<続報> Windows Server Operating System 管理パック (Version 6.0.6958) について

日本マイクロソフト システムセンターサポートの佐々木です。  10 月にお知らせした SCOM 2007 用 のWindows Server Operating System 管理パックの件について、続報をお知らせします。本管理パックについては、10/18 にリリースされたバージョンで大半の問題が修正され、残る問題は以下の 2 点となっているとお知らせしまた。 a. アラートの説明欄に、しきい値を下回った時の実際の空き領域の割合や MB 数が出力されなくなるb. OperationsManagerDW を SQL Server 2005 でホストしている場合、今回の管理パックに付属しているレポートが同期されないことがある  これらのうち b. については、本管理パック(Version 6.0.6958.0) が SQL Server 2005 をサポートしていないために発生しているものであり、管理パックの問題ではありませんでした。従いまして、今後もこの動作が変更されることはありません。この点については、管理パックと併せて公開されている管理パックガイド (OM2007_MP_OS2008.doc) に記載がありますので、ご参照ください。該当する部分を以下に抜粋します。  ======================NoteThe Microsoft.Windows.Server.Reports Management Pack will only import on systems that use SQL Server 2008 as the Database and is…


System Center Operations Manager 2007 エージェントのグレーアウトや問題が発生した際に役立つ情報 ~「KB2288515」「修正プログラム集」「レジストリ集」のご紹介~

システムセンターサポートチームの三島です。   今回は、System Center Operations Manager 2007 (SCOM) エージェントの監視状態がグレーアウトした際や問題が発生した際のトラブルシュートに役立つ情報として、以下の 3 点をご紹介いたします。   ・ KB2288515 (エージェントのグレーアウトに対するトラブルシュート方法について) ・ 修正プログラム集 (エージェントに適用可能な公開済み修正プロラグム集について) ・ レジストリ集 (エージェントのヘルス状態に関連するレジストリについて)   上記 3 点は、エージェントで発生する種々の問題に対して、具体的なトラブルシュート手順を記載しています。以下にそれぞれの概要をまとめましたので、是非この機会に一度ご一読頂き、今後の運用にお役立て頂ければ幸いです。   ================================== KB2288515について ================================== –  リンク先 (英語) Troubleshooting gray agent states in System Center Operations Manager 2007 and System Center Essentials http://support.microsoft.com/kb/2288515 –   概要 エージェント、管理サーバー、およびゲートウェイ サーバーがグレーアウトする現象に対して、5 つのシナリオを紹介し、そのシナリオ毎に対処方法を記載しています。 5 つのシナリオの詳細は以下のとおりです。 もし類似する現象が発生している場合には、一度上記のリンク先よりトラブルシュート方法をご参照頂ければと思います。  …


SCOM が使用する SQL データベースの照合順序について

こんにちは、日本マイクロソフト システムセンターサポートの染谷です。先日、自宅での検証用に、hp の MicroServer を購入しました。ディスクを 4 台搭載できるにも関わらず、非常にコンパクトで静かなサーバーです。CPU は非力ですが、AMD-V による仮想化機能がサポートされていますので、Hyper-V を使用して仮想マシンを動かすこともできます。さて、今回は、System Center Operations Manager (SCOM) 2007 で使用する SQL データベースの照合順序についてご紹介します。SCOM 2007 では、サポートされる照合順序が決まっており、すべてのデータベースで “SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS” を使用する必要があります。ほとんどの場合、照合順序が異なっていたとしても問題が顕在化することはないのですが、Exchange 管理パックなど、一部の管理パックを使用した場合には、照合順序が問題となってインポートできなかったり、インポートはできてもその後の監視がうまくいかなかったりして、問題が顕在化することがあります。SCOM 2007 で使用する SQL Server のインスタンスをインストールする際には、データベースの照合順序として “SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS” を選択してインストールを行ってください。また、異なる照合順序を使用してデータベースを作成してしまった場合、残念ながらそのままの状態で照合順序を変更することはできません。データベースをバックアップして、”SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS” を選択して SQL Server の再インストールを行い、バックアップしたデータベースをリストアする方法も考えられますが、リストアしたデータベースの照合順序は元のままとなります。このため、SCOM 2007 としてサポートされる方法は、正しい照合順序を選択した状態でデータベースが作成されるようにして、既存のデータを使用せずに SCOM 2007 の再構築を行う方法となります。SQL データベースの照合順序を含めた SCOM 2007 でサポートされる構成については、以下の技術文書も合わせてご参照ください。Operations Manager 2007 R2 でサポートされている構成http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb309428.aspxコミュニティにおけるマイクロソフト社員による発言やコメントは、マイクロソフトの正式な見解またはコメントではありません。


UPDATE !! Windows Server Operating System 管理パック(Version 6.0.6957) の問題が一部修正されました。

日本マイクロソフト システムセンターサポートの佐々木です。 先日、「Windows Server Operating System 管理パック(Version 6.0.6957) の問題について 」で報告した問題について一部修正が行われました。本日10月24日、時点で公開中の管理パックは、修正済みの Windows Server Version 6.0.6958.0 (公開日10/18/2011) となります。 Windows Server Operating System Management Pack for Operations Manager 2007 (Version 6.0.6958.0)http://www.microsoft.com/download/en/details.aspx?id=9296 現時点でダウンロード可能なバージョンは修正済みの Version 6.0.6958.0のみです。Version 6.0.6957は公開を停止しております。ご利用に際してはバージョン情報にご注意ください。特に10月18日以前に当該管理パックをダウンロードしていた場合は、上記のダウンロード先より改めて最新の管理パック(Version 6.0.6958.0  )を入手して下さい。 Version 6.0.6958.0 で修正された問題について=========================================更新版の管理パックでは、「Windows Server Operating System 管理パック(Version 6.0.6957) の問題について 」に記載した問題の内、以下について修正を行っています。 —————————————————————–A. 論理ディスクの空き領域モニタに関する問題A-1) 製品ナレッジに記載されている既定のしきい値と、実際に設定されている既定のしきい値が異なる。A-3)状態変更イベントに出力される Last Sampled Value が常に 1 となるA-4) バージョンアップ後に、ある条件で、エラーが発生して上書きを変更する事ができない B….


Windows Server Operating System 管理パック(Version 6.0.6957) の問題について

日本マイクロソフト システムセンターサポートの佐々木です。 2011/9/30 にリリースされた System Center Operations Manager 2007 用の Windows Server Operating System 管理パック(Version 6.0.6957)について複数の問題が報告されております。 具体的には「A. 論理ディスクの空き領域モニタに関する問題」と「B. レポートに関する問題」が確認されております。詳細は以下の通りとなりますので、ご確認頂くとともに、ご利用に際しては十分にご注意頂けますようよろしくお願い致します。 なお、問題の一部については現時点でまだ対処策が確定していません。対処策が完全に確定するまでの間は本管理パック(Version 6.0.6957)の利用については控えて頂くことを推奨致します。今後も随時本ブログにて情報をアップデート致します。–>2011年10月20日時点で問題が一部修正されました。くわしくはこちらをご参照ください。 >該当の管理パックWindows Server Operating System Management Pack for Operations Manager 2007 (Version 6.0.6957)http://www.microsoft.com/download/en/details.aspx?id=9296 A. 論理ディスクの空き領域モニタに関する問題============================================= A-1. ナレッジについて—————————————-製品ナレッジに記載されている既定のしきい値と、実際に設定されている既定のしきい値が異なる。 a. システム ドライブ エラーのしきい値 (MB) 100(誤)→ 300(正)b. システム ドライブ 警告のしきい値 (MB) 200(誤)→ 500(正) 対処方法 :—————大変お手数ですが、適宜読み替えて下さい。恒久的な対処方法については現在検討中です。 A-2. アラートの説明欄に表示される内容について—————————————-アラートの説明欄に、しきい値を下回った時の実際の空き領域の割合や MB…


「管理サーバー」をメンテナンスモードに設定した場合の問題と対処について

こんにちは。日本マイクロソフト システムセンターサポートの佐々木です。 今回は SCOM 2007 でのメンテナンスモード利用時の注意事項について記載します。 SCOM 2007 では、監視対象をメンテナンスモードに設定することにより、一時的に対象を監視の対象から除外することができます。この機能は、修正プログラム適用やハードウェア交換等でコンピューターを一時的に停止する時に便利です。メンテナンス モードを利用することにより、余計なアラート等を抑制することができます。詳細は [参考情報] 以下のリンクをご参照ください。 このようなメンテナンス モードですが、操作上は「ルート管理サーバー」あるいは「管理サーバー」についても設定することができます。しかし、メンテナンスモードは監視対象のエージェントを対象とした機能のため、ルート管理サーバーあるいは管理サーバーに対して実施した場合、予期しない問題が発生することがあります。問題が発生した場合は監視対象が全般的に監視できなくなり、管理サーバー上に以下のイベントが記録されます。 – 問題が発生した場合に記録されるイベントログ———————————ログの名前:Operations Managerソース: OpsMgr Connectorイベント ID: 20058レベル: 警告説明:ルート コネクタが破棄された無効なパケットを受信しています。この 5 分間でこのようなパケットを *** 個受信しました——————————– もしルート管理サーバーあるいは管理サーバーをメンテナンスモードに設定して問題が発生した場合には、以下に記載する対処策を実施して下さい。なお問題自体の回避策は、管理サーバーをメンテナンスモードに設定しないこととなります。 対処方法===========================1. 管理サーバーがメンテナンスモードである場合は復帰します。2. 管理サーバーがメンテナンスモードではない場合は、復帰までの期間を5分として、メンテナンスモードを開始します。3. メンテナンスモードの終了後、管理サーバーに管理者権限を持っているユーザーでログインします。4. ルート管理サーバーの場合は以下のサービスを、この順序で停止します。System Center Management Configuration System Center Management System Center Data Access * 管理サーバーの場合は以下のサービスを停止します。System Center Management 5. 「 C:\Program Files\System Center Operations Manager 2007\Health…


SCOM 2007 の "Disk Fragmentation (ディスク断片化) " アラートについて

こんにちは。システムセンターサポートの佐々木です。 今回は [Logical Disk Fragmentation Level] モニタのしきい値を変更する手順を紹介します。System Center Operations Manager 2007 R2 (SCOM R2) で監視を行っている環境において、”Disk Fragmentation (ディスク断片化) ” のアラートが報告されることがあります。このアラートは、監視対象のコンピューターにあるディスクの断片化率が、10% を越えることで出力されています。アラートは [Logical Disk Fragmentation Level] モニタから出力されますが、既定のしきい値が10%であり、こちらの値ではシビアすぎることが多々あります。このような場合、管理者にとって不要なアラートが報告される結果となります。もし、このような状況が発生しているのであれば “しきい値” を変更することをお勧めします。 監視対象のディスクのデフラグの必要性についてはディスクを利用しているアプリケーションの要件等も併せてご確認下さい。ディスク断片化の監視が不要な場合は、根本的にモニタ自体を無効化することも検討してください。 しきい値の変更手順================================ここでは Windows Server 2008 OS 管理パックに含まれるモニタを例として説明します。Windows Server 2003 の場合でも同様の手順を実施してください。しきい値を変更し、”Use OS Recommendation” を false にすることで、設定した値を有効化します。 1. SCOM 管理コンソールを起動し、メニューバーから [ツール] – [高度な検索] を選択します。 2. 右上のドロップダウン メニューから [モニタ] を選択します。 3….


通知の履歴をアラートの履歴に反映させる方法

こんにちは。 8 月より System Center Support のチームの一員として、System Center Operations Manager 2007 のサポートを担当することになりました染谷です。よろしくお願いいたします。さて、今回は通知の履歴をアラートの履歴に反映させる方法をご紹介します。System Center Operations Manager (SCOM) 2007 R2 では、監視対象のコンピューターの状態が変わったときに、電子メールやインスタント メッセージを使用して管理者に通知することができます。これによって、管理者は迅速に通知を受け取り、状態を把握することができるようになっています。Microsoft Operations Manager (MOM) 2005 では、アラートが発行されると、アラートの履歴で通知が行われた履歴を確認することができましたが、SCOM 2007 の標準機能の範囲内では、通知が行われた履歴を確認することができません。しかし、あとから「あれ?あのアラートはどこに通知が送られたんだっけ?」と思ったときに、通知の履歴を確認したいこともあるかと思います。今回は、このような場合に役に立つツールを紹介したいと思います。以下に記載した Notifications Update Alert History Tool を利用することにより、MOM 2005 と同じようにアラートに通知が行われた履歴を記録することが可能になります。 注意以下にご紹介するツールは、あくまでも非公式なものとなります。弊社技術サポートでは、このツールについてご質問を受け付けることは出来ません。導入にあたっては事前に十分な検証を行い、ご自身の責任においてご使用いただきますようお願い申し上げます。 以下のサイトから Update Alert History Tool.zip をダウンロードします。http://blogs.technet.com/b/momteam/archive/2009/05/08/notifications-update-alert-history-tool.aspx Update Alert History Tool.zip を展開します。 展開された UpdateNotificationHistory.exe ファイルを任意のフォルダに保存します。(ここでは、C:\Tools に保存したとします) SCOM 管理コンソールを起動します。 ナビゲーション ボタンの…


SCOM 2007 R2 CU5 (KB 2495674) 適用手順の概要について

こんにちは。 システムセンターサポートの佐々木です。 先日 SCOM 2007 R2 用の累積的な 修正プログラムCU5 (KB 2495674) が公開されました。このCU5の適用手順及び修正内容はKB 2495674の通りですが、現時点(2011/09/05)では英語での案内のみとなっておりますので、今回は参考として手順概要をご案内します。 – SCOM 2007 R2 CU5 (KB 2495674) 適用手順概要推奨している作業順序は以下の通りです。 1.)ルート管理サーバーのアップデート2.)データベースのアップデート3.)管理パックのインポート4.)<存在する場合> 管理サーバーのアップデート5.)<存在する場合>ゲートウェイサーバーのアップデート6.)検出ベース(プッシュインストール)でのインストールを実施したエージェントのアップデート7.)<存在する場合> コンソールのみをインストールしたコンピューターのアップデート8.)<存在する場合> Webコンソールのみを構成したコンピューターのアップデート 9.) <存在する場合>手動インストールしたエージェントのアップデート10.) <存在する場合> ACS機能のアップデート 例えば、1台のコンピューターにSCOM管理サーバーを構成しているのみである場合は1.)2.)3.)6.)が必須作業となります。その他は必要に応じてご実施下さい。以下に手順概要を記載致します。 1.) ルート管理サーバーのアップデート=====================================「SystemCenterOperationsManager2007-R2CU5-KB2495674-X86-X64-IA64-JPN.MSI」を実行します。初めに実行されるインストールダイアログで上記のプログラムの展開が行われます。展開が実施された後に表示されるインストールダイアログにて「Run Server Update」を押下すると、管理サーバーに対してのCU5のインストールが実施されます。ウイザードに従い適用を完了します。各コンポーネントがアップデートされるため、インストーラーが3回起動します。ウイザードが完了した後システムの再起動が求められた場合は再起動を行います。 2.)データベースのアップデート=====================================データベースのアップデート前にSCOMのサービスを停止します。下記順にサービスを停止してください。 “System Center Management””System Center Management Configuration””System Center Data Access” 次に SQL Server Management Studioを開き、以下に存在するクエリをそれぞれ開いて実行します。 C:\Program Files (x86)\System Center 2007 R2 Hotfix…


SCOM 2007 と DPM 2010 の Q&A 集が公開されました!

こんにちは、System Center サポート部の石井です。   SCOM 2007 と DPM 2010 の新しい技術資料が公開されました。   Microsoft System Center FAQ http://technet.microsoft.com/ja-jp/systemcenter/gg675258   SCOM 2007 と、DPM 2010 について、弊社サポート部門や営業部門に寄せられたお問い合わせの中から、有用と思われる回答を FAQ 形式にておまとめしています。   本ドキュメントは、サポートを通じてご指摘いただいたドキュメント不足や、技術資料内での説明の不足をサポートエンジニアからカバー出来るような方法はないか、という点について、模索を行って作成されました。 今後も、サポートを通じてお客様のお力になることが出来るよう、尽力して参ります。