DPM にて VTL をご利用いただく際の注意点について

こんにちは。日本マイクロソフト System Center Support Team の益戸です。 今回は、SC DPM にてテープ装置をご利用いただく際の注意点についてお伝えいたします。 昨今では、今までの物理テープライブラリの他、VTL を採用いただくお客様も増えてまいりました。 比較的、物理テープ装置より構成に自由度があり、冗長化や MPIO などにも対応している機器も増えております。 しかしながら、DPM では、あくまで OS がデバイスマネージャーにて認識した構成を元に動作いたします為、以下の構成等の場合には、想定通り動作しない場合があります。 <デバイスマネージャー上に複数のライブラリとして登録される事例> VTL からは、1 台のテープライブラリを DPM サーバーへ見せる構成となりますが、デバイスマネージャー上からは、以下のように複数のテープライブラリと認識される場合があります。 具体的には、LAAgentCurr.errlog (※) に以下の通り、すでにテープドライブが構成済みである [Tape drive found at drive bay X is already configured!!] がメッセージが表示され、動作としては、テープドライブが認識したり、しなかったりと不安定な動作となります。 デバイスマネージャーに対して、どのように認識させるかという点については、テープライブラリの仕様に依存しますが、DPM としては、常に 1 台のライブラリに対しては、デバイスマネージャー上からは 1 台のみが表示される構成でご利用ください。 ※ LAAgentCurr.errlog は、DPM がテープライブラリに関する情報が出力されるログファイルです。 DPM ログ記録の設定 : https://docs.microsoft.com/ja-jp/system-center/dpm/set-up-dpm-logging?view=sc-dpm-2016 =========== 2F4C      2FC0     …

0

System Center Configuration Manager ハードウェア インベントリが収集されない時のトラブルシュート

みなさま、こんにちは。 日本マイクロソフト System Center Configuration Manager サポートの金です。 本日は、System Center Configuration Manager Current Branch (以下、SCCM CB) にて、ハードウェア インベントリが収集されないといったお問い合わせを多々いただいております。 その際に、一度、お試しいただきたいトラブルシュート方法をご紹介いたしますので、お役立て頂けますと幸いでございます。 A. 強制でフルのポリシー、インベントリの収集を行う ハードウェア インベントリが収集できない原因は複数あり対処方法もそれぞれ異なりますが、 フルのコンピューター ポリシーを強制的に受信させることで、事象が改善されることがございます。 そのため、事象を発覚しましたら、まずは、クライアントにて PowerShell を管理者権限で開き、以下のコマンドの実行をお試しください。   gwmi -Namespace root\ccm\policy\machine\requestedconfig -Class CCM_Policy_AuthorityData2 | rwmi gwmi -Namespace root\ccm\policy\machine\requestedconfig -Class CCM_Policy_ServerCookieData | rwmi ((New-Object -comobject cpapplet.cpappletmgr).GetClientActions() | Where-Object {$_.Name -eq ‘Request & Evaluate Machine Policy’}).PerformAction(); Start-Sleep…


オフライン 用途の SCCM CB 環境からソフトウェア更新プログラムのカタログとコンテンツをダウンロードする方法について

みなさん、こんにちは。 日本マイクロソフト System Center Configuration Manager サポートの日下です。   今回は、System Center Configuration Manager Current Branch (以下、SCCM CB) を、非インターネット接続環境の、オフライン環境で SCCM CB を運用される場合に、ソフトウェア更新プログラムのカタログ情報とコンテンツを上位 WSUS サーバーから取得する方法をご紹介致します。   <はじめに> ソフトウェア更新プログラムはカタログ情報とコンテンツ情報の 2 つがございます。 オフライン環境で更新プログラムの情報を入手する場合には、カタログ情報を同期してから、ソフトウェア更新プログラムの展開時に、コンテンツ情報をダウンロードする必要がございます。 今回は前提条件を基にシナリオ ベースで手順をご紹介致します。   <目次> (1) 前提条件の確認 (2) カタログのインポート (HTTP or HTTPS 通信) (3) コンテンツのダウンロード (SMB 通信)   ====================================== (1) 前提条件の確認 ======================================   ・構成イメージ   ※ 下位 WSUS…