Configuration Manager で資産インテリジェンス カタログの同期に用いる証明書が有効期限切れとなった場合の対処方法について

こんにちは。日本マイクロソフト System Center Support Team です。   本日は、System Center Configuration Manager の資産インテリジェンス機能をご利用の方に向けて、System Center Online 証明書の更新方法をご案内いたします。 この証明書には 2 年間の有効期限が設定されており、有効期限を過ぎると認証エラーにより資産インテリジェンス カタログの同期に失敗します。 そのため、証明書の期限を過ぎた場合、あるいは期限を過ぎる前に証明書を更新する必要があります。   ■ 現象の説明   System Center Online 証明書の有効期限が過ぎると、資産インテリジェンス カタログの同期に失敗し以下のエラーが表示されます。     ■ 本現象の影響範囲について   カタログの同期に失敗している間、新たにカタログに登録された製品の情報が受信できません。 そのため、カタログに新たに登録された製品の情報が Configuration Manager により収集されていても、資産インテリジェンス レポートに表示されません。 ただし、過去に同期済みの資産インテリジェンス カタログ情報は参照可能ですので、過去に登録済みの製品についてはレポートで問題なく表示されます。 また、資産インテリジェンス機能以外の Configuration Manager 機能への影響はございません。   ■ 対処方法   以下の技術文書の手順にしたがって、System Center Online 証明書を構成してください。  …


System Center 2012 Configuration Manager ソフトウエア展開におけるログオン イベントの検知について

こんにちは。SCCM サポート チームです。 今回は、System Center 2012 Configuration Manager (以下、SCCM 2012) にてソフトウエアの展開をご利用いただく場合に、ご注意いただきたいポイントについてご案内いたします。 SCCM 2012 にてソフトウエアを展開するため、パッケージを作成後、パッケージの展開スケジュールを設定することができますが、クライアントの起動後にプログラムを実行させたいという意図で、以下のように [次のイベントの直後に割り当てる] – [ログオン] を選択を行っても、実際にはパッケージ内のプログラムが実行されない場合があります。 具体的には、端末の電源起動直後(SMS Agent Host サービスの起動前)にユーザーがログオンした場合です。 その理由は、ユーザーのログオン イベントを検知する仕組みが、SCCM のクライアントサービス(SMS Agent Host サービス)が起動している場合にのみ動作するためであり、同サービスが起動する前はログオンが検知できません。 このため、本設定が利用できるシナリオとしましては、夜間の端末メンテナンスのため、電源を投入した状態としておき、夜間にダウンロードを完了させたプログラムを翌朝ユーザーのログオン イベントを利用してインストールする等、SCCM のクライアント エージェントのサービスが起動していることが前提の展開計画が必要となります。 こちらの割り当てスケジュールにて、 [新規] を選択すると、以下の項目が選択可能です。   昨今の新しい OS では、クライアントの起動直後に、より早くユーザーが操作開始できるように、自動開始されるサービスの起動を待たずにユーザーのログオンを優先する挙動となっており、SCCM のクライアント エージェントのサービスが起動するよりも早ーザーのログオンが実行される状況が生じやすくなっております。 本内容は SCCM 2012 SP1 および R2 でも同様の動作となりますので、ご注意ください。

0

System Center 2012 Configuration Manager の TechNet 文書 (2014/2/1 時点) がダウンロードできるようになりました。

こんにちは。System Center サポート担当の本田です。 System Center 2012 R2 Configuration Manager の TechNet 文書が以下のサイトよりダウンロードできるようになりました。 Technical Documentation Download for System Center 2012 R2 Configuration Manager http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=29901 今回のリリースは、2014/2/1 時点のものとなりますので、System Center 2012 Configuration Manager、System Center 2012 Configuration Manager Service Pack 1、System Center 2012 R2 Configuration Manager の内容が含まれます。ダウンロードしていただけるものですので、インターネットが使用できないなど環境を選ばず、オフラインで参照できるヘルプ ファイルとしてご活用の幅が広がると思います。 持ち運びできるサポート ドキュメントとして、是非ご活用ください! ファイル形式について 以下の 3 つの形式でファイルを用意しております。 ・chm (ヘルプ ファイル) ・docx (Word ファイル)…

0

System Center 2012 Configuration Manager SP1 の累積的な更新 4 (CU4) がリリースされました。

こんにちは。SCCM サポート チームです。   System Center 2012 Configuration Manager SP1 の累積的な更新 4 (CU4) がリリースされました。 以下のウェブ ページから入手可能です。   http://support.microsoft.com/kb/2922875   また、米国 System Center Configuration Manager ブログに、この更新についてご説明したブログ記事が投稿されております。 オリジナルのブログ記事は、以下よりお読みいただけます。(英文)   Now available: Cumulative Update 4 for System Center 2012 Configuration Manager Service Pack 1 http://blogs.technet.com/b/configurationmgr/archive/2014/01/29/now-available-cumulative-update-4-for-system-center-2012-configuration-manager-service-pack-1.aspx   上記ブログ記事の翻訳版を以下に掲載いたします。   なお、CU4 をサイト サーバーに適用した後は、全てのブート イメージに対して、「配布ポイントの更新」を行う必要があります。   ==========    以下翻訳    ==========   System…

0

System Center 2012 Configuration Manager Service Pack 1 Cumulative Update 3 が利用可能になりました

こんにちは。System Center サポート担当の岩丸です。 System Center 2012 Configuration Manager Service Pack 1 Cumulative Update 3 が、hotfix KB 2882125 としてダウンロード可能となりました。 http://support.microsoft.com/kb/2882125 このアップデートでは、様々な修正点、Endpoint Protection クライアントの新しいバージョン、そして Windows 8.1 ベースのクライアントのサポートが提供されます。   CU 3 における、SQL スクリプトの変更点 CU3 では、新しいバージョンの SQL CLR ストアド プロシージャが導入されます。 この変更によって、update.sql スクリプトを手動で実行してアップデートする場合には、いくつかの追加のステップが必要となります。 CU3 のインストール後に、手動で update.sql スクリプトを実行するには、以下のステップを実行してください。   サイトサーバーにサイトデータベースがインストールされている場合 1. CU3 アップデート後に、サイトサーバー上で \bin\x64\MessangeHandlerService.dll ファイルの場所を確認します。 2. Configuration Manager インストールフォルダ配下の、\hotfix\KB2882125 フォルダ内に存在する、update.sql ファイルをテキスト…

0

[SCCM 2012] System Center 2012 Configuration Manager Service Pack 1 CU2 がリリースされました

こんにちは。システム センター サポートの岩丸です。   System Center 2012 Configuration Manager Service Pack 1 用に 累積アップデート 2 (Cumulative Update 2, CU2) がリリースされました。 2013 年 6 月現在の最新版となります。SP1 への累積アップデートとなりますので、SP1 環境であることが前提条件となります。   今回のアップデートでは様々な修正点に加え、サポートされる Linux・UNIX OS の種類が追加されています。 また、累積アップデート セットアップ用のラッパー(Updatesetup.exe)が更新されたため、 サイト サーバーや管理コンソールがインストールされたコンピューターで本プログラムを実行した場合、 管理コンソールを直接アップデートできるようになりました。 ※ 従来の Updatesetup.exe はインストーラー パッチ ファイル (.msp) を配置するだけだったため、手動での更新実行が必要でした。 なお、管理コンソールを手動で更新する従来の手順も引き続きサポートされます。   詳細な修正内容や、適用時の方法・注意事項については技術情報をご参考下さい。 技術情報: “Description of Cumulative Update 2 for System Center…

0

[SCCM 2012] SCCM 2012 SP1 評価ガイド – 機能紹介とアーキテクチャ編 が公開されました

こんにちは、System Center サポート部の石井です。 SCCM 2012 SP1 評価ガイドの機能紹介編が公開されました。 System Center 2012 Configuration Manager Service Pack 1 評価ガイド – 機能紹介とアーキテクチャ編 http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=39048  また、これまでに公開された有用な資料は以下の通りおまとめしています。 System Center 2012 Configuration Manager のお役立ち情報リンクについて http://blogs.technet.com/b/systemcenterjp/archive/2013/03/06/3556713.aspx System Center テクニカル リソース http://technet.microsoft.com/ja-jp/systemcenter/bb980621 System Center 2012 Configuration Manager http://technet.microsoft.com/ja-jp/systemcenter/hh285244 本ブログの SCCM 2012 関連ポスト一覧 http://blogs.technet.com/b/systemcenterjp/archive/tags/sccm+2012/

0

System Center 2012 Configuration Manager Service Pack 1 にて、Mac OS X 10.8 (Mountain Lion) がサポートされました。

こんにちは。システム センター サポートの本田です。 System Center 2012 Configuration Manager Service Pack 1 (以降、SCCM 2012 SP1) では、管理対象として、Mac OS X 10.6 (Snow Leopard)、10.7 (Lion) を搭載した Mac コンピューターがサポートされておりましたが、Mac OS X 10.8 (Mountain Lion) もサポートされるようになりました。 Mac OS X 10.8 クライアントを管理するために、必要なモジュールは以下の通りです。 – サーバー側 SCCM 2012 SP1 CU1 (KB2817245) を適用することで、アプリケーション展開やコンプライアンス設定の構成項目作成の際に使用できるプラットフォームの一覧において、Mac OS X 10.8 が選択できるようになります。 Description of Cumulative Update 1 for System Center…

0

[SCCM 2012] System Center 2012 Configuration Manager Service Pack 1 CU1 がリリースされました

こんにちは。システム センター サポートの本田です。 System Center 2012 Configuration Manager Service Pack 1 用に 累積アップデート 1 (Cumulative Update 1, CU1) がリリースされました。 2013 年 3 月現在の最新版となります。SP1 への累積アップデートとなりますので、SP1 環境であることが前提条件となります。 修正内容や、適用時の方法・注意事項については技術情報をご参考下さい。 技術情報: “Description of Cumulative Update 1 for System Center 2012 Configuration Manager Service Pack 1” http://support.microsoft.com/kb/2817245/en-us (英語) http://support.microsoft.com/kb/2817245/ja-jp (日本語機械翻訳) なお、System Center 2012 Configuration Manager の CU は多言語対応していますので、本 CU1 を英語環境にも、日本語環境にも、適用することができます。…

0