System Center Configuration Manager における更新プログラムのダウンロード先 URL の追加について

みなさま、こんにちは。Syste Center Configuration Manager サポート チームです。 2019 年 2 月 13 日にリリースされた更新プログラムにおいて、展開パッケージのダウンロード先となる URL の追加を行いましたためご案内いたします。 追加した URL は以下の通りです。   [ 追加 URL ] dl.delivery.mp.microsoft.com   具体例として、「2019-02 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1709 の累積更新プログラム (KB4486996)」のコンテンツ情報を参照しますと、以下の通り上記 URL が追加されていることがわかります。 本ブログの執筆時点 (2019 年 2 月 14 日) で本 URL が用いられている更新プログラムは、Windows 10 Version 1709 向けの KB4486996 のみとなりますが、以下の公開情報においても本 URL を追加する予定です。(2019/2/19 下記公開情報に本…


System Center 2012 Configuration Managerにおいて、アプリケーション展開時に自動再起動が発生する

みなさま、こんにちは。 System Center Support Team です。   System Center 2012 Configuration Manager  (以下、SCCM 2012)の環境において、 アプリケーション展開機能を利用した配信において、SCCM クライアントが自動的に再起動されるといった、お問い合わせを頂くことがございましたので、 以下の情報をお役立て頂けますと幸いでございます。   ■事象について SCCM 2012 にて、クライアントにアプリケーション展開機能を利用した場合にのみ、 アプリケーション適用に失敗したタイミングにて、OS が再起動する事象がございます。 再起動される条件としては以下の2つの条件に合致している場合に SCCM エージェントの動作によって発生する可能する可能性がございます。 <条件> ・ 配布したアプリケーションのインストール処理に失敗した ・ 配布したアプリケーションの設定が配布後に変更され、リビジョンアップされていた   そのため、もしアプリケーション展開機能を利用した際に再起動された場合には上記の条件を満たしていないかをご確認くださいませ。 なお、SCCM エージェントにて、OS 再起動が発生した場合には以下のログが出力されますので、ご参考にして頂ければと存じます <CIAgent.log> CIAgent    Job({xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxx}): Dependency in pending reboot. Taking this CI from failure to WaitReboot state : Task(ScopeId_xxxxxxxx-xxxx-xxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx/DeploymentType_xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx.x.Enforce)  …


System Center Configuration Manager ハードウェア インベントリが収集されない時のトラブルシュート

みなさま、こんにちは。 日本マイクロソフト System Center Configuration Manager サポートの金です。 本日は、System Center Configuration Manager Current Branch (以下、SCCM CB) にて、ハードウェア インベントリが収集されないといったお問い合わせを多々いただいております。 その際に、一度、お試しいただきたいトラブルシュート方法をご紹介いたしますので、お役立て頂けますと幸いでございます。 A. 強制でフルのポリシー、インベントリの収集を行う ハードウェア インベントリが収集できない原因は複数あり対処方法もそれぞれ異なりますが、 フルのコンピューター ポリシーを強制的に受信させることで、事象が改善されることがございます。 そのため、事象を発覚しましたら、まずは、クライアントにて PowerShell を管理者権限で開き、以下のコマンドの実行をお試しください。   gwmi -Namespace root\ccm\policy\machine\requestedconfig -Class CCM_Policy_AuthorityData2 | rwmi gwmi -Namespace root\ccm\policy\machine\requestedconfig -Class CCM_Policy_ServerCookieData | rwmi ((New-Object -comobject cpapplet.cpappletmgr).GetClientActions() | Where-Object {$_.Name -eq ‘Request & Evaluate Machine Policy’}).PerformAction(); Start-Sleep…


オフライン 用途の SCCM CB 環境からソフトウェア更新プログラムのカタログとコンテンツをダウンロードする方法について

みなさん、こんにちは。 日本マイクロソフト System Center Configuration Manager サポートの日下です。   今回は、System Center Configuration Manager Current Branch (以下、SCCM CB) を、非インターネット接続環境の、オフライン環境で SCCM CB を運用される場合に、ソフトウェア更新プログラムのカタログ情報とコンテンツを上位 WSUS サーバーから取得する方法をご紹介致します。   <はじめに> ソフトウェア更新プログラムはカタログ情報とコンテンツ情報の 2 つがございます。 オフライン環境で更新プログラムの情報を入手する場合には、カタログ情報を同期してから、ソフトウェア更新プログラムの展開時に、コンテンツ情報をダウンロードする必要がございます。 今回は前提条件を基にシナリオ ベースで手順をご紹介致します。   <目次> (1) 前提条件の確認 (2) カタログのインポート (HTTP or HTTPS 通信) (3) コンテンツのダウンロード (SMB 通信)   ====================================== (1) 前提条件の確認 ======================================   ・構成イメージ   ※ 下位 WSUS…


System Center Configuration Manager AD OU に基づくデバイス コレクションの作成について

みなさま、こんにちは。 日本マイクロソフト System Center Configuration Manager サポートの金です。 本日は、System Center Configuration Manager Current Branch (以下、SCCM CB) にて、Active Directory の組織単位 (以下、OU) に基づいて、デバイス コレクションを作成する方法をご紹介させていただきます。   前提条件 AD の OU に基づくコレクションの作成の際には、事前に、Active Directory システムの探索が実施されている必要があります。 SCCM の探索方法から、”Active Directory システムの探索” が正しく設定され、有効になっていることを確認してください。 手順 本手順では、以下の OU をサンプルとしておりますので、お客様の環境に応じて、設定内容を変更していただきますようお願いいたします。 contoso.local/TestClient/TestOU 1. SCCM プライマリ サイト サーバーにサインインし、[Configuration Manager コンソール] を開きます。 2. [資産とコンプライアンス] – [概要] – [デバイス コレクション] を右クリックし、[デバイス…


System Center Configuration Manager における BranchCache、ピアキャッシュ機能について – その 1 (概要編)

みなさま、こんにちは。 日本マイクロソフト System Center Configuration Manager サポートの金です。   SCCM を運用されている中で、ネットワーク回線が細い拠点を管理対象としている場合、コンテンツの配布によるネットワークの負荷を分散させる工夫が必要な場面がございます。 本日は、コンテンツの配布の際にネットワークの負荷を軽減できる BranchCache の機能や、ピアキャッシュの機能の概要についてご紹介させていただきますので、お役立ていただけますと幸いでございます。  これから案内させていただく内容は、以下の流れになります。 ————————————————————— 1. BranchCache / ピアキャッシュ機能のご説明 2. BranchCache / ピアキャッシュ機能の設定箇所 3.ピアキャッシュ ログの確認方法 —————————————————————   以下は、詳細内容となります。 1. BranchCache / ピアキャッシュ機能のご説明  BranchCache 機能とピアキャッシュ機能は、個別に利用することも、両方同時に利用することも可能でございます。 両機能を同時にご利用の場合は、ピアキャッシュの機能が優先的に動作します。 以下に、それぞれの機能の詳細についてご記載いたします。    (1) BranchCache 機能について BranchCache 機能は、Windows OS 固有の機能で、SCCM と連携してお使いいただけます。   (1) – 1. 機能の特徴 BranchCache 機能の特徴といたしましては、以下のようなものがございます。 – ログが出力されないため、動作確認には Performance…


SCCM CB 自動クライアント アップグレード手順

みなさま、こんにちは。 日本マイクロソフト System Center Configuration Manager サポートの金です。   本日は、System Center Configuration Manager Current Branch (以下、SCCM CB) クライアントをサイトのバージョンアップ後、自動的にアップグレードする手順についてご案内させていただきます。 SCCM CB クライアントのアップグレード方法は、以下のように、複数がございます。   自動クライアント アップグレード クライアント プッシュ インストール グループ ポリシーによるインストール ログオン スクリプトによるインストール 手動インストール アップグレード インストール   お客様環境の運用方式に従い、お選びいただけますが、その中で、これからご案内する自動クライアント アップグレードは、一番作業の手間が少ない方法となりますので、クライアントのアップグレードの際に、本機能のご利用をご検討いただけますと幸いです。 自動クライアント アップグレードの手順 1. [Configuration Manager コンソール] を開き、以下の画面に移動します。 [管理] – [概要] – [サイトの構成] – [サイト]   2. リボンメニューから、[階層設定] をクリックします。  …


System Center Configuration Manager サイトのアップグレード手順

みなさま、こんにちは。 日本マイクロソフト System Center Configuration Manager サポートの金です。   本日は、System Center Configuration Manager Current Branch (以下、SCCM CB) をアップグレードする手順をご案内させていただきます。 SCCM CB のバージョンアップは、最上位のサイト サーバーで実施します。 中央管理サイト サーバーがある階層型の環境の場合、中央管理サイト サーバーで、プライマリ サイト サーバーの環境の場合は、プライマリ サイト サーバーで実施してください。 最上位のサイト サーバーがアップグレードされる過程で、その配下のサイト サーバーや、管理ポイント、配布ポイント等のサイト システムは、自動的に更新されます。   これから、SCCM CB 1710 から、最新バージョンの SCCM CB 1802 へのアップグレード手順をご案内いたします。 また、SCCM CB でのアップグレードは累積となり、新しいバージョンが古いバージョンの内容を含んでおりますため、中間バージョンを踏まずに、最新バージョンにアップグレードすることができます。 なお、SCCM CB の場合、他のバージョンからでも、本手順と同様な手順でアップグレードすることができます。   本手順は、以下の流れとなっております。 A. SCCM CB バージョンアップの手順 B. アップグレードの状況を確認する手順…


SCCM から配信しているコンテンツのダウンロードが開始されない

こんにちは。System Center サポートチームです。 本ポストでは、SCCM から配信しているコンテンツのダウンロードが開始されないときのお役立ち情報をご紹介いたします。   SCCM クライアントの CCMCACHEフォルダ内にダウンロード用のフォルダは作成されるのに、その中にファイルがいっこうにダウンロードされてこないというお問い合わせをよくいただきます。 (例:ソフトウェア センター上でダウンロードが 0 % のまま進まないなど)   ご利用環境で同様の問題が発生し原因の見当がつかない場合は、まずは SCCM クライアントの ContentTransferManager.log で “suspended” という記録があるか確認してみてください。   >>ログの所在: %windir%\CCM\Logs フォルダー ContentTransferManager.log —————————————- CCTMJob::UpdateLocations – Received empty location update for CTM Job {320853F3-42B3-4D1C-9518-C1C7DA291B78}     201x/12/06 18:18:08  9020 (0x233C) CTM job {320853F3-42B3-4D1C-9518-C1C7DA291B78} suspended       201x/12/06 18:18:08  9020 (0x233C) —————————————-   suspended が記録されている場合は、(1) 境界、または境界グループの設定が不足しており、管理ポイントから利用可能な配布ポイントの情報を取得できない問題か、(2) 配布ポイントにコンテンツファイルがなくダウンロードできない問題に該当している可能性が非常に高いです。その場合は次の…


インターネットベースのクライアント管理 (IBCM) のセットアップに関する注意事項につきまして

みなさま、こんにちは。System Center Configuration Manager サポート チーム の日下です。   本記事では、System Center Configuration Manager Current Branch (以降、SCCM CB)を利用し、インターネット ベースのクライアント管理 (Internet-Based Client Management: IBCM) 環境を構成する上で、お問い合わせの多い、証明書の取り扱いに関する注意事項をご紹介いたします。   目次: (1) IBCM の概要・仕組み (2) サーバー証明書のサブジェクト名について (3) ccmsetup.exe で付与するオプション (4) サイトサーバーのプロパティ設定の変更   ———————————————————— (1) IBCM の概要・仕組み ———————————————————— IBCM では、企業ネットワークに接続されておらず、標準的なインターネットに接続されている SCCM クライアントを管理できます。 公衆ネットワーク上のクライアント コンピューターの管理には、高いセキュリティが求められるので、インターネット ベースのクライアント管理では、クライアントとその接続先サイト システム サーバーで PKI 証明書を使用する必要があります。   当環境では、VPN 接続は不要であるため、インターネット接続のみでインベントリ収集や更新プログラムの配信などを行いたいシナリオでご利用いただけます。 詳細は以下…