SCVMM における自動情報収集 (SDP) ツールの利用手順

こんにちは、System Center サポート担当の各川です。 本ポストでは、SCVMM における自動情報収集 (SDP) ツールの利用手順をご紹介します。 SDPツールは、各製品で必要になる可能性の多いログを一括で取得するツールで、具体的にお客様の環境で何が起こっているのかを確認します。 通常は弊社にお問い合わせを頂いた後、私たちエンジニアよりSDPツールによる情報の採取をお客様にお願いする場合があります。   また、SDPツールは弊社にお問い合わせいただく前に、お客様にて事前に情報の採取を行うことができます。 お客様にて、Portable_Diagnostic.exe を作成して頂き、対象のサーバー上で実行できます。 このツールを使用して事前に情報をご取得いただく事で、弊社にお問い合わせ頂く際の初動調査を効率化する事ができます。 詳細は以下のリンクをご覧ください。   トラブルシューティングに使用する情報採取ツールについて https://blogs.technet.microsoft.com/systemcenterjp/2014/12/25/702/   SDP ツールの実行は大きくわけて、以下の 2 ステップで構成されます。 ツールの実行準備 ツールの実行   ツールの実行準備 ——————————– SCVMM 関連にて、新規のお問い合わせをいただきますと、弊社サポート部より、情報採取をお願いするメールをお送りする場合があります。 メールに以下の様な URL が記載されている場合、そちらのリンクをクリックして下さい。   http://support.microsoft.com/sdp/<ランダムな文字列>   此方の作業は、インターネットに接続されているコンピューターを使用して診断ツールを作成します。 なお、情報の取得対象となるコンピューターがインターネットに接続されている場合には、そのコンピューター上ですべての操作を実行しても問題ございません。   URLのリンクをクリックすると、“マイクロソフト自動トラブルシューティング サービス” のページへ移動します。[実行] をクリックしてツールを任意のフォルダーにダウンロードします。 ダウンロードしたファイルを右クリックし、[管理者として実行] を選択して診断ツールを実行します。   “このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?” と表示された画面で、「はい」を選択します。   診断ツールを実行すると、“このツールによって、お使いのコンピューターから診断情報が収集されます”と表示されます。 [同意する] をクリックして次へ進みます。 診断用のコンポーネントのダウンロードが開始されます。 “どのコンピューターで以下の診断ツールを実行しますか?” と表示されたら、ツールの実行対象を「このコンピューター」と「別のコンピューター」の2…

0

SCVMM 運用の中で推奨するウイルス対策ソフトの除外設定について

こんにちは、日本マイクロソフト System Center Support Team の久保です。 System Center Virtual Machine Manager (以下、VMM) の運用を行うにあたり、ウイルス対策ソフトの除外設定を推奨しております。 今回は VMM の運用で必要なウイルス対策ソフトの除外設定についてご紹介いたします。 Hyper-V 管理コンソールに仮想マシンが表示されない場合には、以下の設定を実施し、Hyper-V 仮想マシン管理サービスの再起動を実施してください。 ◇ 除外推奨ファイル ==================== – VHD(X) – AVHD(X) – VSV – ISO ファイル ◇ 除外推奨パス ==================== 除外が推奨されるパス (除外推奨ファイルが格納されているフォルダーのパス) は下記でございます。 > C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Hyper-V > C:\Users\Public\Documents\Hyper-V\Virtual Hard Disks > C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Hyper-V\Snapshots > C:\ClusterStorage ※ 既定以外のパスに仮想ハード ディスクや Hyper-V レプリカを格納している場合、そのフォルダーにも除外設定を行ってください。 ※ ファイル サーバーなどの共有フォルダー上に仮想マシン…

0

SCVMM の落とし穴 その7 – 「過剰コミット」について

こんにちは。 システムセンターサポート担当の住です。 これまでにSCVMM の管理者が遭遇しやすい障害状況などを 「SCVMM の落とし穴」 としてご紹介してきましたが、今回がシリーズ最終回となります。 過去の投稿についてはこちらをご覧ください。 SCVMM の落とし穴 その1 – 仮想マシンの自動起動(ホストクラスター) SCVMM の落とし穴 その2 – 複数ドメインの管理 SCVMM の落とし穴 その3 – 仮想ネットワークの管理 SCVMM の落とし穴 その4 – XP クライアントからVMへ接続出来ない!? SCVMM の落とし穴 その5 – ある日突然、管理コンソールが開けない!? SCVMM の落とし穴 その6 – 仮想マシンが「不足」する!? 最終回は、「過剰コミット」についてです。 前回同様、これまでにも技術情報やブログ等で紹介されていますが、非常に理解しづらいものの、管理者の方にとって重要な問題となる「過剰コミット」について、詳しく見ていきます。 序章 まずは、「過剰コミット」とは何かを見てみます。 管理コンソールのホスト ワークスペースから、ホスト クラスター のプロパティを開いてみてください。「全般」タブをみると、「クラスター予約状態」の欄が以下の様に「過剰コミット」と表示される場合があります。 「クラスター予約」とは、クラスターとして確保しておきたいリソース(特にメモリ)を指します。このクラスターとして確保しておきたいリソースが、一定値以下であると判断された場合に、クラスター予約の状態が「過剰コミット」状態となり、管理コンソールから新規の仮想マシン作成や仮想マシンのノード間の移動などが制限されます。 続いて「クラスター予約状態」が「過剰コミット」となった場合の具体的な症状を見てみましょう。 過剰コミット状態では、管理コンソールからクラスター内に新たに仮想マシンを作成したり、配置したりする事ができなくなります。 大きなメモリを割り当てた仮想マシンの場合、ノードによってはこのように明示的に配置出来ない理由が記述されますが、 別のノードでは、単に「過剰コミット」としか表示されません。 ただし「過剰コミット状態」とは、あくまでも SCVMM がホスト…

0

System Center 2012 Virtual Machine Manager SP1 Update Rollup 2 をインストールするには Update Rollup 1 をアンインストールする必要があります

こんにちは、System Center Support の染谷です。 先日提供が開始された System Center 2012 Service Pack 1 用 Update Rollup 2 (UR2) について、Virtual Machine Manager 向けロールアップ更新プログラムの適用方法に関する注意点がありますのでお知らせいたします。 System Center 2012 Service Pack 1 Update Rollup 2 では、以下のコンポーネントに対する更新が提供されています。  – App Controller – Operations Manager – Virtual Machine Manager – Service Manager – Orchestrator – Data Protection Manager 上記のコンポーネントのうち、Virtual Machine Manager 用に提供されている更新プログラムは、System Center 2012 Service Pack 1 Update Rollup…

0

Expand-VirtualDiskDrive Cmdlet の -Size パラメーターの指定について

こんにちは、こんにちは。System Center Support の染谷です。本日は、System Center Virtual Machine Manager (SCVMM) 2008 R2 SP1 の Expand-VirtualDiskDrive コマンドレットについて、ヘルプの記載に誤りがありましたのでお伝えいたします。 SCVMM 2008 R2 では、仮想マシンにアタッチされた仮想ハードディスク (バーチャル ハード ディスク) を拡張する機能が備わっています。拡張を実施する際、管理コンソール上からは、スピンボタンを使用して拡張後のサイズを指定することができます。   一方、この動作をコマンドで実施する場合には、Expand-VirtualDiskDrive コマンドレットを使用します。このコマンドレットのヘルプには、MB (メガバイト) 単位で拡張後のサイズを指定するように記載されています。しかし、実際に MB 単位で拡張後のサイズを指定すると、以下のようにエラーが発生します。 エラーの詳細:Expand-VirtualDiskDrive : パラメーター ‘Size の引数を確認できません。23000 引数が、最大許容範囲 2040 を超えています。2040 未満の引数を指定して、コマンドを再度実行してください。発生場所 行:1 文字:53+ Expand-VirtualDiskDrive -VirtualDiskDrive $VDD -Size <<<<  23000    + CategoryInfo          : InvalidData: (:) [Expand-VirtualDiskDrive]、Param    eterBindingValidationException    +…

0

SCVMM の落とし穴 その6 – 仮想マシンが「不足」する!?

こんにちは。システムセンターサポート担当の住です。 これまでにSCVMM の管理者が遭遇しやすい障害状況などを「SCVMM の落とし穴」 としてご紹介してきましたが、とうとう 6回を数えるまでになりました。 過去の投稿についてはこちらをご覧ください。 SCVMM の落とし穴 その1 – 仮想マシンの自動起動(ホスト クラスター) SCVMM の落とし穴 その2 – 複数ドメインの管理 SCVMM の落とし穴 その3 – 仮想ネットワークの管理 SCVMM の落とし穴 その4 – XP クライアントからVMへ接続出来ない!? SCVMM の落とし穴 その5 – ある日突然、管理コンソールが開けない!? 次期製品もそろそろリリースされますので、今回は復習もかねて、頻繁にお問い合わせのある「不足」状態となった仮想マシンについて、お伝えします。 既に技術情報や Knowledge Base、US のエンジニアによるブログといった複数の方法で、情報が公開されていますが、それでもやはりお問い合わせが多い現象の一つとして「不足」な仮想マシンがあります。 今回はこの報告の多いエラーについて、その原因と解決方法をご紹介します。 現象 管理コンソール上で、仮想マシンの状態が「不足」となります。副次的な現象として、以下の様な症状を伴う場合があります。 同じホスト クラスタ内に、同名の仮想マシンが複数存在する。 仮想マシンを削除することができない。(エラー 802) なお本現象が発生しても、Hyper-V マネージャやフェールオーバー クラスタ マネージャから確認した場合には、各仮想マシン (HAVM) は正常に稼動しています。 原因 仮想マシンの状態が「不足」となるのは、仮想マシンを構成する一部のオブジェクトについてアクセスが出来ない場合となります。つまり、「不足」とは仮想マシンを構成する幾つかのオブジェクトが「不足」している状態を意味しています。(英語環境では「missing」)これらのエラーはおおよそ以下の様な状況で発生します。 ホスト…

0

MSFC のノード上に SCVMM をインストールしてホストクラスターとして追加する場合の注意

こんにちは、日本マイクロソフト システムセンターサポートの染谷です。 今回は、フェールオーバー クラスターを構成するノードに System Center Virtual Machine Manager (SCVMM) をインストールし、ホストクラスターとして追加する場合の注意についてご紹介します。 SCVMM そのものはクラスター アプリケーションとして動作させることはできませんが、フェールオーバー クラスターのノード上にインストールして動作させることができます。ところが、SCVMM をインストールし、自ノードが含まれるフェールオーバー クラスターを選択して、ホスト クラスターとして追加しようとすると、エラー 406 (*) が発生して追加できないことがあります。   このエラー 406 の発生原因の一つとしては、SCVMM がインストールされたノードが所有者となる「クラスター リソース」を持っている場合に発生します。ノード上にインストールされた SCVMM から、自身が参加するホスト クラスターを追加しようとして エラー 406 に遭遇した場合、クラスター リソースの状況を確認してください。 管理者として実行したコマンド プロンプトから、CLUSTER RES コマンドを実行します。 上記のように、SCVMM がインストールされたノード a-nasome-hv1 が所有者となるクラスター リソースがあることがわかります。MOVE オプションを使用して、SCVMM がインストールされたノード以外にクラスター リソースを移動します。 CLUSTER GROUP “<グループ名>” /MOVE:<移動先のノード名> 今回のケースでは、クラスター グループのリソースおよび高可用性マシン vm01 のリソースを所有していますので、それぞれを別のノードに移動します。 クラスター…

0

SCVMM の落とし穴 その4 XP クライアントからの VM への接続できない!?

こんにちは。 システムセンターサポート担当の住です。   これまでに、VMM 管理者が遭遇しやすい障害状況などについて、「SCVMM の落とし穴」として、トラブルシュートや管理の方法等をお伝えしてまいりました。 過去の投稿についてはこちらをご覧ください。 SCVMM の落とし穴 その1仮想マシンの自動起動(ホスト クラスター) SCVMM の落とし穴 その2 複数ドメインの管理 SCVMM の落とし穴 その3 仮想ネットワークの管理   今回は第四弾として VMM SSP 2.0 に関する情報をお伝えします。 VMM SSP 2.0 は、今夏公開された SP1 にて完全日本語対応となりました。 導入された方も多いのではないでしょうか。 今日はそんな VMM SSP 2.0 経由で仮想マシン (VM) へ接続する際に発生する可能性のある問題についてです。   [現象] Windows XP SP3 クライアントから VMM SSP 2.0 (および SP1、以下単に SSP2.0 と表記します)  を経由して仮想マシンに接続すると、認証エラーが発生する場合があります。 [原因] この現象は、SSP 2.0 経由で…

0

SCVMM の落とし穴 その3 仮想ネットワークの管理について

こんにちは。システムセンターサポートの住です。 これまでに、 System Center Virtual Machine Manager 2008 R2 / SP1 の管理者が陥りやすい管理上の注意点を SCVMM の落とし穴として紹介させていただきました。過去の SCVMM の落とし穴シリーズの記事は以下のご覧ください。 SCVMM の落とし穴 その1 – 仮想マシンの自動実行(ホスト クラスター) SCVMM の落とし穴 その2 – ドメイン間の管理 今回は、SCVMM の落とし穴 第三弾として、SCVMM 2008 R2 でのネットワーク設定についてご説明します。SCVMM 2008 では若干UI が違う為、ここでは 特に明示しない限り SCVMM 2008 R2 に関しての情報になります。  SCVMM 2008 R2 / SP1 (以下 単にSCVMMと表記します) での仮想ネットワーク管理についてお話しする前に、Hyper-V マネージャ上で同様に仮想ネットワークを管理する方法について考えてみます。Hyper-V マネージャー上で、仮想ネットワークの管理を考える場合、それほど UI は多くありません。 「操作」ビューから「仮想ネットワーク マネージャー」を起動することで、全ての仮想ネットワークに対する操作が可能です。 設定項目は、仮想ネットワーク名、接続の種類、VLANID…

0