SQL Server 2014管理パックおよび言語パックのインポートについて

こんにちは。日本マイクロソフトの黒田です。   System Center Operations Manager (以下、SCOM)では、監視対象として Active Directory や SQL Server などを監視することが可能です。 そういった監視対象を設定するためには事前に対象となる機能や製品の「管理パック」をインポートする必要があります。   この「管理パック」は SCOM 2012 R2 の場合、先に英語版の管理パックをインポートした後に日本語の言語パックをインポートする手順が必要です。   今回は、SQL Server 2014 用の管理パックと共に提供されている言語パックのインポート手順について注意点があるので、案内したいと思います。     SQL Server 2014 の場合、最新版の英語版の管理パック (Version 6.6.0.0) をインポートした後に日本語の言語パック (Version 6.5.4.0) をインポートしようとするとエラーとなり失敗します。   原因はインポート済みの管理パックの中に日本語の言語パックが参照しようとしている要素がないためです。 日本語の言語パック (Version 6.5.4.0) をインポートする際に、インポート済の英語版の内容を確認するのですが、英語版管理パック内に、日本語の言語パックの内容に対応する要素が存在しないためにエラーを出力しています。   回避するためには、インポート済みの管理パックをいったん削除し、1つ前のバージョンの英語版の管理パック (Version 6.5.4.0) を先にインポートする必要があります。 その後、日本語の言語パック(Version 6.5.4.0)および最新の英語版の管理パック (Version 6.6.0.0) のインポートを行います。   ※お手元に…

0

Windows Server Cluster 管理パック (Version 6.0.7230.0) 利用時に言語パックがインポートできない問題について

こんにちは、日本マイクロソフトの佐々木です。         今回は、2014年8月22日にリリースされた クラスタ管理パック (Version 6.0.7230.0) に関する既知の問題についてご案内します。 こちらの管理パックをご利用頂く場合、管理パックをローカルの言語に表示するための “言語パック” をインポートする際に失敗することがあります。 具体的には、Windows Server 2012 R2 用のクラスタ管理パック(ファイル名: Microsoft.Windows.2012.R2.Cluster.Management.Monitoring.mp) の最新のバージョンである Version 6.0.7230.0 を新規にインポートし、 併せて Windows Server 2012 R2 クラスター管理監視言語パック(ファイル名: Microsoft.Windows.2012.R2.Cluster.Management.Monitoring.JPN.mp) をインポートすると以下の画面のエラーとなり、インポートに失敗します。 この問題はクラスタ管理パックおよび言語パックを新規にインポートする場合に限って発生します。 現時点でクラスタ管理パックを新規にインポートしてご利用頂く場合は、Windows Server 2012 R2 用のクラスタ管理パックについては、言語パックをインポートせず、英語版としてご利用ください。 この問題は、現時点での最新バージョンである Version 6.0.7230.0 のクラスタ管理パックに下位互換性が保たれていないために発生します。 既に以前のバージョンのクラスタ管理パックおよび言語パックがインポートされている環境で、クラスタ管理パックのみを上書きでインポートした場合は、問題は発生しません。(利用についても問題はありません。) ※言語パックをインポートせずに旧バージョンのクラスタ管理パックをご利用頂いており、今回のバージョンへのアップデートと併せて言語パックのインポートを予定している場合は、 初めに言語パックを導入していただき、その後で新しいクラスタ管理パックをインポートして頂ければ現象を回避することができます。 – エラー画面 この問題は日本語の言語パック以外のその他の言語パックでも同様に発生します。 本件については進展があり次第、本ブログで情報をアップデートしますのでお待ちください。 ※2014年12月16日更新  現在は修正済みの言語パックを公開しております。 以下より「SC Management Pack for Cluster.JPN.msi」をダウンロードしてください。    > System…

0

SCOM 2012 + Windows 2008 SP2 の環境でmomperfsnapshotHelper.exe がクラッシュする現象について

こんにちは。日本マイクロソフトの佐々木です。 System Center 2012 Operations Manager をWindows Server 2008 Service Pack 2 (SP2) で動作させている環境でMOMPerfSnapshotHelper.exeプロセスがクラッシュするかOS の CPU 利用率が高騰する現象が報告されております。この現象は主に、SharePoint 2010がインストールされている環境で発生します。こちらの現象については修正プログラムを提供しておりますので、該当している可能性がある場合は以下のサイトから修正プログラムを入手して適用してください。問題の詳細についてもこちらのサイトに記載している内容をご参照ください。 “MOMPerfSnapshotHelper.exe プロセスがクラッシュしたり、Windows Server 2008 sp2 の CPU 使用率が高い”http://support.microsoft.com/kb/2812950/

0

Windowsコンピューターのエージェントレス監視を行うために必要となるアカウントの設定について

こんにちは。日本マイクロソフトの佐々木です。 System Center Operations Manager ではWindows コンピューターのエージェントレス監視を行うことができます。この監視を行うために必要となるアカウントの設定に関しては情報がまとまっておりませんでした。必要となる設定については以下のKB 2842674 で情報を公開致しましたのでご参照いただければと思います。> Windowsコンピューターのエージェントレス監視を行うために必要となるアカウントの設定http://support.microsoft.com/kb/2842674

0

SCOM 2007 の SNMP を利用した監視の手順について

こんにちは。日本マイクロソフトの佐々木です。 System Center Operations Manager 2007 R2 (以下 SCOM 2007) でSNMP を利用した監視に関しては手順に関する技術情報が分散していることもあり必要となる手順の流れがわかりにくいというご意見を頂くことがあります。そこで、一連の流れについてまとめましたのでご参照いただければと思います。SNMP 監視の実装手順===================SNMP 監視を始めるためには、以下の作業項目を実施しておく必要があります。 A.) データの送信先の設定B.) ネットワーク機器の登録C.) プロキシーエージェントの設定D.) ルールあるいはモニタの作成 A.) データの送信先の設定———————————————–SNMP 監視対象でデータの送信先を設定します。今回のデータ送信先はSCOM 管理サーバー、またはエージェントがインストールされている任意のコンピューターとなります。この設定方法つきましては、各監視対象の製品マニュアル等をご参照下さい。 B.) ネットワーク機器の登録———————————————–“管理” ページにて “ネットワーク デバイス” を登録します。これにより、ルールおよびモニタの生成時に、[SNMP ネットワーク デバイス] ターゲットが使用できるようになります。デバイスの追加手順は以下の通りです。 1.) SCOM 管理コンソールで、[管理] ボタンをクリックします。2.) ナビゲーション ウィンドウの下部で、[検出ウィザード] をクリックします。3.) [自動、または詳細のどちらに設定しますか?] ページで、次の操作を行います。 3-1. [詳細な検出] をオンにします。 3-2. [コンピュータとデバイスのクラス] の一覧で、[ネットワーク デバイス] を選択します。3-3. [管理サーバー] ボックスの一覧で、オブジェクトを検出する管理サーバーまたはゲートウェイ サーバーをクリックします。 4.) [次へ] をクリックします。5.) [検出方法] ページで、次の操作を行います。 5-1….

0

ルート管理サーバーとレポート機能のインストール時に指定したアクションアカウントの変更方法

日本マイクロソフトの佐々木です。 System Center Operations Manager 2007 R2 のルート管理サーバーとレポート機能のインストール時に指定したアクション アカウントを、インストール後に変更する方法については、今までまとまった情報がありませんでした。こちらの点について本日情報を公開致しました。アカウントの変更を行う必要がある場合には是非ともご参照ください。 “ ルート管理サーバーとレポート機能のインストール時に指定したアクションアカウントの変更方法”http://support.microsoft.com/kb/2765001 宜しくお願い致します。  

0

SCOM 2007 R2 の Cumulative Update (CU) 情報のまとめ

日本マイクロソフトの佐々木です。 System Center Operations Manager 2007 R2 の累積的な修正プログラム(Cumulative Update, CU)に関して、今ままでリリースされたCU の全リストを以下のKB 2453149で公開しております。リリース日、修正内容等を参照される必要がある場合は是非ともご利用ください。 > List of all cumulative update releases for System Center Operations Manager 2007 R2http://support.microsoft.com/kb/2453149/ 宜しくお願い致します。  

0

SCOM 2007/2012 管理コンソールの表示の更新間隔を調整する方法について

日本マイクロソフトの佐々木です。 今回はSystem Center Operations Manager 2007 および System Center 2012 Operations Manager (以下、まとめて SCOM) の管理コンソールについて、表示 (アラートやコンピューターの状態等のビュー) の更新間隔を調整する方法を紹介したいと思います。 SCOM 管理コンソールの表示の更新間隔は既定で15秒です。更新間隔毎に SQL Server データベースとの通信が発生するため、特に大規模な環境などで表示対象のアラートやイベント情報が定常的に多い場合、応答性能が非常に低くなることがあります。このような場合には更新頻度を既定値 (15 秒) からより大きい値に変更することでパフォーマンスが改善する可能性があります。変更方法は以下の通りです。この手順はSCOM 2007 SP1/R2 及び SCOM 2012 のいずれに対しても有効です。 SCOM 管理コンソールの更新間隔変更手順======================================== 1.)  SCOMコンソールがインストールされたWindows Vistaコンピューターに管理者権限でログインします。 2.) レジストリエディタで以下のパスを開きます。SCOMコンソールが起動している場合は一度終了します。HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Microsoft Operations Manager\3.0\console\CacheParameters 3.) 以下の値をダブルクリックして開きます。値を「1」から変更します。値を「2」以上に変更してください。 PollingInterval (参考)設定可能な値は以下の通りです。0  :F5キーをクリックしたタイミングでのみ更新します。1  :15秒毎に更新します。(既定の状態)2  :30秒毎に更新します。10  :設定可能な最大の値です。(10分) 例えば何らかの問題が発生したタイミング(アラートのメール通知等) でのみ管理コンソールの表示を確認する運用をしているのであれば、自動の更新を止めて、 F5 キーによってリフレッシュしたタイミングのみで更新する設定(0)に変更することで、無駄なトラフィックを抑制できます。※管理コンソールを閉じている場合には通信は発生しません。 4.) 設定が終わった後はレジストリエディタを閉じます。以上で完了です。次に管理コンソールを起動した後から新しい設定で動作します。  

0

SCOM 2007/2012 監視対象のコンピューター上で実行されているルール、モニタを SCOM 管理コンソールで確認する方法

こんにちは。日本マイクロソフトの佐々木です。 今回は、System Center Operations Manager 2007 (以下、SCOM 2007) および System Center 2012 Operations Manager (以下、SOCM 2012) のエージェントがインストールされているコンピューター上で実行されているルール及びモニタの一覧を取得する方法を紹介したいと思います。方法は以下の通りです。設定したルールがちゃんと動作しない理由を調べたい時や、どれぐらいのモニタが監視対象コンピューター上で実行されているか知りたい時などに利用してみてください。 一覧の取得方法——————————SCOM 2012 の場合は管理パックが既定の状態でインポートされております。手順 1. と手順 2. は必要ありません。 1. SCOM 管理コンソールを起動し、[管理] ペインの [管理パック] ノードを右クリックして [管理パックのインポート] を選択します。2. SCOM インストールメディアの SupportTools\AMD64 フォルダにある [Microsoft.SystemCenter.Internal.Tasks.mp]  を選択して、インポートを実行します。※ 管理パックはアーキテクチャに依存しません。i386 フォルダ内にある同名のファイルをインポートしても問題ありません。 3. [監視] ペインの [検出された一覧] に移動します。4. 右ペインの [アクション] にある [ターゲットタイプの変更] をクリックします。5. [ターゲット タイプの選択] ウインドウにて、[ヘルス サービス] を選択して…

0

SCOM 2012 におけるウイルス対策ソフトウェアの除外設定について

こんにちは。日本マイクロソフトの佐々木です。 System Center 2012 Operations Manager (以下、SCOM 2012)  環境でウイルススキャンの除外設定を行うべきパスについて以下に記載いたします。System Center Operations Manager 2007 (以下、SCOM 2007) とはフォルダのパスが異なりますので、ご注意いただければと思います。 (参考)SCOM 2007 については以下をご参照ください。 “MOM 2005 および Operations Manager 2007 に関連するウイルス対策の除外に関する推奨事項”http://support.microsoft.com/kb/975931 ウイルス対策ソフトウェアの除外設定===================================== a.) SCOM 2012 管理サーバーb.) SQLサーバーc.) SCOM 2012 エージェントd.) 拡張子による除外設定 a.) SCOM 2012 管理サーバー——————————————以下のフォルダを除外してください。 ~:\Program Files\System Center 2012\Operations Manager\Server\Health Service State\Health Service Store b.) SQLサーバー——————————————以下のフォルダを除外してください。 SQL Server データベース: ~:\Program…

0