仮想空間で ProcessMonitor を起動する方法について

システムセンターサポート APP-V 担当の山田です。 今回は Microsoft Application Virtualization (App-V) で仮想化したアプリケーションで発生した問題について、Process Monitor (ProcMon.exe) を利用してトラブルシュートを行う方法をご案内致します。 Process Monitor v3.03 http://technet.microsoft.com/en-us/sysinternals/bb896645 App-V で仮想化したアプリケーションについて、ファイルやアクセス権の不足によるエラーが発生する場合、 シーケンスしたパッケージ内部に、必要なファイルやレジストリが含まれていない可能性があります。 これらの不足しているファイルやレジストリを特定するためには、それらに対する処理の流れを追えば確認する事ができます。しかし、通常の Process Monitor を用いる方法では仮想アプリケーションの処理内容を追うことは出来ません。なぜなら、仮想化されたアプリケーションの処理はすべて仮想アプリケーション空間で実行されているため、通常のアプリケーションが処理されている物理空間からは処理が隠蔽されているためです。 仮想アプリケーション空間内で実行される処理を Process Monitor で追うためには、Process Monitor 自体も仮想アプリケーション空間内で実行する必要があります。そのための方法を、以下に紹介します。 手順の概要は以下のとおりです。 A. アプリケーションのショートカットを作成する。 B. ショートカットから、仮想アプリケーション空間でコマンドプロンプトを起動するように構成する。 C. コマンドプロンプトからプロセスモニタを起動する。 各手順の詳細は以下のとおりです。 ============= A. アプリケーションのショートカットを作成する ============= 最初に、トラブルシュートを行う仮想アプリケーションの名前を確認します。 1. ファイル名を指定して実行から、”Sftcmc.msc” を起動します。 2. Application Virtualization Client から「アプリケーション」をクリックします。 3.右ペインにて、確認したいアプリケーションを右クリックし、新しいショートカットを選択します。 4. ウィザード内の「手順 1」 にて、別途作成するショートカットの名前を入力し、次へをクリックします。…

0

Office 2010 の 仮想化について

システムセンターサポート APP-V 担当の山田です。 Microsoft Application Virtualization(App-V) を利用して Microsoft Office 2010 を仮想化するシナリオをご検討頂いているお客様の為に、現存する資料を以下に纏めました。 実際のシーケンス作業に移る前に、まずは以下の資料をご参照頂く事をお勧めします。この資料では Office 2010 のみではなく、全てのアプリケーションのシーケンス処理を行う際に気を付けるべきポイントが記載されています。 Application Virtualization Sequencer のベスト プラクティス http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dd351420.aspx 上記のドキュメントをご確認頂いた後は、実際の Office 2010 のシーケンス処理を行います。以下のドキュメントから詳細な手順をご確認ください。 How to sequence Office 2010 in App-V 4.5 SP2 or App-V 4.6 http://support.microsoft.com/kb/983462/en-us Microsoft Office 2010 の構成と展開 http://download.microsoft.com/download/6/C/F/6CF568B6-F788-4FA0-AA76-88A5AE83B671/Office2010_deployment.docx ※P 117.「Microsoft Application Virtualization 4.6 Service Pack 1(App-V 4.6 SP1)による配布・展開」の箇所です。 英語版の Office…

0