System Center 2016 更新プログラム UR6 がリリースされました!!

こんにちは、日本マイクロソフト System Center Support Team の三輪です。 System Center 2016 のアップデート ロールアップ 6 が先日公開されました。   – Description of Update Rollup 6 for Microsoft System Center 2016 https://support.microsoft.com/en-us/help/4469613/description-of-update-rollup-6-for-microsoft-system-center-2016   修正プログラムによっては、適用時にデータベースに対して自動的に更新が発生いたします。 その為、修正プログラムの適用に失敗した場合や、修正プログラムに致命的なエラーが発生した場合に備え、可能な限り、適用前にシステムおよび、データベースのバックアップの取得を実施ください。 System Center 製品については、明確にアンインストールを指示する場合を除き、適用した修正プログラムのアンインストール実施後に動作に問題が発生する場合がございます。   本修正プログラムは、Microsoft Update 経由で更新プログラムをダウンロードしてインストールすることができます。 また、オフラインの環境では、Microsoft Update Catalog を通じてダウンロードしたパッケージを手動で適用することもできます。 詳細な適用手順や、修正内容については、それぞれのリンクをご参照ください。 なお、今回の UR6 では Service Manager、Service Provider Foundation のアップデートはございません。     – Data Protection Manager…


System Center 2012 R2 更新プログラム最新版がリリースされました!!

こんにちは、日本マイクロソフト System Center Support Team の益戸です。 公開が遅くなってしまいましたが、System Center の更新プログラムが先週公開されました。 既に、System Center 2012 R2 については、メインストリームを終了しておりますが、Transport Layer Security (TLS) protocol version 1.2 への対応としてリリースされております。   システム センター 2012 R2 の TLS 1.2 プロトコル サポートの展開ガイド https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/4055768   修正プログラムによっては、適用時にデータベースに対して自動的に更新が発生いたします。 その為、修正プログラムの適用に失敗した場合や、修正プログラムに致命的なエラーが発生した場合に備え、可能な限り、適用前にシステムおよび、データベースのバックアップの取得を実施ください。 System Center 製品については、明確にアンインストールを指示する場合を除き、適用した修正プログラムのアンインストール実施後に動作に問題が発生する場合がございます。 本修正プログラムは、Microsoft Update 経由で更新プログラムをダウンロードしてインストールすることができます。また、オフラインの環境では、Microsoft Update Catalog を通じてダウンロードしたパッケージを手動で適用することもできます。詳細な適用手順や、修正内容については、それぞれのリンクをご参照ください。   Description of Update Rollup 14 for Microsoft System Center 2012…


System Center 2012 SP1 の更新プログラム UR5 を適用すると、Runbook の特定の処理が失敗する

こんにちは。日本マイクロソフトの新木です。 今回は、System Center 2012 Orchestrator SP1 Update Rollup 5 (UR5) における既知の問題についてお伝えします。     System Center 2012 Orchestrator SP1 の更新プログラム UR5 を適用すると、Runbook の特定の処理が失敗することが報告されています。具体的には、以下 dll を使用するすべてのアクティビティの処理が対象となります。 • webservicesproxy.dll • queryXmlServerExtension.dll       本問題が発生した場合の現象例を以下に記載します。   現象例 1 : ———– 「Web サービスの呼び出し」アクティビティにおいて、メソッド テキスト ボックスの右側にある「…」ボタンをクリックすると、”Class Not Found” というエラーが発生します。その後操作を継続すると “An unknown error occurred” というエラーが発生します。     現象例 2 : ———–…