[改訂版] SCOM で監視を実施する際のウィルス対策ソフトの設定について

こんにちは、日本マイクロソフト System Center Support Team の久保です。 System Center Operations Manager (以下、SCOM) の運用を行う中で、ウイルス対策ソフトとの競合により、監視がうまく行われないという事象が発生することがございます。 今回は事象発生の予防や、監視がうまく行われない場合の切り分けの一つとして、ウイルス対策ソフトの除外設定についてご紹介いたします。 “SCOM サーバー” および “監視対象のコンピューター” の両方にて、ウイルス対策の除外設定を行う必要がございます。 除外設定が必要となる項目は、下記の 4 項目でございます ※ 以下では、SCOM 2012 R2 に関する設定方法をご案内いたします。 ※ ご案内しておりますファイルのパスは、インストール時に規定で設定したパスでございます。ご環境に合わせて、適宜変更をしてください。 1. SCOM 2012 R2管理サーバー 2. SQL サーバー 3. SCOM エージェント 4. 拡張子 1. SCOM 2012 R2 管理サーバー ===================== 以下のフォルダを除外してください。 > C:\Program Files\Microsoft System Center 2012 R2\Operations Manager\Server\Health…

0

SQL Server 2014管理パックおよび言語パックのインポートについて

こんにちは。日本マイクロソフトの黒田です。   System Center Operations Manager (以下、SCOM)では、監視対象として Active Directory や SQL Server などを監視することが可能です。 そういった監視対象を設定するためには事前に対象となる機能や製品の「管理パック」をインポートする必要があります。   この「管理パック」は SCOM 2012 R2 の場合、先に英語版の管理パックをインポートした後に日本語の言語パックをインポートする手順が必要です。   今回は、SQL Server 2014 用の管理パックと共に提供されている言語パックのインポート手順について注意点があるので、案内したいと思います。     SQL Server 2014 の場合、最新版の英語版の管理パック (Version 6.6.0.0) をインポートした後に日本語の言語パック (Version 6.5.4.0) をインポートしようとするとエラーとなり失敗します。   原因はインポート済みの管理パックの中に日本語の言語パックが参照しようとしている要素がないためです。 日本語の言語パック (Version 6.5.4.0) をインポートする際に、インポート済の英語版の内容を確認するのですが、英語版管理パック内に、日本語の言語パックの内容に対応する要素が存在しないためにエラーを出力しています。   回避するためには、インポート済みの管理パックをいったん削除し、1つ前のバージョンの英語版の管理パック (Version 6.5.4.0) を先にインポートする必要があります。 その後、日本語の言語パック(Version 6.5.4.0)および最新の英語版の管理パック (Version 6.6.0.0) のインポートを行います。   ※お手元に…

0

Windows Server Cluster 管理パック (Version 6.0.7230.0) 利用時に言語パックがインポートできない問題について

こんにちは、日本マイクロソフトの佐々木です。         今回は、2014年8月22日にリリースされた クラスタ管理パック (Version 6.0.7230.0) に関する既知の問題についてご案内します。 こちらの管理パックをご利用頂く場合、管理パックをローカルの言語に表示するための “言語パック” をインポートする際に失敗することがあります。 具体的には、Windows Server 2012 R2 用のクラスタ管理パック(ファイル名: Microsoft.Windows.2012.R2.Cluster.Management.Monitoring.mp) の最新のバージョンである Version 6.0.7230.0 を新規にインポートし、 併せて Windows Server 2012 R2 クラスター管理監視言語パック(ファイル名: Microsoft.Windows.2012.R2.Cluster.Management.Monitoring.JPN.mp) をインポートすると以下の画面のエラーとなり、インポートに失敗します。 この問題はクラスタ管理パックおよび言語パックを新規にインポートする場合に限って発生します。 現時点でクラスタ管理パックを新規にインポートしてご利用頂く場合は、Windows Server 2012 R2 用のクラスタ管理パックについては、言語パックをインポートせず、英語版としてご利用ください。 この問題は、現時点での最新バージョンである Version 6.0.7230.0 のクラスタ管理パックに下位互換性が保たれていないために発生します。 既に以前のバージョンのクラスタ管理パックおよび言語パックがインポートされている環境で、クラスタ管理パックのみを上書きでインポートした場合は、問題は発生しません。(利用についても問題はありません。) ※言語パックをインポートせずに旧バージョンのクラスタ管理パックをご利用頂いており、今回のバージョンへのアップデートと併せて言語パックのインポートを予定している場合は、 初めに言語パックを導入していただき、その後で新しいクラスタ管理パックをインポートして頂ければ現象を回避することができます。 – エラー画面 この問題は日本語の言語パック以外のその他の言語パックでも同様に発生します。 本件については進展があり次第、本ブログで情報をアップデートしますのでお待ちください。 ※2014年12月16日更新  現在は修正済みの言語パックを公開しております。 以下より「SC Management Pack for Cluster.JPN.msi」をダウンロードしてください。    > System…

0

SCOM 管理コンソールで「組織ナレッジ」が編集できない現象が発生することがあります。

こんにちは、日本マイクロソフトの佐々木です。 SCOM 管理コンソールでモニタやルールの [組織ナレッジ] タブの [編集] をクリックすると、次のエラー メッセージのいずれかが表示される場合があります。 ・Office 実行時の Visual Studio のツールがインストールされていません。 ・Word の起動に失敗しました。Microsoft Word がインストールされているかどうかを確認してください。 ・オブジェクト参照オブジェクトのインスタンスに設定されていません。   この問題は、サポートされていないバージョンの Microsoft Office Word がインストールされている場合に発生します。 サポートされているバージョンは、次のとおりです。   ・Microsoft Word 2010 (プロフェッショナル エディションだけです。Standard Edition はサポートされていません) ・Microsoft Word 2007 ・Microsoft Office Word 2003 の .NET プログラミングの機能 エラーメッセージが表示される場合はインストールされている Office Word のバージョンが サポートされているバージョンであるかをご確認頂ければと思います。 (対象) Microsoft System Center 2012 Operations Manager…

0

Windowsコンピューターのエージェントレス監視を行うために必要となるアカウントの設定について

こんにちは。日本マイクロソフトの佐々木です。 System Center Operations Manager ではWindows コンピューターのエージェントレス監視を行うことができます。この監視を行うために必要となるアカウントの設定に関しては情報がまとまっておりませんでした。必要となる設定については以下のKB 2842674 で情報を公開致しましたのでご参照いただければと思います。> Windowsコンピューターのエージェントレス監視を行うために必要となるアカウントの設定http://support.microsoft.com/kb/2842674

0

[System Center 2012] ロールアップ 3 が公開されました

こんにちは、System Center サポート部の石井です。 System Center 2012 のロールアップ 3 が公開されました。2012 年 10 月現在の最新版となります。本パッケージには、System Center 2012 Data Protection Manager、Operations Manager、Service Manager の修正が含まれています。(今回は、Orchestrator と Virtual Machine Manager の修正はありません。) 修正内容や、適用時の方法・注意事項については技術情報をご参考下さい。 技術情報:”Description of Update Rollup 3 for System Center 2012″ http://support.microsoft.com/kb/2756127/en 本修正は、マイクロソフト アップデート経由での取得が可能ですので、サーバーがインターネットに接続されている場合、Windows Update 経由で入手できます。(重要な更新のカテゴリとなります。)また、手動でダウンロードして適用いただく場合には、以下のサイトをご利用下さい。 ダウンロード サイト============================DPM 2012http://catalog.update.microsoft.com/v7/site/Search.aspx?q=2751230 SCOM 2012http://catalog.update.microsoft.com/v7/site/Search.aspx?q=2750631 SCSM 2012http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=34960 – 補足:Configuration Manager は System Center 2012 ロールアップではなく、個別のロールアップ配信となります。詳しくは以前のポストをご参考下さい。…

0

Windows Server 2012 関連の管理パックがリリースされました。

日本マイクロソフト System Center Support Team の宮崎です。Windows Server 2012 を監視するための System Center Operations Manager 用管理パックがリリースされました。以下のサイトで公開されています。現時点では英語版のみです。 “System Center Monitoring Pack for Windows Server Operating System (6.0.6989.0)”http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=9296-> Windows Server 2012 を監視するための OS 管理パックです。 “System Center 2012 Monitoring Pack for Microsoft Windows Server 2012 Internet Information Service 8″http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=34767-> Windows Server 2012 上で動作する IIS を監視するための管理パックです。 “System Center 2012 Monitoring Pack…

0

SCOM エージェントのプッシュインストールが失敗する場合に確認すべきポイントについて

日本マイクロソフトの佐々木です。 System Center Operations Manager (以下、SCOM) のエージェントを管理コンソールからプッシュインストールした際、問題が発生した場合に確認するべきポイントを紹介したいと思います。この内容は、エージェントのアップデートで問題が発生した場合にも適用することが出来ます。エージェントのプッシュインストールが失敗する場合、一般的には以下 A.) 、 B.) 、C.) のいずれかあるいは複数の要因が考えられます。 >>失敗した場合の例 (この場合のエラー コード: 800706BAはRPCサーバーが利用できないことを示します。) A.) エージェントインストール対象のコンピューターでプッシュインストールに必要なサービスが稼働していない。B.) 管理サーバーからアップデート対象のコンピューターへの完全修飾ドメイン名 (以下、FQDN) での通信が行えない。    C.) 通信自体がFirewall(以下、FW) により正常に行えない。 詳細は以下の通りです。 A.) エージェントインストール対象のコンピューターでプッシュインストールに必要なサービスが稼働していない。———————————————————————–プッシュインストールを行う場合、以下のサービスが対象のコンピューター上で起動している必要があります。現象が発生しているコンピューターでこれらのサービスの稼働状況を確認して下さい。開始していない場合は開始してください。 a. Netlogonb. Remote Registryc. Windows Installer *スタートアップの種類が”手動”となっていれば問題ありません。d. Automatic Updates (Windows Updates) B.) 管理サーバーからプッシュインストール対象のコンピューターへのFQDNでの通信が行えない。———————————————————————–SCOM管理サーバーからプッシュインストール対象のコンピューターに対してping等でFQDNでの通信が行えることを確認して下さい。通信が行えない場合には、DNS等の設定に問題が無いかを確認して下さい。何らかの理由により設定の変更が行えない場合には、”回避策” に記載をした方法を試してみて下さい。 – 参考資料TCP/IP のトラブルシューティング: ホスト名を解決できません。http://technet2.microsoft.com/WindowsServer/ja/library/ee9f567a-7ff0-43e7-b0c8-c8ac36cbe9b01041.mspx – 回避策SCOM 管理サーバーの Hosts ファイルに、エージェントをインストールする対象のコンピューターの IP アドレスを追加することで名前解決を行います。Hosts ファイルは以下のフォルダに保存されています。ファイルを編集し、現象が解消するか確認してください。%windir%\system32\drivers\etc\hosts C.) 通信自体が FW 等により正常に行えない。———————————————————————–ネットワーク上に FW デバイスが存在していないか、存在する場合はアクセスリストなどで必要な通信が遮断されていないかを確認して下さい。またコンピューター上でパーソナル FW や Windows Firewall が実行されていないかについても確認して下さい。  Windows Firewall…

0

SCOM 2012 の問題:管理サーバーを管理グループから削除すると、データウェアハウス同期サーバーがデータベースから削除される

みなさん、こんにちは。System Center Support Team の三島です。今回は、System Center 2012 Operations Manage (以下、SCOM) で管理サーバーを削除した際に発生する問題についてお知らせいたします。この問題は影響が大きいのですが、普通に SCOM を使用しているだけだと発生している事になかなか気付きません。現象の説明と併せて確認方法もまとめましたので、是非一度確認して頂ければと思います。   問題の詳細====================================================System Center Operations Manager 2012(RTM、CU1 および CU2 適用済みに環境)において、管理サーバーを管理グループから削除した際に、データウェアハウス同期サーバーの情報がデータベースから削除されます。データウェアハウス同期サーバーの情報が削除されてしまうと、データウェアハウスへデータの同期が行われなくなるため、レポートに管理サーバーを管理グループから削除する以前までのデータしか表示されないという現象が発生します。なお、この問題が発生した場合にも、同期が正常に行われていない旨を示す警告やエラーは、イベントログやアラートには一切記録されません。そのため、問題が発生しているか否かを判断するためには、以下のクエリを OperationsManagerDW データベースに対して実行し、定期的な同期処理が正常に行われているかを確認する必要があります。 ——ここから———————————–select DWLastModifiedDateTime, r.RuleSystemName from SynchronizationProcessState s join [Rule] r on s.SynchronizationProcessId = r.RuleGuid order by DWLastModifiedDateTime desc——ここまで———————————– クエリの結果は以下のように表示されます。 ————————————————–DWLastModifiedDateTime         RuleSystemName2012-08-22 17:43:03.727        Microsoft.SystemCenter.DataWarehouse.Synchronization.ManagedEntity2012-08-22 17:43:03.643        Microsoft.SystemCenter.DataWarehouse.Synchronization.Relationship2012-08-22 17:43:03.620        Microsoft.SystemCenter.DataWarehouse.Synchronization.HealthServiceOutage2012-08-22 17:43:03.610        Microsoft.SystemCenter.DataWarehouse.Synchronization.MaintenanceMode2012-08-22 17:43:03.580        Microsoft.SystemCenter.DataWarehouse.Synchronization.TypedManagedEntity2012-08-22 17:42:51.683       …

0