、「リソースの作成」をクリックします。 Botと検索すると以下のように候補が出てきますので、 Bot Channel Registration を選択します。 [作成]をクリックすると以下のような画面になりますので、ボット名・サブスクリプション・リソースグループ・場所・価格レベルをふさわしいものに変更ください。 リソースグループは前回のAppと同じものでもいいですし、価格レベルも検証用であればF0(無償)がよいと思います。 メッセージングエンドポイントは前回作成したものの利用しますが https にし、かつ末尾に /api/messages を付けます。 例えば http://bot.azurewebsites.net/ というAppが生成されていた場合は https://bot.azurewebsites.net/api/messages とします。 さらに、「アプリIDとパスワードの自動作成」をクリックします。[新規作成]-[App Registration Portal でアプリ ID]を作成するとたどって新しいページを開きます。 アプリパスワードを生成して続行をクリックするとパスワードが表示されます。このパスワードはこの画面でしか表示されないので必ずnotepad等にコピーしておいてください。 元の画面に戻ってアプリIDとパスワードを入力し、OKをクリックし、[作成]をクリックします。しばらくするとボットチャンネル登録が作成されます。 右上の通知に、作成された通知が表示されたら、そこをクリックするか、または「すべてのリソース」から作成したボットチャンネル登録を表示します。 [チャンネル]より Teams アイコンをクリックすると Teams チャンネルが作成されます。 あとはここをクリックするだけなのですが、最後に Visual Studio に戻り、web.config を編集します。 再度ビルド→発行したら「チャンネルに接続」より「Microsoft Teams」のリンクをクリックしてみましょう。 返事が返ってきたら成功です。 もうじき…


Microsoft Teams クライアントのシステム要件について

こんにちは。Teams  サポート チームです。   Microsoft Teams のシステム要件については、公開情報にて Windows (7+) との記載があります。 これは、Windows 7 (最新のSP) 以降の OS をサポートするという意味ですが、サーバーOSについても同様にサポートいたします。 つまり Windows Server 2008 R2  (最新のSP) 以降の OS を同様にサポートいたします。 ただし、サーバーOSを 1 クライアントとして Microsoft Teams を利用するシナリオのみサポートいたします。 VDI や Remote Desktop Service のシナリオにおいて 複数ユーザーが Microsoft Teams を利用することは、現時点でサポートされませんので、ご注意下さい。   公開情報 Get clients for Microsoft Teams https://docs.microsoft.com/en-us/microsoftteams/get-clients


de:code ありがとうございました。

こんばんは、Teamsサポートの吉野です。 de:code にお越しいただきました皆様、ありがとうございました。 事前登録の段階で既に定員の倍以上の方に申し込んでいただき、当日も立ち見でも入りきれずに入場規制になってしまい、入れなかった方もいたそうで大変申し訳ございません。 後日サイトにアップロードされるかと思いますのでそちらをご確認いただければと思います。 また、アンケートに回答いただけますと幸いです、まだ間に合うと思います。 さて、今回からいくつかに分けてセッションのフォローをさせていただければと思います。まずは 「テンプレートで新規作成したプロジェクトをそのまま Azureにアップロードして Teams1:1 チャットをするボット」 を、もう少し詳しく解説しようと思います。 1.まずは Office 365 のテナントを作成します。 2.Azureのアカウントを作成します。 3.Visual Studio 2017 Community をインストールします。 4.Bot Frame Template (Teams版)をダウンロードします。 5.テンプレートを以下のフォルダにコピーします。 %userprofile%\Documents\Visual Studio 2017\Templates\ProjectTemplates\Visual C# ここまで実施すると、実際にセッションでお見せした手順が実行できるようになります。 6. Visual Studio 2017 を起動します。 7.[ファイル]-[新規作成]-[プロジェクト]を選択します。 8.Visual C#のテンプレートに [Teams Bot Application]が追加されているはずなので、こちらを選びプロジェクト名を入力して作成します。   9.そのままビルドします。 10.そのまま「発行」をします。 ※以降の手順で認証情報を要求された場合、登録したAzureのアカウントを入力ください。 11.新規作成をクリックします。[発行]をクリックします。 12.このような画面になるはずですので 右上・・・自分のAzureアカウントが表示されているか確認。異なる場合はクリックして「アカウントの追加」 アプリ名・・・重複しないアプリ名を入力 サブスクリプション・・・無料試用版、などが表示されいるはずです。 リソースグループ・・・既存のものを使うか、新規で何か作成します。 ホスティングプラン・・・こちらも既存のものか新規のものを作成選択。 これで作成をクリックするとAzureにボットプログラムがアップロードされ利用可能になります。 ですが、これだけではTeamsでは利用できず「チャンネル登録」というものが必要になります。…


Teams アプリを条件付きアクセスで許可する場合の注意事項について

こんにちは、 Microsoft Teams サポートチームです。 今回は Teams アプリを「条件付きアクセス」で許可する際の注意事項について説明させていただきます。 条件付きアクセスを利用すると起動アプリを制限することができます。 Azure Active Directory 管理センターを起動します。 メニューから「条件付きアクセス」を選択して新しいポリシーを作成します。 [ユーザーとグループ]で制限したいユーザーを選択します。 [クラウドアプリ]で制限したいアプリを選択します。 [条件]でプラットフォーム(OS)を選択します。 アクセス制御[許可]でアクセスのブロックを選択します。 この設定を行うと選択されたユーザーに対し、指定したOSで指定したアプリを起動することをブロック/許可できます。 ここで、 Skype for Business をブロックするように設定すると Microsoft Teams も起動できなくなります。 この現象につきましては制限事項となっております。 Microsoft Teams は Skype for Business から多くの機能やインフラを引き継いでいるため、切り離すことができないということが理由となります。 大変恐縮ですが、Microsoft Teams を利用する際は Skype for Business をブロックしないようお願いいたします。


Teams で利用するセッションの数について

こんにちは、 Teams サポートの吉野です。 今回は、Teamsで利用するセッションの数について説明いたします。 Skype for Business でもよくお問い合わせがあるのですが、 実は Teams のセッション数を割り出すのはかなり難しいです。 というのも、Teams は何かアクションをするたびに必要な場合は HTTP(S) リクエストを送っています。 例えばあるユーザーがブラウザを利用するときに必要なセッション数は?と聞いているのと同じで、タブをたくさん利用したり、インラインフレームを多用したWebサイトを見たり・・・と前提が異なれば算出は困難です。 一般的には Teams の常時接続セッションは 3 ~ 8 程度であり、一時的に 20 を超えることがある、というのが見解となりますが、 上記の通り環境や利用条件によって異なるため、下記のようなツールを利用して実際に確認することをお勧めいたします。 Title: TCPView for Windows URL: https://technet.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/tcpview.aspx ※チームやチャネルを作成した際にはそのためのセッションが確立されますが、 参加しているチームやそのチーム内のチャネル数だけでセッションが増減することはございません。 ※ブラウザを利用した場合でも基本的に変化はありません。


Teams が有効な Office 365 グループを取得したい

こんにちは、Teamsサポートの吉野です。 本日は便利なスクリプトを紹介させていただきます。 「現在作成されているチームの一覧を取得したい」という要望があるかと思います。 実はこちら、標準の機能では実装しておりません。 例えば管理者権限で Get-Team を実行してもそのユーザーが所属しているチームの一覧しか取得できません。 テナント全体のチーム一覧は以下のようなスクリプトで取得する必要があります。 Microsoft Teams Enabled O365 Groups Report PowerShell CSV Output こちら大変便利なのですが、試してみたところ日本語が文字化けすることが分かりました。 日本語対応してみましたのでご活用いただければと思います。 ## Microsoft Teams O365 Group Enabled Teams Reporting Script ## Created and edited by Sam Cosby – Microsoft & David Whitney – Microsoft ## 2/2/2018 ## Require PowerShell Admin If (-NOT ([Security.Principal.WindowsPrincipal] [Security.Principal.WindowsIdentity]::GetCurrent()).IsInRole(` [Security.Principal.WindowsBuiltInRole] “Administrator”)) {…


Microsoft Flow を使ってみる

こんにちは、Teams サポートの吉野です。 今回は、新しくストアに追加された Flow の使い方について解説します。 まずはストアより Flow を探してインストールします。 追加できましたら、以下のような画面が出てきます。 フローと書いてあるタブをクリックします。サインイン要求画面が出てきた場合、認証情報を入力します。 成功したら[開始する]をクリックします。 早速何か作ってみましょう。まずはテンプレートから作成をクリックします。 画面下までスクロールし[テンプレートをもっと見る]をクリックするとすべてのテンプレートが表示されます。 ここでは[新しいドキュメントの承認を開始し、 Teams を使用して通知する]をクリックします。 [続行]をクリックします。 成功すると、フロー図が表示されます。とりあえず適当に入れていきましょう。 まずは上から。Sharepointにファイルが作成されたとき、という意味です。 Teamsに投稿できます。ここでは上のチームサイトとは別のTeamのChannelにポストしてみます。 Generalは「一般」チャネルを意味します。デフォルトのメッセージは英語だったので日本語にしてみました。 ここが本命の承認プロセスです。担当者のメールアドレスを入れましょう。 承認した場合どうするか、拒否した場合どうするかを決めます。ここでは同じチャネルにメッセージを投稿します。終わったら一番下のフローの保存を押します。 [完了]をクリックして終了です。     では実際にファイルをアップロードするとどうなるか見てみましょう。 Teamsの指定したチャネルにメッセージが届きます。メールも届きます。 メールからApprove/Reject ができるようです。       もちろんTeamsのFlowからも承認・拒否ができます。 コメントして拒否します。するとコメントと共に拒否したことがChannel に投稿されます。 ちなみに、このフローは文書を承認するか拒否するかというものです。アップロードを許可するか禁止するかではないので、拒否してもSharepoint(Teams)内にドキュメントはアップロードされたままの状態になっていて、ダウンロードも可能です。 Flowの使い方については下記をご参照ください。 https://docs.microsoft.com/ja-jp/flow/guided-learning/  


新しい Teams のインターフェイス

こんにちは、 Teams サポートの吉野です。 今回は新しい Teams のインターフェイスについて説明させていただきます。 既にお気づきかと思いますが、月末のアップデートでUIが変更になっています。 顔写真やテナント情報が画面の右上に、ストアのメニューが左下に追加されています。 そしてタイトルバーの部分に「コマンドの検索または入力」という項目が追加されています。 まずはこちらを見てみましょう / や @ を入れると何か出てくるようです。 まずは/を入れてみましょう こちらはコマンドですね。/応答不可 と入力するとプレゼンスが赤くなり、/応答可能 と入力すると緑に戻ります。 /参加 と入力してスペースキーを押すと以下のように「チーム名」を入力するよう促されます。 次に@を見てみましょう。同様に@を入力すると以下のように一覧が出てきます。 こちらはコマンドと似ていますが、アプリ(ボット)に対して指示を与える機能になります。例えば @wikipedia と入力してみるとアプリの入力を促されます。 こちらはチームを指定して使うようです。早速追加したチーム⇒チャネルに移動して @wikipedia と入力してみると… タームを入力するよう促されるので、Wikipedia に載っていそうな単語を入力してみます。 そのまま送信することもできます。 そのほか、以下のようなアプリがあります。 News…タームに関するニュースを取得 Places…位置情報等を取得 Weather…指定した場所の天気を取得      


Teams の上限値について

こんにちは、 Teams サポートの吉野です。 本日は、 Microsoft Teams のメンバー数などの上限値について説明させていただきます。 セミナー等の資料では表があるのですが、公開サイトになかったためこちらに記載させていただきます。 なお、 Teams 利用規模の拡張などに伴い上限値は随時変更されております。本記事では随時アップデートさせていただきますので、上限にかかりそうな事案等ございましたらご参考いただければと思います。 項目 上限 単一のOffice 365 テナントにおけるMicrosoft Teamsのチーム数の上限 500,000チーム Global Administratorひとりあたりが作成できるチーム数 無制限 ユーザーひとりあたりが作成できるチーム数 250 ひとつのチームに加えられるメンバーの最大数 2500 Microsoft Teamsのあるチームに対して設定できる所有者の数 100 チームに加えるグループを指定する際に、そのグループにネストされているグループ数の上限(Nested Group) 25 チャットに追加できる最大メンバー数 20 会議に参加できる最大メンバー数 80