Configuration Manager 2007 のサポート終了に関するお知らせ

本記事は、米国時間 2018 年 3 月 30 日に公開された Configuration Manager 2007 approaching end of support: What you need to know の抄訳です。 みなさま、こんにちは。System Center Support Team です。 本日は、System Center Configuration Manager 2007 (以降、SCCM 2007) のサポート終了についてお知らせします。 SCCM 2007 には、サポート ライフサイクルという期間があり、この期間中には、新しい機能やソフトウェア更新、セキュリティ更新プログラムが提供されます。 このライフサイクルは、製品の発売日から、最短 10 年の間保持され、ライフサイクルの終了とともに、製品に関するサポートも終了となります。 SCCM 2007 は、2019 年 7 月 9 日を持ちましてライフサイクルが終了します。 このため、サポート期間中に最新のバージョンの Configuration Manager (Current Branch) へアップグレードをご検討ください。 よくある質問…


System Center Configuration Manager MSDT ツールを利用した情報採取手順について

みなさま、こんにちは。System Center Support Team です。 今回の記事では System Center Configuration Manager  (以降、SCCM) のお問い合わせにおける自動診断 (MSDT) ツールの利用手順をご紹介いたします。 弊社サポートにお問い合わせいただいた際に SCCM に関連する様々な情報取得のご協力をお願いすることがございます。その際に今回のツールをご利用いただくことで、情報採取および弊社サポートへ採取した情報のアップロードを行うことが可能でございます。最初は慣れないところがあり、ご不便をおかけするかもしれませんが、改善案などありましたら随時ご連絡いただければと存じます。 ■MSDT ツール を利用して取得できる情報 MSDT ツール を利用して取得できる情報については以下のリンク先に記載の情報をご確認下さいませ。 System Center Configuration Manager Diagnostic ■MSDT ツール を利用した情報採取手順 MSDT ツール を利用した情報採取手順は ‘オンライン版’ と ‘オフライン版’ の2種類がございます。環境によって使い分けをお願い致します。 オンライン版 の手順はこちら オフライン版 の手順はこちら   オンライン版 MSDT ツールを利用した情報採取手順 [前提条件] 実行対象のコンピューターは、以下の要件を満たす必要があります。 ・インターネットに接続可能であること。 ・管理者権限を持つユーザー アカウントで MSDT ツールを実行すること。 ・PowerShell がインストールされていること。(※)…


「指定したパッケージおよびプログラムの展開のステータス」レポートについて

みなさま、こんにちは。System Center Support Team です。 今回は System Center Configuration Manager でパッケージ機能で配布したソフトウェアの展開状況を確認するためのレポートの 1 つである「指定したパッケージおよびプログラムの展開のステータス」レポートと「展開ステータス」の関連付けについてご紹介いたします。   「指定したパッケージおよびプログラムの展開のステータス」は、パッケージ機能でソフトウェアを配信した後の展開状況を確認するために役立ちます。「ターゲット リソースのステータス」では、展開の進行状況、リソース受信ステータスでは展開を受信していない端末も含めて、全台の状況を把握することができます。     一方、管理コンソールの [監視] – [展開] で展開ステータスからも全台の状況を把握することができますが、本レポートの「リソース受信ステータス」で表示されている No Status のリソース数と展開ステータスの統計情報に表示されている「不明」のリソース数の数が合わず、どちらが正しいのかわからないといったご意見をいただくことがございます。 例えば、以下の展開ステータスでは不明が「9」ですが、上記レポートでは No Status が「7」となっており、一見すると台数が一致していません。     これは Expired に「不明」ステータスの端末がカウントされていることによりますが、レポートの「リソース受信ステータス」と展開ステータスの各項目が以下の通り関連付いていることをおさえておけば、理解しやすくなります。   リソース受信ステータス 展開ステータス Accepted 進行中 Expired 成功 or 不明 No Status 不明   例えば、上記例においてリソース受信ステータスの No Status の台数は 7 台です。  …


System Center Configuration Manager に Office 365 Pro Plus の更新プログラムを同期する際の注意事項

みなさま、こんにちは。System Center Support Team です。   今回はプロキシ サーバーを経由して、Office 365 Pro Plus の更新プログラムを同期する際の注意事項についてご案内いたします。   SCCM 評価ガイドの ‘Office 365 ProPlus 展開・アップデート編’ のソフトウェア更新ポイントの追加手順はプロキシ サーバーを利用せずに Microsoft Update サイトから更新プログラムを同期することが前提となった手順になっております。   そのため、Microsoft Update サイトから更新プログラムを同期する際にプロキシ サーバーを利用する環境においては以下の追加設定を実施いただきますよう宜しくお願い致します。   サイト システムのプロキシ サーバー設定 [ソフトウェアの更新ポイント] の役割をもつサーバーの [サイト システム] の設定にて、以下を追加下さい。 1.SCCM の管理コンソールにて、[管理] – [概要] – [サイトの構成] – [サーバーとサイト システムの役割] からソフトウェアの更新ポイントの役割を持つサーバーを選択します。 2.[サイト システムの役割] から、[サイト システム] を選択します。 3.右クリックし、[プロパティ] を選択します。…


System Center Configuration Manager Support Center ツールについて

みなさま、こんにちは。System Center Support Team です。   System Center Configuration Manager  (以下、SCCM) をご利用頂いている際に、 以下のようなことを感じたことはありませんでしょうか? ・ クライアントに何が配信されているのか確認したい ・ 各種インベントリで収集している具体的な情報が確認したい ・ SCCM のログが分かりにくい 今回の記事では、そのような時にご活用いただける Support Center ツール をご紹介いたします。   Support Center ツールをご利用いただくと、以下のようなことが実施できます。 ■クライアントの情報 クライアント ID、ハードウェア ID、エージェントのバージョン、サイトコード、割り当てられた管理ポイント、常駐管理ポイントなど、クライアントの情報を表示することが可能です。 ■クライアント ポリシー クライアントに割り当てられたユーザーとコンピュータのポリシーを表示することが可能です。 ■コンテンツ キャッシュ フォルダー  (ccmcache) の内容を表示することが可能です。 また、アプリケーションの展開評価サイクルやソフトウェア更新プログラムの展開評価サイクルなどの評価サイクルを実行することが可能です。 ■インベントリ インベントリの最終収集時刻の表示やインベントリ情報を表示することが可能です。 また、ハードウェア インベントリ サイクルやソフトウェア インベントリ サイクル などの評価サイクルを実行することが可能です。 ■トラブルシューティング あらかじめ定義された一連のトラブルシューティング手順を実行することが可能です。 ■ログ 収集したログを見やすく表示することが可能です。また、特定文字でフィルタやレコードの塗りつぶしを行うことも可能です。 ■データ収集…


System Center Configuration Manager クライアントがインストールされた PC でマスター イメージを取得する手順 (ワークグループ対応版)

皆様、こんにちは。System Center Configuration Manager サポート チームです。 今回は System Center Configuration Manager クライアントがインストールされた PC でマスター イメージを取得する手順をご紹介します。同様の手順については、こちらの技術情報でもご紹介しておりますが、本記事では展開後にドメインに参加せず、ワークグループ端末として利用する場合も考慮した手順であり、当サポート部門でもご案内した実績が多い手順でもありますので、お役立ていただけますと幸いです。なお、再イメージングする手順につきましては、次のブログ記事がお役立ていただけますので、こちらも合わせてご確認ください。   System Center Configuration Manager クライアントがインストールされた PC でマスター イメージを再取得する手順   (留意事項) System Center 2012 Configuration Manager SP2 / System Center 2012 R2 Configuration Manager SP1 エージェントの場合、ワークグループ環境にて自動割り当てができないという不具合が報告されています。この不具合に合致する場合、本手順を実施しても正常に自動割り当てができませんが、この不具合は CU2 以降で修正されておりますので、当該バージョンをご利用の場合は、CU2 以降のエージェントをご利用ください。(2018/1/23 時点で最新版は CU4 です。)   対象製品 System Center 2012 Configuration Manager System…


System Center Configuration Manager Current Branch クライアントに関連する情報を完全に削除する方法

皆様、こんにちは。System Center Configuration Manager サポート チームです。 以前のバージョンの System Center Configuration Manager クライアントを完全に削除する手順については、次の通りご紹介しておりますが、今回は最新版である System Center Configuration Manager Current Branch の場合の手順をご案内します。   [SCCM 2007] クライアントが正常動作しない場合の対処方法 [SCCM2012] SCCM クライアントに関連する情報を完全に削除する方法   System Center Configuration Manager クライアントの完全削除は、クライアントが正常に動作していないように見える場合に有効な手順です。本手順を実施してから、クライアントの再インストールを実施することで解消できる問題も多くありますので、回避優先の対処が求められる場合に、是非お役立てください。   1. System Center Configuration Manager クライアントをアンインストールします。 コマンド プロンプトを管理者として実行し、以下のコマンドを実行します。 %Windir%\ccmsetup\ccmsetup.exe /uninstall ※ コントロールパネルを開き、”Configuration Manager” という項目が消えたら、アンインストール完了と判断出来ます。また、アンインストールが成功すると、ccmsetup.log に以下のログが記録されます。 Uninstall succeeded.   2. 下記フォルダー、ファイルを削除します。 %windir%\CCM %windir%\ccmsetup…


System Center Configuration Manager クライアントがインストールされた PC でマスター イメージを再取得する手順

皆様、こんにちは。System Center Configuration Manager サポート チームです。 今回は System Center Configuration Manager クライアントがインストールされた PC でマスター イメージを再取得する手順をご紹介します。本手順を利用いただきますと、クライアント エージェントをアンインストールすることなく、再イメージングが可能です。 利用シナリオとしては VDI クライアントやイメージ展開を他社製品で行う場合に SCCM エージェントをインストールしておきたい状況を想定しております。 同じ参照コンピューターで、再度マスター イメージを取得するシナリオは度々発生するかと思いますが、System Center Configuration Manager クライアントが動作していると、端末に一意の情報が保持されておりますので、それを削除した上で、マスター イメージを再取得する必要があります。本手順を実施していない場合は、展開後に一意の情報が重複して、正常に管理することができなくなりますので、ご留意くださいますようお願い申し上げます。   対象製品 System Center 2012 Configuration Manager System Center 2012 R2 Configuration Manager System Center Configuration Manager Current Branch / LTSB   手順 次の手順を実施して、サイト コードをクリアし、一意の情報を削除してから、マスター イメージを採取します。  …


2017 年 10 月にリリースされた Windows 10 1607 / 1703 向け更新プログラム適用後に OS 起動不可になる問題について (SCCM)

皆さま、こんにちは。System Center Configuration Manager サポート チームです。 2017 年 10 月にリリースされた Windows 10 1607 / 1703 向け更新プログラム KB4041691 および KB4041676  適用後に OS 起動不可になる問題について、次の通りご案内いたします。 この度は弊社更新プログラムの問題により、ご迷惑をおかけいたしましたことを、深くお詫び申し上げます。 対象製品 WSUS / System Center Configuration Manager Windows 10 1607 / 1703, Windows Server 2016 概要 WSUS または System Center Configuration Manager から配信された KB4041691 および KB4041676   の「累積更新プログラム」と「差分更新プログラム」が同時にインストールされたマシンにおいて、再起動後に OS が起動できない問題が発生する可能性があります。インターネットの Windows Update からのみ更新プログラムを取得しているマシンは本問題の影響を受けません。 原因 日本時間の 2017 年 10 月 11 日の午前…


System Center Configuration Manager Current Branch のバージョン アップについて

皆様、こんにちは。System Center Configuration Manager サポート チームです。 2017 年 7 月 28 日に、System Center Configuration Manager Current Branch の最新バージョン 1706 がリリースされました!   Now Available: Update 1706 for System Center Configuration Manager System Center Configuration Manager のバージョン 1706 の新機能   System Center Configuration Manager Current Branch では、Windows 10 のリリース サイクルに対応するために、年に数回新しいバージョンがリリースされるようになっております。各バージョンのサポート期間はリリースされてから 12 ヶ月間となっておりますので、サポート期限切れまでにバージョン アップを計画しておくことが重要です。   System Center Configuration…