DPM 2010 のロールアップ パッケージの最新版 (2012 年 7 月版) が公開されました

こんにちは、System Center サポート部の濱中です。DPM 2010 の最新のロールアップ更新プログラムが公開されましたので、ご紹介いたします。 Description of hotfix rollup package 6 for System Center Data Protection Manager 2010 http://support.microsoft.com/kb/2718797/en-us (英語版) http://support.microsoft.com/kb/2718797/ja-jp (日本語機械翻訳版) ダウンロード: http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=30426 今回のロールアップはテープを用いたバックアップにおける不具合の修正が主になっています。しかしながら、その他にもDPM 2010 の既知の不具合の修正も含んでいますので、安定性向上の為に適用いただくこともお奨めいたします。   適用時の注意事項は以下の通りです。 – DPM サーバーのシステム再起動が必要です。DPM サーバーのシステム再起動は、バックアップ ジョブが実行中ではない時間に行って下さい。バックアップ中に再起動した場合には、該当の保護メンバに整合性エラーが発生し、整合性チェックの実行が必要となります。 – 保護対象のシステム再起動も必要となる可能性があります。構成によっては、保護対象サーバーも再起動が必要となる可能性がございますので、再起動可能なスケジュールにてアップデートを実施して下さい。   今回の修正点は以下のようになっています。 1. MOSS ファームを保護している環境においてミラーリングを実施している場合、ミラー サーバーのサーバー名がプリンシパル サーバー名と同じ文字列で始まる場合に保護出来ない事象2. 回復ポイントの保持期間が変更された際に、既にテープに書き込まれている、現在も有効な回復ポイントの保持期間も同時に変更される事象3. テープに書き込まれたデータが失効しても、失効日の翌日まで、そのテープを再利用できない事象4. 保護対象上に無効な作成日時を持つフォルダーがあった場合、参照できない事象5. 何百万ものファイルのテープへのバックアップができず、”パラメータが不正である” というエラーで失敗する事象6. 保護グループのコロケーションにおいて、失効猶予の設定を規定値よりも長くしている環境において、テープが予定よりも早く期限切れとなる事象 – サーバー側のアップデート適用手順: アップデートにあたっては、DPM サーバーに、事前に以下の OS の修正プログラムを適用しておく必要があります。…

0

DPM 2012 のロールアップ パッケージの最新版 (2012 年 7 月版) が公開されました

こんにちは、System Center サポート部の濱中です。DPM 2012 の最新のロールアップ更新プログラムが公開されましたので、ご紹介いたします。   システム センター 2012年用の更新プログラムのロールアップ 2 の説明 http://support.microsoft.com/kb/2706783/en-us (英語版) http://support.microsoft.com/kb/2706783/ja-jp (日本語機械翻訳版) ダウンロード: http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=30413   今回の修正は、DPM 2012 のリリース後に見つかった、いくつかの不具合の修正を主な目的としたものとなります。本 KB の “Introduction” セクションに記載されている問題に直面しているユーザー様以外の方にも、安定性向上の為に適用いただくこともお奨めいたします。適用時の注意事項は以下の通りです。 – ダウンロード リンクのパッケージは全言語対応です。日本語版 DPM 2012 にもご利用いただけます。 – DPM サーバーのシステム再起動が必要です。 DPM サーバーのシステム再起動は、バックアップ ジョブが実行中ではない時間に行って下さい。バックアップ中に再起動した場合には、該当の保護メンバに整合性エラーが発生し、整合性チェックの実行が必要となります。 – 保護対象のシステム再起動も必要となる可能性があります。 構成によっては、保護対象サーバーも再起動が必要となる可能性がございますので、再起動可能なスケジュールにてアップデートを実施して下さい。   – サーバー側のアップデート適用手順: 今回の更新プログラム適用のために、予め、OS に適用しなければならない修正プログラムなどの前提条件はありません。DPM の修正プログラムの適用手順をご紹介いたします。 まずは、DataProtectionManager2012-KB2706783.exe をダウンロードし、DPM 2012サーバー上で実行します。 1. Welcome 画面が表示されますので、Next をクリックします。この画面では、DPM の進行中のジョブがあった場合、当修正プログラム適用のために失敗してしまうという注意と、DPMDB のバックアップが行われる旨が記載されています。…

0