System Center Configuraion Manager における BranchCache、ピアキャッシュ機能について – その 1 (概要編)

みなさま、こんにちは。 日本マイクロソフト System Center Configuration Manager サポートの金です。   SCCM を運用されている中で、ネットワーク回線が細い拠点を管理対象としている場合、コンテンツの配布によるネットワークの負荷を分散させる工夫が必要な場面がございます。 本日は、コンテンツの配布の際にネットワークの負荷を軽減できる BranchCache の機能や、ピアキャッシュの機能の概要についてご紹介させていただきますので、お役立ていただけますと幸いでございます。  これから案内させていただく内容は、以下の流れになります。 ————————————————————— 1. BranchCache / ピアキャッシュ機能のご説明 2. BranchCache / ピアキャッシュ機能の設定箇所 3.ピアキャッシュ ログの確認方法 —————————————————————   以下は、詳細内容となります。 1. BranchCache / ピアキャッシュ機能のご説明  BranchCache 機能とピアキャッシュ機能は、個別に利用することも、両方同時に利用することも可能でございます。 両機能を同時にご利用の場合は、ピアキャッシュの機能が優先的に動作します。 以下に、それぞれの機能の詳細についてご記載いたします。    (1) BranchCache 機能について BranchCache 機能は、Windows OS 固有の機能で、SCCM と連携してお使いいただけます。   (1) – 1. 機能の特徴 BranchCache 機能の特徴といたしましては、以下のようなものがございます。 – ログが出力されないため、動作確認には Performance…


System Center Configuration Manager サイトのアップグレード手順

みなさま、こんにちは。 日本マイクロソフト System Center Configuration Manager サポートの金です。   本日は、System Center Configuration Manager Current Branch (以下、SCCM CB) をアップグレードする手順をご案内させていただきます。 SCCM CB のバージョンアップは、最上位のサイト サーバーで実施します。 中央管理サイト サーバーがある階層型の環境の場合、中央管理サイト サーバーで、プライマリ サイト サーバーの環境の場合は、プライマリ サイト サーバーで実施してください。 最上位のサイト サーバーがアップグレードされる過程で、その配下のサイト サーバーや、管理ポイント、配布ポイント等のサイト システムは、自動的に更新されます。   これから、SCCM CB 1710 から、最新バージョンの SCCM CB 1802 へのアップグレード手順をご案内いたします。 また、SCCM CB でのアップグレードは累積となり、新しいバージョンが古いバージョンの内容を含んでおりますため、中間バージョンを踏まずに、最新バージョンにアップグレードすることができます。 なお、SCCM CB の場合、他のバージョンからでも、本手順と同様な手順でアップグレードすることができます。   本手順は、以下の流れとなっております。 A. SCCM CB バージョンアップの手順 B. アップグレードの状況を確認する手順…


SCCM から配信しているコンテンツのダウンロードが開始されない

こんにちは。System Center サポートチームです。 本ポストでは、SCCM から配信しているコンテンツのダウンロードが開始されないときのお役立ち情報をご紹介いたします。   SCCM クライアントの CCMCACHEフォルダ内にダウンロード用のフォルダは作成されるのに、その中にファイルがいっこうにダウンロードされてこないというお問い合わせをよくいただきます。 (例:ソフトウェア センター上でダウンロードが 0 % のまま進まないなど)   ご利用環境で同様の問題が発生し原因の見当がつかない場合は、まずは SCCM クライアントの ContentTransferManager.log で “suspended” という記録があるか確認してみてください。   >>ログの所在: %windir%\CCM\Logs フォルダー ContentTransferManager.log —————————————- CCTMJob::UpdateLocations – Received empty location update for CTM Job {320853F3-42B3-4D1C-9518-C1C7DA291B78}     201x/12/06 18:18:08  9020 (0x233C) CTM job {320853F3-42B3-4D1C-9518-C1C7DA291B78} suspended       201x/12/06 18:18:08  9020 (0x233C) —————————————-   suspended が記録されている場合は、(1) 境界、または境界グループの設定が不足しており、管理ポイントから利用可能な配布ポイントの情報を取得できない問題か、(2) 配布ポイントにコンテンツファイルがなくダウンロードできない問題に該当している可能性が非常に高いです。その場合は次の…


インターネットベースのクライアント管理 (IBCM) のセットアップに関する注意事項につきまして

みなさま、こんにちは。System Center Configuration Manager サポート チーム の日下です。   本記事では、System Center Configuration Manager Current Branch (以降、SCCM CB)を利用し、インターネット ベースのクライアント管理 (Internet-Based Client Management: IBCM) 環境を構成する上で、お問い合わせの多い、証明書の取り扱いに関する注意事項をご紹介いたします。   目次: (1) IBCM の概要・仕組み (2) サーバー証明書のサブジェクト名について (3) ccmsetup.exe で付与するオプション (4) サイトサーバーのプロパティ設定の変更   ———————————————————— (1) IBCM の概要・仕組み ———————————————————— IBCM では、企業ネットワークに接続されておらず、標準的なインターネットに接続されている SCCM クライアントを管理できます。 公衆ネットワーク上のクライアント コンピューターの管理には、高いセキュリティが求められるので、インターネット ベースのクライアント管理では、クライアントとその接続先サイト システム サーバーで PKI 証明書を使用する必要があります。   当環境では、VPN 接続は不要であるため、インターネット接続のみでインベントリ収集や更新プログラムの配信などを行いたいシナリオでご利用いただけます。 詳細は以下…


Configuration Manager ReportServer データベースのトランザクションログ肥大化への対策

こんにちは。System Center サポートチームです。 本ポストでは、Configuration Manager の ReportServer データベースのトランザクションログ肥大化への対策をご紹介いたします。 Configuration Manager でレポート機能を利用されている環境で、ReportServer データベースのトランザクションログファイルが肥大化し、HDD が逼迫したというお問い合わせよくいただきます。 これは SQL Server Reporting Services (SSRS) の ReportServer データベースを完全復旧モデルで運用されていて、トランザクションログの切り捨てを実行していない環境で発生します。 Configuration Manager で使用する SSRS のデータベースは、破損しても基本的にレポーティングサービスの役割を再構築することで復旧はできますので、普段の運用ではバックアップもあまり必要なく復旧モデルも単純で問題ありません。(カスタムレポートを利用している場合は、バックアップが重要です。文末の参考情報をご参照ください。) もしも、ご利用の環境で ReportServer データベースが肥大化して HDD が逼迫する問題が生じた場合には、以下にご紹介する SQL Server Management Studio を用いた、単純モデルへの変更および、圧縮方法をご利用ください。 ===================================================== – データベース復旧モデルの変更手順 復旧モデルの変更およびトランザクションログの縮小 ===================================================== 1) SQL Server Management Studio で 対象の SQL Server に接続します。 2) 左上の “新しいクエリ”…


System Center Configuration Manager クライアントが利用するプロキシ設定について

みなさま、こんにちは。SCCM サポート チーム の篠木です。   本記事では、System Center Configuration Manager Current Branch (以下、 SCCM) クライアントがが利用するプロキシ設定についてご紹介します。 特に、今回は WSUS を単体で利用いただいている場合との違いについて、ご説明をさせて頂きます。 通常、アプリケーションがプロキシ サーバーを通るよう設計いただく場合、IE に設定されるプロキシ設定  (WinINet) と、 WinHTTP という 2つの API が利用されます。   WinINet (Windows Internet) https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/desktop/WinInet/portal The Microsoft Windows Internet (WinINet) application programming interface (API) enables applications to access standard Internet protocols, such as FTP and HTTP (抄訳)マイクロソフト Windows…

0

System Center Configuration Manager で、できる限り早く更新プログラムを適用する方法について

みなさま、こんにちは。 日本マイクロソフト System Center Configuration Manager サポート チームの金です。 本ポストでは、System Center Configuration Manager (以下、Configuration Manager) で更新プログラムを配信する運用をしている中で、可能な限り早く更新プログラムを適用させる方法をご紹介いたします。 OS やアプリケーションにおいては、深刻な脆弱性等が発覚した際に、脆弱性による被害を防ぐために、至急セキュリティ更新プログラムの適用が必要になる場合がございます。 そのとき、Configuration Manager コンソールから、更新プログラムを配信する際に、展開方法を “必須” としても、クライアントが更新プログラムの展開を検知し、ダウンロードおよびインストールするまではある程度時間がかかります。 それは、Configuration Manager クライアントは、基本的に Configuration Manager コンソールにて設定したスケジュールのとおり動作しているためです。 Configuration Manager クライアントが更新プログラムを適用するには、以下の順のとおり、3 つのサイクルの実行が必要となります。 (1) ソフトウェア更新プログラムのスキャン サイクル : ソフトウェアの更新ポイント (WSUS) サーバーに対してスキャンを行い、更新プログラムの必要有無を判断します。 このサイクルは、既定で 7 日間隔で実行されます。 (2) コンピューター ポリシーの取得および評価サイクル : SCCM サーバーで設定された更新プログラムの展開を受信します。 このサイクルは、既定で 1 時間間隔で実行されます。 (3) ソフトウェア更新プログラムの展開評価サイクル : 過去に受信した展開でインストールに失敗した更新プログラムがあれば再評価し、インストールを再試行します。…


Configuration Manager 2007 のサポート終了に関するお知らせ

本記事は、米国時間 2018 年 3 月 30 日に公開された Configuration Manager 2007 approaching end of support: What you need to know の抄訳です。 みなさま、こんにちは。System Center Support Team です。 本日は、System Center Configuration Manager 2007 (以降、SCCM 2007) のサポート終了についてお知らせします。 SCCM 2007 には、サポート ライフサイクルという期間があり、この期間中には、新しい機能やソフトウェア更新、セキュリティ更新プログラムが提供されます。 このライフサイクルは、製品の発売日から、最短 10 年の間保持され、ライフサイクルの終了とともに、製品に関するサポートも終了となります。 SCCM 2007 は、2019 年 7 月 9 日を持ちましてライフサイクルが終了します。 このため、サポート期間中に最新のバージョンの Configuration Manager (Current Branch) へアップグレードをご検討ください。 よくある質問…


System Center Configuration Manager MSDT ツールを利用した情報採取手順について

みなさま、こんにちは。System Center Support Team です。 今回の記事では System Center Configuration Manager  (以降、SCCM) のお問い合わせにおける自動診断 (MSDT) ツールの利用手順をご紹介いたします。 弊社サポートにお問い合わせいただいた際に SCCM に関連する様々な情報取得のご協力をお願いすることがございます。その際に今回のツールをご利用いただくことで、情報採取および弊社サポートへ採取した情報のアップロードを行うことが可能でございます。最初は慣れないところがあり、ご不便をおかけするかもしれませんが、改善案などありましたら随時ご連絡いただければと存じます。 ■MSDT ツール を利用して取得できる情報 MSDT ツール を利用して取得できる情報については以下のリンク先に記載の情報をご確認下さいませ。 System Center Configuration Manager Diagnostic ■MSDT ツール を利用した情報採取手順 MSDT ツール を利用した情報採取手順は ‘オンライン版’ と ‘オフライン版’ の2種類がございます。環境によって使い分けをお願い致します。 オンライン版 の手順はこちら オフライン版 の手順はこちら   オンライン版 MSDT ツールを利用した情報採取手順 [前提条件] 実行対象のコンピューターは、以下の要件を満たす必要があります。 ・インターネットに接続可能であること。 ・管理者権限を持つユーザー アカウントで MSDT ツールを実行すること。 ・PowerShell がインストールされていること。(※)…


「指定したパッケージおよびプログラムの展開のステータス」レポートについて

みなさま、こんにちは。System Center Support Team です。 今回は System Center Configuration Manager でパッケージ機能で配布したソフトウェアの展開状況を確認するためのレポートの 1 つである「指定したパッケージおよびプログラムの展開のステータス」レポートと「展開ステータス」の関連付けについてご紹介いたします。   「指定したパッケージおよびプログラムの展開のステータス」は、パッケージ機能でソフトウェアを配信した後の展開状況を確認するために役立ちます。「ターゲット リソースのステータス」では、展開の進行状況、リソース受信ステータスでは展開を受信していない端末も含めて、全台の状況を把握することができます。     一方、管理コンソールの [監視] – [展開] で展開ステータスからも全台の状況を把握することができますが、本レポートの「リソース受信ステータス」で表示されている No Status のリソース数と展開ステータスの統計情報に表示されている「不明」のリソース数の数が合わず、どちらが正しいのかわからないといったご意見をいただくことがございます。 例えば、以下の展開ステータスでは不明が「9」ですが、上記レポートでは No Status が「7」となっており、一見すると台数が一致していません。     これは Expired に「不明」ステータスの端末がカウントされていることによりますが、レポートの「リソース受信ステータス」と展開ステータスの各項目が以下の通り関連付いていることをおさえておけば、理解しやすくなります。   リソース受信ステータス 展開ステータス Accepted 進行中 Expired 成功 or 不明 No Status 不明   例えば、上記例においてリソース受信ステータスの No Status の台数は 7 台です。  …