System Center 2012 R2 Service Manager 管理パック の導入手順について

こんにちは、日本マイクロソフトの小澤です。   今回は、System Center 2012 R2 Operations Manager (SCOM 2012 R2) 用の System Center 2012 R2 Service manager (SCSM 2012 R2) の管理パックを導入して監視を行うための手順をご紹介します。この管理パックを導入すると、以下の機能を使用することができるようになります。   ・ Service Manager 管理サーバーで発生しているアクティブなアラートの表示 ・ Service Manager 管理サーバーの状態の表示 ・ Service Manager データ ウェアハウス管理サーバーで発生しているアクティブなアラートの表示 ・ Service Manager データ ウェアハウス管理サーバーの状態の表示   本管理パックを導入するための前提条件は以下の通りです。   前提条件: ・Service Manegr 管理サーバー (以下、SCSM 2012 R2) のインストールが完了している。 ・Operations Manegr 管理サーバー…

0

System Center 2012 SP1 Update Rollup 5 と System Center 2012 R2 Update Rollup 1 がリリースされました。

日本マイクロソフト System Center Support Team の宮崎です。タイトルの通り、System Center 2012 SP1 Update Rollup 5 (以下、SP1 UR5) と System Center 2012 R2 Update Rollup 1 (以下、R2 UR1) がリリースされました。名前こそ System Center 2012 全体に関する Update Rollup となっていますが、実際にはそれぞれの製品について個別に修正プログラムを提供しております。詳細については、以下のサイトを参照してください。   “Description of System Center 2012 Service Pack 1 Update Rollup 5” http://support.microsoft.com/kb/2904730   “Description of Update Rollup 1 for System Center 2012…

0

System Center 2012 R2 のホワイト ペーパーが公開されました。

日本マイクロソフト System Center Support Team の宮崎です。タイトルの通り、ついに System Center 2012 R2 のホワイト ペーパーが公開されました。今回はOperations Manager 、Orchestrator 、Service Manager 、Virtual Machine Manager 、Data Protection Manager に関する資料になります。SystemCenter 2012 R2 を試す際にぜひ活用してみてください。   “SystemCenter 2012 R2 Operations Manager ステップ バイ ステップ評価ガイド (Word、17.8 MB)” http://download.microsoft.com/download/0/7/B/07BE7A3C-07B9-4173-B251-6865ADA98E5D/SC2012R2_OM_EvalGuide_v1.0.docx   “SystemCenter 2012 R2 Orchestrator, Service Manager ステップバイステップ評価ガイド (Word、19.8 MB)” http://download.microsoft.com/download/0/7/B/07BE7A3C-07B9-4173-B251-6865ADA98E5D/SC2012R2_O_SM_EvalGuide_v1.0.docx   “SystemCenter 2012 R2 Virtual Machine…

0

Update Rollup 4 for System Center 2012 Service Pack 1 がリリースされました

こんにちは、System Center Support の染谷です。 先日、System Center 2012 Service Pack 1 向けに Update Rollup 4 (UR4) がリリースされましたのでお知らせいたします。詳細につきましては、以下の技術情報をご参照ください。 Description of Update Rollup 4 for System Center 2012 Service Pack 1http://support.microsoft.com/kb/2879276/en-us 上記の技術情報は英語での情報となっておりますが、後日、本ブログにおいて適用手順の概要をお伝えする予定です。   このリリースでは、以下の製品に対して修正プログラムが提供されています。 App Controller Operations Manager Virtual Machine Manager   本更新プログラムは、Microsoft Update 経由で更新プログラムをダウンロードしてインストールすることができます。またオフラインの環境では、Microsoft Update Catalog を通じてダウンロードしたパッケージを手動で適用することもできます。 ぜひ適用をご検討ください。  なお Service Manager 用の更新プログラムについては現時点で公開を一時的に停止しております。この点については新しい情報が届き次第このサイトで告知する予定です。  

0

System Center 製品の日本語翻訳の品質についてのアンケートのご案内

※ 2013 年 8 月 15 日更新: 本アンケートについて、2013 年 9 月末まで延長されております。この機会に、是非ともご参加下さい。 System Center ユーザーの皆様にご案内です。System Center 製品における、ローカライズ (日本語への翻訳) についての品質や要望についての調査が行われております。 アンケートの参加は匿名です。以下の URL から、是非ともお声をお聞かせいただければと存じます。 サーバーおよびツール製品に関するインターナショナル ユーザー アンケート 2013https://aka.ms/stb13_ja System Center サポート担当一同、日々の対応を通じた、翻訳の改善案についてのフィードバックは欠かさずに行っております。一方で、このような直接のフィードバックを行える機会をご活用いただければ、最も改善が期待されている部分の把握も行え、より円滑な製品改善に活用出来ます。アンケートは、5 分 ~ 15 分程度の所要時間となりますが、ご協力いただけますと幸いです。

0

System Center 2012 Virtual Machine Manager SP1 Update Rollup 2 をインストールするには Update Rollup 1 をアンインストールする必要があります

こんにちは、System Center Support の染谷です。 先日提供が開始された System Center 2012 Service Pack 1 用 Update Rollup 2 (UR2) について、Virtual Machine Manager 向けロールアップ更新プログラムの適用方法に関する注意点がありますのでお知らせいたします。 System Center 2012 Service Pack 1 Update Rollup 2 では、以下のコンポーネントに対する更新が提供されています。  – App Controller – Operations Manager – Virtual Machine Manager – Service Manager – Orchestrator – Data Protection Manager 上記のコンポーネントのうち、Virtual Machine Manager 用に提供されている更新プログラムは、System Center 2012 Service Pack 1 Update Rollup…

0

System Center 2012 SP1 シリーズの評価ガイドが公開されました。

日本マイクロソフト System Center Support Team の宮崎です。ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、以下のサイトで System Center 2012 SP1 シリーズの評価ガイドを公開しています。 “System Center テクニカル リソース”http://technet.microsoft.com/ja-jp/systemcenter/default.aspx System Center 2012 SP1 の導入を検討する際に非常に有用な情報が満載ですので、ぜひ利用してみてください。よろしくお願いします。

0

[System Center 2012] ロールアップ 3 が公開されました

こんにちは、System Center サポート部の石井です。 System Center 2012 のロールアップ 3 が公開されました。2012 年 10 月現在の最新版となります。本パッケージには、System Center 2012 Data Protection Manager、Operations Manager、Service Manager の修正が含まれています。(今回は、Orchestrator と Virtual Machine Manager の修正はありません。) 修正内容や、適用時の方法・注意事項については技術情報をご参考下さい。 技術情報:”Description of Update Rollup 3 for System Center 2012″ http://support.microsoft.com/kb/2756127/en 本修正は、マイクロソフト アップデート経由での取得が可能ですので、サーバーがインターネットに接続されている場合、Windows Update 経由で入手できます。(重要な更新のカテゴリとなります。)また、手動でダウンロードして適用いただく場合には、以下のサイトをご利用下さい。 ダウンロード サイト============================DPM 2012http://catalog.update.microsoft.com/v7/site/Search.aspx?q=2751230 SCOM 2012http://catalog.update.microsoft.com/v7/site/Search.aspx?q=2750631 SCSM 2012http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=34960 – 補足:Configuration Manager は System Center 2012 ロールアップではなく、個別のロールアップ配信となります。詳しくは以前のポストをご参考下さい。…

0

SCOM 2007/2012 管理コンソールの表示の更新間隔を調整する方法について

日本マイクロソフトの佐々木です。 今回はSystem Center Operations Manager 2007 および System Center 2012 Operations Manager (以下、まとめて SCOM) の管理コンソールについて、表示 (アラートやコンピューターの状態等のビュー) の更新間隔を調整する方法を紹介したいと思います。 SCOM 管理コンソールの表示の更新間隔は既定で15秒です。更新間隔毎に SQL Server データベースとの通信が発生するため、特に大規模な環境などで表示対象のアラートやイベント情報が定常的に多い場合、応答性能が非常に低くなることがあります。このような場合には更新頻度を既定値 (15 秒) からより大きい値に変更することでパフォーマンスが改善する可能性があります。変更方法は以下の通りです。この手順はSCOM 2007 SP1/R2 及び SCOM 2012 のいずれに対しても有効です。 SCOM 管理コンソールの更新間隔変更手順======================================== 1.)  SCOMコンソールがインストールされたWindows Vistaコンピューターに管理者権限でログインします。 2.) レジストリエディタで以下のパスを開きます。SCOMコンソールが起動している場合は一度終了します。HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Microsoft Operations Manager\3.0\console\CacheParameters 3.) 以下の値をダブルクリックして開きます。値を「1」から変更します。値を「2」以上に変更してください。 PollingInterval (参考)設定可能な値は以下の通りです。0  :F5キーをクリックしたタイミングでのみ更新します。1  :15秒毎に更新します。(既定の状態)2  :30秒毎に更新します。10  :設定可能な最大の値です。(10分) 例えば何らかの問題が発生したタイミング(アラートのメール通知等) でのみ管理コンソールの表示を確認する運用をしているのであれば、自動の更新を止めて、 F5 キーによってリフレッシュしたタイミングのみで更新する設定(0)に変更することで、無駄なトラフィックを抑制できます。※管理コンソールを閉じている場合には通信は発生しません。 4.) 設定が終わった後はレジストリエディタを閉じます。以上で完了です。次に管理コンソールを起動した後から新しい設定で動作します。  

0

SCOM 2007/2012 監視対象のコンピューター上で実行されているルール、モニタを SCOM 管理コンソールで確認する方法

こんにちは。日本マイクロソフトの佐々木です。 今回は、System Center Operations Manager 2007 (以下、SCOM 2007) および System Center 2012 Operations Manager (以下、SOCM 2012) のエージェントがインストールされているコンピューター上で実行されているルール及びモニタの一覧を取得する方法を紹介したいと思います。方法は以下の通りです。設定したルールがちゃんと動作しない理由を調べたい時や、どれぐらいのモニタが監視対象コンピューター上で実行されているか知りたい時などに利用してみてください。 一覧の取得方法——————————SCOM 2012 の場合は管理パックが既定の状態でインポートされております。手順 1. と手順 2. は必要ありません。 1. SCOM 管理コンソールを起動し、[管理] ペインの [管理パック] ノードを右クリックして [管理パックのインポート] を選択します。2. SCOM インストールメディアの SupportTools\AMD64 フォルダにある [Microsoft.SystemCenter.Internal.Tasks.mp]  を選択して、インポートを実行します。※ 管理パックはアーキテクチャに依存しません。i386 フォルダ内にある同名のファイルをインポートしても問題ありません。 3. [監視] ペインの [検出された一覧] に移動します。4. 右ペインの [アクション] にある [ターゲットタイプの変更] をクリックします。5. [ターゲット タイプの選択] ウインドウにて、[ヘルス サービス] を選択して…

0