SCCM CB 自動クライアント アップグレード手順


みなさま、こんにちは。

日本マイクロソフト System Center Configuration Manager サポートの金です。

 

本日は、System Center Configuration Manager Current Branch (以下、SCCM CB) クライアントをサイトのバージョンアップ後、自動的にアップグレードする手順についてご案内させていただきます。

SCCM CB クライアントのアップグレード方法は、以下のように、複数がございます。

- 自動クライアント アップグレード

- クライアント プッシュ インストール

- グループ ポリシーによるインストール

- ログオン スクリプトによるインストール

- 手動インストール

- アップグレード インストール

 

お客様環境の運用方式に従い、お選びいただけますが、その中で、これからご案内する自動クライアント アップグレードは、一番作業の手間が少ない方法となりますので、クライアントのアップグレードの際に、本機能のご利用をご検討いただけますと幸いです。

自動クライアント アップグレードの手順

1. [Configuration Manager コンソール] を開き、以下の画面に移動します。

[管理] - [概要] - [サイトの構成] - [サイト]

 

2. リボンメニューから、[階層設定] をクリックします。

 

3. [階層設定のプロパティ] の画面で、[クライアント アップグレード] タブを開きます。

 

4. [実稼働クライアント バージョン] が、アップグレードしたいクライアントのバージョンと一致していることを確認し、"実稼働クライアントを使用して階層内のすべてのクライアントをアップグレードする" にチェックを入れます。

 

5. "階層内のすべてのクライアントの自動アップグレードを有効にするオプションを選択しました。…" とのメッセージが表示されますので、[OK] をクリックします。

 

6. [実稼働クライアント バージョン] の、"実稼働クライアントを使用して階層内のすべてのクライアントをアップグレードする" チェックが入ったことを確認し、"次の日数以内にクライアントを自動アップグレードする" の設定を行います。

選択可能な範囲は、1 から 31 となります。

ここで指定した期間内のランダムなタイミングで、クライアントがアップグレードされます。

 

7. [OK] ボタンをクリックし、画面を閉じます。

 

手順は、以上となります。

 

管理対象が多い大規模の環境では、自動クライアント アップグレードの機能を有効にすることで、一気にクライアントのアップグレードがされ、ネットワークを逼迫することが懸念点として考えられますが、上記の設定画面にて、自動アップグレードの期間を長く指定してきただくことで、ネットワークの負荷を分散することができます。

 

例えば、指定可能な最長日数の 31 としていただきますと、クライアントは、1 ~ 31 日の期間中、ランダムの日付に、アップグレードを行います。

念の為、具体的なクライアントのアップグレード動作を、補足説明いたしますのでご参考いただけますと幸いです。

 

クライアント アップグレードの動作の流れ

1. SCCMサーバにおいて自動クライアント アップグレードを有効にする際に、アップグレード期間を指定します。

 

2. クライアントが自動クライアント アップグレードのポリシーを受信します。

 

3. クライアントのタスク スケジューラに、指定した日数内で、ランダムな日時に開始されるクライアント アップグレードのタスクが登録されます。

 

4. 登録されたタスクに開始時刻に、クライアントはそれぞれアップグレードを開始します。

以下は、参考イメージとなります。

各クライアントが、異なる時刻にアップグレードのスケジュールが設定されていることが判ります。


Comments (0)

Skip to main content