[DPM 2012] DPM 2012 SP1 における Hyper-V バックアップのロードマップ その 2

こんにちは。日本 マイクロソフト System Center サポート チームの濱中です。 前回のブログでもご紹介した通り、System Center 2012 DPM SP1、もしくは、それ以降のバージョン (以下 DPM 2012) では、Windows Server 2012 における CSV 2.0 に対してのバックアップ機能が追加されています。  技術情報: What’s new in System Center 2012 SP1 – DPMhttp://technet.microsoft.com/en-us/library/dn296605.aspx※ “Improved backup performance of Windows Server 2012 Hyper-V over CSV 2.0 deployments” の項目をご覧ください。 前回のブログ: [DPM 2012] DPM 2012 SP1 における Hyper-V バックアップのロードマップhttp://blogs.technet.com/b/systemcenterjp/archive/2012/06/20/3504815.aspx この機能追加に伴う改善点についてご説明いたします。   …

0

[DPM 2012] DPM 2012 SP1 における Hyper-V バックアップのロードマップ

System Center 2012 DPM (以下 DPM 2012) の CTP2 (※) がリリースされました。 Announcing the Availability of System Center 2012 CTP2 ? Data Protection Managerhttp://blogs.technet.com/b/dpm/archive/2012/06/15/announcing-the-availability-of-system-center-2012-ctp2-data-protection-manager.aspx ※ CTP とは、コミュニティ テクノロジ プレビュー、つまり完成版ではない評価版の位置づけですので、実運用環境に用いることが出来ませんし、CTP1 からのアップグレードも出来ず、RTM (リリース版) へのアップグレードも保証されません。あくまで新機能を事前に試用されたいお客様向けのリリースとお考え下さい。 さて、DPM 2012 SP1 では、次期 Windows Server OS である Windows Server 2012 における、CSV 2.0 に対してのバックアップ機能が追加されています。 現在の Windows Server 2008 R2 における CSV のバックアップというのは様々な考慮点や、パフォーマンス面の制約があったりと、なかなか苦慮されている事と存じますが、Windows Server 2012…

0

[DPM] Hyper-V バックアップ関連 – CSV 環境のネットワークの構成方法

こんにちは。System Center サポート部の石井です。   弊社サポート部より、Cluster Shared Volume (CSV) が利用するネットワークの構成方法という Web キャストが公開されました。 8 分ぐらいの簡単なワンポイント紹介となりますので、是非ともご参考下さい。   Cluster Shared Volume (CSV) が利用するネットワークの構成方法 (Web キャスト) http://support.microsoft.com/kb/2682018/ja   DPM にて、Hyper-V の Live Migration 環境をバックアップいただいている皆様に、ご参考いただきたい情報となります。   DPM との関連性として、良くお寄せいただく事例しては、Hyper-V バックアップのタイミングにて負荷が高まった場合に、クラスタ ネットワークの疎通に障害が発生し、結果としてディスクがオフラインとなったり、一部バックアップ対象のVM が不正停止する、といったものがございます。 もちろん、負荷自体については、適切に考慮してハードウェア面や、バックアップ スケジュール面でスケーリングしてゆく必要はありますが、上記 Web キャストのような問題をクリアすることで緩和するような問題も多々ございます。   上記の Web キャストに補足いたしますと、以下のような情報もポストしていますので、ご参考下さい。   DPM による Hyper-V の Live Migration 環境のバックアップを行う際の Tips http://blogs.technet.com/b/systemcenterjp/archive/2011/12/16/3471365.aspx

0

DPM による Hyper-V の Live Migration 環境のバックアップを行う際の Tips

こんにちは。System Center サポート部の石井です。   本日は、CSV のネットワーク構成を iSCSI ストレージを使って用いている場合のネットワーク構成における注意事項と、Live Migration 環境の安定性向上の為の様々な修正プログラムやウイルス対策ソフトのチューニングについてお知らせします。Hyper-V の CSV 環境のバックアップを行っている皆様、是非ともご参考下さい。   – Hyper-V ホスト クラスタのネットワーク構成について   Hyper-V の CSV を用いた、Live Migration 環境のバックアップを行う場合、バックアップに伴ってリダイレクト アクセスが発生します。 → リダイレクト アクセスの説明や、その他、Hyper-V のバックアップ時のチューニングについては以前のポスト (http://blogs.technet.com/b/systemcenterjp/archive/tags/csv/) をご参考下さい。   リダイレクト アクセス発生中は、Hyper-V ホスト クラスタ間のネットワークにおいて、多量の通信が行われる可能性があり、それに備えて適切な設定が行えているかご確認下さい。   確認方法: ========= まず、ホスト クラスタのノード上で、Power shell を起動し、以下のコマンドを入力します。   PS C:\Windows\system32> Get-ClusterNetwork | FT Name, Metric, Role   上記にて、ネットワーク…

0

DPM 2010 による Hyper-V 2.0 CSV 環境での仮想マシンのリストア

こんにちは、System Center サポート部の濱中です。 これまで、数回にわたりHyper-V CSV 環境を DPM 2010 でバックアップする際の手順をご紹介しておりましたが、今回はバックアップされた仮想マシン(VM) をリストアする手順をご紹介いたします。 前のポストはこちらです ↓http://blogs.technet.com/b/systemcenterjp/archive/tags/hyper_2d00_v/ また、こちらの記事もご参照ください。 Q&A. Hyper-V バックアップ (オンライン バックアップ、オフライン バックアップ、DPM へのデータの転送) の方法を教えてください。http://technet.microsoft.com/ja-jp/systemcenter/dm/gg675302 Q&A. Live Migration 環境バックアップの考慮事項と事前設定手順を教えてください。 http://technet.microsoft.com/ja-jp/systemcenter/dm/gg675329 – 前提としている保護環境について ご説明を始めるにあたって、今回の前提条件として想定している保護環境についてご説明いたします。 弊社では、CSV のバックアップに加え、Hyper-V ホストに対しての BMR によるバックアップをご実施頂くことを、ベストプラクティスとしてお勧めいたしております。 BMR によるリストアを実施することにより、Hyper-V ホスト OS 側の障害発生時にホスト サーバーをスムーズに復旧することが可能です。これにより、ホストサーバーは回復ポイントの作成時点でシャットダウンした場合と同様の状態に復旧し、その後のCSV のリストアが容易になります。Hyper-V ホストまでを含めた Live Migration 環境全体の障害対策として、是非ともご検討下さいますようお願いいたします。 1. Hyper-V ホストのBMR (各Node 分)2. CSV 上の仮想マシン (VM)   ここで、CSV 上のデータはVMのみが保護の対象となることにご注意ください。これは、そもそも…

0

DPM 2010 による Hyper-V の Live Migration (CSV) 環境のバックアップ時、VSS ハードウェア プロバイダを使った場合の注意事項について

(2011/12/16 追記: 当設定内容は、VSS ソフトウェア プロバイダ使用時のバックアップの安定性向上の為にも有効となります。設定の意味をご確認の上、適用を行うかご判断下さい。) こんにちは。System Center サポート部の石井です。 今回は、DPM 2010 により、CSV 環境のバックアップを行った場合に VSS ハードウェア プロバイダを使用した場合の注意事項についてご紹介いたします。 前回までのおさらいです。 DPM 2010 から CSV 環境のバックアップを行う際の注意事項については、当ブログや、System Center FAQ (http://technet.microsoft.com/ja-jp/systemcenter/om/gg675258) にてお伝えしておりました。 ご参考:Q Hyper-V バックアップ (オンライン バックアップ、オフライン バックアップ、DPM へのデータの転送) の方法を教えてください。 http://technet.microsoft.com/ja-jp/systemcenter/dm/gg675302 Q Live Migration 環境バックアップの考慮事項と事前設定手順を教えてください。 http://technet.microsoft.com/ja-jp/systemcenter/dm/gg675329 前述の System Center FAQ の “Q Live Migration 環境バックアップの考慮事項と事前設定手順を教えてください ” にてご紹介いたしました通り、VSS のソフトウェア プロバイダを使用した場合、バックアップにかかる時間の増大や、Live Migration 環境への負荷の増大が発生することがバックアップ時のネックとなります。ハードウェア プロバイダを使うことのメリットを復習しておくと、以下となります。  ->…

0

DPM 2010 による Hyper-V 2.0 CSV 環境のバックアップ その 2

こんにちは、System Center サポート部の石井です。 今回は、前ポストに引き続き、Hyper-V CSV 環境を DPM 2010 でバックアップする際の手順をご紹介します。 前のポストはこちらです ↓ DPM 2010 による Hyper-V 2.0 CSV 環境のバックアップ その 1 http://blogs.technet.com/b/systemcenterjp/archive/2010/11/30/dpm-2010-hyper-v-2-0-csv.aspx – DPM 2010 からのバックアップの設定手順   前回のポストにて、System VSS Provider を使用した場合に、あるコーディネータ ノード上の VM のバックアップ中には別ノードの VM のバックアップを行えないと記載いたしました。 DPM で試しに、2 ノード クラスタで両方のノードが VM をそれぞれ稼働させている場合に、同一保護グループから両 VM をバックアップした場合に以下のエラーになります。(1 LUN に 2 つの VM の VHD が存在する環境です。)   事象発生時の [監視] –…

0

DPM 2010 による Hyper-V 2.0 CSV 環境のバックアップ その 1

こんにちは、System Center サポート部の石井です。   今回は、DPM 2010 の目玉機能である、Windows Server 2008 R2 の Hyper-V 2.0 CSV クラスタ環境 (Live Migration 環境) の VM のバックアップについて動作と、System VSS プロバイダを使用した場合の考慮事項や設定手順を簡単にご説明します。   – CSV 環境って? Hyper-V の CSV 環境というのは、単一の LUN に対して、複数の Hyper-V ホスト クラスタのノードから Direct I/O を実現している環境となります。   非 CSV の共有ディスク構成のクラスタと違う点としては、非 CSV の共有ディスク構成のクラスタだと単一の LUN に対しては、1 つのノードからしかアクセス出来ない、という点です。CSV では、複数のノードから同一 LUN に直接アクセス出来ますが、全ノードからボリュームの管理が行えるわけではありません。 (CSV は、コーディネーター ノード以外のクラスタ ノードでは…

0