SCVMM における自動情報収集 (SDP) ツールの利用手順

こんにちは、System Center サポート担当の各川です。 本ポストでは、SCVMM における自動情報収集 (SDP) ツールの利用手順をご紹介します。 SDPツールは、各製品で必要になる可能性の多いログを一括で取得するツールで、具体的にお客様の環境で何が起こっているのかを確認します。 通常は弊社にお問い合わせを頂いた後、私たちエンジニアよりSDPツールによる情報の採取をお客様にお願いする場合があります。   また、SDPツールは弊社にお問い合わせいただく前に、お客様にて事前に情報の採取を行うことができます。 お客様にて、Portable_Diagnostic.exe を作成して頂き、対象のサーバー上で実行できます。 このツールを使用して事前に情報をご取得いただく事で、弊社にお問い合わせ頂く際の初動調査を効率化する事ができます。 詳細は以下のリンクをご覧ください。   トラブルシューティングに使用する情報採取ツールについて https://blogs.technet.microsoft.com/systemcenterjp/2014/12/25/702/   SDP ツールの実行は大きくわけて、以下の 2 ステップで構成されます。 ツールの実行準備 ツールの実行   ツールの実行準備 ——————————– SCVMM 関連にて、新規のお問い合わせをいただきますと、弊社サポート部より、情報採取をお願いするメールをお送りする場合があります。 メールに以下の様な URL が記載されている場合、そちらのリンクをクリックして下さい。   http://support.microsoft.com/sdp/<ランダムな文字列>   此方の作業は、インターネットに接続されているコンピューターを使用して診断ツールを作成します。 なお、情報の取得対象となるコンピューターがインターネットに接続されている場合には、そのコンピューター上ですべての操作を実行しても問題ございません。   URLのリンクをクリックすると、“マイクロソフト自動トラブルシューティング サービス” のページへ移動します。[実行] をクリックしてツールを任意のフォルダーにダウンロードします。 ダウンロードしたファイルを右クリックし、[管理者として実行] を選択して診断ツールを実行します。   “このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?” と表示された画面で、「はい」を選択します。   診断ツールを実行すると、“このツールによって、お使いのコンピューターから診断情報が収集されます”と表示されます。 [同意する] をクリックして次へ進みます。 診断用のコンポーネントのダウンロードが開始されます。 “どのコンピューターで以下の診断ツールを実行しますか?” と表示されたら、ツールの実行対象を「このコンピューター」と「別のコンピューター」の2…


SCVMM の落とし穴 その7 – 「過剰コミット」について

こんにちは。 システムセンターサポート担当の住です。 これまでにSCVMM の管理者が遭遇しやすい障害状況などを 「SCVMM の落とし穴」 としてご紹介してきましたが、今回がシリーズ最終回となります。 過去の投稿についてはこちらをご覧ください。 SCVMM の落とし穴 その1 – 仮想マシンの自動起動(ホストクラスター) SCVMM の落とし穴 その2 – 複数ドメインの管理 SCVMM の落とし穴 その3 – 仮想ネットワークの管理 SCVMM の落とし穴 その4 – XP クライアントからVMへ接続出来ない!? SCVMM の落とし穴 その5 – ある日突然、管理コンソールが開けない!? SCVMM の落とし穴 その6 – 仮想マシンが「不足」する!? 最終回は、「過剰コミット」についてです。 前回同様、これまでにも技術情報やブログ等で紹介されていますが、非常に理解しづらいものの、管理者の方にとって重要な問題となる「過剰コミット」について、詳しく見ていきます。 序章 まずは、「過剰コミット」とは何かを見てみます。 管理コンソールのホスト ワークスペースから、ホスト クラスター のプロパティを開いてみてください。「全般」タブをみると、「クラスター予約状態」の欄が以下の様に「過剰コミット」と表示される場合があります。 「クラスター予約」とは、クラスターとして確保しておきたいリソース(特にメモリ)を指します。このクラスターとして確保しておきたいリソースが、一定値以下であると判断された場合に、クラスター予約の状態が「過剰コミット」状態となり、管理コンソールから新規の仮想マシン作成や仮想マシンのノード間の移動などが制限されます。 続いて「クラスター予約状態」が「過剰コミット」となった場合の具体的な症状を見てみましょう。 過剰コミット状態では、管理コンソールからクラスター内に新たに仮想マシンを作成したり、配置したりする事ができなくなります。 大きなメモリを割り当てた仮想マシンの場合、ノードによってはこのように明示的に配置出来ない理由が記述されますが、 別のノードでは、単に「過剰コミット」としか表示されません。 ただし「過剰コミット状態」とは、あくまでも SCVMM がホスト…


System Center 2012 Virtual Machine Manager SP1 Update Rollup 2 をインストールするには Update Rollup 1 をアンインストールする必要があります

こんにちは、System Center Support の染谷です。 先日提供が開始された System Center 2012 Service Pack 1 用 Update Rollup 2 (UR2) について、Virtual Machine Manager 向けロールアップ更新プログラムの適用方法に関する注意点がありますのでお知らせいたします。 System Center 2012 Service Pack 1 Update Rollup 2 では、以下のコンポーネントに対する更新が提供されています。  – App Controller – Operations Manager – Virtual Machine Manager – Service Manager – Orchestrator – Data Protection Manager 上記のコンポーネントのうち、Virtual Machine Manager 用に提供されている更新プログラムは、System Center 2012 Service Pack 1 Update Rollup…


SCVMM の管理対象に対して SCVMM を用いずに操作を行った場合の影響について

日本マイクロソフト System Center Support Team の宮崎です。System Center Virtual Machine Manager 2008 R2 および System Center 2012 Virtual Machine Manager (以下、まとめて SCVMM) について、新しい技術情報を公開いたしました。今回の技術情報では、SCVMM の管理しているフェールオーバー クラスターやホスト、仮想マシンに対して、SCVMM を利用せずに設定や構成の変更を行った場合の影響や対処方法等をまとめています。SCVMM を使う上では必ず注意する必要のあるポイントになりますのでぜひ確認してください。 “System Center Virtual Machine Manager 2008 R2 または System Center 2012 Virtual Machine Manager で管理しているフェールオーバー クラスター、ホスト、仮想マシンの設定や構成を、フェールオーバー クラスター マネージャーや Hyper-V マネージャーから変更すると、データの不整合が発生する場合がある”http://support.microsoft.com/kb/2810814   コミュニティにおけるマイクロソフト社員による発言やコメントは、マイクロソフトの正式な見解またはコメントではありません。


SC 2012 VMM : ホストの状態が "要注意" もしくは "応答なし" となったときの対処方法について

日本マイクロソフト System Center Support Team の宮崎です。今回は System Center 2012 Virtual Machine Manager (以下、VMM) で、管理対象 Hyper-V ホストの状態が “要注意” もしくは “応答なし” となった際に有用な技術情報を紹介したいと思います。ホストがこのような状況になった場合、VMM の [ジョブ] ビューには、以下のようなメッセージのうちいずれかが出力されます。 =====================エラー (2915)Windows Remote Management (WS-Management) サービスは要求を処理できません。servername.domain.com サーバー (servername.domain.com) にオブジェクトが見つかりません。Unknown error (0x80041002)  or Unknown error (0x80338000) The Windows Remote Management (WS-Management) service cannot process the request. The object was not found on the…