Teams Bot をローカルでデバッグする。

こんにちは、Teams チームの吉野です。 今回は Teams Bot をローカルの Visual Studio でデバッグする方法をご案内いたします。 といってもTeamsに限った話ではないのですが…。 まず、Azure で Web App Bot を作成します。今回はv3のBasic C#(おうむ返しをする)テンプレートにしました。 作成できましたらソースコードをダウンロードします。 ZIPファイルですので任意のフォルダに展開し、 sln ファイルを開きます。 また、[アプリケーション設定]にある AzureWebJobsStorage の値をコピーします(赤い丸の部分をクリックすると値が見れます) ちなみに AppID とAppPassword(青い部分)も利用しますので、コピーを忘れた人はこちらもコピーしておきます。 Visual Studioで web.config を開き、3つの値を入力します。 MicrosoftAppID と MicrosoftPassword は最初からありますが、Valueは未記入ですので入力します。 AzureWebJobsStorageはキーがありませんので、タグから入力します。 とりあえずこの状態で実行してみましょう。メニューの下にあるIIS Express(Microsoft Edge) をクリックしてデバッグ開始します(ブラウザ名など違う場合がありますが)。 起動すると以下のようにブラウザが起動します。 localhost のポート番号が表示されます。こちらは後ほど利用します。 次にブラウザを起動して、ngrokのサイトにアクセスします。まずはサインアップをクリックし、必要な項目を入力しましょう。 次に実行ファイルをダウンロードし、左メニューのAuth をクリックします。 認証コードが出てきますのでこれをコピーします。 コマンドプロンプトから以下のコマンドを実行します。 ngrok authtoken <取得した認証コード> ngrok http –host-header=localhost <デバッグ実行でブラウザに表示されたポート番号>…


Microsoft Teams にて利用できるアプリ一覧(サードパーティ製)

こんにちは、Teamsサポートチームです。 前回、Teamsで利用できるファーストパーティ製(MS製)のアプリ一覧についてご紹介しましたが、 サードパーティ製についても現段階の物ではありますがご紹介させていただきます。 ・各アプリの利用法については制作元にご確認ください。 ・こちらの記事の更新(メンテナンス)につきましては遅延する可能性が高いですのでご了承ください。 アプリ 説明 Keep your team updated with updates and notifications on your Power BI items, documents, links and assigned actions in the +BI Collaboration SharePoint add-in with this connector. After you have configured the connector in Teams, you are able to send a notification from the add-in, alerting them to…


Microsoft Teams にて利用できるアプリ一覧(ファーストパーティ製)

こんにちは、 Teams サポートチームです。 Microsoft Teams では、IM、音声ビデオ、会議、ファイルの共有等の標準機能以外に、App Store に登録された外部アプリを利用することが可能です。 これらの一覧をまとめましたので、有効に活用ください。 ○ファーストパーティのアプリケーション アプリケーション 説明 Get the most relevant news on topics you care about. お気に入りのアプリとサービスを Microsoft Flow と統合することで時間がかかり、反復的なタスクを自動化します。 Easily create surveys, quizzes, and polls. Search Bing for the image you need and share it directly in a channel or chat. Stay up-to-date on current events courtesy of…


Skype for Business Online/Microsoft Teams のダイヤルプランに関する重大なお知らせ

こんにちは Teams Support Team です。 今回はダイヤルプランの変更に関する重大なお知らせをさせていただきます。 主に Skype for Business Online で CCE や OCPH といったPSTN機能を利用している方が対象ですが、 Microsoft Teams でも Direct Routing を利用している場合、影響を受ける可能性がありますのでご確認ください。   Skype for Business Online に関する重大な更新のお知らせ(MC146430)   概要: 2018年9月15日から Skype for Business Onlineの日本地域における “JP” というサービス レベルのダイヤルプランから、“JP Default” という正規化ルール (Normalization Rule) が削除されます。 削除するダイヤルプランの正規化ルール – ルールの説明:JP Default Rule – ルールの名前:JP Default 影響: Cloud Connector Edition…


コードスニペットが実装されました。

  こんにちは、 Teams チームの吉野です。 本日は念願の機能(?)が実装されましたので紹介させていただきます。 コードスニペット(プログラムやHTMLなどの断片を表示する機能)です。 まず、作成ボックスを開き、 </> ボタンをクリックします。 コードの種類を選びます。各種プログラム言語やHTML,CSSなど取り揃えております。もちろん普通のテキスト形式も選べます。 コードを入力します。ここではC#のプログラムを入力してみました。 ちなみにこちらは Visual Studio の画面です。比較してもなかなかいい感じになっていると思います。 表示するとこのようになります。数行のみがプレビューされ、展開をクリックすると全てのコードが表示されます。 また、形式(C#など)も表示されてわかりやすいと思います。 開発者の方やWebデザイナーの方には便利な機能だと思います。是非ご活用ください。  


Teams App Store でテナント専用アプリの利用が可能になりました。

こんにちは、Teamsチームの吉野です。 今回は App store で管理者がテナント内で利用可能な独自アプリをアップロードできるようになる機能をご紹介します。 Build 2018 で紹介された機能の一つで、私も先日の de:code 2018 で使えるようになる、と予告させていただきましたが、ついに実装されました。 「サイドローディング」をOFFにすると下記のように利用を許可する外部アプリ(=Storeに登録されたアプリ)のリストがひょうじされ、チェックを入れたアプリのみをユーザーに利用させることが可能です。この場合もちろんサイドローディング(=自分で作ったアプリの利用)ができません。 つまり「独自アプリ+管理者が指定したアプリ」を利用させるということができなかったのです。 今回のアップデートで上記の設定を実施した場合でも、管理者はアプリをサイドロードすることができるようになりました。 つまり、ユーザーは「管理者がサイドロードしたアプリ+管理者が指定した外部アプリ」を利用することができるようになります。 まず管理センターを開き上記の設定を行います。ここでは App Studio と SecretaryBot のみチェックが入った状態とします。 管理者アカウントで Teams にサインインし、左下の[ストア] をクリックします。 表示されるアプリはファーストパーティ(=MS製)と App Studio / Secretary Bot のみです。ここで「カスタムアプリをアップロード」 をクリックすると以下のように「テナント名のアップロード」という項目が出てくるのでマニフェストをアップロードします。 これで、アプリが追加されました。 管理ではない通常ユーザーから見てもこのアプリは利用可能になっています。


[Decode] Teams bot を作ってみる(2)

こんにちは、Teams サポートの吉野です。 ちょっとトラブルで間が空いてしまいましたが、引き続き Teams Bot を作っていきましょう。 さて、前回は Visual Studio でテンプレートからBotを作り、 Azure にアップロードするところまで進めました。 今回は、チャンネルといわれる、ボットとTeamsをつなげる部分を作っていこうと思います。 まずはAzure ポータル (https://portal.azure.com)に接続し、「リソースの作成」をクリックします。 Botと検索すると以下のように候補が出てきますので、 Bot Channel Registration を選択します。 [作成]をクリックすると以下のような画面になりますので、ボット名・サブスクリプション・リソースグループ・場所・価格レベルをふさわしいものに変更ください。 リソースグループは前回のAppと同じものでもいいですし、価格レベルも検証用であればF0(無償)がよいと思います。 メッセージングエンドポイントは前回作成したものの利用しますが https にし、かつ末尾に /api/messages を付けます。 例えば http://bot.azurewebsites.net/ というAppが生成されていた場合は https://bot.azurewebsites.net/api/messages とします。 さらに、「アプリIDとパスワードの自動作成」をクリックします。[新規作成]-[App Registration Portal でアプリ ID]を作成するとたどって新しいページを開きます。 アプリパスワードを生成して続行をクリックするとパスワードが表示されます。このパスワードはこの画面でしか表示されないので必ずnotepad等にコピーしておいてください。 元の画面に戻ってアプリIDとパスワードを入力し、OKをクリックし、[作成]をクリックします。しばらくするとボットチャンネル登録が作成されます。 右上の通知に、作成された通知が表示されたら、そこをクリックするか、または「すべてのリソース」から作成したボットチャンネル登録を表示します。 [チャンネル]より Teams アイコンをクリックすると Teams チャンネルが作成されます。 あとはここをクリックするだけなのですが、最後に Visual Studio に戻り、web.config を編集します。 再度ビルド→発行したら「チャンネルに接続」より「Microsoft Teams」のリンクをクリックしてみましょう。 返事が返ってきたら成功です。 もうじき…


Microsoft Teams クライアントのシステム要件について

こんにちは。Teams  サポート チームです。   Microsoft Teams のシステム要件については、公開情報にて Windows (7+) との記載があります。 これは、Windows 7 (最新のSP) 以降の OS をサポートするという意味ですが、サーバーOSについても同様にサポートいたします。 つまり Windows Server 2008 R2  (最新のSP) 以降の OS を同様にサポートいたします。 ただし、サーバーOSを 1 クライアントとして Microsoft Teams を利用するシナリオのみサポートいたします。 VDI や Remote Desktop Service のシナリオにおいて 複数ユーザーが Microsoft Teams を利用することは、現時点でサポートされませんので、ご注意下さい。   公開情報 Get clients for Microsoft Teams https://docs.microsoft.com/en-us/microsoftteams/get-clients   【更新 2018/08/17】 VDI 環境での実行について、IM とプレゼンス機能のみ対応可能となりました。(音声/ビデオ通話、会議機能等は未対応です。)…


de:code ありがとうございました。

こんばんは、Teamsサポートの吉野です。 de:code にお越しいただきました皆様、ありがとうございました。 事前登録の段階で既に定員の倍以上の方に申し込んでいただき、当日も立ち見でも入りきれずに入場規制になってしまい、入れなかった方もいたそうで大変申し訳ございません。 後日サイトにアップロードされるかと思いますのでそちらをご確認いただければと思います。 また、アンケートに回答いただけますと幸いです、まだ間に合うと思います。 さて、今回からいくつかに分けてセッションのフォローをさせていただければと思います。まずは 「テンプレートで新規作成したプロジェクトをそのまま Azureにアップロードして Teams1:1 チャットをするボット」 を、もう少し詳しく解説しようと思います。 1.まずは Office 365 のテナントを作成します。 2.Azureのアカウントを作成します。 3.Visual Studio 2017 Community をインストールします。 4.Bot Frame Template (Teams版)をダウンロードします。 5.テンプレートを以下のフォルダにコピーします。 %userprofile%\Documents\Visual Studio 2017\Templates\ProjectTemplates\Visual C# ここまで実施すると、実際にセッションでお見せした手順が実行できるようになります。 6. Visual Studio 2017 を起動します。 7.[ファイル]-[新規作成]-[プロジェクト]を選択します。 8.Visual C#のテンプレートに [Teams Bot Application]が追加されているはずなので、こちらを選びプロジェクト名を入力して作成します。   9.そのままビルドします。 10.そのまま「発行」をします。 ※以降の手順で認証情報を要求された場合、登録したAzureのアカウントを入力ください。 11.新規作成をクリックします。[発行]をクリックします。 12.このような画面になるはずですので 右上・・・自分のAzureアカウントが表示されているか確認。異なる場合はクリックして「アカウントの追加」 アプリ名・・・重複しないアプリ名を入力 サブスクリプション・・・無料試用版、などが表示されいるはずです。 リソースグループ・・・既存のものを使うか、新規で何か作成します。 ホスティングプラン・・・こちらも既存のものか新規のものを作成選択。 これで作成をクリックするとAzureにボットプログラムがアップロードされ利用可能になります。 ですが、これだけではTeamsでは利用できず「チャンネル登録」というものが必要になります。…


Teams アプリを条件付きアクセスで許可する場合の注意事項について

こんにちは、 Microsoft Teams サポートチームです。 今回は Teams アプリを「条件付きアクセス」で許可する際の注意事項について説明させていただきます。 条件付きアクセスを利用すると起動アプリを制限することができます。 Azure Active Directory 管理センターを起動します。 メニューから「条件付きアクセス」を選択して新しいポリシーを作成します。 [ユーザーとグループ]で制限したいユーザーを選択します。 [クラウドアプリ]で制限したいアプリを選択します。 [条件]でプラットフォーム(OS)を選択します。 アクセス制御[許可]でアクセスのブロックを選択します。 この設定を行うと選択されたユーザーに対し、指定したOSで指定したアプリを起動することをブロック/許可できます。 ここで、 Skype for Business をブロックするように設定すると Microsoft Teams も起動できなくなります。 この現象につきましては制限事項となっております。 Microsoft Teams は Skype for Business から多くの機能やインフラを引き継いでいるため、切り離すことができないということが理由となります。 大変恐縮ですが、Microsoft Teams を利用する際は Skype for Business をブロックしないようお願いいたします。