[ 改訂版 ]SCVMM の落とし穴 その7 – 「過剰コミット」について

こんにちは、日本マイクロソフト System Center Support Team の益戸です。 “SCVMM の落とし穴 その7 – 「過剰コミット」” について、計算式に一部誤記がありましたので、改めてご紹介します。 「過剰コミット」とは、予め想定している障害の範囲内 (例 : 5 ノードのうち 2 ノードが停止する、等) において、ホスト クラスターを構成するどのノードに障害が発生した場合でも、クラスター全体としてリソースを稼働させ続けられることを保証する為に導入された SCVMM の仕組みです。 この仕組みは SCVMM 独自のものであり、SCVMM 上で「過剰コミット」と判定されても、Hyper-V やフェールオーバー クラスターには影響がありません。 さて、その「過剰コミット」の判定方法ですが、SCVMM 2008 および SCVMM 2008 R2 では、具体的には以下の計算で判定しています。 – 過剰コミットの判定方法 1. クラスター内の全ての高可用性仮想マシンの中で、最大のメモリサイズが割り当てられた仮想マシンを見つけ、そのサイズにオーバーヘッド分の RAM を足した値を “スロット” のサイズとします。 ※ オーバーヘッド分の RAM の値は、Hyper-V ホスト クラスターの場合 64MB、Virtual Server 2005 R2 ホスト…


SCVMM の落とし穴 その7 – 「過剰コミット」について

こんにちは。 システムセンターサポート担当の住です。 これまでにSCVMM の管理者が遭遇しやすい障害状況などを 「SCVMM の落とし穴」 としてご紹介してきましたが、今回がシリーズ最終回となります。 過去の投稿についてはこちらをご覧ください。 SCVMM の落とし穴 その1 – 仮想マシンの自動起動(ホストクラスター) SCVMM の落とし穴 その2 – 複数ドメインの管理 SCVMM の落とし穴 その3 – 仮想ネットワークの管理 SCVMM の落とし穴 その4 – XP クライアントからVMへ接続出来ない!? SCVMM の落とし穴 その5 – ある日突然、管理コンソールが開けない!? SCVMM の落とし穴 その6 – 仮想マシンが「不足」する!? 最終回は、「過剰コミット」についてです。 前回同様、これまでにも技術情報やブログ等で紹介されていますが、非常に理解しづらいものの、管理者の方にとって重要な問題となる「過剰コミット」について、詳しく見ていきます。 序章 まずは、「過剰コミット」とは何かを見てみます。 管理コンソールのホスト ワークスペースから、ホスト クラスター のプロパティを開いてみてください。「全般」タブをみると、「クラスター予約状態」の欄が以下の様に「過剰コミット」と表示される場合があります。 「クラスター予約」とは、クラスターとして確保しておきたいリソース(特にメモリ)を指します。このクラスターとして確保しておきたいリソースが、一定値以下であると判断された場合に、クラスター予約の状態が「過剰コミット」状態となり、管理コンソールから新規の仮想マシン作成や仮想マシンのノード間の移動などが制限されます。 続いて「クラスター予約状態」が「過剰コミット」となった場合の具体的な症状を見てみましょう。 過剰コミット状態では、管理コンソールからクラスター内に新たに仮想マシンを作成したり、配置したりする事ができなくなります。 大きなメモリを割り当てた仮想マシンの場合、ノードによってはこのように明示的に配置出来ない理由が記述されますが、 別のノードでは、単に「過剰コミット」としか表示されません。 ただし「過剰コミット状態」とは、あくまでも SCVMM がホスト…


System Center 2012 R2 での Performance and Resources Optimization 統合時の問題について

こんにちは、System Center Support の染谷です。 本日は、先日にリリースされた System Center 2012 R2 Update Rollup 2 (UR2) で修正された Virtual Machine Manager と Operations Manager の Performance and Resources Optimization (PRO) を有効にした際の問題についてお知らせいたします。 [問題の概要] 日本語 OS の環境で System Center 2012 R2 Virtual Machine Manager と System Center 2012 R2 Operations Manager を統合し、Performance and Resources Optimization (PRO) 機能を有効化しようとすると、次のような事象が発生します。 事象 1: Virtual Machine…