System Center 2016 更新プログラム UR5 がリリースされました!!

こんにちは、日本マイクロソフト System Center Support Team の三輪です。 System Center 2016 のアップデート ロールアップ 5 が先日公開されました。   修正プログラムによっては、適用時にデータベースに対して自動的に更新が発生いたします。 その為、修正プログラムの適用に失敗した場合や、修正プログラムに致命的なエラーが発生した場合に備え、可能な限り、適用前にシステムおよび、データベースのバックアップの取得を実施ください。 System Center 製品については、明確にアンインストールを指示する場合を除き、適用した修正プログラムのアンインストール実施後に動作に問題が発生する場合がございます。   本修正プログラムは、SCSM を除き、Microsoft Update 経由で更新プログラムをダウンロードしてインストールすることができます。 また、オフラインの環境では、Microsoft Update Catalog を通じてダウンロードしたパッケージを手動で適用することもできます。 詳細な適用手順や、修正内容については、それぞれのリンクをご参照ください。     – Data Protection Manager (KB4090835) https://support.microsoft.com/help/4090835 * 修正プログラム適用後に、Agent のアップグレードが必要です。 また適用に際しては、DPM サーバーの再起動が必要となる場合がございます。   – Operations Manager (KB4090987) https://support.microsoft.com/help/4090987 * 修正プログラム適用後に、SQL クエリの実行、管理パックのインポート等が必要です。 また、アップデートの順番についても指定がございますので、ご注意ください。 また適用に際しては、SCOM サーバーの再起動が必要となる場合がございます。   -…

0

System Center Configuration Manager Support Center ツールについて

みなさま、こんにちは。System Center Support Team です。   System Center Configuration Manager  (以下、SCCM) をご利用頂いている際に、 以下のようなことを感じたことはありませんでしょうか? ・ クライアントに何が配信されているのか確認したい ・ 各種インベントリで収集している具体的な情報が確認したい ・ SCCM のログが分かりにくい 今回の記事では、そのような時にご活用いただける Support Center ツール をご紹介いたします。   Support Center ツールをご利用いただくと、以下のようなことが実施できます。 ■クライアントの情報 クライアント ID、ハードウェア ID、エージェントのバージョン、サイトコード、割り当てられた管理ポイント、常駐管理ポイントなど、クライアントの情報を表示することが可能です。 ■クライアント ポリシー クライアントに割り当てられたユーザーとコンピュータのポリシーを表示することが可能です。 ■コンテンツ キャッシュ フォルダー  (ccmcache) の内容を表示することが可能です。 また、アプリケーションの展開評価サイクルやソフトウェア更新プログラムの展開評価サイクルなどの評価サイクルを実行することが可能です。 ■インベントリ インベントリの最終収集時刻の表示やインベントリ情報を表示することが可能です。 また、ハードウェア インベントリ サイクルやソフトウェア インベントリ サイクル などの評価サイクルを実行することが可能です。 ■トラブルシューティング あらかじめ定義された一連のトラブルシューティング手順を実行することが可能です。 ■ログ 収集したログを見やすく表示することが可能です。また、特定文字でフィルタやレコードの塗りつぶしを行うことも可能です。 ■データ収集…