SCOM – 「上書き」を上手に設定するコツ

マイクロソフト株式会社マネージャビリティサポートチームの盛です。 SCOM 2007 で、シールされた管理パックに含まれるルールやモニタの設定を変更する場合、「上書き」を利用します。 上書きの設定画面では、上書きしたいパラメータと実際に変更する値を設定しますが、この際、画面下部のプルダウンメニューから「上書きの保存先」も指定することができます。この「保存先」を意識して設定するようにすることにより、SCOM 2007 をより便利に利用することができます。 <上書きの設定画面のスクリーンショット – クリックして拡大 – >  – 上書きと依存関係について管理パックに対して「上書き」を設定した場合、「保存先」を変更しなければ、その設定情報は「既定の管理パック」に保存されます。上書きを設定したとき、設定情報を保存した管理パックには、上書きの対象となった管理パックへの「依存」が発生します。このため、保存先を変更せずに上書きを設定していった場合、気付くと「既定の管理パック」が上書きの対象となったすべての管理パックに依存している、ということになりかねません。 例えば SQL Server 管理パックの「Cannot open user default database. Login failed」ルールと IIS 管理パックの「Security: IIS Logging error: can’t create directory」モニタの設定値を上書きで変更し、その上書きを両方とも、既定の管理パックに保存した場合を考えます。この場合、「既定の管理パックは SQL Server 管理パックと IIS 管理パックに依存している」ということになります。 – 依存関係によって発生する問題点他の管理パックから依存されている管理パックは、その依存関係がある限り削除することができません。例えば上の例では、ある日 IIS 管理パックによる監視が不要になったのでこの管理パックを削除しようと考えたとしても、IIS 管理パックを削除しようとした際に「次の管理パックは、削除しようとしてる管理パックに依存しています。まず、次の管理パックを手動で削除してください」というメッセージが表示されて処理が失敗してしまいます。 この問題を回避する単純な方法は、依存している既定の管理パックを削除することなのですが、そんなことをすれば IIS 管理パックに対する上書きだけでなく、SQL Server 管理パックに対する上書きや、カスタムで作成した「アラート」表示、「状態」表示なども削除されてしまいます。直感的には、削除しようとしている管理パックに対する上書きだけを注意深く見つけ出して削除すれば良いようにも思えるのですが、この作業を行ってもやはり依存性は残ってしまいます。 – 依存関係から生じる問題を回避する方法と予防する方法こうした状況になった場合には、以下の「既定の管理パックから不要な上書きと依存関係だけを削除する方法」に記載した方法で回避することができます。しかしこの回避方法は、管理パックを直接編集する作業を含む点で煩雑かつ危険であり、移行や運用の観点でも望ましくありません。このような問題の発生を未然に防ぎ、SCOM 2007 の運用をより容易にする方法としては、上書き対象の管理パックごとに上書き保存用の管理パックを作成することが有効となります。上に記載した例の場合には、SQL Server 管理パックの「Cannot open user default database. Login…


SCOM2007 / イベントログ内のワークフロー名から、アラートの元となった「ルール」、「モニタ」及び「検出」を特定する方法について

マイクロソフト株式会社マネージャビリティサポートチームの佐々木です。  SCOM2007 では、イベントログで示されているワークフロー名から、アラートの元となっている「ルール」、「モニタ」及び「検出」を特定することが可能です。 以下のようなイベントログが出力されていた場合を例にします。==================================================イベント ソース: Health Service Modules イベント ID : 21402  コンピュータ: SERVER01ユーザー: N/A説明: 構成したタイムアウトの 30 秒を過ぎて実行したため、次の 4:15:02 で始まるプロセスは、強制終了しました。実行されたコマンド: “C:\WINDOWS\system32\cscript.exe” //NoLogo “C:\Program Files\System Center Operations Manager 2007\Health Service State\Monitoring Host Temporary Files 4\658\LogEndToEndEvent.js” 作業ディレクトリ: C:\Program Files\System Center Operations Manager 2007\Health Service State\Monitoring Host Temporary Files 4\658\ 1 つ以上のワークフローがこの影響を受けました。 ワークフロー名: Microsoft.SystemCenter.AgentManagement.LogEndToEndEvent インスタンス名:pc1.test.localインスタンス ID: {2FCD4541-C1D0-610F-4CC1-C193EA527808} 管理グループ:…


今後の SCOM 管理パックの日本語化について

マイクロソフト株式会社マネージャビリティサポートチームの宮崎です。 SCOM 管理パック日本語版のリリース方法について、この度変更が実施されることになりましたのでお知らせいたします。今まで弊社では、英語版の管理パックとは別に日本語版の管理パックをリリースするという方法をとっておりました。しかしこれからは、英語版管理パックに適用するランゲージパックをリリースすることになりました。日本語版 SCOM を利用する場合には、英語版の管理パックをインポートした上で日本語ランゲージパックをインポートすることになります。ランゲージパックをインポートすることで、管理パックの内容が日本語化されます。このような形態でのリリース方法に移行することにより、ランゲージパックがリリースされるまでの期間は英語版管理パックで運用を行い、ランゲージパックがリリースされた時点で追加インポートして表示を日本語化するという運用が可能となります。 既に 3 種類の管理パックについて日本語ランゲージパックがリリースされていますので、以下にリンクを記載します。 Operations Manager 2007 用の Windows Server オペレーティング システム管理パックhttp://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=3529d233-5e3e-4b51-8f66-5d6f27005ec3※名称は「管理パック」となっていますが、ランゲージパックです。 System Center Operations Manager 2007 用の Windows Server プリント サーバー管理パックhttp://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=7cb26de3-7658-4c47-aefa-2136c48f4603※名称は「管理パック」となっていますが、ランゲージパックです。 Operations Manager 2007 用の Windows Server 2008 グループ ポリシー管理パックhttp://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=12a29de3-7147-4488-8b1d-5825892f2b05※名称は「管理パック」となっていますが、ランゲージパックです。 上記のランゲージパックをインポートするためには、前提として以下の英語版管理パックをインポートする必要があります。 Windows Server Operating System Management Pack for Operations Manager 2007http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=en&FamilyID=3529d233-5e3e-4b51-8f66-5d6f27005ec3 Windows Server Print Server Management Pack for System Center…


SCOM2007 / Windows Server 2008 での証明書設定手順について

マイクロソフト株式会社マネージャビリティサポートチームの佐々木です。System Center Operations Manager 2007 では ワークグループ環境や、信頼関係のないドメインにあるコンピューターを証明書を利用して監視することができます。証明書サーバーとして、Windows Server 2003 を利用する際の手順についてはこちらをご参照下さい。証明書サーバーとして、Windows Server 2008 を利用した際の手順は以下のとおりとなります。なお、Windows Server 2003 に対して KB 922706 を適用した場合も、以下の手順で設定する必要があります。 –2013年8月7日追記–後述する手順はスタンドアローンCAを利用した手順です。スタンドアローン CA と エンタープライズ CA では手順が異なります。エンタープライズ CA を利用した手順については以下のドキュメントをご参照ください。http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb735413.aspx –2014年12月16日追記–SCOM 2012 の環境では以下をご参照ください。(手順の流れは SCOM 2007 と同様です。)http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/hh467900.aspx*Windows Server 2012 のCAについてWindows Server 2008 のCAの手順と同じ手順でご実施ください。 – 環境 証明書サーバー(Windows Server 2008 Stand-Alone CA)SCOM管理サーバー(Windows Server 2008)監視対象コンピューター(Windows Server 2003) – 証明書の設定手順以下の A から F の作業を、RMS とエージェントをインストールするコンピュータの両方で実施します。手順 E については、エージェントをインストールするコンピュータでのみ実施します。…


System Center Essentials SP1 の適用について

日本マイクロソフト マネジャビリティサポートチームの宮崎です。 Blog を開設した矢先に不具合の報告です。現在こちらのページで System Center Essentials 2007 の SP1 アップグレードパッケージを公開しているのですが、適用前に以下の管理パックを削除しておかないとアップグレードが途中で中断し、環境が回復不可能な状態に陥ります。 – インフォメーション ワーカー Office 2003- インフォメーション ワーカー Office 2007- インフォメーション ワーカー Office XP SP1 を適用する場合には、必ず事前にこれらの管理パックを削除して下さい。また管理パックの削除以外に、以下の作業も必ず SP1 の適用前に実施してください。1. データベースのバックアップ2. 証明書のバックアップ3. サブスクリプションの無効化4. 保留中のエージェント処理の削除 なおアップグレードが完了したら、最初に削除した三種類の管理パックの最新版を再インポートします。手順は以下のとおりです。1. アップグレードパッケージを実行した際に表示されるメニューから「この CD を参照」を選択します。2. 表示されるフォルダから「 Management Pack 」を適当なフォルダにコピーします。3. 管理コンソールの「管理」ペインで「管理パック」ノードを選択し、右クリックして「管理パックのインポート」を選択します。4. 手順 2 でコピーしたフォルダを開いて下記のパッケージを選択し、インポートを実施します。Microsoft.InformationWorker.Office.2003Microsoft.InformationWorker.Office.2007Microsoft.InformationWorker.Office.XP 参考ドキュメント:アップグレードガイド(英語):http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc339466.aspxリリースノート(英語):http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc308579.aspx   コミュニティにおけるマイクロソフト社員による発言やコメントは、マイクロソフトの正式な見解またはコメントではありません。  


Japan System Center Support Team Blog 開設について

日本マイクロソフト マネジャビリティサポートチームの宮崎です。   私たちマネジャビリティサポートチームは 、Operations Manager と Configuration Manager を始めとする System Center 関連の製品サポートを担当しております。日頃はこれらの製品に関してお客様からお問い合わせを頂き、それらのお問い合わせに基づいて調査を行っているのですが、私たちからも主体的に情報を発信していこうということでこの blog を開設いたしました。今後はサービスパックや管理パックのリリース情報、便利なツールの紹介など、皆さまに System Center 製品群をもっと活用して頂くための情報を積極的に発信していこうと考えております。どうぞご期待ください。 日本マイクロソフト マネジャビリティサポートチームが現在担当している主な製品:- System Center Operations Manager 2007- System Center Configuration Manager 2007- System Center Essentials 2007- System Center Mobile Device Manager 2008- System Management Server 2.0 – System Management Server 2003- Microsoft Operations Manager 2005これ以外にも多数ございます。 コミュニティにおけるマイクロソフト社員による発言やコメントは、マイクロソフトの正式な見解またはコメントではありません。