Windows Azure Pack からの仮想マシンの展開と過剰コミットについて

日本マイクロソフト System Center Support Team の宮崎です。今回は、Windows Azure Pack (以下、WAP) と System Center 2012 R2 Virtual Machine Manager (以下、SCVMM) を組み合わせた環境における仮想マシンの展開を行う際の制限に関して紹介します。   WAP は、Windows Server 2012 R2 から導入された新機能です。SCVMM や SQL Server 、Hyper-V 、と組み合わせることで、プライベート クラウド環境を構築することができます。また、Microsoft Azure と同じインターフェースを提供します。   “Windows Azure Pack” http://www.microsoft.com/ja-jp/server-cloud/products-Windows-Azure-Pack.aspx   “Windows Server 用 Windows Azure Pack” https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dn296435.aspx   さて、WAP と SCVMM を組み合わせて仮想マシンを展開する際、”過剰コミットのため仮想マシンが作成できません” というエラーが表示される場合があります。この状態では、WAP からこれ以上仮想マシンを展開することはできません。このような状態になる理由は、メッセージにある通り、仮想マシンを展開する先の Hyper-V…

0