Windows Azure Pack からの仮想マシンの展開と過剰コミットについて

日本マイクロソフト System Center Support Team の宮崎です。今回は、Windows Azure Pack (以下、WAP) と System Center 2012 R2 Virtual Machine Manager (以下、SCVMM) を組み合わせた環境における仮想マシンの展開を行う際の制限に関して紹介します。   WAP は、Windows Server 2012 R2 から導入された新機能です。SCVMM や SQL Server 、Hyper-V 、と組み合わせることで、プライベート クラウド環境を構築することができます。また、Microsoft Azure と同じインターフェースを提供します。   “Windows Azure Pack” http://www.microsoft.com/ja-jp/server-cloud/products-Windows-Azure-Pack.aspx   “Windows Server 用 Windows Azure Pack” https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dn296435.aspx   さて、WAP と SCVMM を組み合わせて仮想マシンを展開する際、”過剰コミットのため仮想マシンが作成できません” というエラーが表示される場合があります。この状態では、WAP からこれ以上仮想マシンを展開することはできません。このような状態になる理由は、メッセージにある通り、仮想マシンを展開する先の Hyper-V…

0

SCVMM の証明書が有効期限切れとなったときの対処方法について

日本マイクロソフト System Center Support Team の宮崎です。今回は、System Center 2012 Virtual Machine Manager 、System Center 2012 R2 Virtual Machine Manager SP1 、System Center 2012 R2 Virtual Machine Manager (以下、まとめて SCVMM) の使用する証明書が期限切れとなった場合や、何らかの理由で削除されてしまった場合の対処方法をご案内します。 SCVMM では、SCVMM サーバーと管理対象 Hyper-V サーバーの間の通信の安全性を確保するため、インストール時に自己署名証明書を作成します。以下のような証明書です。     フレンドリ名が “SCVMM_CERTIFICATE_KEY_CONTAINERkt-***” (*** の部分は SCVMM サーバーもしくは Hyper-V サーバーの完全修飾ドメイン名) となっている点が特徴です。また発行者はそのホスト自身になっています。 この証明書鵜の期限は SCVMM をインストールした年もしくは Hyper-V サーバーを SCVMM の管理対象に設定した年の 1/1 から 5…

0

SCVMM の落とし穴 その7 – 「過剰コミット」について

こんにちは。 システムセンターサポート担当の住です。 これまでにSCVMM の管理者が遭遇しやすい障害状況などを 「SCVMM の落とし穴」 としてご紹介してきましたが、今回がシリーズ最終回となります。 過去の投稿についてはこちらをご覧ください。 SCVMM の落とし穴 その1 – 仮想マシンの自動起動(ホストクラスター) SCVMM の落とし穴 その2 – 複数ドメインの管理 SCVMM の落とし穴 その3 – 仮想ネットワークの管理 SCVMM の落とし穴 その4 – XP クライアントからVMへ接続出来ない!? SCVMM の落とし穴 その5 – ある日突然、管理コンソールが開けない!? SCVMM の落とし穴 その6 – 仮想マシンが「不足」する!? 最終回は、「過剰コミット」についてです。 前回同様、これまでにも技術情報やブログ等で紹介されていますが、非常に理解しづらいものの、管理者の方にとって重要な問題となる「過剰コミット」について、詳しく見ていきます。 序章 まずは、「過剰コミット」とは何かを見てみます。 管理コンソールのホスト ワークスペースから、ホスト クラスター のプロパティを開いてみてください。「全般」タブをみると、「クラスター予約状態」の欄が以下の様に「過剰コミット」と表示される場合があります。 「クラスター予約」とは、クラスターとして確保しておきたいリソース(特にメモリ)を指します。このクラスターとして確保しておきたいリソースが、一定値以下であると判断された場合に、クラスター予約の状態が「過剰コミット」状態となり、管理コンソールから新規の仮想マシン作成や仮想マシンのノード間の移動などが制限されます。 続いて「クラスター予約状態」が「過剰コミット」となった場合の具体的な症状を見てみましょう。 過剰コミット状態では、管理コンソールからクラスター内に新たに仮想マシンを作成したり、配置したりする事ができなくなります。 大きなメモリを割り当てた仮想マシンの場合、ノードによってはこのように明示的に配置出来ない理由が記述されますが、 別のノードでは、単に「過剰コミット」としか表示されません。 ただし「過剰コミット状態」とは、あくまでも SCVMM がホスト…

0

SCVMM の管理対象に対して SCVMM を用いずに操作を行った場合の影響について

日本マイクロソフト System Center Support Team の宮崎です。System Center Virtual Machine Manager 2008 R2 および System Center 2012 Virtual Machine Manager (以下、まとめて SCVMM) について、新しい技術情報を公開いたしました。今回の技術情報では、SCVMM の管理しているフェールオーバー クラスターやホスト、仮想マシンに対して、SCVMM を利用せずに設定や構成の変更を行った場合の影響や対処方法等をまとめています。SCVMM を使う上では必ず注意する必要のあるポイントになりますのでぜひ確認してください。 “System Center Virtual Machine Manager 2008 R2 または System Center 2012 Virtual Machine Manager で管理しているフェールオーバー クラスター、ホスト、仮想マシンの設定や構成を、フェールオーバー クラスター マネージャーや Hyper-V マネージャーから変更すると、データの不整合が発生する場合がある”http://support.microsoft.com/kb/2810814   コミュニティにおけるマイクロソフト社員による発言やコメントは、マイクロソフトの正式な見解またはコメントではありません。

0

Microsoft Virtual Machine Converter Solution Accelerator がリリースされました。

日本マイクロソフト System Center Support Team の宮崎です。今回は、System Center Virtual Machine Manager (以下、SCVMM) に関連する話題として、Microsoft Virtual Machine Converter Solution Accelerator を紹介します。このツールは、VMWare 上で動作している仮想マシンを Hyper-V に移行するためのツールです。SCVMM にも同様の機能がありますが、このツールはなんと無料です。また SCVMM と比較して移行機能に特化している分、よりトラブルも発生しにくくなっています。もし SCVMM で仮想マシンの移行処理が失敗する場合には、こちらのツールを試してみることでうまく行く可能性もあります。このツールは以下のサイトで公開しています。 “Microsoft Virtual Machine Converter Solution Accelerator”http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=34591 このツールは以下の機能を提供します。 a. VMWare ホスト上で動作する仮想マシンを Hyper-V に移行する。具体的には、VMWare 側の仮想マシンに接続されている仮想ディスクを Hyper-V 用に変換するとともに、メモリや CPU に関する設定も移行する。移行先の Hyper-V には、Windows Server 2012 上の Hyper-V も含まれる。b. VMWare 用の仮想ディスクを Hyper-V 用の仮想ディスクに変換する。c. VMWare…

0

Expand-VirtualDiskDrive Cmdlet の -Size パラメーターの指定について

こんにちは、こんにちは。System Center Support の染谷です。本日は、System Center Virtual Machine Manager (SCVMM) 2008 R2 SP1 の Expand-VirtualDiskDrive コマンドレットについて、ヘルプの記載に誤りがありましたのでお伝えいたします。 SCVMM 2008 R2 では、仮想マシンにアタッチされた仮想ハードディスク (バーチャル ハード ディスク) を拡張する機能が備わっています。拡張を実施する際、管理コンソール上からは、スピンボタンを使用して拡張後のサイズを指定することができます。   一方、この動作をコマンドで実施する場合には、Expand-VirtualDiskDrive コマンドレットを使用します。このコマンドレットのヘルプには、MB (メガバイト) 単位で拡張後のサイズを指定するように記載されています。しかし、実際に MB 単位で拡張後のサイズを指定すると、以下のようにエラーが発生します。 エラーの詳細:Expand-VirtualDiskDrive : パラメーター ‘Size の引数を確認できません。23000 引数が、最大許容範囲 2040 を超えています。2040 未満の引数を指定して、コマンドを再度実行してください。発生場所 行:1 文字:53+ Expand-VirtualDiskDrive -VirtualDiskDrive $VDD -Size <<<<  23000    + CategoryInfo          : InvalidData: (:) [Expand-VirtualDiskDrive]、Param    eterBindingValidationException    +…

0

SC 2012 VMM : ホストの状態が "要注意" もしくは "応答なし" となったときの対処方法について

日本マイクロソフト System Center Support Team の宮崎です。今回は System Center 2012 Virtual Machine Manager (以下、VMM) で、管理対象 Hyper-V ホストの状態が “要注意” もしくは “応答なし” となった際に有用な技術情報を紹介したいと思います。ホストがこのような状況になった場合、VMM の [ジョブ] ビューには、以下のようなメッセージのうちいずれかが出力されます。 =====================エラー (2915)Windows Remote Management (WS-Management) サービスは要求を処理できません。servername.domain.com サーバー (servername.domain.com) にオブジェクトが見つかりません。Unknown error (0x80041002)  or Unknown error (0x80338000) The Windows Remote Management (WS-Management) service cannot process the request. The object was not found on the…

0

SCVMM の落とし穴 – 番外編

こんにちは。 システムセンター サポートの住です。 これまでにSCVMM の管理者が遭遇しやすい障害状況などを 「SCVMM の落とし穴」 としてご紹介してきました。過去の投稿についてはこちらをご覧ください。 SCVMM の落とし穴 その1 – 仮想マシンの自動起動(ホストクラスター) SCVMM の落とし穴 その2 – 複数ドメインの管理 SCVMM の落とし穴 その3 – 仮想ネットワークの管理 SCVMM の落とし穴 その4 – XP クライアントからVMへ接続出来ない!? SCVMM の落とし穴 その5 – ある日突然、管理コンソールが開けない!? SCVMM の落とし穴 その6 – 仮想マシンが「不足」する!? SCVMM の落とし穴 その7 – 「過剰コミット」について 今回は「番外編」として、必ずしもお問い合わせの件数は多くないのですが、遭遇するとやっかいな以下の問題について紹介します。 目次: 問題 1. ホストの更新時に iSCSI のセッションが再接続される 問題 2. LUN のコピーによる影響…

0

SC2012 VMM 管理者必携!? 調査用ツール

こんにちは。 システムセンター サポート担当の住です。 今回は、公開されたばかりの System Center 2012 Virtual Machine Manager (SC2012 VMM) 用の調査ツールについて、ご紹介いたします。 System Center 2012 – Virtual Machine Manager Component Add-ons and Extensionshttp://www.microsoft.com/download/en/details.aspx?id=29309 英語版のみの提供となりますが、上記のページから以下のツールがダウンロードできます。 MPS Report (SC2012 VMM 用の情報収集ツール) SC12VMMCA (これまでの VMMCA に該当する、構成検証ツール) VMMStateRecoveryTool (仮想マシンの状態を回復するツール) VMMCA_KBCheck List (VMMCA 用の最新 KB リスト) 今回は、この中の MPS Report ツールと SC12VMMCA について、インストール手順や注意事項などをご紹介します。  MPS Report によるトレースと構成情報の収集 MPS Report ツールは、これまでにも幾つかのバージョンが公開されており、SCVMM 2008…

0

SCVMM のお問い合わせにおける自動情報収集 (SDP) ツールの利用手順

こんにちは、System Center サポート担当の住です。 本ポストでは、SCVMM のお問い合わせにおける自動情報収集 (SDP) ツールの利用手順をご紹介いたします。 今後、弊社サポートにお問い合わせいただいた場合、受付後のタイミングで自動的にツールをご案内するメールが送信されます。メールの内容に沿って操作を行うことで SCVMM に関連するログがまとめて収集され、自動的にアップロードされます。エンジニアの初期コンタクトを待たずに情報採取を進めることができるため、情報採取をご案内するためのプロセスが短縮され、より迅速にお客様の問題を解決することができます。サービスレベルを向上させるための新しい試みであり、最初はこなれていない点があってご不便をおかけするかもしれませんが、お客様のフィードバックを受けて随時改善していきますので、ご要望や改善してほしい点などありましたら、お問い合わせの担当エンジニアまで連絡いただければと存じます。 SDP ツールの実行は大きくわけて以下の 2 ステップで構成されます。 SDP ツールのサイトからパスコードを入手する MSDT ツールを実行し結果をアップロードする 1. SDP ツールサイトからパスコードを入手する SCVMM 関連にて新規お問い合わせをいただきますと、弊社サポート部より、自動的に情報採取をお願いするメールをお知らせする場合があります。そのメールに以下の様な URL が記載されている場合、そちらのリンクをクリックして下さい。http://support.microsoft.com/sdp/<ランダムな文字列> こちらの作業は、インターネットに接続可能なコンピューターにて行います。(SCVMM サーバー上で実行する必要はありません)画面をクリックすると、以下のようなサイトに飛びます。 このページの画面左下の部分に注目します。 サポート キーが記載されていますので、このキーをメモします。 2. MSDT ツールを実行し結果をアップロードする ツールの実行対象を以下の 2 つから選択することができます。 A) このコンピューター B) 別のコンピューター A) は、MSDT ツールを実行しているコンピューターを実行対象とします。インターネット接続が必要です。B) はインターネットに接続されていない環境など、MSDT ツールを実行したコンピューターとは別のコンピューターで情報収集する場合に選択します。 B) を選択した場合、画面の指示に従い、出力された収集ツールをインターネットに接続されていないコンピューター上にコピーして、ダブルクリックにて実行してください。 以下に手順を紹介します。インターネットに繋がる Windows 7 または Windows Server 2008 R2…

0