Windows Server 2008 以降の Windows 上で動作する DPM にて Exchange Server 2003を保護する際、eseutil.exe を用いたデータベースの整合性確認を行うには

いつもお世話になっております。マイクロソフト System Center サポート部の石井です。   今回は、Exchange Server 2003 の DB をバックアップする際、Windows Server 2008 以降の Windows にて動作する DPM (2007 or 2010) にてバックアップを採取する際、どのようにして eseutil を準備するかについてご説明します。   DPM を用いて Exchange Server を DPM にてバックアップする際、eseutil と呼ばれるツールを用いて Exchange Server のデータベースの整合性確認を行うということが可能です。(設定画面は、以下の通り、保護グループの作成ウィザードにて Exchange の情報を追加した際に表示されます。) これを行う事で、バックアップの度に、採取された Exchange データベースの情報に整合性があるか、Exchange の eseutil ツールを用いて DPM 側でもチェックを行う仕組みとなっています。     原則として、Exchange Server 側に存在する eseutil を DPM サーバーにコピーして使う、という運用を行う必要がありますが Exchange…

0