System Center 2012 Configuration Managerにおいて、アプリケーション展開時に自動再起動が発生する


みなさま、こんにちは。

System Center Support Team です。

 

System Center 2012 Configuration Manager  (以下、SCCM 2012)の環境において、

アプリケーション展開機能を利用した配信において、SCCM クライアントが自動的に再起動されるといった、お問い合わせを頂くことがございましたので、

以下の情報をお役立て頂けますと幸いでございます。

 

■事象について

SCCM 2012 にて、クライアントにアプリケーション展開機能を利用した場合にのみ、

アプリケーション適用に失敗したタイミングにて、OS が再起動する事象がございます。

再起動される条件としては以下の2つの条件に合致している場合に SCCM エージェントの動作によって発生する可能する可能性がございます。

<条件>

・ 配布したアプリケーションのインストール処理に失敗した

・ 配布したアプリケーションの設定が配布後に変更され、リビジョンアップされていた

 

そのため、もしアプリケーション展開機能を利用した際に再起動された場合には上記の条件を満たしていないかをご確認くださいませ。

なお、SCCM エージェントにて、OS 再起動が発生した場合には以下のログが出力されますので、ご参考にして頂ければと存じます

<CIAgent.log>

CIAgent    Job({xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxx}): Dependency in pending reboot. Taking this CI from failure to WaitReboot state : Task(ScopeId_xxxxxxxx-xxxx-xxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx/DeploymentType_xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx.x.Enforce)

 

また、本問題が報告されているのは現時点では SCCM 2012 環境のみで、SCCM CB 環境での報告はございません。

 

■回避策

本問題は アプリケーションの展開機能においては発生する可能性がはございますが、パッケージ展開機能では発生しません。

そのため、パッケージ展開機能を利用して、アプリケーションの適用を頂くことで自動的に再起動される事象を回避することが可能でございます。

パッケージ展開機能につきましては公開情報がございますので、ご参照頂けますと幸いでございます。

 

<参考情報>

//System Center Configuration Manager のパッケージとプログラム

https://docs.microsoft.com/ja-jp/sccm/apps/deploy-use/packages-and-programs

 


Comments (0)

Skip to main content